丸の内ではたらく情熱コンサルタントのブログ

熱く、情熱をもって仕事をすることの大事さ、大切さを伝えていきます。意識をほんの少し前に向けることで毎日の小さな変化の中から人生や仕事にとって大切なことが見えてきます。

クラッカー いま企業の戦略策定の中でブランドづくりの重要性が高まってます クラッカー

★ブランドってなんだろう!!そんな疑問にお答えします!!★

企業のブランド戦略を楽しく、冷静に考えています。

詳しくはコチラでグッド! 「ブラナビ」で今日もいけるいける!!


$丸の内ではたらく情熱コンサルタントのブログ


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

【最近のメディア情報】

テレビ東京様「なないろ日和!」 2014.06.30放映

NHKワールド様「NHK NEWSLINE} 2014.1.20~

フジテレビ様「めざましどようび」2012.9.29放映

フジテレビ様「めざましどようび」2012.9.15放映

フジテレビ様「めざましどようび」2012.9.1放映

フジテレビ様「めざましどようび」2012.5.19放映

フジテレビ様「めざましどようび」2012.4.28放映

日本テレビ様「ZIP!」2012.4.26放映

NHK様「おはよう日本」2012.4.25放映

日本テレビ様「スッキリ!」2012.4.17放映

テレビ朝日様「モーニングバード」2012.4.15放映

テレビ東京様「ワールドビジネスサテライト」2012.3.16放映

東洋経済新報社様「週刊東洋経済」2012.3.10号

リクルート様「R25 EXTRA」


の取材がありました。


【最新刊です!!】

「超繁盛店のツボとコツがゼッタイにわかる本」

(秀和システム \1600) 2015.3月14日発売!!)


「コンサルタントのお仕事と正体がよ~くわかる本」

(秀和システム ¥1260) 2012.9月発売!!


$丸の内ではたらく情熱コンサルタントのブログ


「最新 アパレル業界の動向とカラクリがよ~くわかる本 第3版」

(秀和システム ¥1470) 2012年3月発売。絶賛発売中!!
図解入門業界研究 最新アパレル業界の動向とカラクリがよーくわかる本 (How‐nual Industry Trend Guide Book)

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
NEW !
テーマ:

いけるいける!!

 

お客様はどう思うか?

 

アパレル企業で小売りをやっている会社で、いま成長中の企業トップと対談をさせていただきました。

アパレル業界は非常に難しい状況であり、勢いのある会社は一部で、多くの会社が苦戦を強いられています。

その中で同社の成長は素晴らしいものがあります。

 

さて、詳細はまたあらためてお伝えするとして、話をしていて気づいたことがありました。

それは、

「お客様の立場で考える」

ということが同社では徹底されているなあということでした。

 

創業以来、固定客をたくさんつくってきた会社ですが、売上を上げるために固定客を作ってきたわけでなく、お客様のことをもっと知るために、しっかり顧客カルテを作り、お客様のことを知って商品を探すようにしてきた歴史。

 

お客様がほしいと言う商品はとにかくスピードを上げて探すようにしてきたという仕入方針。

 

ほかと同じような店づくりをしてはお客様が興奮しないので、いかにほかと違う店づくりをするかがテーマであると感じているという店のコンセプトづくり。

 

もともとは路面店だったが、これからの時代を考えてSCへの出店へと形態を切り替えてねお客様に買いやすい売場づくりへと切り替えたという出店形態。

 

これからのお客様に喜んでいただくためにどうしたらいいかを考えて新しいブランドを立ち上げたというブランド開発。

 

 

などなど。

 

聞いていて常にでてくるのは「お客様にあわせて」ということでした。

 

「特段変わったことはやっていません」

 

という言葉どおり、確かに、変わったことをやろうとしてきたのではなく、

お客様が喜ぶためにはどうしたらいいのかを考えた結果のいまの会社なのです。

 

企業理念に「お客様の喜ぶことだけをやろう」という言葉通り、しっかりとこの理念を経営に活かしているのです。

 

同社が成長してきている理由がはっきり分かった気がしました。

 

お客様に喜んでいただきたい ということだけを会社で貫けば、それが会社の原動力になるということです。

シンプルですが、これだけを徹底すれば会社は伸びるのです。

ほかと別のことをやることが価値なのではなく、

お客様に喜んでもらうためにどんなことをやれば価値があるかを考えることが本当の差別化です。

 

こうしたことを繰り返し繰り返しやり続けていく会社が成長していきます。

 

商売の原点を思い出させてくれた対話となりました。

 

あらためてお客様に喜んでいただく会社づくりを徹底していきたいと思います。

 

今日もお客様に喜んでいただいていけるいける!!

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

いけるいける!!

 

桑田佳祐さんが長く売れている理由がわかった

 

桑田さんが新曲「ヨシ子さん」のプロモーションを兼ねて、フジテレビの番組にでているのを見ました。

同番組「ユアタイム」のテーマソングを手がけていることもあり、出演されたのだと思いますが、とても興味深い話をしていて思わず集中してみてしまいました。

 

桑田さんが今回だした新曲は、無国籍ミュージックとでも呼ぶべきもので、これまた変わった曲調。しかし、桑田さんが作った曲だなというのがわかる独特の音楽です。

 

「ヨシ子さん PV」

https://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=5Gs9ssZLres

 

このような新しい領域の音楽になぜ桑田さんは挑戦できるのか?といったようなインタビューで構成された番組でした。

(ちなみに3夜連続で桑田さんが登場するそうです)

 

その中で、質問内容は分からなかったのですが、こんな話をしていました。

 

「いまの人たちは抑圧されている。抑圧された心をどうやって解放させるか」

 

そんな話のなかで、桑田さんは何をキーワードに音楽を作り続けているのかを聞いた質問にこうこう答えていました。

 

「エロス。お笑い。風刺。この3つなんですよ。

エロスはセクシーさや、色気。これはいつの時代も必要な要素。

そしてお笑い。笑いがさまざまな場面に入り込んでいる。

風刺。その時代を感じ取って、その時代をあらわしたもの。

 

昔、川上音二郎が「オッペケペー節」という歌を流行らせたことがあったのですが、これなんかは風刺の代表格のようなもの。

お上に対して、オッペケペーと言っちゃうような、そんな風潮があった。

こんな風刺も取り入れたい」

 

こんな話でした。

 

桑田さんのライブは私も何度も行っていますが、確かに、桑田さんの歌には、エロスと笑いと風刺の3要素がそれぞれあります。

時にはエロスで男女の関係、女の性を歌うものがあったり、徹底して笑いを訴求したりしています。

また風刺というか、その時代時代の空気感で求められるキーワードを歌の中に自然と取り込むのです。

今回のヨシ子さんにはこの風刺という概念が入っています。

 

いまの若者が興味をもっていることを20代くらいのスタッフに聞いて、その中からでてきたキーワードを歌詞に盛り込んだりしている。

 

このあたりの柔軟さというか、時流を読んだクリエイティブな発想こそが桑田さんの凄さなのだと分かりました。

 

桑田さんがはじめて注目されたのは私が小学校のころだった記憶がありますから、今から35年くらい前。

それからずっと音楽の第一線で活躍し続けてきているわけですから、それは並大抵のものではありません。

 

それでも桑田さんにはひとつの軸があったのです。

 

「エロスと笑いと風刺」

これが桑田さんが大切にしてきたことだということを聞いて、なるほどやっぱり長く続けるためにはこうした変わらぬ軸と、そして、その時代を上手に切り取った時流適応といいますか、若者や流行を取り入れる勇気、時流にあわせて変えられる力があったからなのだということがわかりました。

 

その人らしさ。

その会社らしさ。

この らしさを作るためには、何らかの軸が必要。

 

同時に、それだけにこだわっていたのでは完全に時代から取り残されることもでてしまいますから、時流に適応していくことも大切。

 

長く支持されるための原理原則を桑田さんから学びました。

 

今日も長く続ける軸を確認していけるいける!!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

いけるいける!!

 

人に関する提言

 

昨日はうちの会社で人材戦略革命セミナー というものをアパレル業界の方々に向けておこないました。

アパレル業界の、特に店頭人材が足りない状況が続いています。

そこには単なる人手不足ということだけでなく、

業界の構造的な問題があり・・・・ということで、アパレル業界に向けて何をどう変えていけばいいかを提案する という内容でした。

 

いま非常に成果の上がっている採用手法と、従業員の定着に向けた人事制度を提案している方法を具体的にお伝えしました。

 

非常に刺激的な内容だったのではないかと思います。

みなさまからの反響もとてもありました。

 

人手不足や人に関する問題はアパレル業界だけの問題ではありません。

 

流通小売業ではいまや2社に1社が「人手が足りない」と感じており、

各社ともに新卒の採用を増やしたり、セルフレジを導入して稼動人員を減らしたり、複数部門をできる人材を育成したり とさまざまな工夫をしています。

 

まずは今は人を採用する ということ。

人の仕入力が必要なのでそこをどうやって強化するかがポイントになっています。

もしみなさんの会社で人を本格的に採用したいと思うのであれば、うちの会社でいま進めている採用手法についてお伝えします。

 

しかし、いくら人をいれても人が辞めてしまうような環境であるとすれば、そこは変えなければなりません。

 

そうなのです。

いまの人の問題の多くは、人を採用しても人が辞めてしまうこと。

辞めてしまっていなくなってしまうのであれば、いくら人を採用しても意味がない。

 

辞めない仕組み、人がそこで働きたくなる取り組みをしなければいけないのです。

 

みなさんの会社の社員がそこで働き続けたくなる環境を維持しているか。

 

採用強化とともに、人がやめずに育つ仕組みを作ること。

 

これを両輪でまわすことがいまの小売業には必要なのです。

 

これが両輪であると認識できていないトップのいる会社に成長はないでしょう。

 

 

人が足りない足りないという前に、人がそこでバリバリ働きたくなる環境を整備すること。

そして、今までの採用のやり方を抜本的に見直すこと。

単なる媒体にオカネを使うのではなく、自社で採用していく方法へと変化させていくこと。

 

この両輪がいま重要です。

 

人に関する問題にどこまで真剣に取り組めるか。

これからのテーマです。

 

今日も人に注目していけるいける!!

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。