上祐史浩

オフィシャルブログ ―― 21世紀の思想の創造


テーマ:


いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 天皇陛下の生前退位とSMAPの解散を平成時代との枠組みにとらえる記事があった。SMAPの活躍も主に平成時代。
 
 そこで思うのが、来年には終結するオウム裁判とその後の麻原の刑死の見通し。オウムも平成に世に知られた。
   
 こうして、一つの時代が終わり、新しい時代がまじかに迫る。そうした雰囲気を強く感じる。
  
 近田春夫氏との対談の中で、質問を受けて、天皇陛下の退位・交代は、時代の変化と連動すると答えた。
 
 昭和天皇が崩御した89年は、その前後に米ソ冷戦が終結し(ソ連・ベルリンの壁の崩壊)、昭和高度成長の象徴である松下幸之助氏も逝去した。
 
 そして、入れ替わるかのように、90年から株価急落・バブルが崩壊、冷戦のタガが外れた宗教勢力の復興が始まり、イスラム原理主義(復興主義)や、キリスト教保守主義の台頭が始まり、国内でもオウム・幸福の科学の新新宗教のブームが始まった。
 
 次の時代はどうなるか。それを思索しつつ、体が感じている、新しい思想の息吹を温めよう。

いいね!した人  |  リブログ(1)

テーマ:
人は、毎日毎日、絶えず、果てしなく、求め続ける

しかし、多くの人にとって、欲するものは、なかなか得られない。
 
得たとしても、満ち足らず、もっと求める。

だから、一生、毎日、果てしなく、求め続ける。

こうして、完全な充足に至ることがなく、その意味で
心が平安に至ることがない。 

完全な充足に至る道は、自他の区別を超えること。

なぜ果てしなく求めるのか、求め続けなければならないのか。
それは、自分のものにしようとしているから。

他のものを自分のもののように喜ぶことがないから。

または、他と分かち合っているものこそ、
最高の宝だと気づくことがないから
 
自分のものにしようとしても、世界のほとんどのものは、そうならない。

他のものを喜ぶことができれば、宇宙全体を喜びにできる。

他のものが、この世界、宇宙全体が、喜びになる。

ただし、この完全な充足と平安を得るには、
単に、そのように考えるだけでは足りない。

実際にそう感じるには、普段から、欲望を慎み、
なるべく不善を避ける必要がある。

今日そうだったように、聖地の聖なる波動も助けになる。

そうして、体の気の流れを整えておかないと。
そう感じるのは心と体であり、頭ではないから。
 

そして、その時は、

世界の万物・世界全体が、宝となる

すべてものが輝きを放って感じられる


               日光・中禅寺湖・千手ヶ浜にて 8月16日
いいね!した人  |  リブログ(0)