パリ旅行での食事、パン屋さんをまとめてみました ⇒ こちら
  • 27 Apr
    • お魚ランチ@築地・味の浜藤

      今日のランチは 築地・味の浜藤、初めて入りました。 グランスタの期間限定のポイントカードの点数がたまっていたんですが、有効期限が今月いっぱいだったので、消化しにひとりでランチに行ってきました。  私が入った時にはまだギリギリありました、限定20食の赤魚西京焼き御前です。 煮物やお漬物もついて1080円です~。 デザートにわらび餅もついてます ランチに限らず、ふだんから魚より肉系なんですが、西京焼きは好き。 健康的なメニュー(・・・な気がする)たまには和食ランチもよいものですね。 おじ様・おば様が多く、おひとりの方も多いのでわさわさせず、静かに落ち着いて食べられました。 ランチメニューもいろいろあるのでまた行きたいなと思います。

      45
      テーマ:
  • 26 Apr
    • 元首相が経営するパン屋さん!

      クアラルンプール4日目、最終日の朝です。 この日は12:00のチェックアウト近くまで部屋でゆっくりするつもり・・・だったのですが、朝食を食べた後「あ、パン屋8時からやってる!」といそいそとパンを買いに出かけました。   この The Loaf というお店は、なんと、マレーシアの元首相マハティールさんが経営するパン屋さんなのです マハティールさんは首相在任22年と長かったので、お名前を知っている方も多いかと。 私も、名前くらいは存じてましたよ~。 親日家のマハティールさんは、来日時に食べた日本のパンが大好きになり、退任後、日本人経営者と共同で日本式パン屋さんを作ってしまった・・・ってことらしく、元首相がパン屋さんをやってるってスゴイ   パンの販売だけでなく、カフェ、レストランも併設しています。 Pavillion内にあるこのお店は通りに面していて、通りの向こうはJWマリオット(=Star Hill Gallery)。その裏側にリッツカールトンがあるので、ホテルからPavillionまでは本当にすぐなのです。 朝食メニューもありましたが、ホテルで食べていたのでコーヒーだけ飲んでまったり過ごしました。WIFIもパスワードを教えてもらえるので繋がります。 カフェの奥の階段を上がるとパン屋さんになっています。   ショッピングモール内から入るときはこちら↓から。 更に上に上がる階段を上ったところがレストランかな・・と思います。   さてどんなパンが売っているのか?   確かに日本っぽいです。 おやき風のパンがたくさんあるとの予備知識を得ていたのですが、あるある! パンの説明は日本語でも書いてありました。   その中でも、わっ!と思ったのが竜眼を使ったおやきパン。 竜眼のパンなんて、台湾ならではかと思っていました~。 最終日でしたので日本に持ち帰ろうと、もちろんお買い上げ、竜眼のパン2種(Longan Lychee Cheese と Earl Grey Longan)とグリーンティおやきの3つを選びました。 大事に手荷物に入れて帰ってきた・・・つもりが ああ、全部潰れている、GreenTeaおやきに至っては何だかわからない別物になっていました。が、特に竜眼を使ったパンは日本ではまず見かけませんし美味しかったです。 朝だったので人もいませんが、滞在中、Pavillion内ふらふらしている時に何度もこのお店の前を通りましたが、いつでもお客さんがいっぱいでした。 マレーシアで行ったパン屋さんはこちらだけですが、ショップカードのロゴには日本語で ザ・ローフと表記もあって、なんだか日本愛が伝わってくる嬉しいパン屋さんでした。  

      38
      2
      テーマ:
  • 25 Apr
    • 春のメニュー@ブノワ・青山

      ちょっと前になってしまいましたが、青山のブノワに行ってきました~。 この日は、映画ラ・ラ・ランドを見た後だったのですが、最後はちょっと切なくなりましたがよい映画でした。LA LA LANDってロサンゼルス(LA)が舞台だからなんですね~、予備知識なしに行ったので見てから気が付きました   さてブノワ、前回行ったのは(ブログによると)去年の6月のようで、久しぶり。   美味しいパン   メニューはやはり春らしい材料を使ったものが多かったです。 前菜は、スープにしました。 グリーンピースのスープ リコッタチーズ 目の前で注がれます 色鮮やか   メイン その1 帆立貝のソテー 春野菜のグラッセ こちらも鮮やか、目で楽しみ食べて楽しむ。 ホタテ、ぷりっぷりです。   メイン その2  スペイン産仔豚のロースト マスタード風味 ほうれん草と西洋ゴボウ。 骨付きが来るとは思わず・・・お肉柔らかで美味しかったけれど、ちょっと面倒だった   デザートは、パイナップルのポシェ、ライムとバジルのソルベ 「ポシェ」というのは「煮込む」に近い料理法らしく、パイナップルを甘く煮詰めたものでした。 ライムとバジルのソルベは・・・・バジル味です!初めてかも~こんなソルベ。 でも、さっぱりしていて甘すぎず、なかなか気に入りました この日は紅茶の気分   帰る前に可愛いトイレも、お久しぶりです   今回もボリュームたっぷり、大満足でした  

      38
      4
      テーマ:
  • 24 Apr
    • ぎんざでパンとコーヒー

      銀座三越で開催中の催事、ぎんざでパンとコーヒー に行ってきました。 文字どおりパンとコーヒーの催事。   目当ての365日というパン屋さんは会社帰りでは、もぬけの殻でした。 で、365日のパンを使ったメニューを提供するというカフェ、15℃の29(にく)バーガーというのをイートインで食べてみることに   サイドも何もないバーガーオンリーで972円とはちとお高めですが、まあグルメバーガーならそんなもんかと。 パテは吉祥寺の内山というお肉料理専門店がプロデュースの牛肉を使用とのこと。 バンズはハンバーガーに使われるものとしては初めての食感で、パリッと焼きあがったもの。三越のHPにはふんわりバンズと書いてあったけれど、決してふんわりではなかったです。 ヨーグルトソースとケチャップ、肉も旨い 玉葱も甘ーい。   あとは、ゴントランとかビゴの店も出ていましたが、通勤圏内で帰るので珍しいものの方がいいなと物色しました。   カラフルなドーナツ、CAMDEN'S BLUE  ポートランド発祥のドーナツ屋さんらしいです。   ナショナルデパートというお店のグランパーニュというパン、このカラフルさが気になったのですが、スライス10枚入りで1000円。 試食だけちゃっかりいただいて買うのはやめました。   あんまり欲しいパンがなくて、結局売り切れ間近のこの、coco bagel という店で1コだけ買いました。 なんと沖縄のベーグル屋さんでした。   パンに付けるものとしてピーナッツバターやジャムも売っていました。 ニュージーランドのピーナッツバターらしいです。 このパケと、羊のぬいぐるみに引き寄せられていったけれど、ピーナッツバター、敢えて食べないので・・・やめた。   コーヒーも何軒かで試飲させてもらったのですが、 こちらのが美味しかったので買ってみました、あとパケが素敵だったから(笑) アマメリアエスプレッソという武蔵小山にあるお店だそうです。   結局、これしか買ってないのですが、、 はちみつレモンのベーグル、美味しいといいな~

      42
      テーマ:
  • 23 Apr
    • シンガポール式ホッケンミー in KL

      3日目の夕飯は、Majestic Hotelでアフタヌーンティーもしたことなので、20:30くらいにPavillionの地下のフードコート、foodrepublic フードリパブリックへ。 シンガポールに行ったことのある方なら覚えがある名前かと・・・私、シンガポールに行った時に友人からフードリパブリック内にある泰豊というお店のフライドホッケンミーを勧められたのですが、 フードリパブリックに行けず、別のフードコートでしか食べれなかったのが悔やまれました。 今回、このクアラルンプールのPavillionのフードコートはfoodrepublic、そして泰豊もあるということをまた友人から教えてもらい、満を持しての(笑)泰豊 in マレーシア。   鼎泰豊のディンがないやつ、タイフォンと読みます。覚えやすい。   いちおうメニューな見ましたが、頼むのはもちろんフライドホッケンミー  福建炒麺 。 英語表記だとFried Prawn Noodle となっています。 Char Kuey Teow もありました。   サイズは大小ありまして、もちろん小をオーダー、その場で出来上がるのを待ちます。 こちらです! 11.7RM=330円くらい。 同じフライドホッケンミーでも、こちらはシンガポール式、初日にリッツカールトンのレストランで食べたのもホッケンミーですがあちらはKL式、名前が同じでも全然違うものなのです 共通しているのは海老がはいっていることぐらい。。。   KL式はうどんのような麺で黒醤油で真っ黒、濃いめのお味ですが、シンガポール式のフライドホッケンミーは、味は塩味ベースであっさり、フライドと付く焼きそばではあるのですが汁気も多くて、長崎ちゃんぽんに近い感じの味なので、違和感なく食べられて美味しいです。 麺は卵麺と米麺の2種類が使われているので、食感はちょっと変わっていて面白いかも。   フードコートは一人旅の強い味方。 ひとりでも平気だし、夜でも軽めに済ませられるところもいい、ショッピングモールがホテルの近くにあってよかったな~と思いました。      

      41
      2
      テーマ:
  • 22 Apr
    • クアラルンプールのスーパー(^^♪

      クアラルンプールで行ったスーパーは2店舗。 ガイドブックを見たところ、ショッピングモールの地下には大体スーパーも併設らしい。   Pavilionの地下にあるMercato チェックしたところにはかなり偏りがあります~。   マレーシアの紅茶といえば、BOH。キャメロンハイランドは紅茶の産地なのです。   お値段もお手頃、ティーバッグの種類も多いのでお土産にも  かさばるけど。。   カラフルパケはフレーバーティ、他では見ないようなひとひねりあるフレーバーが多いです。 ローズ&ライチ、アールグレイwithタンジェリン、レモンwithマンダリン 他いろいろ。   カフェでも飲んだホワイトコーヒー、お家でも飲めるスティックタイプのインスタントがあります。 OLD TOWN WHITE COFFEEからも出ています。 大量に入っています、ばらまき土産にする方も。 ただ、めっちゃめちゃあまーいです。   チョコレート Beryls' はマレーシアのチョコメーカーです。前回マレーシア周遊ツアーに行った時このお店の直営店にも行ったのですが、ティラミスチョコがイチオシ。 今回、買いましたが、ほんとティラミスっぽい味を再現してます、おすすめです。   ストロベリー、マンゴーとオーソドックスな味の間に見つけたのはジャックフルーツ!? ジャックフルーツ毎朝食べてましたので、もちろん買います。そんな珍しいチョコ、ここだけじゃないかと・・・。   お料理用のペースト類。 バリで買ったようなナシゴレンの素を探していたのですが見つからず。 バクテーの素とかありました、あとカレー系のが多かったかも。   こちらはスンガイ・ワン・プラザの地下にあるスーパー、Giant スンガイ・ワン・プラザ自体が庶民的なので、スーパーもPavillionの地下に比べるとそんな感じ。お値段も全体的に安めでした。 BOHのフレーバーティーはMercatoより1RM安かったです。     Pockyと一緒に、LuckyとかMckyとか胡散臭いのも(笑)   カヤジャムやふつうのジャム類。 結局カヤトーストは現地で食べられなかったのですが、カヤジャム買って帰りました。 マレーシア帰国子女の友人にも買って行ったら喜んでました~   こちらでナシゴレンの素やいろんな味の炒飯の素が売っていたので買いました。 1RMしない~20円くらい!? 現地のスーパーやっぱり楽しい~。 日本に帰ってからも現地の味を再現できるものが買えるのもいいですよね~。 私はほぼ料理しないけれど、する人はもっと楽しいかな、と思います。   以前は気が狂ったようにスーパーでいろんなもの買っていたけど、結局私作らないのでそのまま賞味期限切れちゃったりすることが多いので、今回は紅茶はたくさん買いましたがあとは控えめにしました。

      46
      6
      テーマ:
  • 21 Apr
    • アフタヌーンティー@Majestic Hotel KL

      いよいよ楽しみにしていたマジェスティックホテルのアフタヌーンティーです。 KLに行く前にいろいろ調べたら、こちらのアフタヌーンティー、かなり評判がよくてどのサイトを見ても人気の上位にランクインしていたのです。   おひとり様アフタヌーンティー初体験 マジェスティック・ウイングのThe Tea Loungeというところでいただきます。   私は疲れ果てた感じでたどり着きましたが、いらっしゃっている人々はKLのおしゃれピープル?みたいな感じ。   クラシックでエレガントな感じのところで、本当に落ち着けました。   特にドリンクメニューはなく、紅茶かコーヒーかを聞かれました。 もちろん紅茶で。 シルバーの円形のものに、ろうそくが入っていてその上に直にポットが置かれます。 これでいつまでも紅茶は温かいままなのですが、持ち手は熱くならないのかな?と思ったら不思議と全然大丈夫でした。 ポットのお湯の量は大丈夫か、こまめにホテルの方がチェックしに来てくださいます。   お食事は、運ばれてくるトレイがこんな感じでとってもかわいい~。   1段目にケーキ   2段目にはスコーンと両脇にサンドイッチ。 左のチャパタのサンドイッチは照り焼きチキン。 スコーンは小さそうに見えますが、日本のアフタヌーンティーで出てくるスコーンとは大きさが全然違う! 分かりやすい例で言えばケンタッキーのビスケットよりひとまわり小さいくらいな大きさなのです~。   3段目のセイボリーは キッシュ、コロッケ、胡麻団子でした。   どれも美味しかった~。 スコーンやサンドイッチもパサついていることもなく、大満足。 ボリューム満点でしたが、胡麻団子以外、完食いたしました~。   紅茶は1種類しかいただけないんですが、かなり美味しかったので「どこのだろう・・・」と思っていたら、なんとトワイニングらしい 店内のディスプレイにトワイニングの缶が並べてあったので、たぶん。 え、トワイニング?って思っちゃったりするけれど、いや、きっとトワイニングの高級茶葉なんだろうな・・・と。   マジェスティックホテルのアフタヌーンティーは私が予約していったThe Tea Loungeの他に、胡蝶蘭に囲まれたOrchid Conservatoryという場所でもいただけます。 マジェスティックウイングとタワーウイングをつなぐ通路の横にありました。 Orchid Conservatoryでの予約だとちょっとお値段が高くなりますが、特別な雰囲気で楽しみたい時はよいかもしれないですね~。   ちなみに、ふつうにThe Tea Loungeでいただくと、お値段なんとビックリ 70RM →請求:1836円 でした   雰囲気もばっちりでしたので、地理的なことを考慮に入れなければ(ちょっと不便だと思う)、マジェスティックホテル、泊まってみたいな~と思いました。

      50
      4
      テーマ:
  • 19 Apr
    • 白亜のマジェスティックホテルとクアラルンプール駅

      チャイナタウンにあるセントラルマーケットから、次に向かうのは  Majestic Hotel マジェステックホテル 地図を見ると大した距離ではなさそうで最初は歩くつもりだったのですが疲れてしまって・・・ タクシーが止まっているところに近づいていくと、運転手が声をかけてきまして行先を聞かれました。 「マジェスティックホテル」と答えたら、「20リンギット」と言われ・・・ どう考えたって高すぎだろ!ぼったくりめ!(口が悪くてスミマセン) と思ったのですが、交渉するのもめんどくさい、歩いて道に迷うのも、またタクシーに乗れなくて半泣きになるのももう嫌だったので、その運転手の言い値で乗ることに。 ちなみに、高いといっても550円くらいなんですけど(笑)・・・たぶんメーターなら10RM以下のはず、金額云々ではなく、足元見られるのがイヤ、人を騙そうとする心がイヤ。   無事ちゃんと着きましたが、私のガイドブックからの記憶にある外観は上の建物だったのですが、タクシーが止まったのがこちらで  ん、何か違うぞ・・と思ったらこちらは新しいタワーウイングの方でした。   でもとりあえず入ってみる。 こちらのホテルも立派なロビー。   2階から 2階も贅沢なつくりで、すごーく広い中にソファーがぽつんぽつんと。。。 人もおらず・・・です。 こちらにはアフタヌーンティーをいただきに来たのですが、時間がまだ30分くらいあったので ロビーで休憩したり、外に出てみることに。   ホテルの向かいには1886年開業の歴史ある駅、クアラルンプール駅があるのです。 KLセントラル駅が出来るまではターミナル駅としての役割を果たしていたそうですが、今は長距離列車用の駅らしいです。 もっと近くに見えるところまで行ってみます。 白亜のちょっとアラビアン風な建物、駅とは思えません。 調べてみたらムーア様式という建築だそうで、ムーア様式の建築の代表はなんとあのアルハンブラ宮殿でした!   そしてこのちょうど駅の正面がホテルのマジェスティック・ウイングの建物の入り口でした。 マジェスティック・ウイングの方が元々のマジェスティックホテル、コロニアル様式のこの建物は1932年築、植民地時代のものかと思っていたので意外と歴史が浅かったです。 とはいえ、昔から多くのイベントも行われてきた歴史あるホテルです。 人の出入りがこちらは全くないので、入っていいのかな?と思いつつ「アフタヌーンティーの予約があります」と立っていたホテルの方に伝えると「どうぞどうぞ、上がって左手です」と。 近代的なタワーウイングとは全く違った雰囲気で、タイムスリップしたかのような空気が流れています。反対側の椅子では読書をするおじ様がいらっしゃいました。 さらに階段を上っていくと、右手にプールが見えました。 写真を撮っていたら、「お写真とりますよ」と声をかけてくださって、反対側で椅子に座って一枚。 写真を撮ってもらっただけなのに、泣けてきました。 モスクの帰りに路頭に迷いかけ、タクシーでぼったくられ(自らぼったくりタクシーに乗ったのですが)、安全安心なホテルで気が抜けたというか、ほっとしたのです。   そして、ちょっと予約時間より早かったのですが、お待ちかねのアフタヌーンティへ              

      56
      2
      テーマ:
  • 18 Apr
    • ロシア料理@スンガリー(新宿)

      フランスからロシアへ。(あれ、旗の配色が一緒なのですね!)   フランスウィークの催事を楽しんだ後はランチに新宿スバルビルの中にあるロシア料理店、 スンガリーでランチです。 上は帰り際に撮ったのでもうディナーメニューの看板になってしまっていますが、ランチメニューは3種類あり、私たちは催事でちょこちょこ試食もしてましたので、一番軽めの1800円のコースにしました。   ロシア料理って久しぶり、ロシアで軟禁された時(笑)以来?? っていうか、あそこで食べたのはロシア料理といえるんだろうか、ピロシキもボルシチも食べてないし。とにかく、かなり久々のロシア料理です (以前から交流ある方はご存じと思いますが・・・私、一昨年のスペイン旅行がモスクワ経由になり、帰りの乗り継ぎが間に合わず空港そばのホテルに1泊する羽目に。VISAなしの為、軟禁状態)   素朴な感じのパン。   スープはもちろんボルシチです。 お肉も結構入っていました、おいしい~。   メインはロールキャベツなのですが、私の知るロールキャベツとは違うもの。 濃厚なトマトクリームソースでオーブン焼きされたもの、ウクライナ風ロールキャベツ で、ゴルブッツィというそうです。  ウクライナなんて行ったこともないけれど、日本の洋食にも通じるような懐かしい感じもする味ですごく美味しかった。   デザートはロシアンティーとタルト。   可愛い器に入ったジャムは一番手前のバラの花びらのジャムとグリオット(さくらんぼ)ジャム あと一つはなんだったか失念。 ジャムを紅茶の中に入れて飲んでもいいのですが(そうするものだと思っていましたが)、お皿に取って紅茶と別々に楽しむのがロシア式なんだそうです。   バラの花のジャムを紅茶に入れて、さらにジャムだけでも楽しみました。 タルトはマンゴーだったかな??   華美さはないけれど、ほっこりするデザート&ティータイム。 料理もお茶も美味しくて、ロシアでひどい目に遭ったけれどやっぱり行ってみたい国です。 モスクワオリンピック、日本を含め西側はボイコットしたのよね~。 そういえば、チェブラーシカの姿は見かけなかったな   本当のロシアはいつ行くことになるかわかりませんが、ロシア料理はまたすぐにでも行きたい感じ、いろんな料理を試してみたいな~        

      41
      4
      テーマ:
  • 17 Apr
    • 伊勢丹・フランスウィーク Part2

      かなり偏りがありますが、伊勢丹のフランスウィークの続き。 デュ・パン・エ・デジデ の向かいには、シャルキュトリのお店 MAISON VEROT メゾン・ヴェロ。この2店がコラボしたタルティーヌがデュ・パン・エ・デジデに売っていました。 パテ入りのパイなども販売。 友人はこちらでハム買っていました、お店の方曰く「ここのを食べたら他のは食べられませんよ」、感想を聞かなければ リゴレットナンテーズというお店のキャンディや、レザンドレ・オ・ソーテルヌという貴腐ワインのレーズンチョコが売っていました。レーズンチョコ、友人から以前いただいたことあって、美味しかったです ほとんどのお店で試食あり! 試食天国 ここではスープ・ド・ポワソンやパンにルイユとかいろんなソースを付けて試食。 こっちでも魚のスープ、こちらの方が好みでした。 ボトルが素敵すぎるオリーブオイル。 フレグランスかと見紛うようなボトルにはいったものも・・・。 こちらもオリーブオイル。 いろんな味、フレーバーがあって、どんどん薦めてくださるのでほぼ全部試食しました。 バジル、トリュフ&ポルチーニ、ドライトマトなどなど、それぞれどんな料理に合うかも教えてくれて、いいなと思いつつ結局買わずに帰ってしまいましたが、やっぱり欲しいかも。 ジャン・キルシャー 直輸入したものをその場で焼いています。 ここでも何か欲しくて小さいパンだけ買いました。 他にもヴェイユメールのバターで作ったフィナンシェや紅茶、コーヒー、タルト、チーズなどなどいろんなもの試食して楽しい~ あとワインコーナーは行かなかったんですが、たくさん売っていたと思います。 フロアマップと共に豪華な冊子もありまして・・・ 出店しているお店をはじめ、いろいろなフランスのブランドの紹介がされていて、やっぱりフランスいいな~、また行きたいな~と思わせてくれる楽しい催事でした。

      40
      4
      テーマ:
  • 16 Apr
    • Du Pain et Des Idees@伊勢丹・フランスウィーク

      4月12日から開催中の伊勢丹のフランスウィークに行ってきました! もちろん、目的はパン Du Pain et Des Idees デュ・パン・エ・デジデ パリ10区に店を構えるクリストフ・ヴァルース氏のブーランジェリー、残念ながら私はパリでは行かなかったのです。 青山にクリストフが海外初進出としてだしたお店、RITUELは ヴィエノワズリーに特化したお店なので、ポップアップストアが出ている時以外はハード系のパンは食べられません。 今回、Du Pain et Des Idees としての出店だったので鼻息も荒く(笑)行ってきましたよ~。   おおお~、タルティーヌ用にスライスされたパン・デ・ザミ   一番右手にあるのがパン・デ・ザミ、買うよね、当然。この店の看板商品です。   お隣にはミニ・パヴェ 種類がたくさん~。   Du Pain et Des Ideesで修行された方が出したお店が、私が何度かブログでも書いている麻布十番のCOMET コメットというパン屋さん、⇒コチラ このお店でクロワッサンと同じくらい美味しいと思っていたのがミニ・パヴェに似たようなパン、で、なるほど・・・Du Pain et Des Ideesで修行された方が作ったパン、というのを改めて納得しました。お弟子さんのが美味しいのだから、本家のものも美味しいに決まってる。   下の右端のねじれたパンは私は買わなかったんですが、友人から「美味しかった!」とが 来ました~、買えばよかった   エスカルゴ こちらはRITUELでも買えるけど、買っとく。   お買い上げ品はこちら エスカルゴ(ピスタチオ)、クロワッサン、パン・デ・ザミ、ミニ・パヴェ(ベーコンとミモレットチーズ、しらすと梅と紫蘇)   こちらの店もショーウィンドーを囲むくらいは並んでいたのですが、グルニエ・ア・パンが大人気でした。 グルニエ・ア・パンはパリでクロワッサンを食べて、今でもあのクロワッサンが自分至上No1と思っているしバゲットコンクールでも優勝したブーランジェリーなんですが、今、麹町と恵比寿にお店あるし、「そこまで並ばなくても買えるよ~、それよりこっちのDu Pain et Des Ideesの方が貴重だよ~」と言いたくなるくらい長蛇の列になっていました。   他にも大盛況だったこの催事、続きは次回

      43
      4
      テーマ:
  • 15 Apr
    • 桜、見納め

      今年はきちんとお花見🌸に行けませんでした。   が毎年近所のお家の桜が立派で朝から癒されました。   ついさっき出かけついでに見に行った公園はもう葉桜に       デブな私が吹き飛ばされそうな強風なので、この土日で桜も終わりかなという感じでした。 また来年、健康で元気に桜が見れるとよいなと思います。

      37
      4
      テーマ:
  • 14 Apr
    • コンビニでHappy Easter!

      今日、お客さんからのメールの最後に Happy Easter! と書かれていたんですが、正直日本は関係ない・・・。 でも今年はハロウィンに続きイースターも乗っかっちゃおうって感じで、イースター商戦みたいなの結構やってますよね~。   乗せられて、つい買っちゃいました @ミニストップ ヒヨコちゃん? エッグタルトです。   横から見ると、無理やり何かくわえさせられちゃったような・・・ちょっとシュール 甘かったけど、わりとおいしかった。   セブンイレブンではこんなのも出ていました。 さすがに、こちらでは買ってませんが・・・。      

      31
      2
      テーマ:
  • 13 Apr
    • 本場でラクサを食べる@チャイナタウン

      チャイナタウンにやってきたのはこちらのOLD CHINA KAFE オールドチャイナカフェに来たかったからなのです。     ここで食べられるのはニョニャ料理。 中国からマレー半島にやってきた中国人男性と結婚したマレー人女性が作り上げたプラナカン文化、ニョニャ料理もその一つです。 父・中華の食材×母・マレーの香辛料 の見た目は中華、味はマレー系というのがニョニャ料理の特色だそうです。   店内は昔の中国風でノスタルジックな雰囲気です。   最近はカップヌードルが出しているのでかなり知名度も上がってきているはずのラクサ。 実ははまっていてもう何度食べたことか・・・そのラクサをぜひ本場で本物を食べたかった。 「ラクサ」と一言でいっても、種類はいろいろ、地域によって違うというご当地もの。 カップヌードルで出しているものはニョニャラクサを元にしたものだと思うんですが、他に、ペナンラクサ、カレーラクサ、サラワクラクサとあり、写真で見た限りは同じ名前の料理には見えないのです。   このお店で食べたのはニョニャラクサ。ラクサと飲み物(コーラ)で16.8RM、450円くらい。 さて本物はどんなだろうか。 カレースープがベースですが、かなりココナッツも効いています。 具材はゆで卵、油揚げ、海老、チキン etc 油揚げは大振りなものがゴロゴロとたくさん入っています。 麺は卵麺。 ココナッツのおかげでスープはかなりまろやかでクリーミーな味わいで、自分的にはカップヌードルではまるだけあってかなり好みの味で美味しかったです。 スープ飲み干したいくらいくらい、ココナッツが苦手という方でなければ、絶対日本人にも食べやすい!! ココナッツカレー味に油揚げって変な感じがするかもしれないですが、もともと油揚げって私たちには馴染み深いものだし、このスープに妙に合うのです。   「どんなものか食べてみたい~」という人はとりあえずはぜひカップヌードルのラクサで疑似体験を 本場のを食べて思いましたが、カップヌードルかなりいい線行ってると思いますよ~   次回行くことになったら、是非とも他の種類のラクサもぜひ食べたいです。            

      43
      6
      テーマ:
  • 11 Apr
    • KLのチャイナタウン

      一時はどうなることかと思いましたが無事KLセントラルの駅まで戻り、予定より1時間くらい遅れてしまいましたがチャイナタウンへ向かいました。 今度はLRTという電車に乗ります。   切符売り場 でも出てくるのは切符ではなく、これ。こんなコインが乗車券です。   チャイナタウンがあるのは次の駅、Pasar Seni パサールセニ です。   こんな電車です。こちらも清潔で日本と大差ない感覚でした。     パサールセニの駅に着き、地図は一応持っていたもののイマイチよく方向がわからなかったので人の多く歩いていく方へついていくとチャイナタウンらしきところが見えてきました。   チャイナタウンはさくっと目的のレストランへ向けて散策したくらい(←常に食べ物中心)ですが、、ピッカピカの新都市プトラジャヤの後だったので、道もまだガタガタのところもあるアジア~ンな雰囲気を楽しめました。   関帝廟、三国志の関羽が祭られている仏教寺院です。   その先には、ヒンズー寺院のスリ・マハ・マリアマン寺院 シンガポールで見たのとまるっきり同じ!と思ったんですが、後で写真を見比べてみたら装飾の人物たちが全然違うのです。   ちょっと脱線しますが比較してみると・・・左がシンガポール、右がクアラルンプールです。 こういう言い方は何ですが、シンガポールの方がポップな感じかな。     カラフルな家の壁もシンガポールのプラナカン建築のお家を思い出しました。 あんまりディープそうな所には足を踏み入れてはいません。   チャイナタウンは飲食店も美味しいところが多いらしく、その目的で私も来たわけですがマレーシアらしいお土産を買うにも便利です。 パサールセニの駅を出て数分のところにあるセントラル・マーケット   現地っぽいお土産がいろいろ見つかるはず。 と書いておきながら、私、民芸品にはあまり興味がなくて、買ったのはKLのマグネット。 でもバティック柄のポーチとかバッグもあって可愛いものもありました。   ここに来たかったのはマレーシア生まれのスパ、タナメラのスパグッズが売っているから。 残念ながらスパはちょっと遠くて行けない距離だったのでグッズだけでも・・・と。 マレーシアってあんまり自国発のブランドがないんですよね~(ピューターのロイヤルセランゴールは有名ですが)、せっかく旅行に来たなら、その国のものが欲しいです。 タイはスパグッズのブランドがたくさんありますが、マレーシアって調べても全然見つからず、 唯一見つけられたのがこちらだったのです。 ソープ、オイル、スクラブ、ローションなどいろいろありました。 パケもカラフルで可愛いのでお友達のお土産などにもよいかと思います    

      56
      テーマ:
  • 10 Apr
    • なかなかやるじゃん、地元のビストロ

      先週末は地元の友人と地元でゴハン。 行きたかった店が満席で、食べログの点がイマイチなのが気になりつつも予約したビストロなんですが、行ってみたらこれが大正解 Bistro Ivrogne というお店です。 まだ出来て1年も経っていない新しいお店なのでとってもきれい、木目と白のすっきり落ち着いた内装で雰囲気もよかった。 入り口にはフランスとイタリアの旗が掲げてあって「どっちなんだ?」と思いましたがメニューはフレンチ系のものがほとんどでした。 シェフは 「元日本大使公邸料理人」と若干ふわっとした説明がHPにされていまいた。   お通し料がかかるみたいなんですが、代わりにアミューズとしてほうれん草のクリームスープがいただけました。 生ハム盛り合わせはホットペッパーから予約したのでサービスです。   ワインの種類も結構あったかと・・・私は最初にスパークリングワインを飲んでその後自家製サングリアを飲んだだけですが。。。   グリーンサラダ 小さそうに見えるけれど、ちょうど2人分くらいたっぷりな量です。   本日のキッシュはサツマイモと牛筋。 面白い組み合わせだけれど、これとっても美味しかった~。   こちらは、フォアグラ入りアンドゥエット。ソーセージです。 フォアグラ感はよくわからなかったけど(笑)、むっちりボリュームのある美味しいソーセージです。   このお店、私的に魅力的なメニューがいろいろあってフォアグラのトリュフクリームリゾットとか、フォアグラのムースキャラメリゼとか、サーモンとアボカドのタルタルとか・・・どれも食べたい。そしてメインで絶対食べる~と思っていたのが牛フィレ肉とフォアグラのロッシーニ風。 が、ここまで来たら大して食べてないのに、お腹がかなりいっぱいになってきました。 サービスの生ハムが結構な量で・・・つまんでたらそれでお腹が満腹状態に。   で、お肉系はもう無理なので最後にパスタをチョイス。 ペンネゴルゴンゾーラ。 ファミレス並みのお値段にも関わらず、ゴルゴンゾーラ濃厚で本格的。 このお店、どのお料理も全部美味しいのにとっても良心的な価格、地方都市とはいえ、本当にリーズナブルすぎでした。   食べログの点数だけでは判断できませんね、まだ口コミ3件だけだったっていうのもありますがもっと評価されるべき、都内にあったら絶対に流行ると思うんだけどな~。 シェフとフロアの男性と2人でされているのだけれど、サービスも良かったです。   夜もまた行きたいけど、今度、土日にランチにも行ってみようと思います。          

      49
      テーマ:
  • 09 Apr
    • 念願のクロワッサン・イスパハン♬

      ピエールエルメのイスパハンのクロワッサンが昨年末から青山のお店でも販売を始めたというのを知ったのはだいぶ前のこと。 パリに行くか、京都のリッツカールトンに行くかじゃないと食べられない、どっちもこのパンを食べる為だけに簡単には行けるもんじゃない、それが気軽に手に入るようになったなんて素晴らしい朗報!! とはいえ、今までなかなか行く機会がなく・・・ついに昨日手に入れました   夕方に行ったので「売り切れだったらどうしよう~」と若干心配していたのですが、   おおお~、パリに行かれた方々のブログで絶賛のイスパハンのクロワッサン、あった 他にも種類は多くはないのですがイスパハンとをはじめヴィエノワズリー が並んでいます。   マドレーヌ イスパハンなんてのもある、これは次回! 1つ540円とお高めではあるのですが、1コだけってのもなんだし大抵何かしら家族の分も買っていくので2つ買いました。 パン2コで1080円か~(父、健在だったら1500円だったわ、とちょっと思った、でも食べさせてあげたかったな)   おおお~、こうやってアイシングがされているのね。。 今まで見た他の方のパリ現地でのお写真に比べると、トッピングのドライフランボワーズが少なめな気がしますが・・・気のせい?(チェックしたら気のせいではなかった)   断面 真ん中にフランボワーズのペーストが入っています。   実際食べてみますと、これ、パンだと思って食べるとちょっと衝撃的。 ふつうのクロワッサンよりしっかり目にパリッと焼き上げられていてアイシングと真ん中のペーストで、これはもうクロワッサンではない!!パイに近い感じ、スイーツです  美味しいです~。 エルメのスイーツはもともとお高いし、最近は500円のクロワッサンも売っていたりするけれど、これホントにパンじゃなくてスイーツの1種なので、そう思えばこのお値段でも私は納得しました。 お店がリニューアルされて1Fの窓際にカフェスペースもあるので、クロワッサン&お茶でイートインもできたりするようです。(下記、お借りしています) 次回は焼きたてをその場で食べたいな、と思います。

      52
      10
      テーマ:
    • モスクから半泣きで帰る・・の巻

      自分的に旅行中一番困った、焦った出来事だったので記録として書いておきます。 旅行中、最大のピンチ😵💦?   楽勝!と思っていたピンクのプトラモスクへのプチトリップ、見学を終えてアイス食べてヘラヘラした気分で「さあ、帰ろう」とタクシー乗り場に行ってみたのですが・・・ タクシーの姿なし。 しばらく待っていたのですが、一向にくる気配がない・・・駐車場にタクシーが数台止まっていたんですが中に人はおらず、どうなってるの?とだんだん不安になってきました。   声をかけやすそうな人を見つけて「タクシーに乗りたいんだけど・・・」と言ってみたのですが困った顔で「タクシーアプリないの?」と言われ、そんなアプリいれてないよ!と思ったんですが、タクシーアプリで呼ぶのがここでは一般的なのか? 結局「わからない、ごめんなさい」と言われ行ってしまいました。   「どうしよう、帰れない、みんなどうしてるんだろう?」と気づいたのが観光バス、自家用車で来る人以外はタクシーチャーターして待たせているんだという事。だから駐車場に運転手のいないタクシーが止まっているんだ!   意味なく歩き回っていたら、インフォメーションセンターを発見。きっとここで聞けばなんとかなるはず!と思って中に入り、受付のお兄さんに「タクシーに乗りたい」と言ったのですが、お兄さん、真面目な顔で「ここでタクシーを拾うのはとても難しい、橋を渡った向こう側に行って探した方がいい。でももちろん橋の途中で見つけたらそれを捕まえて」・・・と。 「え・・・橋を渡る??でも渡って見つかる保証があるのか?」と思ったのですが、モスクの周りにいても仕方ないので一か八かで言われた通り橋を渡り始めました。   下の地図、Putra Bridgeです。 橋からの眺めはとてもいい、でもとにかくタクシー見つからなかったらどうしようという不安でいっぱいで写真を撮る余裕すらありませんでした。橋を渡り切るとこの街、新行政都市なので役所らしき大きな建物が広い通り沿いに立ち並んでいます。 が、ひとっこ一人、いません。誰も歩いていない、がらーんとした感じ。そうこの日は日曜日だたのです。   下記写真はグーグルからお借りしたもの。(写真撮ってないので) そして本当に誰もいないならまだしも、歩いていた道路の反対側にバイクの集団がいて、 冷やかしで笑いながらプープー鳴らし始めたのです。 怖い・・・ これは私の被害妄想なのかもしれないのですが怖くて振り向くこともできず、車線が違うからこっち側に来ることはできないだろうとは思っていたのですがひたすら前を向いてガンガン歩き続けました。 その間に、タクシーが2台くらい通り手を挙げてみたのですがお客さんが乗っていて素通り。 どこまで歩けばいいのか、道もわからない、聞く人もいない・・・途方にくれました。   途中、この写真だけ撮っていました。これを撮っていたおかげでどの辺まで歩いたか後で 分かりました。   写真を撮ったビルを通り過ぎ、しばらく歩いていたら右手に緑地?公園のようなところがあって(たぶん下記地図の緑で色を付けたあたり)、清掃のおばさんがいたのです。 唯一見つけたバイク連中以外の人間、このおばさんに聞いてなにか解決するとは思えませんでしたが聞かずにはいられなかった、英語すら通じるかわからなかったけれど。 おばさんに「駅に行きたい、タクシーに乗りたい!」と言ったら、「タクシー?○×△%*、バス、バス!」と言われて指さされた方向にバス停が見えました!それがバス停1です。 「あれ?バス停?」と聞いたらまた「○×△%*」とたぶん「そうだ!」と言っていると思われ、そうかもうバスでもいいや、と思いバス停に向かったのですが、「ちょっと待って、こっちの車線はモスク方面だから駅は逆の車線のはず!」と思い、道路を渡ってバス停2に行き待っていたらなんとすぐにバスが来ました。   これもグーグルから よかった~!!と思って、一応乗る前に「ステーション??」と聞いたら「逆、あっち!」と反対車線のバス停を指さされて・・・そうだったのかとガックリしてまたバス停1に戻りました。   もう腹をくくって待つしかない、バス、1時間も待てば来るだろう・・・。 が、5分もたたないうちにタクシーが来るのが見え、「どうせまたお客載せてるんだろうな」と思いつつもとりあえず手を挙げてみたら、なんとこっち来て止まってくれた   そして日本語で「よかった~!!」と半泣き状態で乗り込んで「駅までお願いします!」と言ったら運転手さん事情を察してくれたようで、どこから歩いてきたのかと聞かれ「モスク・・・」と言ったら驚かれ「今日は日曜だからね、人も車も少ないんだよ」と。 そして、旅行で来たのか、どこから来たのかとかいろいろ話しかけてくれて日本人だということを言ったら「これ三菱の車だけどいいよ~、日本の車はすばらしいよ」と、すごくいい運転手さんでした。私にとっては天の助け、神様のような運転手さんでした。 そして無事にプトラジャヤ&サイバージャヤの駅に着いたのでした。   本当に長い時間に思えたのですが、後でグーグルマップを見てみたらモスクから歩いていたのは1キロくらいで15分くらいだったのです。 私はWIFIなんてホテルで使えればいいやと思っていたので、WIFIルーターなんて持っていなくて・・・でもスマホで地図を確認できたら道もわかったし最悪歩いて駅までいっても3キロくらい、借りなかったことを本当に後悔しました。 そしてもっと冷静になって後から気づいたのは、スマホのモバイルネットワークをONにすればよかったんじゃないか!ということ。 焦って頭がパニッってとにかく「タクシー、タクシー」で全然考えが浮かばなかったんです。 次回からフリーで行くとき、ひとりで行くときは絶対モバイルWIFIルーター、レンタルしようと思いました。スマホ命綱ですね。   帰りに切符を買うとき、クレジットカードだとちょっとだけ安く買えるようだったので試してみました。   こんなチケットが出てきます。行きは14RMだったのですが、10%OFFで12.6RMになりました。   KLセントラル行の電車は5分くらいで来て、帰りの車両はバティック柄風でした。  もう安心、これで戻れる・・・ほっとして力が抜けました。  

      65
      26
      テーマ:
  • 07 Apr
    • ピンク尽くし・プトラモスクの中を見学

      ピンクのモスク、プトラモスクの見学の続き、いよいよ内部を見てみます! 見学は無料です。 この入り口から入ろうとしたら止められて・・・「あっちでローブを借りろ」と言われ、そうですね、 モスクはローブをはおらないと女性は入れません。右側からぐるっと回って、ここでローブを借ります。   ローブもピンクですよ 近くで見るとより迫力があります、美しい。   内部に入ると・・・   おおお~、スゴイ、全部ピンク! 見学者は奥の方までは行けません。   イスラム建築はイスラム圏のどの国に行っても、建築の知識がない私でもその緻密さに毎回圧倒されます。 その上、ここは全面ピンクですから・・・もう見入ってしまう。   天井のドームも! 素晴らしかったです。       あっちもこっちも、絨毯もピンク色。   モスクの建物から入り口を見たところ。   最後に振り返ってもう一度、目に焼き付ける(写真を撮る 笑)   思い付きだったけれど、来てよかったな~、としみじみ思いながら売店でアイスを買って 食べながら「そろそろ、KLに戻ろう」とタクシー乗り場に向かいましたが、呑気にアイスなんか食べている場合じゃなかった    

      51
      6
      テーマ:
  • 06 Apr
    • 新都市プトラジャヤのピンクモスク

      ピンクのモスク、プトラモスクがあるのはプトラジャヤという街。 プトラジャヤは行政新首都として前首相マハティール氏により1990年代半ばから開発が始まりました。首都はもちろんクアラルンプールですが、行政機関が集まっているということでモスクに行くまでの道路沿いには大きな立派な建物が立ち並んでしました。道路も広くてまっすぐでまさに新都市という感じでした。   円形になっているプトラ広場 マレーシアの国旗と13の州旗が掲げられているそうです。   この広場の向こうに見えるのは首相府、首相府は見学不可なので遠くから眺めるだけ。   そして広場のすぐ横には目的のプトラモスクがあります。 広場の周りには車がたくさん止められていて、ツアーバスやタクシーの乗降もこの広場の周りです。   噴水などもあり、とにかく綺麗に整備されていました。 向こうに見えるビル群からも新しい都市ということがお分かりいただけるかと思います。     まずはいろいろな角度からモスクを見ながら周りを散歩してみます。 本当にどこから見てもピンクで・・・こんなモスク見たことがない!     モスクは湖沿いに立っていて、遊歩道に下る階段もほんのりピンク色でした。   湖の景色もまた素晴らしくて、湖畔に佇むあの素敵な建物は何??   クラシックなチューダー朝のこの建物は、DARUL EHSAN PALACEといって、セランゴールのスルタンの王宮です。 プトラジャヤは現在は連邦直轄領になっていますが、ここプトラジャヤを新首都として開発するにあたり、セランゴール州から土地を買い取らせてもらったそうです。マレーシア連邦政府からセランゴールのスルタンへの感謝のしるしとして建てられたのがこの王宮なんだそう。   オプショナルツアーで来ると、モスクの見学とこの湖のクルーズも付いているらしい、ちょっとクルーズもしてみたかったな・・・。     湖畔の王宮も素晴らしい眺めでしたが、遊歩道から見たモスクが一番素晴らしく見えました。 ピンク(モスク)、ブルー(空)、グリーン(ヤシの木)、暑いけれど気持ちがいい!   さて、中の見学へと向かいます。  全面ピンクの外観にも圧倒されましたが、内部もすごいです   続く。  

      48
      2
      テーマ:

プロフィール

LoveJohnJohn

自己紹介:
☆会社員 ☆好きなこと:食べること、海外旅行、海外ドラマ ☆普段は怠け者なぐうたら生活ですが、旅...

続きを見る >

読者になる

AD

テーマ

一覧を見る

ランキング

総合ランキング
22539 位
総合月間
19331 位
食べ歩き
291 位
旅行
293 位

ランキングトップへ

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。