私が中学生くらいのとき、母の言葉に泣き出したときの出来事。
具体的に何を言われて泣いたのかは、忘れてしまいました。

でも、その後の母の言葉は今も覚えています。





実はこれ、アル中のダンナを持つ妻の考え方に似てるんですよね。
ひどいことを言われたり、されたりしたあと向こうから謝ってきて…

わかってくれたのね、心をいれかえてくれるのね、
と期待しても、何も変わらず裏切られるという…。