たいへんごぶさたしておりましたが…
わたくし、怪談アンソロジーに参加いたしました。
タイトルは「怪 異形夜話」です。


画像は楽天市場より。

3/29、竹書房文庫より発売されます。
十人十色の怪談がまとめて読めるので、怖いものが好きな方、ぜひぜひ。

こちらもよろしければ…

怪・百物語 (竹書房文庫) FKB怪談女医 (竹書房ホラー文庫) 恐怖 女子会 (竹書房ホラー文庫)


追伸

お知らせだけなのもアレですので、わたくしの近況などを。

【悲報その1】

前回、佐川くんのことをブログに書きましたが、我が家の担当さんが変わってしまいました。
今度の人もイケメンなんですが(どれだけイケメンがいるのだSAGAWA!!)、精悍な感じの人で、以前のウエンツ似のスイートボーイではなくなりました。
3月は別れの季節ッ!!うわーーーん!!!


【悲報その2】

この冬ずっと、うちの夫がヒートテック(*)だと思って着ていた下着は、ユニクロはユニクロでもヒートテックですらなく、ただの綿100%シャツだと判明。
「いわしの頭も信心から」と申しますが、人間、信じるココロがキセキを生むものですね。


(*)ユニクロで大ヒットした、着るとあったかいインナー。
女物は可愛いプリントの柄物が多くて超楽しい。

私の本、発売中です!
★法医学や寄生虫本はこちら(クレカor代引き+送料かかります)
プロアマ混合の創作小説短編集もあります。
http://shop.comiczin.jp/products/list.php?category_id=4433
★amazonで買える本はこちら(送料無料!)
FKB怪談女医 (竹書房ホラー文庫) 女医のひとりごと 女医裏物語―禁断の大学病院、白衣の日常 (文春文庫) HeNoVe


AD
人見知りの私はよく通販を利用する。

アルバイトの日は家にいないため、宅配便の方が無駄足になると申し訳ない。
そこで、前もって予定がわかるときは、できるだけ日にち指定で受け取るようにしている。

この1、2年だろうか、佐川急便に変化があった。


今までは煙草くさいオジサンだったのが、現在ウチに荷物を持って来て下さるのは、茶髪を縛ってまとめた若い女性か、黒髪の若い男性の、ほぼ二択になったのである。

女の子もテキパキとしていてクールビューティなのだが、特筆すべきは黒髪の真面目っ子みたいな男の子だ。


この男の子(おそらく二十代前半かとは思うが、見た目ハイティーンに見える…)、ルックスがきれいめなだけでなく、言葉遣いは礼儀正しく、いつも笑顔なのである。

重たーいペットボトルを箱単位で頼んだときも、分割発送でこまごましたものが一気に届いたときも、いつもニコっとさわやか笑顔なのだ。

嫌なことがあって気分がささくれた日でも、彼の笑顔を見ると、つられて思わず微笑んでしまう。
なんというサワヤカ君なのだろうか!
癒される というのは、こういうときに使う言葉なのだろうと思う。



そんな、先日のこと。
うちのドアホンが鳴らされた。
サワヤカ君が、我が家へ配達にやって来たのだった。

「お荷物でーす」
と言うのでハイハイはんこ~と受取印を押し、私はドアを閉めた。


ほどなくして、またもドアホンが鳴った。
なんじゃらほい、今日は宅配の多い日だぜよと思ってドアを開けると、そこには手ぶらのサワヤカ君が立っていた。

「あの、ごめんなさい、ぼく…明日の日にち指定の荷物を、今日届けてしまって…!」

そう、私はバイトが休みの明日を受け取り指定日にしていたのだが、ちょうどこの日バイトがなくなり、在宅していたのだった。

「いやいや、うちにいたんだからいいですよー」
と言って帰ってもらったが、なんという純真なコだろうとビックリしてしまった。

ほんとはお茶か何かあげて、チップ的なもので御足労をねぎらいたいところだけれども、ヘンな感じになるとイヤだからなあ…「いつもありがとうございます」と言うくらいしかできないんだわ。

未設定
これは、ガシャポンの「佐川男子」フィギュア(一度だけやってみた)。


佐川男子/飛鳥新社
¥1,365 Amazon.co.jp

このように、世間ではいつの間にか「佐川男子」萌えなるものが確立していたようなんだな…。
でも、サワヤカ君はこのフィギュアよりもっと増し増しでイケメンなのですよ?

こないだも、我が家とは管轄の違う県庁所在地を歩いていたら、サワヤカ君にひけをとらぬほどのイケメン佐川男子が闊歩していた。
どんだけイケメンがいるのよSAGAWA…

と、こんな記事を書いたのだけれど、amazonが佐川でなくなってしまったらしく、サワヤカ君の笑顔を見られる機会は減りつつある。
サワヤカ君よ、幸せであれ!と祈らずにはいられない。



屋根の上に、ネコ発見。
未設定
なんだかシルエットが変だ。


頭が、二つ、ある……???




未設定

よく見たら、重なり合って暖をとっているだけだ。
同じ茶トラなので、見間違えたのだった。
春は名ばかり、まだの寒さだもんねえ。
まったく、西川貴教さんの歌(*)のようなネコたちだった。


(*)「冬のせいに」…というやつ

私の本、発売中です!
法医学や寄生虫本はこちら(クレカor代引き+送料かかります)
プロアマ混合の創作小説短編集もあります。
http://shop.comiczin.jp/products/list.php?category_id=4433
amazonで買える本はこちら(送料無料!)
FKB怪談女医 (竹書房ホラー文庫) 女医のひとりごと 女医裏物語―禁断の大学病院、白衣の日常 (文春文庫) HeNoVe