まさし特派員の世界一周だより

人文系旅ブログ。自称特派員という無職に就職した僕が、世界の情報を書くという設定です。最近は世界の墓場がマイブーム。


テーマ:

ベランダに小鳥の鳴き声がするので、なんだろうと思い見てみると、



スズメがいた。


スズメというやつは、道で出会っても人間の気配に敏感で、絶妙な間合いでパッと飛び立ち逃げるものだが、こいつは目の前に僕がいて、明らかにスズメの間合いより中に入っているにもかかわらず、逃げようともしない。
なぜ逃げないのか。



ひょっとして、僕はこのスズメに好かれたのだろうかと、自分にとって都合の良い理由を考えてみた。
しかし僕はこいつとは初対面だし、毎日餌をやって飼いならしていたわけではない。
あるいは、人間全般に対して特にフレンドリーなスズメなんだろうか。
しかし、飼われていたスズメなら分かるけど、野生で生きていてそれはないだろう。単にどんくさいのか、あるいはどこか怪我をしてたり、具合が悪いのか…



大きさからして、子スズメらしい。
鈍くさいスズメでも、さすがに僕の手が危険な距離まで伸びると羽をバタつかせて飛び立とうとする。しかし、ベランダの壁にぶつかるばかりで脱出できず、やっぱり鈍くさい。
壁の高さまで上昇する浮力があれば逃げ出せるのに…ともどかしく思っていると、助けを求めるかのようにピーチク賑やかに鳴きだした。



すると、それに呼応するかのように、向こうの電線に止まっているスズメがピーチク鳴きだした。
どうやらこれが、親スズメのようだ。
なるほど、こうやってコミュニケーションをとっているのだな、と感心したのだけど、このままではベランダから脱出できなそうだったので、捕まえて放してやることにした。


タオルで包み込むように捕まえることにした。
これなら素早く飛ぶスズメも面で捕らえることができるし、クッションにもなるから、傷つけることもないだろう。
そろそろと、広げたタオルを手に近づいたのだが、勘付かれ、パッと飛び立ち逃げた先は、開け放した窓の先の僕の部屋。
なんだか状況が悪化したような気もするが。



小スズメは、ガスコンロとフライパンの隅に隠れて縮こまっていた。
コンロをどけると、またパッと飛び立ち、今度はデスクトップPCの、埃っぽい裏側へ逃げ込みうずくまった。
だんだんと大掛かりな捕物になってきたなと思いながらPCをどけると、どけた物陰の後をつけてするする移動しただけで、捕まえやすい絶好の位置。しめしめと思いタオルを広げ、小スズメに覆いかぶせると首尾よく捕まえることができた。


ベランダの手すりに置くように放すと、ピピッと鳴いて軽やかに、親スズメのもとに飛んでいった。
たくましく生きていくんだぞ。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。