上野公園7日目は10代の選手によるプロデュース興行『Teens』。入場式ではつくし、柊くるみ、弓李があいさつを務め、ほかの選手たちを1人ずつ「○○おばさん」と紹介しながらリングに呼び込む。第2試合はつくし&くるみが藤本つかさ&星ハム子と対戦。つくしと藤本のスピーディーな攻防からハルカゼを決めたつくしだが、体勢を切り返した藤本が3カウントを奪った。


メインイベントはデビュー3周年を迎えた弓李が長崎まる子とのタッグで『アジュールレボリューション』世羅りさ&雪妃真矢と対戦。場外戦ではライトセイバーを手にした世羅のフォースの力が暴走し、対戦相手はおろかセコンドの選手たちまで次々と斬り捨てていく。この事態にリングアナの千春は「あなたたちが試合をしないんだったら、歌います!」と本部席を離れてリング前で歌い始めてしまうが、世羅に斬られてようやく選手たちがリング内へ。まる子が世羅にまる投げを決めると、弓李がフィッシャーマンズ・スープレックスから腕サソリ固めを極めるなど攻勢を見せるが、アジュレボはダブルのチョークスラムから世羅がエアーズロック、最後はコーナー最上段からのダブルニードロップで弓李を仕留めた。


試合後、真顔で弓李に詰め寄ったつくしは「なに負けてんの!? メイン任せた意味ないよね? つくし&くるみで良かったと思うんですけど」と怒り心頭。くるみが「ウチら負けたじゃん」と止めに入るが、つくしは「助けにこなかったのが悪いんでしょ?」とくるみとつかみ合いに。周りの選手たちがあわてて止めに入るが、つくしは「3周年、おめでとう!」と弓李に花束を差し出す。すっかりだまされてしまった弓李は号泣。マイクを渡されると「言おうと思ってたこと、全部忘れちゃいました…4年目はこういう激しいドッキリにだまされないように成長したいと思います。メイン立たせて頂いたのに負けてしまってすごく悔しいです。(ドッキリは)すごい怖かったです。くるみさんもつくしさんも怒らないんですよ。だから…」とまた泣き出してしまいながら、最後は3人のかけ声で締めた。


夏の上野プロレス祭り2016
『アイスリボン750~弓李3周年&TeensプロデュースDay~』
◆8月25日(水)東京・上野公園みずどりのステージ(18:30)


▼10分1本勝負
宮城もち(分秒/棚からぼた餅→片エビ固め)松屋うの
▼20分1本勝負
○藤本つかさ&星ハム子(分秒/ハルカゼを切り返す→エビ固め)●つくし&柊くるみ
▼30分1本勝負
○世羅りさ&雪妃真矢(分秒/ダイビング・ダブルニードロップ→体固め)●弓李&長崎まる子
※観衆&試合時間はのちほど追記します。


★つくし&くるみ&弓李のコメント
つくし「きゅーちゃん(弓李)泣かせちゃったよ!(笑)」
くるみ「2回目ですよ」
つくし「そう。去年も泣かせてしまったんですけど」
くるみ「今年もやってやろうじゃないか! ということで…」
つくし「ウチら“負けたから”とか思ってないからね! つくしたちがセミで良かったと思ってます。きゅーちゃんおめでとう! 負けてしまったんですけど、まだまだこれからだと思っているし、(タッグ王座の)前哨戦はまだあるので全然気持ちは折れてません! これからも頑張ろう!」
くるみ「頑張るぞ!」
━━3周年について。
弓李「自分、1年ちょっとで辞めるんじゃないかってデビューした時からずっと思ってて…この通りといいますか太りにくいので。筋肉もできないし、ずっと下っぱっていうか、弱いままなんじゃないかって。今も弱いですけど(笑)。3年もやってこれて良かったです。素直に嬉しいです」
━━今後の目標は?
弓李「どこからでも関節(技)に入れるようになりたいです。あの…サブミッション・クイーンの…もうグランドスラム(※すべてのベルトを奪取)をしたいと思います!…言っちゃった」
くるみ「いいんだよいいんだよ。言ったもん勝ちだ!」
弓李「4年目はグランドスラムとサブミッション・クイーンになることを目標に頑張りたいと思います!」


▼WenDee






















AD


『アジュールレボリューション』世羅りさ&雪妃真矢のプロデュース興行。試合前にはイントロに乗って客席後方から登場した雪妃が、客席を歩きながらCDデビュー曲『Azure sky』(アジュール・スカイ)を初披露(発売日は未定)。世羅は旗を振って会場を盛り上げる。メインイベントでは世羅&雪妃が『This is アイスリボン』つくし&柊くるみと対戦。連日に渡って繰り広げられている場外戦では、客席にバケツに入った水をぶちまけるなどやりたい放題で4人ともズブ濡れに。この試合でアジュレボが勝利した場合は、9・19横浜でのベストフレンズへの挑戦権を譲り受けるという条件で行なわれたが、最後はつくしが雪妃を丸め込んで3カウントを奪った。


マイクを持ったつくしは9・19横浜について「必ず見に来てください!」と観客にアピールすると、アジュレボに対し「試合前カリカリして言えなかったけど、プロデュース興行でつくし&くるみを選んでくれてありがとうございました!」と感謝を述べる。「悔しいよ~っ!! アジュレボでタイトル挑戦したかったよ!」と悔しがる世羅だが、「すっごい幸せなタッグチームだなって改めて思いました。隣りに雪妃がいてくれることで“私も頑張ろう”って思えるし、入場曲の『アジュールスカイ』は雪妃からのメッセージだと捉えていますので、これからも2人で精進していきたいと思ってますので皆さん、よろしくお願いします!」と決意を語った。


夏の上野プロレス祭り2016

『アイスリボン749~アジュールレボリューション・プロデュースDay~』
◆8月24日(水)東京・上野公園みずどりのステージ(18:30

観衆156人


▼10分1本勝負
星ハム子(4分26秒/ハムロール)弓李
▼20分1本勝負
藤本つかさ&○尾崎妹加(13分26秒/アルゼンチン・バックブリーカー)長崎まる子&●松屋うの
▼30分1本勝負
○つくし&柊くるみ(16分39秒/ハルカゼ)●世羅りさ&雪妃真矢


★世羅りさ&雪妃真矢のコメント
世羅「今日勝ったらベストフレンズに挑戦できたんですけど…敗れてしまって。もう悔いはないです。今の自分たちの全力を出せたので。全然悔いはないです、悔しいですけど(苦笑)。でもね、まだまだこれからアジュールレボリューションは進化していくと思うので。今日から入場曲も新しくなりましたし、改めて気持ちを一新…どんどん上を目指して頑張っていきたいと思ってます」
━━歌に込めた意味は?
雪妃「なんかいろんな想いがあるんですけど、私はやっぱり“組みたい”って思って(世羅と)タッグを組ませて頂いたので。メッセージを込めた感じですね」
世羅「タッグももちろん、個人の底上げももちろん。“1人でも強いけど2人になるともっと強いよね?”って言われるような、そんなタッグチームになりたいと思ってるので。ユキも7番勝負、残すはあと1人。私もバースデーデスマッチ待ってますので、そこを乗り越えて強くなってユキのもとへ帰ってきたいなと持っているので。2人で試練を乗り越えた先にあるものを見ていきたいなと思ってます」


★つくし&柊くるみのコメント
つくし「いや~、くるみがいなかったら負けてましたよ、マジで!(笑)なんか前に対戦した時よりもアジュレボが強くなっていて…ビックリしました。でも、つくしたちのほうが組んでる年数とかも長いし、アイスリボンのことをよく知っているので。ベストフレンズへの挑戦もかかってたし、上野(連戦の中で)1番気合いが入りました。どうしても負けられなかったし、アジュレボもそうだけど後輩2人には負けられないプライドがあります、自分には。ぶっちゃけアジュレボに嫉妬してた部分がありまして…つくし&くるみよりアジュレボを推されてる時期があったんですよ。それを今日、思い出しました。“そういう時期もあったなぁ”と思って。負けられないし、ウチら空気読めないんでね。今日はきっちり勝ちました!(笑)」
くるみ「アジュレボとあんまり対戦したことないのかな…? けっこうユキとも久々の試合だったので、実際どうなるかわかんなかったんですけど、つくしが最後丸め込んで勝ってくれたので。つくしに感謝をしたいなと思ってます。上野なので場外でもぶっつぶそうと思ったし、このままの勢いでタイトルマッチ…ベストフレンズと試合して、自分たちが勝ちたいと思います」
つくし「なんかいい意味で、今日あったからこそ前よりもっと自信が持てるようになりました。ベストフレンズ、もう終わりです」
くるみ「終わりです」

━━壁の上からのプランチャは狙っていた?
つくし「全然怖くないですね!(笑)やれることは今日やり尽くしました」
━━明日(25日)はTeensのプロデュースだが。
つくし「明日は弓李の3周年の興行なので、メインは弓李の任せます! やりたいって言ったカード、明日そのままやるので…」
くるみ「セミは自分たちなので、はっちゃけます!」
つくし「つっかさんと当たる…自分たちが望んでたカードが実現します。前哨戦です! 明日も危機感を持って臨みたいと思います!」


▼WenDee

























▼昼間の大日本プロレスでもレフェリーを務めたMIOは、1日で12試合を裁き疲労困憊。

AD


藤本つかさ&松本都がデビュー8周年記念日にプロデュース興行を開催。メインイベントではアイスリボン全選手とのICE×∞タイトルマッチを行なっている藤本に都が挑戦。派手な場外戦を挟みつつ激闘を繰り広げ、最後はコーナー最上段に立った藤本が都のお株を奪うマンマミーアZ(Y字バランスを決めてから放つダイビング・ボディープレス)で3カウントを奪取。試合後は公約通り藤本と都でマッスルビーナスのデビュー曲『いつかきっと』を披露すると、アイスリボンのエンディングテーマを歌うhy4_4yh(ハイパーヨーヨ)が生歌で『ぉめでとぉ!!毎日が記念Be→』を熱唱した。




夏の上野プロレス祭り2016
『アイスリボン748~藤本つかさ&松本都デビュー8周年プロデュースDay~』
◆8月23日(火)東京・上野公園みずどりのステージ(18:30)
観衆185人


▼10分1本勝負
つくし(6分47秒/ダイビング・フットスタンプ→体固め)尾崎妹加
▼15分1本勝負
柊くるみ&長崎まる子(8分19秒/ダイビング・ボディープレス→体固め)世羅りさ&●235
▼コスチュームマッチ・20分1本勝負
○宮城もち&雪妃真矢(10分26秒/みやここクラッチ)星ハム子&●弓李
※着用したコスチュームの選手(藤本つかさ・松本都)の技からのフォールしか認められない特別ルール。
▼ICE×∞選手権試合・30分1本勝負
藤本つかさ(18分9秒/マンマつっかZ→片エビ固め)松本都
※第23代王者が4度目の防衛に成功。
















AD

夏の上野プロレス祭り2016
『アイスリボン751~藤田あかねAID~』
◆8月26日(金)東京・上野公園みずどりのステージ(12:00)


▼20分1本勝負
長崎まる子&松屋うの vs テキーラ沙弥&尾崎妹加
▼20分1本勝負
松本都&弓李 vs つくし&雪妃真矢
▼エニウェア6人タッグマッチ・時間無制限1本勝負
藤本つかさ&星ハム子&世羅りさ vs 柊くるみ&宮城もち&藤田あかね

◇出演アーティスト
代々木女子音楽院
◇チケット料金
3000円
※入場時にドリンク代として別途500円が必要。

『アイスリボン752』
◆8月27日(土)埼玉・アイスリボン道場(18:00)


▼15分1本勝負
宮城もち&雪妃真矢 vs テキーラ沙弥&松屋うの
▼10分1本勝負
世羅りさ vs 235
▼10分1本勝負
長崎まる子 vs 尾崎妹加
▼20分1本勝負
藤本つかさ&星ハム子 vs つくし&弓李

※写真撮影可能な大会。10月の道場マッチのチケットが発売される。


◇チケット料金
自由席=3000円(着席整理番号つき)
※当日のみ中学生以下は無料(要学生証&保護者同伴)。高校生、60歳以上、蕨&戸田&川口市在住者は2000円(要身分証)。
◇取扱所
アイスリボン会場売店、リボン直販(好きな選手のポートレート引き替え券つき/大会開始4時間前まで受付)。


 

金沢の海岸でイベントプロレス!
『女子プロレスを楽しむ会 withアイスリボン』
◆8月28日(日)石川・内灘マリーナ付近海岸(16:00)
※河北郡内灘町大根布8字5-1地先


海岸にリングを設営した特設会場で海を見ながらのプロレス。入場には整理券が必要だが、アイスリボンでの取り扱いはなし。問い合わせは090-8703-2382(担当:木村)まで。


▼大畠美咲&水波綾 vs 長崎まる子&長浜浩江
▼テキーラ沙弥 vs 尾崎妹加
▼弓李 vs 飯田美花
▼世羅りさ&雪妃真矢 vs 藤本つかさ&つくし
▼エニウエア8WAYマッチ・時間無制限1本勝負
藤本つかさ vs つくし vs 世羅りさ vs 弓李 vs 雪妃真矢 vs 長崎まる子 vs 尾崎妹加 vs テキーラ沙弥

※レフェリー:佐藤淳一、サブレフェリー:大畠美咲&水波綾、リングアナ:千春


元JDスターで現在は舞台の世界で演出・脚本・役者として活躍するMARUの芸能生活25周年を記念した『MARU大全集』が完成。内容は師匠・ジャガー横田との対談やプロレス時代の写真、全試合結果記録、引退直後に書いたMARU日記など。価格は2000円。明日25日から新宿シアターブラッツで開催されるMARU25周年公演・コルバタ主催『和牛ステーキ1ポンド』の会場で発売。通信販売の問い合わせは有限会社I&Iファクトリー(info@iandifactory.com )まで。水道橋のプロレスショップチャンピオンにて先行発売中。




23日(火)、ディアナ勢が川崎区にある社会福祉法人・馬島福祉会、特別介護老人施設 大師の里にて詐欺被害防止を呼びかけ、レクリエーションに参加。2014年の川崎市イメージアップ事業活動以来2回目の訪問で、ディアナで制作したDVD『あやしいメールに気をつけて!』、『あやしい電話に気をつけて!』を上映。詐欺被害について「知らない電話があったら女子プロレスラーが言ってたな。と私たちの顔を思い出して下さい」と呼びかけた。





※写真&記事提供:ディアナ

ポカスカジャン&OZアカデミー20周年記念
アジャ・コング&尾崎魔弓&ダイナマイト関西30周年記念
『リングの中心で?を叫ぶ勇者達』
◆8月26日(金)東京・新宿FACE(19:00)


◇一部内容
▼30周年記念3WAYマッチ
アジャ・コング vs 尾崎魔弓 vs ダイナマイト関西
※勝者には30周年に相応しい記念品をワハハ本舗より贈呈。
▼ラブソング対決1曲勝負
アジャ・コング vs 桜花由美
アジャ『Love is over』(歐陽菲菲)
桜花『舟唄』(八代亜紀)
※観客が審査員
▼くちbattle
アジャ・コング vs MIO
※口喧嘩で対決
▼ダイナマイト関西引退ロード番外編~最後に組を抱きしめる~
ダイナマイト関西 vs 希月あおい
歌:ポカスカジャン


※その他出場選手&出演者…豊田真奈美、加藤園子、松本浩代、雪妃魔矢、ポリス、ラジークイーン(ワハハ本舗)、中村裕之(OZリングアナ)


◇チケット料金
最前列=5800円
指定席=2800円
※当日は500円増し、入場時にドリンク代として別途500円が必要。OZアカデミー女子プロレスのメール予約は25日(木)20時まで受付。


『THE DYNAMITE』
◆9月4日(日)群馬・ヤマダグリーンドーム前橋 サブイベントエリア(12:30)


▼60分1本勝負
アジャ・コング&倉垣翼&山下りな vs 豊田真奈美&大畠美咲&志田光
▼ダイナマイト関西引退ロード・30分1本勝負
ダイナマイト関西 vs 浜田文子
▼30分1本勝負
AKINO&小林香萌 vs 尾崎魔弓&桜花由美
▼30分1本勝負
松本浩代 vs 長浜浩江
▼30分1本勝負
加藤園子&花月 vs 希月あおい&朱里


◇問い合わせ
OZアカデミーinfo@oz-a.com


【結果】JWP8・22板橋

テーマ:


台風の影響により交通網が大幅に乱れた中で開催された板橋大会。第1試合の若手選手によるタッグマッチは、藤ヶ崎矢子がダブルリスト・アームサルトから変形のリバース・ゴリースペシャルにつないでRiNOからギブアップ勝ち。小林香萌を迎え撃ったコマンドボリショイは走り込んでの掌底から、グラウンドで足を固めながらドラゴンスリーパーを極める複合技で快勝。5年半ぶりのシングル対決となるLeonと大畠美咲は、丸め込みの応酬から大畠が最後までキャプチュードバスターを決めさせずに15分時間切れ。Leonが主宰していた獅子の穴のメンバーだった大畠が成長を見せつける形となった。


セミファイナルは対戦する機会の多い中島安里紗とKAZUKIのシングル対決。左右のエルボー連打からドラゴン・スープレックスで勝利した中島は、マイクを持つと「今日も元気でしたね、ひざ小僧。おかげで私の“ひじ小僧”も喜んでるよ」。対するKAZUKIは「ベストフレンズ、歌の通りかわかんないけど離れそうになったり、また元に戻ったり…結局うまくいっちゃってるよね? 私と鋼…最近うまくいってないのよ。言うこと聞かなくて。ちょっと内緒なんだけど鋼さ、つっかに興味あると思うよ? だから無差別って言ってんじゃない?」と密かな悩みを打ち明けて会場を笑わせる。中島は「私を倒してつっかを? つっかのベストフレンズは私だし、そこに鋼の入る余地はないし…WANTEDは長く組んでるし、うまくやってったらいいと思う。今度、話聞きますよ。KAZUKIさんのおごりで」と笑顔を見せた。


メインイベントは8・14両国大会でベストフレンズを破り、新たな2冠タッグ王者となった中森華子&木村響子が米山香織と『全力バタンキュー』でのトリオを結成。その両国大会で早くも王座挑戦を表明したラビット美兎、勝愛実、ライディーン鋼の3人と激突した。序盤から戦場を場外に移すと、その後も6人が入り乱れる攻防が多く見られ、最後は中森がキックの連打からディスティニー・ハンマーで勝から3カウントを奪取。試合後は木村の提案により、全力バタンキュー同士の2冠タッグ戦が急浮上した。



★メインイベント後のマイク
中森「残念だったな、ぴゅあふる! 今日は完勝だけど何度でも何度でも…何度だってやってやるよ!」
木村「オマエら、今のままじゃ何度やったっておんなじだぞ。若さと勢いだけで勝とうと思うんだったらな、今の100倍の勢いで来やがれコノヤロー! 全力が足りねぇよ全然。ウチらは全力の人間と、全力の闘いをやりてぇんだよ。だから、全力バタンキュー同士でベルト懸けたってかまわないですよ?」
米山「全力バタンキュー同士?」
木村「全力の闘いやらないと、全員悔いが残るんじゃないですか?」
米山「全力バタンキューの全力対決! どちらかがバタンキューするまで!」
ボリショイ「よし! 全力で、私はいつでもやってやるよ。木村がいっさい悔いが残らず引退できるように。全力でバタンキューするまでやってやるからな! JWPの後輩たちもまだまだかもしれないけど、ヤツらも全力で駆け上がってくると思う。だから木村なりの受け方で、全力で闘えよ。ひと試合でも多くJWPで見せてくれ」


『FLY high in the 25th anniversary』
◆8月22日(月)東京・板橋グリーンホール(18:30)
観衆85人


▼15分1本勝負
藤ヶ崎矢子&結奈(10分40秒/変形リバース・ゴリースペシャル)●RiNO&「ことり」
▼平日スペシャルシングルマッチ・15分1本勝負
コマンドボリショイ(8分11秒/プラムツイスト[仮])小林香萌
▼平日スペシャルシングルマッチ・15分1本勝負
Leon(時間切れ引き分け)大畠美咲
▼純血スペシャルシングルマッチ・30分1本勝負
中島安里紗(14分43秒/ドラゴン・スープレックス・ホールド)KAZUKI
▼全力バタンキューvsヤングジェネレーション・スペシャル6人タッグマッチ・30分1本勝負
○中森華子&木村響子&米山香織(17分57秒/ディスティニー・ハンマー→片エビ固め)ラビット美兎&●勝愛実&ライディーン鋼