ちょっと遅くなりましたが・・・

 

新年あけましておめでとう御座います。

本年も何卒宜しく御願い申し上げます。

 

ついに平成29年(2017年)、始まりましたね~。

皆様いかがお過ごしですか???

 

清浄華院では、年末に、毎年恒例の除夜の鐘やお汁粉接待、そして修正会という法要などを完璧に勤め、良い年を始められています!

 

これもひとえに皆々様の御陰様と感謝申し上げております。

本当に有難う御座います。

 

それにしても暖かい元旦で、新年を迎えても、暖かいままだな~と思っておりましたら!

降りましたね~

 

雪。

 

清浄華院の大殿も、雪化粧すると、こんなに綺麗なんですよ♪

是非皆さま、雪が降りましたら(降らなくても!)一度お参りに御越し下さいませ~

 

(Y)

AD
五穀

なんか、おしゃれなレストランやらカフェに行くと、こういう瓶詰めの何かが飾ってあったりするじゃないですか・・・

なんかそんなのに見えるな~と思って写真撮ってみましたw

5層に別れた穀物・・・ 何かというと、「五穀」というものです。お不動さんのお勤めや、本山ではお施餓鬼や地鎮祭の際にも使うお供えです。
大豆、小豆、小麦、大麦、お米(モミ付き)を混ぜています。この後、混ぜてしまいますのでこんなにきれいに別れているのはこの時だけ。

5種類のうち、小麦とモミ付きのお米がいつも手に入らなくて苦労します。小麦って小麦粉しか売ってないんですよね・・・・大麦は押し麦とか各種売ってます。

しかしこんなに沢山作ることになるとは・・・賑やかなことは良いですね。


AD

御霊祭!!

テーマ:
段々暑くなってきて、もうすっかり初夏という感じですね~

今日は青空で、爽やかな感じの京都です。

さて、昨日は地域の氏神さん、上御霊神社さんのお祭り、「御霊祭」でした。いつぞやも記事にしましたが、5月18日に御神輿が毎年来るのです。今年はその御神輿にお経を上げさせて頂きました!!

地域の神様として、毎年お祭りの御神酒料をお供えしているんですが、門前は通り過ぎるだけ・・・ちょっと寂しいな、と思っておりました。

そんななか、神輿を担ぐ神輿会の方とお話しする機会がありその事申しましたら、寺町はあまり家がないので台車で通り過ぎるだけだったが、そう言ってくれるなら、台車から降ろしてちゃんと担いで、「手差し」などもして喜んでします、と言って下さいました。
あちらにも境内のつきかげ苑の入居者さん達が居るだろうからに喜んでもらいたい、という思いがあったそうで、今年は境内門前付近で「手差し」をしてくれることになりました。

ほいなら、こちらも御神輿にお経を上げさせてもらおう、ということになりまして、神仏習合の儀式が実現することになりました。

上御霊さんの御神輿は江戸時代に特別に御所に参入されたことがあり、近年それが復興されました。16時頃に禁裏御所の北門前まで参入され、今出川寺町から寺町通りへ。
当院門前には17時頃に行列が。



つきかげ苑の入居者の方々もお参りに。



来ました!! 御神輿。つきかげ苑のすぐ北側で台車から降ろされて、担いできてくれました。
そしてつきかげ苑前で手締めでご挨拶、「手差し」をしてくれました!!
おばあちゃん達も大喜びでした。



そして、当院門前へ。一度御神輿を降ろしてお行儀よく座って下さいました。散華をして、お経、お念仏を献げさせていただきました。



上御霊さんの御神輿は3基ありまして、小山郷、出雲路末広、京極今出川口と各地域が担ぎ手を出しています。この辺は昔は農村域でしたから、担ぎ手となったようです。室町辺りも氏子域ですが、神輿はないのです。(ただし、剣鉾というのを出されます。)
清浄華院は今出川口に属していますので、御神酒料もそちらへお供えしておりました。ですので、お経を上げさせて頂くのも今出川口の神輿、「北之御座」となります。毎年順番等も替わるそうですが、今年は先頭でした。

当院が上御霊さんの御神輿に読経するのは、おそらく今回が初めて。江戸時代の日記にも出て来ません。かつて廬山寺の南側に「中御霊」と呼ばれる御旅所があり、御神輿はそこへ向けて巡幸しました。
毎年当院の前を通っていたようですが、当院へは行列の警護役の奉行衆が休憩に来るばかりでした。なんといっても、江戸時代の御霊祭は7月18日に御出、8月18日に御還でしたからね・・・坊さんとしたら、お盆終わってホッとしているところ・・・(当時は家毎の施餓鬼が月末まで続きましたし)
幕末になると提灯をあげたりもしていますが、神事とは関係なかったみたいです。

とはいえ、やはり地域の氏神さん、日々のお見守りに感謝しなければ・・・ということで、心を込めてお参りさせていただきました。

その後も、末広、小山鄕と御神輿が続きます。





それぞれお参りしてお見送り。
このあと、府立医大病院さんでも「手差し」をされたみたいですね。


終わって、20時頃に神社へお参りしたところ、まだ終わってませんでしたw 最後の御神輿が拝殿に納まるところでした。
神輿会の方ともご挨拶でき、厳かなお参りで良かった、と言って頂けました。

坊さんが神様を拝むというちょっと珍しい式でしたが、良いお参りになりました。上御霊さんは近年御所参入や牛車の巡幸を復活するなど、お祭りの興隆に頑張っておられます。
お祭りが賑やかだと地域振興にもなりますしね。うちもそれに協力できればなーと思っております。
これをご縁にまたよろしくお願いします~

と、思っていたら、来年は御神輿、寺町を通らないそうで・・・
じゃあ、担ぐ方で行こうかしら・・・


(M)
AD