いけるいける!!

 

トランプさんが大統領になってファッションが注目される?

 

トランプ夫人のメラニアさん。

娘さんのイバンカさん。

 

二人の共通点は、エリート大学卒の元・モデルという点です。

特に彼女達の着るファッションがとても注目されています。

 

二人とも美人でスタイルがいいときているので、メディアは彼女達に注目して、彼女達のファッションを取り上げます。

特にファーストレディとなるメラニアさんのファッション。

オバマ夫人がファッションを上手に着こなしていたので、今度はどうか?さらに注目が集まっていました。

 

メラニアさんが何を着るか。

しかし今回は様子が違いました。

いろんなデザイナーがトランプさんの考え方に反対を表明して、自分の洋服を着て欲しくない、そんな人のご夫人にも着て欲しくないと表明するということで次々と辞退を発表。

これも異例なことです。

 

そして最終的にメラニアさんが選んだ洋服は、

「ラルフローレン」。

(出典;朝日新聞 左はケネディ夫人、右がメラニアさん)

 

なかなかのいでたちです。

派手すぎず、でもその80年代風のファッションは上品で、とても上手に着こなしています。

 

もっと前にでる感じをイメージしていましたが、きちんと大統領を前にだして、自分はそれをサポートするというイメージででてきた夫人の選択は正しいですし、それを表現するにはぴったりのブランドがラルフローレンだったということです。

 

ラルフローレンはアメリカを代表するブランド。

まさに米国第一主義を貫くアメリカにはぴったりです。

しかも米国民が尊敬するケネディ大統領夫人をお手本にしているようなイメージ。

 

その人はどんな人なのかは別として、見た目のイメージはかなりいいので、プラスにとらえられることが多いでしょう。

 

おそらくこのようなファッションは今後も注目されるはずです。

 

ファッション界では近年、反グローバル化の動きがでてきています。

先進国で注目されているのはシンプルで実用的なノームコアなファッションです。

限りなく普通なカジュアルな感じたっぷりのファッション。

また、性差を感じさせないジェンダーレスなファッション。男女ともに着られるような、それぞれの性を意識させないファッションなどです。

 

しかしこのメラニアさんはちがいます。

思い切り女性らしいファッョンを身にまといます。

娘のイバンカさんもそうです。

 

このような方たちがメディアに登場してくるわけですから、今後はこうした女性らしいファッションがかなり注目され、そのようなスタイルが売れていくことでしょう。

 

ファッション界にも大きなプラスの効果が期待できるかもしれません。

 

今日もファッションに注目していけるいける!!

 

 

 

 

AD