近況…持病の片頭痛は、やっとおさまってきました。

あたたかいコメントをくださったみなさま、ありがとうございます。

ゆっくりご訪問させていただきますのでもう少しお待ち

くださいませ。


さて、人生相談のち映画を見に行ったわたくし。


映画…気晴らしには、いいですねえ。

あとでちょっとブログ記事にしてみようと思います。



ラストバトル


××との闘いは、いったん終わる。


いや、終わることを願っている、というのが正しい。


それはもう何も起こらず時が無事すぎていってほしいという

希望。


いや…希望というか、


希硫酸とかみたいにうす(希)い願い、というわけではなく


むしろ濃望



状況は変わっていない。

上司と一部の若者はアレなまま、小康状態を保っている。


ほんとうは終わっていないけれど、夫が復職を果たし、

やさしい同僚のみなさまに支えられつつがんばっている。


彼が再び倒れぬよう見守りつつ、

文字通りドクターストップをかけるため待機し、


その観察姿勢で彼を追い詰めることがないよう

こまめに息抜きしつつ、私は暮らしていくつもりだ。


読者になってくださったみなさまからすると、


え?これで終わりなの?オチはどこに?


と思われるのではないだろうか。



私がオチをつけるとしたら、

1.彼は職場にとどまって闘いつづける。


2.彼は退職し、ハローワークに通いつつ第二の人生に船出。


3.パワーハラスメントおよび職場のイジメで訴訟、裁判へ。


などのどれかにすると思うが、

リアルはもっとアバウトにうつろってゆく。


たてまえフィクションということは、ホンネはノンフィクション。

現実はこんなもの、だったのです。



ただ、ウォッチャーとして私は彼に選ばれた。


味噌汁は冷めるけれど、徒歩十分のところに

住んでいらっしゃるご両親ではなく、

ともに暮らしているから私に、

最も彼に近いところにいる人間だから、と



「もしも、おれに判断がつかなくなっていると

思ったら、容赦なくとめてくれ。

それまではおれの意思にまかせて、

見守ってくれ」


と頼まれたのだ。



今までの、親から逃げて彼に守られているだけの私ではなく。


いっぱしの、ひとりの人間として信頼されて、

重要な決断を彼からまかされたのだ。


その責任はとても重いが、投げ出すつもりはない。


怠けることなく、ごまかすことなくまっすぐに、


そして彼を追い詰めたりせず自分も煮詰まらない程度に、


彼を見つめ、見守っていこうと思う。




願わくば、悲しいことがあまりありませんように。


何かが職場で起こってしまったら、このシリーズは

不本意ながら再スタートする。


だが、それが起こらぬことを祈って、結びとしたい。



未完、だけど、完。

AD

市役所に、市民なんでも電話相談室があった。
平日9:00~17:00まで、市民の悩みを受け付けて
くれるのである。

電話してみたら、すぐにつながった。


相談員の年配男性が一応聞いてはくれたんだけども、


そのあとが最悪。



ストレスから病休とり、

復帰したその日からフルタイムワークで、
ヤンキーヤングたちに車をキズつけられ、
上司に相談したら鬼上司が

あなたの工夫が足りない」と言った、


夫がそんな状況で自分はつらいのだがって話をしたのね。

そしたら!




相談員は言う。


「ストレスで
休職するってことは、
もともとその職への
適性がないんだよ。
わたしはそう思う」




ってー!!!



…言い切っちゃいますか!!

おいおい、

ここは市民のお悩み相談室でしょ?
相談者を傷つけてどうするんですか。



職場のキャリアは10年以上あるし、
そこへ異動する前はそれなりにやってきているんですけど、
と言うと


「上司こそがその道のプロなわけでしょ。
そこで一番偉くてキャリア長いんでしょ。
その上司がダメ出しするってことは、
能力と適性が欠けているってことだと思う」



はい、思うのは勝手ですー。


でもね、ここはアンタの雑談所か?


公費でまかなわれてる悩み相談室だろうが。



相談者を切り捨てて、どーする。




相談の基本は、
相談者の訴えを否定せずひとまず受容する、

のではないのか。



さらに、相談員はキーワード「××現場」で
なにかのスイッチが入り、


テレビで見たドキュメンタリー番組がすごかった、
おたくも超社員になってひとりでダメな現場を

改革すればいい なんて夢物語を一方的に

語り始めたので早々に切った。


相談員は市民ボランティアや市役所OBが

やっているそうだが…。


なんでこんなひとが
悩み相談を受け付けているのだろう…。



電話前よりも、さらに傷つき苦しい気持ちになった。



ラスト、最後の希望にとっておいた
メンタルヘルスセンターに相談する。

すごくデキる感じの落ち着いた女性が、
随所に共感的態度をまじえつつ、
的確にアドバイスをくれる。



煮詰まっているようだから、
私の息抜きが必要だとか、


精神科の現主治医と産業医に連携してもらい
上司に圧力をかけてはどうかとか。


市民相談室と、なんて違いだろう!!


少しだけ元気の出た私であった。



気分転換に、映画でも見てきますわ。

夫・光良の仕事がタイヘンである。
容赦なく大変である。
自分だったらとっくに遁走していると思う。


煮詰まって悩んだので、無料お悩み相談に電話してみた。



県の女性センターというものがあり、そこでは悩み相談を

無料で電話受付している。


こちらの2005リアルナウ秋冬で相談したところ…↓

http://ameblo.jp/joyblog/entry-10011878179.html


そこにかけてみることにした。


ダイヤルする。

つながるが、固定応答メッセージが流れる。


「ただいま、回線が

たいへんこみあっております。

恐れ入りますが、

のちほどおかけなおしください」


ブツッ。ツーツーツー…


おお、自動的に切れたよ!!


そんなに込み合っているのか。

そんなに、世の中には悩む人が多いのか。


十分後、そのまた十分後にかけなおしてみたが、

同じ固定応答メッセージが流れて切れるだけ。


女性センターのHPには、


「電話はつながりにくいですがあきらめずに

おかけなおしください」


と書いてあったので、その後何度か試したがやはりダメ。

うなだれて別の相談先を探す。



気を取り直して「××県 無料 悩み相談」で検索し

ヒットしたところにかけてみる。



●ソウルライトハウス相談(←てきとうな仮名)


すぐにつながった。

5分ほど話を聞いてはくれたが、

職場のイジメは専門じゃないんです、とかわされる。

うちは学校とかこどものイジメが専門なので、だそうだ。


悩み相談にも、専門があるのか。
聞いてくれるだけ、良心的だったのかな。




●県のよろずなんでも悩み相談


かけたら、やはりイジメは扱ってないと言われる。
2つほど、相談先らしきものを紹介してくれただけ、
マシといえるだろうか。


よろず相談じゃ、ないんか。


とツッコミたくなったが小心者なので言わずに切る。


さあ次ですよー。




●ヘルス相談ツエンチィフォー (仮名)


××現場の労働者専門相談なので、

労働者に振り当てられているナントカ籍番号がないと
相談は受け付けられませんだとか。

私もこのころになるとテンパっていたので、しばらくは

覚えていたがメモしなかったら忘れた。ナントカ番号。


なんだそれシラネ。

次だ次。



●教わった精神保健福祉相談にかけてみる前に、
消原市の市民相談にかけてみた。これがサイアクだった。
つづく…