日本ポピュラー音楽協会 (JPMA) オフィシャル・ブログ

ジャズを中心に、ラテン、シャンソン、ハワイアンなどのコンサートを主催しております。


テーマ:

k中川晃教さん

第24回読売演劇大賞 贈賞式・懇親パーティー

@帝国ホテル 孔雀の間

2017年2月27日(月)

 

 

最優秀男優賞を受賞した中川晃教さん!アッキーおめでとうございます!

 

 

ミュージカル「ジャージー・ボーイズ」(東宝/WOWOW)が最優秀作品賞と最優秀男優賞の二冠に輝きました。その表彰式の模様をいち早くファンの皆さんにお伝えしたく、ヴォイス・オブ・ジャパンさんのご許可をいただき投稿させていただきます。

 

高円宮妃殿下ご出席のもと、演劇界ならではの華やかな式典に、招かれたお客様や関係者で埋め尽くす宴会場は立錐の余地もないほど大勢の方々が駆けつけ、受賞を祝う笑顔に満たされていました。

 

アッキーおめでとう!

 

藤田俊太郎さんとアッキー

 

最初に演出家の藤田俊太郎さんの受賞のご挨拶です。

『ミュージカルが初めて最優秀作品賞をいただきました。ありがとうございます!感謝の思いを伝えます。

選考委員の皆様、投票委員の皆様、この作品を支持して下さった皆様、全ての皆様にカンパニーを代表して厚く御礼を申し上げます。

 

2015年、東宝制作・WOWOWから演出の依頼を受けてすぐに師匠である蜷川幸雄さんに報告をしました。そうしたら蜷川さんは沢山のことを話してくださいました。70年代以降、東宝さんとの数々の仕事、商業演劇の進出、それによってご自分の劇団が解散したこと、そして最後に「藤田、優秀な人たちと闘って来い」と、「闘って闘って、もしボロボロになったらまた俺のところに帰ってくればいいだろう」と、言ってくださいました。もしかしたらもう僕には帰るところはないかもしれませんが、僕が出会ったのは日本のミュージカルを作ってきた人たちでした。60年代、「マイ・フェア・レディ」初演から音楽を愛し、情熱や青春を捧げ、日本のミュージカルを作ってきた、愛してきた沢山の人たちでした。僕はこの「ジャージー・ボーイズ」で蜷川さんの魂を引き継ぎ、作品は世界移民の最前線に立つミュージカルを作ろうと決意しました。

 

まぁ〜あの〜皆さんのお陰で結構いい線いけたんじゃないかと思っています(笑)。

60年代のアメリカの光と陰、ベトナム戦争の虚と実、コーラスグループ、フォーシーズンズを支えた聴衆、喜びながら突き動かされていく民衆、激動の60年代の中で時代の波に揉まれその中で闘い、あがいていく4人の姿、昨年シアタークリエでの上演で僕たちはドキュメンタリーのようにカメラを使い、観客の姿を観客の役として、舞台上に積み上げられたテレビをライトに写し、観客席と舞台上を一体化しました。

 

そのことによってジャージー・ボーイズは時代を超えて、民衆の姿がその日、その日の一人一人の姿となって描き出されていったと思います。

これから日本版ジャージー・ボーイズは再演で新しい出会いを重ね、テーマである、終わらない青春の物語を描き続けていきたいと思います。そのことが日本のミュージカルの更なる発展の先駆けとなることを願っています。

 

最後になりましたが、いまこの会場にはいない一人のかたにメッセージを贈り挨拶を〆させていただきます。

 

昨年の全41公演中40回を支え、千秋楽の朝に急逝なさったミュージシャン、ホーンセクションのリード1、クリストファー・ミエリさん。天国にいるクリスさんにこの喜びを報告し喜びを分かち合いたいと思います。いつまでも、いつまでもカンパニー 一同、気持ちは一緒です。本日は誠にありがとうございました。』(大拍手)

 

アッキー喜びを全身で!

 

中川晃教さんの感謝と喜びの声です!

客席からアッキー!アッキー!の声援が飛び交うなか、少し緊張の面持ちでスピーチがはじまりました。

 

『このジャージー・ボーイズというミュージカルと出会えて、沢山のことを経験し、そして今ここに立っています。かなりかいつまんでいうとこんな形です(笑)

 

先ほど紹介の中でもありましたけれども、18歳でシンガーソングライターとしてデビューすることができました。そして翌年、東宝のミュージカル 「モーツァルト!」で杉村春子賞をいただいたのですが、大切な賞をいただくことができました。あれから15年、ずぅっと大切にしてきていることがあります。それは、芝居のクオリティと同じセンスを歌で表現できないだろうか、ということです。歌と芝居、そしてミュージカルにはダンス、そして様々な手法で、表現でお客様に感動を届けていく、なんて素晴らしい仕事なんだろうと、その気持ちがやればやるほど、一作、一作、向き合えば向き合うほどに強くなってきました。

そしてこれまで私が出会ってきた方々、そして共に作品を作ってきた仲間達、皆さんに感謝の気持ちでいっぱいです。

 

30代でこの・・スミマセン、鼻水がでてきました('〜`;)(と涙が込み上げてくるのをおさえながら・・赤いハンカチで涙を拭う・・)フランキー・ヴァリという役に出会うことができました。フランキー・ヴァリという役を手中におさめるために本当に沢山の恩師の方々の力を借りながら挑みました。

 

あのトワングという発声を世界レベルではスタンダードのように使われていますけれども、やはりフランキー・ヴァリというあの声を持って役に挑む!その自分でも聴いたことのない自分の声というのがこの役を手中におさめるためには必要でした。そしてプロデューサーのボブ・ゴーディオさんからOKをいただいてスタートしました。それが初日の幕が開く一年以上前のことでした。そしてこの作品に出演が決まったということをご報告させていただいた沢山の恩師の方々。そして毎公演、このジャージー・ボーイズの中で自分が心に持ち続けてきた歌で語り、芝居で歌うと。そして、劇場に足を運んで、あの感動を、喜びを得たい!って思ってくださるお客様に盛り上げていただき、そして僕たちも負けじと盛り上げ、ジャージー・ボーイズのカンパニー全員で!

いただいた男優賞よりも作品賞をいただけたことが本当に嬉しいです(大拍手!!)ここからしばし沈黙し・・・・:*:・( ̄∀ ̄)・:*:(アッキー感涙)

 

さっきも三浦春馬くんも言ってましたが、一番先にこの賞を喜んでくれる家族がいなかったらいまの僕はいません。そして2年8ヶ月一緒に過ごしてきたおばあちゃんにこの賞をいただいたこと、、一緒にこの場にいてくれたら良かったなという思いもありますけれども、これから一つ一つの経験が再演に向かっていく原動力になるのだなと信じています。ミュージカルをエンターテインメントとして最高のクオリティでお届けできるよう頑張っていきたいと思っております。皆さん引き継き応援を宜しくお願いいたします。

本日は本当にありがとうございました!!』

(アッキー!アッキー!の大歓声と拍手)

 

三浦春馬さん、藤田俊太郎さん、アッキー

 

アッキーを囲んでジャージー・ボーイズのカンパニーの皆さんと! 

 

私からひとこと

懇親パーティーではジャージー・ボーイズのメンバーで「シェリー」と「君の瞳に恋してる」の2曲を歌い、盛り上がりは最高潮に!!

高円宮妃殿下久子様は受賞者の皆さんのスピーチの時もずぅっと笑顔で大拍手をしてくださり、激励してくださっているお姿がとても印象的でした。

 

近い将来、日本発→ブロードウェイ→ウエストエンドも夢ではないと思うくらいのミュージカル俳優さんの実力の底力。その原動力になっているのはミュージカルを支援してくださるお客様あってのことです。

 

今日の日の感動はアッキーの生涯忘れ得ぬかけがえのない記念日になったことと思います。いつまでも私たちに感動の夢を魅させてくださいね。

アッキー本当に本当におめでとうございます。

 

 

レポート:佐藤美枝子

 

 

主演=中川晃教

2018年9月シアター・クリエ、10月全国ツアー

再演決定!

 

 

2017年2月28日(火)読売新聞朝刊

 

 

【公演スケジュール】

2017年4月11日(火)

渋谷区文化総合センター大和田さくらホール

川島ケイジ Music is My Answer  スペシャル・コンサート 2017

 

2017年5月13日(土)

文京シビックホール大ホール

BIG BAND FESTIVAL 2017 Vol.19

 

2017年7月8日(土)

文京シビックホール大ホール

LATIN & JAZZ FESTA –EAST vs. WEST-

見砂和照と東京キューバンボーイズ (since 1949) アロージャズオーケストラ (since 1958)

 

 

<問い合わせ>

一般社団法人日本ポピュラー音楽協会

TEL 03-3585-3903

■最新情報はこちらでもご確認いただけます!

HP: http://www.jpma-jazz.or.jp

Facebook: https://www.facebook.com/japanpopularmusicassociation

Twitter: https://twitter.com/jpmajazz

Youtube: https://www.youtube.com/user/JPMAJAZZ

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(2)

日本ポピュラー音楽協会さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。