株式会社ジョイテック ホテルオペレーション ブログ

ホテルで音響・映像・照明の機材レンタル・オペレーション業務を行っております


テーマ:
iPadProが発表され、タッチパネル操作も新たな局面に突入するのでしょうか?
Windows8から本格的にマルチタッチに対応し、安価なWindowsタブレットなども
普及してきており、タッチ操作の活用の幅が広がっています。

私たちの分野でも、主にハードウェアを操作するアプリケーションなどでは、
マウスよりもタッチパネルによる操作が実用的かつ効率が良いです。

iPadの場合は、専用のアプリケーションが用意される場合は、iPadに最適化された
専用のインターフェイスが構築されます。
PCやMacの場合は、主に実際のハードウェアのコントローラーを模した
アプリケーションが用意される場合が多いです。
PC上に丸々ハードウェアのサーフェスを再現してしまうタイプです。
この場合、タッチパネルを操作すると、あたかも実機を触っているかのような操作感で
非常に強力なツールになります。
Windows7以降はタッチ操作に対応しているので、例えばミキサーのコントロールアプリケーションのフェーダーの上げ下げがタッチでできてしまいます。
スイッチャーのコントロールパネルであれば、タッチ操作でスイッチングできてしまうのです。
こうなってくると、Windowsが断然有利になります。

AppleはiPhoine/iPadとMacで、タッチ操作の端末とマウスなどの入力デバイスでの操作を分けて開発されてきている経緯があるので、一般的にはMacはタッチ操作に非対応と考えてしまいます。
しかし、一部のタッチパネル液晶モニターでは、タッチ操作が可能になっているようです。
特にドライバーをインストールせずに、USB接続するだけでMacでタッチ操作ができてしまうのです。

BlackmagicDesignのATEM Television Studio用のスイッチャーコントロールパネルをタッチ操作してみました。レバーでのスイッチングも問題なく行えます。


Allen & HeathのデジタルミキサーGLDのリモートアプリを操作。
フェーダーやスイッチ類、メニュー呼び出しなどすべて出来ました。

Mixx
フリーのDJアプリのMixxxです。トラックのアサインやフェーダー操作、スクラッチなどもタッチで行えます。イコライザーやフィルターのエンコーダーは、細かい操作が難しいので、動きますがマウスの方が良いです。

一通りシングルタッチでの操作は問題なく行えますが、マルチタッチに関してはアプリケーション側の対応も必要になるのでやや敷居が高いかと思います。
フェーダー2本を操作出来てクロスフェード出来ると完璧なのですが。

このようにMacもOSレベルでは、ある程度タッチ操作に対応しています。
アプリケーションランチャーのLaunchpadなどは、タッチパネル操作用に作られたようなインターフェイスですので快適です。

しかし、タッチパネルに特化したバーチャルキーボードが用意されてい無いので、
タッチ操作以外の通常の使用には使えないように思いましたが、有りました。
キーボードビュアーです。



メニューバーの文字入力をクリックし、キーボードビュアーを表示させます。



これで、タッチ操作で文字入力が可能になります。

正式にタッチ操作に対応しているわけではないので、細かい箇所で操作に問題はありますが、
対応していない現時点でもかなりの完成度でタッチ操作が可能になっているので、Macもぜひタッチパネルに対応させて欲しいものです。

所有しているタッチパネル液晶で、DELL S2240T、GeChic On-Lap 1002は、Macでタッチ操作が可能でした。
同じDELLでも、DELL P2314Tでは操作できませんでした。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

joytech-hopさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>