トラタヌ率は無限大♪

ボクシング観戦(国内・海外)が趣味。
2013.9月から津軽三味線お稽古開始。

超極小大家業運営中。
ビル経営スターターキットを手に入れました。
まっとうに運営できるのか?
それとも撤収なのか?
結果はいかに?!


テーマ:
昨日○○の面接にいった。


事前に担当者には事業計画、個人資料を


渡しておいた。


面接は主人一人。


おきらくに構えていたらなんだかとんでもないことに


なっていた。


話がかみ合ってない。汗


最終的には、


【こんな儲かってない物件で貸せるわけ


ないでしょ?】


くらいなことを言われる。


事業計画書を作ったときには


修繕費いれても、キャッシュフローは黒。


通帳も同じく。


なんだか、煮え切らないものがフツフツと。。。


二人で協議した結果、


担当者はまったく不動産投資をわかってないと


いう結論に達した。


事業計画書もぜんぜんみてない。


さらには、決算書もわからないかもしれない。


態度もすっごくでかかったので


おそらくわかってないのを悟られないよう


虚勢を張っていたのだろう。と想像。


そうはいいつつも、自分達の申告書にも


決定的な間違い発見!汗


修繕費の項目がダブッていた。涙


これはまずーい!


さすが自分。


信用ならないぜ!(笑)


早めに訂正しないと、金融機関に


持ち込めない。


これに気がついたのは


○○のわかってない担当者のおかげ♪


ありがたい。


まったく不動産のことがわかってない人に


イチから説明してあげないといけないのは


結構大変だ。


でも、おそらく信金とか、小さいところは


ほとんどそんなものだろう。


すごく優秀な担当者がいる銀行なんて


ごくごく一握りしかいないと思う。


わかっていない人は、ある意味洗脳しやすい。


この担当者はどうかわからないけれど


ブチ切れそうになるのを抑えて


きっちりと説明する必要はある。


と思ったので、朝FAXをしたためた。(笑)


先ほど電話する。


あいかわらずぐだぐだいっているので


黙っているところに今度はこちらの


口撃ラッシュ開始!


【赤の部分は取得費と減価償却費です。
昨日のお話だとそのことが共通認識として
理解されていなかったので、
その部分を理解していただき、
融資を出す、出さないを決定されるのは
○○さんのご判断です。
ただ、わたくしどもの物件が赤字を垂れ流している
というのは違います。
そもそも、そんな収益物件購入していたら
○○さんなんかに融資のお願いにいけるはずも
ありません。
毎月○○円たまっておりますし、それは昨日お持ち
した通帳と事業計画書をあわせてみていただければ
わかることです。
よろしくお願いいたします。】


担当者ダンマリ。


書類をチェックしてから連絡するとのこと。


とりあえず、言いたいことはいった。


理解してダメならしょうがない。


理解せずに○○に情報が残るのは


マズイ。


担当者が理解できるように、噛み砕いて


説明しなければ、


今回融資が引けなくても、のちのち困る。


なんせ、我が家の住所から


謄本も引けなかった人らしいので。。。


結構骨ですが、まあ強烈な修行と思って


説得してみようと思います。
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

ジョセフィーヌゆきさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。