女医の婚活、結婚相手、結婚生活についてのブログ

女医の結婚、婚活に関する、女医ならではの悩みや、
女医の結婚生活や結婚観について自分の婚活を振り返り、どうすれば女医が幸せな結婚ができるかのヒントとなるような記事を書いていきます。


テーマ:

女医の同僚や先輩の中には、医師の家系がとても多く、親が医師だとか、兄弟も医師だとか、そうした環境の中で育って自然に医師を目指す人が多いのかもしれません。

 

しかし私の場合、両親は医師ではない専門職の家庭で育ちました。

そのため、私は開業医のご子息が半ば医師になる宿命を背負ったような育てられ方はしないはずの家庭環境だったのですが、両親は私を含め、子供たちが医師になることを強く願っていて、兄弟は皆医師になりました。

 

そうした両親の強い思いを私なりに理解しているので、女医になってからはできるだけ親孝行をしたいと心がけてきましたし、結婚しても仕事は辞めずに続けようと考えています。

 

さて、今回はそんな両親と結婚について書いてみたいと思います。

 

両親が結婚を反対する理由
若くして結婚した女医の中には、親に結婚を反対されたという人もたくさんいます。

医師という素晴らしいキャリアがあるから、結婚相手の収入によって生活が大きく影響を受けるという心配は必要ないと思うのですが、反対する理由は家庭ごとにいろいろあるようです。

 

例えば、私の研修医時代の友人Aは、大学時代から交際していたサラリーマンの彼と結婚を決めたところ、親に猛反対されたそうです。その理由は、相手が医師でないからという理由でした。

 

Aさんの家庭はずっと医師の家系なので、Aさんの夫もやはり医師が良いとその両親は考えていたようですね。

 

また、別の友人Bは、研修医として働きだしたばかりの時に、同じ研修医として働いていた同僚の彼氏と結婚したいと考えたようですが、親には「早すぎる」という理由で反対されたそうです。

 

Bさんの家庭は医師家系ではなく、Bさんの両親にとっては、結婚すればすぐに子供ができ、夫婦ともに医師なのでは子育てができなくなる、そして結局仕事を犠牲にしなければいけないのはBさんなのだから、もう少しキャリアを積んでから結婚しなさい、という理由で反対されたそうです。

 

Bさんの場合、彼氏が両親の意見に納得してくれて結婚を先延ばしにしたのですが、そのうち彼氏が若い看護師と浮気をしてしまい、結局破局してしまいました。

 

ある意味そうゆう浮気性の人と結婚せずに済んだ、という面では、結果オーライなのかもしれません。

 

子供の結婚に反対する親は、それぞれ理由があるわけですし、その理由に一理あることも多いですよね。

 

でも女医のお仕事をしていると、結婚のチャンスを逃すと、その次はもしかしたら来ないかもしれないというリスクがあるので、子供は、確かにタイミングによっては仕事にも影響が出るので早ければ良いというわけでもないので難しいですが、できることなら、結婚は、早めにしておいた方が良いかなという気がします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

女医ももさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。