オラシオ主催万国音楽博覧会

自称「日本でただ一人のポーランドジャズ専門ライター」オラシオのブログです。「百文は一聴にしかず」をモットーに、世界有数の豪雪都市青森市から世界最先端の情報をお届けしています。出張CDコンサートのご依頼はaladyhasnoname@ヤフーまでお願いします。


テーマ:

通常記事は本記事の下からになります!



私の持論は「ジャズはしぶとい音楽。他の音楽に転移して相利共生し、音楽という芸術を豊かにする」というもの。

つまりは、そう簡単には死なないって意味の「しぶとい」です。

それどころか、変に軟弱だったりマナーに凝り固まったりしているどジャズよりか、ジャズの要素を取り入れたポップスとか他ジャンルの方がよっぽどカッコ良かったりクリエイティヴだったりしますよね。

究極的には本物のジャズが物凄いポピュラリティを上乗せして流通すると良いんですが(その意味においては私は寺島靖国さんの「3分間ジャズ」に賛同します。だらだら自己満のアドリブは要りません。でも、理想としている像は全然違うものだろうなあ(笑)。私のは3分間に「濃縮」ですから)、昔の「モーニン MOANIN'」の大ヒットとかじゃあるまいし、なかなかそうも行かないのが現状ですね。

街を歩くと嫌でもJ-Popsが流れて来るのを耳にしてしまうわけですが、数年に一回ぐらい、完全に「ジャズ」と言い切るには「ポップス」なんだけど、ちゃんとジャズな演奏をしていてメロディやアレンジ自体も非常に完成度が高い、という稀有な曲に出くわすことがあります。

普通にポップスしか聴かない人が聴いてもカッコいいと思うんでしょうし、実際にヒットもして、しかも作曲とか楽器とかをやっている立場から聴いてもとても高度な、あるいは完成度の高いことをやっている。

そういう曲で今のところパッと思いつくのは、


美しく燃える森/東京スカパラダイスオーケストラ feat. 奥田民生

Love Addict/中島美嘉

炎のたからもの/大野雄二

アニメ『スペースコブラ』オープニングナンバー「コブラ」/大野雄二

ワインレッドの心(ライヴアルバム『クラムチャウダー』ヴァージョン)/井上陽水


とかですかねえ・・・。

スカパラ(別に好きではないのですが)曲は基本アドリブなどに長けた人たちではないので食い足りなさが残りますが、もっとジャズィになれる伸びしろを感じさせつつ、かつメロディが良い。

奥田民生は自分の声を一番よく活かす作曲をしていてずるい(笑)。

↑奥田の作曲だとずっと勘違いしていたのですが、スカパラのベーシスト川上つよしの曲でした、すみません。

中島美嘉もあんまり認めてないんですが、この曲は1曲で世界が完成してますよね。

作編曲の大沢伸一(MONDO GROSSO)の仕事が素晴らしいです。

ウッドベースとドラムは完全にアコースティックジャズになってますしね。

最近聴いたこの手のユニジャンル曲の中では完成度は一番ですかね。

大野曲2曲は完全に趣味(笑)。

「コブラ」のいわゆる「アダルトなジャズ」のムードなど、彼ならではかと。

陽水のワインレッドは、ぜひフルートのオブリガードとボッサリズムが心地良いアコースティックなライヴヴァージョンで。

この演奏ならボッサジャズでいける名曲だと思うんですけれどねえ。


とは言え、基本的に私は日本のポップスを聴かない人間なので、他にどんなこの手の良か曲があるか全然判らないのです。

ということで、今回のアンケートはいつもの形態を少し崩して、


教えて下さい「ジャズ」なJ-Popの名曲


です。

色々聴いてみたいので、もうほんと、個人的に教えて下さい。

別に条件はないんですが、ただ「ジャズっぽい」というのではなくて、出来れば楽器のアドリブなど、ジャズの重要な要素をしっかりと踏まえたものだと助かります。

よりアコースティックな演奏だと◎(リズムはロックガシガシでもサックスがアドリブとってるので「ジャズ」というのはちょっと・・・・)

ヒットしたり知名度がある曲だと◎(超絶ベーシスト、渡辺等がいたバンド「アーディ ADI」の「開店休日」という曲など最高に凄いのですが、あまりにも知名度/ポピュラリティがないので挙げるのには無理があるかなーという感じです)


というわけで皆様、「ジャズ」なJ-Popsについてぜひぜひ教えて下さい/情報交換しませんか?


何曲挙げていただいても結構です。

1ヵ月後までトップ記事にしておきます。

それ以降は「アンケート」カテゴリから当記事へお越し下さい。

では、素敵な曲の情報をお待ちしております♪

AD
いいね!した人  |  コメント(22)

[PR]気になるキーワード