ウェブ週刊朝日の、一年前のインターネット記事なのですが…気になることがあったのでクリップ。

 

 

18歳未満のかたには、ちょっとショックな内容が含まれます…

 

↓引用開始

 

ソース:https://dot.asahi.com/wa/2016042800196.html

 

↑引用終了

 

こちらの症例解説をなさっているのは、有名な法医学者のM.U.先生。

 

でも私、大昔にこの記事で紹介されている症例の写真を拝見したことがあります。

誠に遺憾なことですが、その事例では、亡くなられた方をお子様が発見されたという経緯も一緒なので、おそらく同じケースなのではないかと思われます。

 

だが、しかし。

それは………

………きゅうりじゃありませんでした

 

●●●●でした。

 

想像して、食べられなくなる方がおられると困りますので、野菜の種類は伏せておきます。

 

もしも ifキュウリだと仮定してみましょう。

 

その場合『きゅうりのヘタ』が一目でわかったことが解せません。

なぜなら、きゅうりは両端のどちらがヘタなのか、よくよく観察せんければわからないからです。

 

 

 

そうなると、可能性は二つ。

 

・●●●●症例とそっくりな経緯で発見された、きゅうりによる死亡事例が実在する

 

・●●●●をきゅうりとフェイクを入れることで、死者のプライバシーを守った

 

後者の可能性のほうが高いと思うのですが、真相はいかに。

すべてはM.U.先生のみぞご存じ、ですねにんじん

 

 

アマゾン 法医学の入門書にぴったり↓

 

アマゾン3 こちらは私の本です↓

 

 

AD

法医学、真相は藪の中…

テーマ:

入局するかどうかは別として、

学生たちにたいへん人気が高かった法医学。



なにしろ、

法医学カリキュラムのオプションだった



K院の見学抽選制



だったくらいである。





宝島社から当時出ていた法医関連のムック本に、

K院を見学したライター氏の記述があった。



ショックゆえ、★~★間は白字反転にしておきます


それは、


「待合室には、★エロ本★が置いてあった」



というもの…。


当時の私ときたらもう、

四角四面なケッペキ主義の乙女だったから、


神聖なるK院に ★えろ本★があるなんて!!


と衝撃を受けまくってしまい。





早速、K院に見学に行ってきた

ラッキーなクラスメート男子に直撃インタビューした!!



すると彼は、


「えー、★えろ本★?なかったよ。


そんなん置いといたら、

オレらが読んじゃうじゃん。


あははは!」


と答えたのだった。



よかった…本はなかったんだ…

ほっとしたのもつかの間、



じゃあ宝島のムックにはなぜあんなことが書いてあったのか?


ほんとはあって、学生見学の日だけ隠したんではないのか?


などと心は乱れたが、


その後臨床に進んだ私にはK院を訪れる機会はなく、

それっきり真相は藪の中だ…。




たぶん、真相はグラビアのある「週刊Pスト」とか

「Fライデー」が置いてあった程度なんではないか、と

思うのですけどね…。


今は昔の思い出です…。

法医学の講義中に聞いた、怖いお話。

(ちょっと昔の事件です)



K大病院にほど近い某線S駅では、

防犯上の理由から深夜早朝はシャッターをおろし、

駅構内に入れないようにしていた。



ある日の早朝、係の者がシャッターを上げたところ、

人がシャッターにはさまれ死亡していた。



被害者の体内からはアルコールが検出され、

酔って寝たところが運悪くシャッターの下りてくる場所であり、

はさまれて死亡したのではないか…と、思われた。



しかし、大の大人がシャッターにはさまれて死亡するだろうか。


シャッターは、ギロチンのように一瞬で下りてくるわけではない。


じりじりとシャッターが下がってくる間に、

目覚めて抜け出すことは出来なかったのか。


もしかすると、シャッターにはさませ死なせるため、

誰かが被害者をおさえつけていたのではないのか。



事故死か、他殺か。



シャッターの下りる速度と力を確かめるため、

法医学者立会いのもと、実験が行われた。



実験場所はまさに事故現場。


シャッター降下地点に空き缶を置き、

どのくらいの力がかかるのか確かめてみたのである。



合図とともに、シャッターがおろされた。




シャッターは予想よりもぐんぐんと早く降下し、

落下地点にあった空き缶を、


一瞬でぐしゃりと押しつぶした。




アルミ缶ではなく、

頑丈なスチール缶である



それが、



一瞬で、



タテにぐしゃり



それを見て、この下に人が寝ていたら、

抜け出すひまも助けを求めるひまもなかったであろう、



とその場に立ち会ったみながぞっとしたという…。




今日はシリアスなお話でした…

bana02