オズの魔法使い in 大垣!

テーマ:
岐阜県大垣市にて、今年度最後の「オズの魔法使い」、無事に終演いたしました!!

各地での本作上演を経て…、その上での、このところの大人向け作品の大作連続上演…、大型新作の「王女メディアの物語」、それぞれの現場での経験が昨日のオズに集約された感じでした。

全ての声、動き、台詞に万感の思いを込め、また、昨日新たに生まれた素敵な台詞もたくさんありました…。

終演後のフォトサービスの様子をお届けします…


photo:01





photo:02





photo:03





photo:04





photo:05



写真撮影の後はドロシーちゃんとタッチタッチ!

こんなに小さい子どもも大勢居たのーーー!!??と驚き…。



約3時間に渡る舞台、静かな場面の多い第3幕も本当にじっくり観てくださいました。



昨日のお客様はとってもノリが良く、オズの世界をそれはそれは盛り上げてくださいました。



このフォトサービスの前の、終演直後のカーテンコールのご挨拶のとき、感動的な出来事が…。



私が


「このような人形劇をまた観たいですか~!?」


とお客様に問いかけると、小さな男の子がすかさず…


「100回観たーい!」


…と。



全てが報われる瞬間…。涙をこらえるのに必死でした…。


その純粋な声に周辺の大人の観客も思わず涙…。


会場の皆さんにもあの声が聴こえたのでしょうか…?


客席からようやく顔が覗かれる程の小さな男の子…。3時間の長丁場の舞台を観劇した末のこの言葉…。


驚いた私は「何歳…?」と舞台から彼に尋ねました。


すると…


彼は小さな手のひらを出しながら…


「5歳~」


…と。



ご、ご、ご、ご、ごさい~!!??



嬉しく感動的な場面でした…。



アンケートも全て読ませていただきました。素晴らしい感想の数々、ありがとうございました!



同会場にて、今年の9月には「よだかの★星」と「セロ弾きのゴーシュ」を上演します。こちらは小学生からの入場のため、残念ながら幼児さんは観劇できませんが、オズとはまた違うシュールなステージングをお楽しみください。



ご来場いただいた皆様、本当に本当に、ありがとうございました!!


そして主催をしてくださった会館の皆様、全ての関係者の皆様、本当に本当に…お疲れ様でした!!



9月の公演でもお世話になります。





先にチラリと書きましたが…

次回、
大垣市スイトピアセンター・文化ホールでのたいらじょう公演は…


9/6(土)
「よだかの★星/セロ弾きのゴーシュ」
原作:宮沢賢治

*未就学児の入場不可。


を予定しております。



再会と新たな出会いを楽しみに…。


AD