こんにちは~
今月の赤目塾の合同実習の前に、やっておきたいことがあって
早朝から作業にかかりました。

田圃の柵周りの笹を刈ってとりあえず通路を造りたいって感じで

この田圃の横の柵です。

この柵の裏側は、崖があり、すぐしたが川になってます。その周辺にびっしりとササが生えています。
いっつも、怖くて作業が出来ないって感じだったんだけど、そういったところから、猪は隠れ場所になったり、柵を壊して入ってきたりするので、手入れが必要ってスタッフには聞いては
いたのです。




とりあえず試行錯誤で入って、一番端からササ刈り作業に入りました。
スタッフの方々~こんなおっそろしいところも作業してたのか~
すいませ~ん いつもありがとうございます。(o_ _)o

刈ってそのまま寝かしました。右手はがけになってて、すぐ下は川です。
びっしりササが横たわってるので危なくて入れません。
多分スタッフが作業する時は、脚立を持ってきて川に入って、作業してるんでしょうね。(^^ゞ

 

横たわってます。
小屋の手前まで来て9:30・・・・時間かかりすぎ~
そこから先は、足場になるところがなく、作業を断念。
実習にも戻らないといけないので、引き上げました。

実は入る時に朽ちかけてる柵の板を足場にしようとしたため、朽ちてた板が
バキッって折れちゃいました。(T-T)

スタッフOKさんから、板の場所だけ聴いて、昼過ぎから、取り替え作業することに・・・・・

実習は別の記事でかくとして、昼食でブログなかまとワイワイ言って分かれたあと、

現実に向き合い・・・・(@@;) 作業に取りかかったんですけど、

やってるうちにあちこち朽ちてたのを見つけて、OKさんに相談の上

桜・下の田の顔合わせと、共同作業のシイタケ菌木の本伏せ作業が
終わってから共同で手伝ってもらうことに・・・・すんません・・・・(o_ _)o


とはいえ、自分で壊しちゃったところは、出来るだけ治したいので、
釘打ち作業に・・・・・
・・・・て思っていたら、顔合わせの呼び出しかかっちゃいました。

うーあと釘三本だったのにー(T-T)

 

 

桜の田、下の田で田圃を借りる方々の自己紹介・・・・
だいたい30人くらいかなー

OKさんから
これからこのメンバーでこのエリアの水の管理や獣害・・・柵の修復作業などを・・・
やります。って挨拶がつづき・・・

この後は、シイタケ.ナメコ菌木、の本伏せ作業があります。
と一通りの説明が終わって、移動を開始しました。


 


移動してシイタケ菌木の林の中です。

シイタケ菌木を本伏せで載せる木を運びます。
 

数人で運んだけど結構重ーいです。

 

シートを外して~

 

 名札のついてるのとついてないのを分けて並べていってます。
ちなみに僕は今年はシイタケ菌には参加してなかったです。
以前も打ち込んだ後忘れてて、その後は赤目山荘の具材に提供されましたw

 
 
  なめこ菌木もならべていきます。
  

かれこれ30分の作業が終わって、今度は、こっちに来てもらいました。

柵の修復です。写真撮ってる余裕なかったんですけど、色々やらかしました。(T-T)

柵の波板に小石が挟まってて、取ろうとしたら・・・・・
「あ・・・・奥に入っちゃいました。(@@;)」

しょうがないから、波板を押さえ込んで長い釘で打ち込んでもらおうとしたら、・・・・・・

抑えてた、カケヤに釘が入っちゃって、抜けなくなっちゃったり、

手伝ってるつもりが、却ってじゃまになってるよー(T-T)

このカケヤに刺さった釘が中々抜けなくて難儀しました。

なんとかかんとかしながら、結局、腐った板3枚交換・・・・・・・・

こういった作業を赤目にいる間に一人で出来るようになっとかないと・・・・・余所行った時大変だわ(@@;)




 

柵の修復が終わったら、次の作業があるって聴いたので、撮影しながら手伝うことに(@@;)

田圃の大穴の修復作業があるって事なので、5人ほどで集まりました。
赤目は掛け流しなので、ちょっとしたモグラの穴でもすぐに大きくなります。
酷い時は、人一人が入れるような大きな穴が空いてたりしますが、
今回もそんな予感が~
 




スコップがすっぽり入りました。
まだオクがあるようです。・・・・やっぱりかい・・・・・

  OKさん・・・・表土を草ごと取って、後のかぶせに使うべく横に除けていきます。

 

その間に他の作業者は、砂利・こぶし大の石・大きな石など
バケツに入れたり

 

粘土土・・水などを集めていき交互に入れて練っていきます
 

 

だいぶ深いですが、30分ほどの作業でだいたい埋まっていき
 
 

 

先ほど除けておいた草付き表土をかぶせたり草をかけていき
完了です。
奥の方に大きな石があったということは、以前もこの辺りで大穴が空いていたって事なので、
また同じ穴が空くので要注意って事です。
 
 
 
 

そろそろ終わりかなって思ったら~実習畑の横の崩れた川の石垣作りの
続きを~手伝わせていただきました。

ここもやることは、さっきとやることは同じです。
砂利、大石などを集めて石を積んでいきます。



 
 

この積まれている大石も一人一人が、抱えて積んだそうです。
特に・・・・OKさんとBYOさん恐るべし・・・・・・。
二人とも一段一段大きな石を転がしたり、載せていきます。

それから拳大の玉石を、バケツ一杯にいれて、渡り橋のところにいる僕に掲げあげます。
正直、こっちがヒーヒーいう有様です。(@@;) 

途中から、奥の田、上の田の方々が応援に駆けつけていただき、運ぶ方も大変になってきました。
また、OKさんは朝の案内では田圃の顔合わせだけで共同作業はありませんって聴いてたので、
面食らってたようでした。・・・・

いやいやOKさんに共同作業がない日はないです。次から色々舞い込んできます。
僕もその一人ですが・・・・・。(@@;)
 
 

ある程度の高さになり、あとは、土ってことで掘る人と運ぶ人・・ならしていく人に分かれて
作業に 入りました。
奥の田のスタッフyさんは、こんな時でもいろんなジョークで周りを笑わせるムードメーカーです。

御自身の自虐ネタとか呆けネタなどで周りの女性陣スタッフがケタケタ笑ってました。

僕は休憩で腰ポーチに入れていた、水稲で御茶を口に含んでいたのですが、
漫画のお約束みたいにな感じで、吹き出してしまいました。・・・・・


ササだらけの根を切って、土を掘り出すような、しんどい作業にもかかわらず・・・・

「徳川の埋蔵金があ・・・」ってネタでなぜか一気に笑い声に・・・・・・

「あのー^^ここ赤目なんですけど~」って突っ込み入れたんですけど、
「本能寺の変のあと、家康公は伊賀越えした時に、伊賀の人達に逃がしてもらった
その後多額のお礼を渡してるそうな」

「そっちかい~(@@;)」

などと軽口をたたきゲラゲラ笑いながらの作業になりました。

途中からヨイトマケで土を鎮圧していきます。


 

 


 
 
 しかし・・・・・

うわー まだ10CMはあるよー(^^ゞ

ってことで、今日は終わり~って事になりました。

多分今月末の共同作業の時に続きって感じだなーこれは~

多分OKさんや、BYOさんのような超重量級作業は、いくら体力作りをしても無理だろうなー

でも、側面的なサポートが出来たらいいなー

でもまあ、今日はOKさんは、いきなり実習に引っ張り出されたのが想定外だったらしく
周りのスタッフも道具車にあるから呼ばれたらどうしよう~とか
ひやひやされていたそうです。 本当にお疲れ様です。

片付け作業してたら、

いっつもオーガニックマーケットでお世話になってるTさんと合って、

「赤目駅までいけそうですか~?」って聴いてきましたので

片付け終わるまで待ってもらって、出ようとしたらもう一人帰ろうとされてた人がいらっしゃったので

「どちらまで~?」って事で、乗り合いバスの状態でワイワイいいながら、
二人とも八木駅で降ろして一人は橿原、一人は奈良へ~それぞれ向かっていきました。

二人ともお疲れ様~

こうした共同作業はこれからも取り組みたいですね。

次の記事は実習です。
 
 
  
 

 
 



 
 




 
AD

コメント(2)