塾おたより~上智スクール(東京都葛飾区/柴又)

葛飾区の学習塾~上智スクール柴又教室をご案内します。


テーマ:
 近隣の中学では、中間テストの答案が戻ってきたようです。

 Iさん(中3女子)は、いつものように、常盤中で総合で、学年で一番だったようです。今回はY君(中3男子)も新宿中で英語、数学が、ともに学年一番で、自慢げに答案を見せてくれました。

 私たちの塾には、高得点の生徒はたくさんいますが、一番うれしいのは、新宿中3年のM君です。

 もともと成績の良い子が良い点を取るのはあたりまえですが、この子は入塾したころ、どの科目も、せいぜい平均そこそこでしたから、そのころと比べれば、英語、数学とも、安定的に90点以上取れるようになったのは素晴らしいことです。
 M君も、どうやら、自信がついたようで、にんまりしています。

 私たちの塾には、比較的に高成績の子が多いのですが、入塾時に平均を下回っている子もお引き受けしています。

 そして、そういう生徒が、そのうちに〝秀才〟になるのを見るのは嬉しいことです。

 今までにも、英語や、数学が「2」だった子が、一年後には「5」になっていた例はたくさんありました。

 やはり、この塾に入っていて、良かった、と言われるのが一番うれしいのです。

 そういう子の共通点は、まず〝すなお〟だということです。

 職業上、こう言うのも自己矛盾になってしまいますが、
中学生の勉強なんて、塾に行かなくたって、自分で試行錯誤しながら、時間さえかければ、できるようになるものです。

 勉強は、自分から自発的にできれば言うことはないのですが、
しかし、ふつうの中学生にとっては、これが、なかなかむずかしい。

 それで、私たちが、少し、お手伝いしています。

 中学生の勉強は、いわば〝一般常識〟で、勉強の内容はみな同じです。やれば、だれだってわかります。
 要は、やらないから、わからないだけ…。生徒には、いつもそういうことを言います。

 そして、かならず宿題を出します。

 塾に来ているだけで、成績が上がるなんて思ってもらっては困ります。
どんな習い事も、〝おさらい〟しなければ習ったことにはなりません。それをしなければ、塾代をドブに捨てるようなものです。

 一回、二回では、ダメです。

 塾でやる勉強と、並行して、自分の勉強部屋でもやってもらいたい。
たしかに、生徒には何を、どう勉強したらいいのかわからないかもしれません。
だから、私たちはその手助けをしています。

 〝勉強〟というのは、いわば、〝復習〟のことです。

 初めて習うことは、たしかに負荷が高いですが、
三度目五度目とやれば、ずっと楽になる、ということがわかります。
 そして、ぐっと、時間もかからなくなります。

 
先生の言うことを聞かないのなら、個別指導の塾に来る意味なんてありません。
M君は、いつも先生の指示に、すなおに、従ってくれました。だから、できるようになったのも当然です。

 でも、大切なのは、これからです。

  


(教室については教室ホームページ をご覧ください。)

 


上智スクール塾長 渡辺勇治



 

 

上智スクール教師紹介

私たちが指導しています。



授業風景~渡辺勇希(講師主任)



授業風景~亀井順子(副塾長)



教室長 渡辺勇治

授業風景~渡辺勇治(塾長)




 私たちの塾では、毎週土曜日に、個別の「入室説明会」を行っています。保護者の方には、塾長の私(渡辺勇治)が応対しています。


 いろいろな質問がありますが、一番多い質問は、

「どんな先生が教えるのですか?」というものです。


 教室責任者の私が、「私も教えています。」と答えると、意外な顔をされる方が多いので、むしろ私の方が意外な気がします。


  生徒数の多い塾では、経営と、教務(=授業をする先生)は別というのが普通ですから、どうも、経営者と、教えている先生は、別のはず、と思われている方が多いようです。


私は、もう三十年以上、塾を開いていますが、経営者という感覚よりは、「先生」という〝職人意識〟の方がずっと強かった。大手塾や予備校の〝社員〟の仕事は、売り上げ第一主義で、もともとそういうのがイヤで、独立して開いた塾です。

 よく、先生は何人ですか、と聞かれることがあります。ご存知の方もいると思いますが、私の塾では、常勤の専任教師の三人が私の〝身内〟です。


 常勤は、塾長の私(渡辺勇治)の他に、副塾長(亀井順子)と、講師主任(渡辺勇希)です。 この三人で、全授業の70パーセントをカバーしています。


〝身内〟とは言っても、私の他の二人は、上智大学出身でもあり、学力的にも、経験の豊かさ、指導の細やかさでも、〝有能〟なプロ教師です。三人とも、難関の中高受験はもちろん、高校生は早慶・上智等、一流大学の入試問題まで教えられます。(実は、これはかなり実力のいることです。)


 私が一応、教室長ですが、どの生徒を誰が教えるとか、テキストは何を使うとか、教室の運営や、指導の内容については、この三人の協議で決めています。権限の違いはないので、私の意見が〝却下〟される場合もあります。


 だから、私の塾では、教室長が三人いるようなものです。


 昨今は、塾業界も商業化が確立し、とくに個別指導塾の場合は、アルバイトをたくさん雇い、

「生徒の授業料-アルバイト人件費=塾のもうけ」

という収益シミレーションでやっているところ、(とくに大手)が圧倒的ですが、そういう経営姿勢はどうかと疑問に思っています


 それだけでは、学習塾としての、肝心の〝学習成果〟が上がらないからです。学習成果がないと、いずれ保護者の信頼を失い、塾は破綻してしまうでしょう。これが30年、塾を続けている私の経験則です。


よく、私の塾の〝売り〟は何か、と聞かれることも多いので、

「しっかりした先生だけで教えていることです」と答えています。


 当たり前のことなのですが、商業化した昨今の塾業界では、宣伝では、〝厳選した教師ばかり〟などと書きながら、実際は、かなり〝テキトウ〟というのが実態です。この真偽の差は、実際に通わせてみないとわからないと思います。


 私の塾でも、専任教師だけでは足りないので、非常勤の時間講師もいることはいますが、主体は専任教師なので、教室の雰囲気は、ピリリと引き締まっています。時間講師といえども、たえず実地に専任教師の指導を見ているので、しっかりした教え方を覚えてくれます。


 専任教師のうち、私は、生徒から〝塾長先生〟と呼ばれていますが、他の二人(副塾長と、講師主任)は、〝順子先生〟、〝勇希先生〟と呼んでもらっています。淘汰の激しい塾の世界で、私の塾が存立しているのは、いわば〝三本の矢〟による、力強い教務態勢によるものです。

 私一人が教室長で、あとは全部、アルバイトばかりでは、おそらく私の塾はもたなかったろう、と思います。


 実は、私の塾の保護者の方には、学校の先生、という方も多く、「実際にどんな人が教えるのか」ということに目が肥えているようです。生徒を指導することがどんなに難しいことか、一番よく知っているのが学校の先生だからだと思います。


 塾には、集団塾と、個別塾とがあります。〝個別塾〟に限って言えば、私の塾は、指導力で、葛飾区では間違いなく〝一番〟のはずだと、思っています。


(教室については教室ホームページ をご覧ください。)

 


上智スクール塾長 渡辺勇治



 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>