日本のW杯が終わった。
パラグアイ戦に延長・PKの末敗れ、
日本の2010W杯南アフリカ大会が、今朝終わった。

パラグアイは強かったが、日本もまた
負けず劣らずいい戦いを見せた。
ベンチもひとつになって、結束を感じさせた。

試合終了後、涙にくれる選手たちに
胸がしめつけられる思いだった。

松井選手のバーをたたいたシュートが入っていたら…
駒野選手のバーをたたいたPKが入っていれば…

スポーツの世界に、「たられば」は禁物。


三戦全敗かとも予想された中で、
2002年以来久々に1次リーグを二勝で突破し
決勝リーグで南米格上チームを苦しめたのだ。
輝かしい戦跡だと思う。

今回、ひとつサッカー日本代表が教えてくれた。
夢をあきらめないということを。

常に上を見据えて戦うことで、彼らは16強という
快挙を成し遂げたのだ。

今回の教訓と勇気を胸に、
2014年ワールドカップブラジル大会へ向けて、
夢がまた、始まる。


========================

実は私この日腰痛がひどくて、
お肌にやさしい漢方湿布してたんですけど
それじゃあ間に合わないので
かぶれるかもしれないけどよく効く
強力湿布をダンナに買ってきてもらい、
わたくしもまた満身創痍で決戦を迎えたのでした。

腰痛のため床について試合を見るわけです。

ところが、居間の新テレビはともかく
寝室のテレビは、ダンナが独身時代から持ってる
古いしろものなので画面が1cm幅くらいの
横一線になってしまって闘いが映らない。

ときどき、ついたー!! と思うと、
ふっと消えてまた横一線になってしまう。
テレビなのに声しか聞こえない!!

おかげで横たわる私には、TVがラジオ状態。
延長戦後に寝室に来たダンナがTVをぶんなぐり、
なんとかPK戦まではテレビ、もちました。

…テレビって、なんで殴ると直るんだろ。
(注・ブラウン管タイプのお話です…)


========================

試合後コメント、ゲームキャプテン長谷部選手の
コメントに心打たれましたね。


「ほとんどの選手が
Jリーグでプレー
しているんで、
Jリーグも
見てください」


↑眠かったからあやふやだけどこういう意味だったかと。

そうそうそうなんです!!!
ワールドカップは4年に一度の大祭だけれど、
毎週Jリーグはやっているのよ。


2005年からホーム毎回行ってるおかげで
川島GKが名古屋の控えのころからすごかったの知ってるし
本田選手のFKのうまさも目の前で見ているのだわ。

世界の一流を見るのもいいけれど、
これから咲き誇る若手の才能をいち早く見ることが
できるのもまた、Jリーグ。

ぜひみなさまも、お近くのJリーグに足を運んで
みてくださいませ。

AD
早朝はサッカー日本代表、劇的勝利でしたね!!
2002年日韓W杯以来ミーハーサッカーファンな私も
デンマークに3-1とは感激ひとしおでございました。

イタリア残念戦を見てからは眠っていたんですけれど

「にっにっ日本かっかっ勝ってるぅぅぅ!!」

と、解説より早くオフサイドを見抜くサッカーマニアな
ダンナの声で起こされ、
数分後に遠藤選手のZGTG(絶対ゴールキーパー取れないゴール)
を目撃しましたとも!!!

後半は夜が明けてベランダに集まるカラスの声が
南アフリカの応援ラッパ(?)ブブゼラよりもかまびすしく、
ちょっと静かにしてぇーニンゲンは今たいへんなのぉー
などと文句を言いつつ釘付けになっておりました。

いや本田選手カッコいいっすね。
今のチームはよくまとまっていることが選手コメントから
伝わってきて、パラグアイ戦もいい試合をしてほしいと
思います。



そうそう昨日はダンナのライブでございました。


広くはないライブハウスゆえ、ずっと大声で
おしゃべりしているお客の一団がおられたんですけど
さすがにダンナのライブ中は少し静かになりましたね。

だって歌声大きくて話しても聞こえないもんね♪
おしゃべりするのも客の自由でしょうけど、
個人的には他人の演奏中は静聴するのがマナーじゃ
ないかなあと思っています。

バンドとバンドの境目とか、調整中とか、しゃべっても
問題ない時間はいっぱいあるわけだし。

$女医風呂 JOYBLOG-201006242035000.jpg

ライブ中の画像はこんな感じ…
アホほど踊り歌い狂うダンナを観察して楽しかったです。

興がのるとバットをふりまわしたりうまい棒やマシマロを
投げますよ、ダンナ。


そんな彼の次回ライブは、7月第四木曜日と
8月7日土曜、いつものライブハウスUHUで!!