まさし特派員の世界一周だより

人文系旅ブログ。自称特派員という無職に就職した僕が、世界の情報を書くという設定です。最近は世界の墓場がマイブーム。


テーマ:


今夏の人間椅子は「地獄の道化師」と題する、全国8ヶ所を回るワンマンツアーを催しているのだけど、その東京公演に行ってきました。
新宿ReNYはキャパ800人のライブハウスなんだけど結構前からSOLD OUT。地方はまだまだ埋まらないようだけど、東京では前回赤坂BLITZがSOLD OUTしたので追加公演をしたくらいだし、もう少し大きなとこでしてもいいのかもしれません。



前回が新アルバムのリリースツアーだったので、新譜中心のセットリストだったんだけど今回は無印ツアーなので、セットリストがだいぶ変わるだろうなと思っていました。個人的に聴きたい曲はいろいろあるのでそれが一番の楽しみでした。



知る人ぞ知る的なマイナーバンドの人間椅子だけど、僕がわざわざライブで聴きたいと思うのは、ぶっつけ生のライブでも聴かせる高い演奏力があるからなのです。
モッシュやWODなどの体動かす系があるわけじゃないんだけど、赤坂BLITZでは演奏の迫力に圧倒され、文豪眼鏡和嶋氏のギターテクにイカされそうになり、終わった時にはもうフラフラで精気抜かれておりました。凄かった。ライブで実力を発揮するバンドであればこそ、ライブで観たいという動機になるわけです。



人間椅子の他に何が良いかって言ったら、やはり日本とか日本語にこだわっている点ですね。
ロックバンドでありがちなのは、サビが突然英語になったりするやつ。最近よく聴くようになったラウド系バンドは、国産バンドでも最初から最後まで全部英語だったりする。まあ、別に否定するわけじゃないし、好きなバンドは好きだけど、僕の好みどストライクってわけじゃない。
その点人間椅子はオール日本語(アルバム20枚全部聞いたわけじゃないけど、多分)なんですね。
やっぱり日本人の心に一番響くのは日本語なので、曲名やアルバムのタイトルから伺える文学に対する強い関心も含めて、言葉というものを大事にしているところが共感できるのです。
確かな実力がある上に、独特の演歌的なこぶしを利かせた歌声や、服装含めたルックス等の日本を感じさせるところも、他のロックバンドには見られない人間椅子の個性で、そこが最高なのです。


ライブハウスには17時入場、18時開演。



開演前の様子。
整理番号は真ん中くらいだったけど、余裕で最前付近まで行けました。やっぱり小箱はいいね。



セットリスト

OP.SE:此岸御詠歌

雪女
怪人二十面相
宇宙からの色
天体嗜好症
狂気山脈
夜叉ヶ池
恐怖の大王
芳一受難
暗い日曜日
踊る一寸法師
東京ボンデージ
超能力があったなら
膿物語
愛の言葉を数えよう
針の山

アンコール1

迷信
地獄の球宴

アンコール2

なまはげ


全18曲中、新譜「怪談、そして死とエロス」からは5曲のみで、残りは旧譜からでした。


この日のライブは、なんとニコ生で中継されていました。

なので、すでにYoutubeに一部がアップされていたりします。

消される前にご覧ください↓





レポなのでとりあえずつらつらと。

新譜からの「雪女」で始まったライブ。
次の曲「怪人二十面相」は本人たちも言ってたとおり最近ライブであまり披露しない曲で、聴けて良かった。


あと今回は新機軸(?)がありました。
テルミンというおもしろい楽器が披露されたこと。



これがテルミン。
手やものを空間にかざすだけで音が出るという不思議な楽器。
電子楽器なので、ギターの泣きの音に似た音が出ます。「恐怖映画やSF映画の効果音として使われてきた」とwikiにはあるので、人間椅子にはハマります。
和嶋氏は「」最近この楽器を始めたようで、習熟すればメロディを弾けるようになると言ってました。ただ三年くらいかかるらしい。笑 いずれにしろ今後のライブでも度々披露されそうです。



人間椅子はMCも面白くてしばしば笑いが起きます。中学からの友達という鈴木氏と和嶋氏の関係の良さが伺えるし、メンバーになって10数年の「アニキ」ことドラムのリーゼントナカジマノブ氏も、妙に明るいテンションの高さて盛り上げる。
ベテランらしい場慣れと自然体なユルさで、ライブ自体が何とも言えない親和的な空気に包まれます。
曲自体はおどろおどろしいんだけど、演者も観衆も音楽が好きだからこの場にいるというハッピーな空気がありました。和嶋氏もアニキも楽しそうに演奏すること。鈴木氏もだけど、お疲れ気味だった。笑



鈴木氏は、「踊る一寸法師」という白塗り怪坊主の顔芸独壇場の曲をやった後汗だくで、その後結構お疲れ気味でした。あの曲はステージ上を演奏し顔芸しながら動き回るので無理もない。笑


ライブは「針の山」で最高潮。この時はつい興奮してしまい、前の人を押してしまった。しかしかっこよかった。



二度のアンコールの最後の締めは「なまはげ」でライブを終えました。


ライブ終えたあと、かなり疲れていることに気づきました。
ファンが暴れたりするわけじゃないけど、やはりものすごい音圧の中で2時間半いたからなのか。
いやほんとにクタクタで、足がふらついてしまったくらい。
今回のライブもとても良かった。


ROCK IN JAPANにRISING SUNと、今夏は大型フェスに2つ出演が決まっている人間椅子。
こういうフェスに出演するのはこれまでなかったことらしい。
MCで言ってたけど、最近少し売れてきたので、レコード会社の予算が増えたらしい。笑
僕が知ったのもオズフェスでだし、フェスはファン拡大には大事な舞台だと思います。



ワンマンももう決まっていて、次回は11.19
次も多分、いや絶対行きます。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。