丸の内ではたらく情熱コンサルタントのブログ

熱く、情熱をもって仕事をすることの大事さ、大切さを伝えていきます。意識をほんの少し前に向けることで毎日の小さな変化の中から人生や仕事にとって大切なことが見えてきます。


テーマ:

いけるいける!!

 

浅草にできた新商業施設が人気

 

東京・浅草に2015年12月に新規オープンした商業施設があります。

「まるごとにっぽん」という施設。

 

オープン以降なかなか行く機会がなかったのですが、先日のお客様研究会ではじめて視察できました。

 

何がびっくりしたかと言うと、平日なのにびっくりするほどのお客さんがはいっているということ。

 

一番人がでていた瞬間を狙ったわけではない売場写真がこちら。

 

 

まるごとにっぽんの2Fの日用品コーナーの一部なのですが、これだけのお客さんが入店しています。

平日木曜日の15:00過ぎぐらいの時間帯。

 

40~50代の女性客をターゲットにしているそうですが、実態は60~70代の熟年シニア・ミセスが集まる施設になっていました。

それにしても人が続々とはいる施設で私も驚きました。

 

同施設を運営するのはここで70年以上商売をしてきた東京楽天地。

 

コンセプトは浅草で地方の魅力が体験できる店にしたと言います。

一日いるとなんとなく全国を旅した気分になるというものです。

 

フロア構成こんな感じです。

 

1F 食品売場。ここの 蔵 というスペースが非常におもしろい。マイナーなしょうゆやケチャップ、塩などがたくさん並んでいます。全国の150銘柄の日本酒なども陳列されていて、とても充実した食品売り場になっています。

 

2Fに日用品や洋服、雑貨、和喫茶。

なべ、かま、茶器などが販売されていてとても人気。

 

3Fは情報発信スペース。

ふるさと納税のスペースやキッチンで調理ができるスペースなどもあります。

 

売場面積は約1000坪ですのでそれほど大きくはありません。

しかし年間の集客人数は372万人。月間30万人。一日1万人の集客です。

これで年間売り上げ30億としています。

これは軽くいくだろうと思います。

 

フロア構成だけを見ると小さな百貨店のようです。

 

しかしそこに扱われているものは、百貨店にも並んでいないようなマイナーな商品が多い。

私も相当、地方でも商品を見ていますが、塩の陳列を見て、トータルで20アイテムほど塩がありましたが、ひとつも知りませんでした・・・。

しかも2アイテムは品切れ。

 

売れているのです。

 

お客様がよく買っている。

 

買いたくなる品揃えだということです。

 

特に日本人が買いたくなる品揃え。

 

浅草に地方の名産、特にメジャーでないマイナーな商品を陳列するというのはとてもいいコンセプトだと思います。

もうありきたりな品揃えには日本人は飽きています。

百貨店に行けば買える物は百貨店で買えばいい。

 

でもわざわざ地方に行かないと買えないものは地方に行かないといけないのでなかなか買えない。

 

こうしたものは東京であれば売れるのです。

特に浅草は地方からの観光客が多い。

ここに地方名産があれば買いたくなるものです。

 

まるごとにっぽんのコンセプトはまさに今の日本人が求めているものがたくさんあります。

 

全国から定期的に商品を集めて、短いサイクルで品揃えが変わるような仕掛けになっているので、何度も行きたくなる施設になっているというのもまたおもしろいところ。

 

これからの展開にさらに期待してまた行きたいと思います。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。