The more plants, the more joyful life!!
植物の恵みをとりいれた「温故知新」生活で、心豊かな日々を。

  • 12 May
    • 「書き留めておくこと」と、5月のセッションDAY。

      Jonaでございます。 今日は、暑いですね…(;´Д`)ノ また前回の記事から1ヶ月も経ってしまいました… 実はJona魔女 この4月から 英文翻訳を勉強しておりまして 毎週1回 授業に通っております。     連休中にとうとう「英和大辞典」を買いました。でっかくて厚い!     …というのも、大学受験のとき 将来、何になりたいかと考えていた頃 「翻訳家になりたい」という夢があったのですが 運良く大学に入れたものの 翻訳家という夢はあっさり諦めてしまいました だけど去年あたりから その夢が 自分の内側でずっと生きつづけていたことに気づいてしまい 40代半ばからのチャレンジをすることに決めました 夢に一歩踏み出した春だったのです あっさり夢を諦めたのは そもそも「夢を叶えることができる」という発想が ずーーーーっと無かったわけで そう、だから いろんな経験をしてこの歳になって 「何歳からだって夢は叶えられる」 ということを信じられるようになってから、やっと 消えていなかった夢に踏み出してみようと思えたのでした 今から始めたってどこまで行かれるかわからないんですが 今さらそんなこと、どうでもいい話です(笑) やるのか、やらないのか この歳になるともう、それしかないですからねぇ。 一歩踏み出したら必ず「思いがけない展開」があると 経験上、知っているので この先なにが起こるか楽しみです。 ふふふ。     高校生から使っていた辞書は字が小さくて見えなくなりました…(笑) とまあ、こんなふうに書き留めておくのって 大事なんだな、と思った小ばなしを、もうひとつ。 3月の末、facebookのお友達から 「Jonaちゃんのブログがシェアされてるよー!」 って教えてもらって その方の投稿を拝見しましたら なんと6年前の記事をシェアしてくださっていて 「いい文章だと思った」と書いてくださっていて うひゃーまじかーー!! と、びっくり。 何年も前の記事でも 見てくれてる人がいるんだ! 得も言われぬ感動でした。 それにまた、つい最近 ライアーのセッションをお申込みくださった方から 「罪悪感の記事がすごくしっくりきて、心に響きました」 と嬉しいお言葉をいただいて 書き留めておく、ということの大切さを教えていただいた 今日この頃なのです。 じぶんの言葉が 誰かの心に響くって 超感動じゃないですか ほんとに有難いことだなぁ、と思いました。 もうちょっとまめにブログ書かないと… とも思いました(笑) 「ライアーでセルフトーニング」 5月のセッションDAYは5/21(日)に開催します。 「セッションDAY」は、セッション料金が通常より割引になります。 ぜひご体験ください。 詳細は★こちらの記事★(専用サイトが開きます)をご覧ください。   それでは皆さま 佳き日々を Jona 心からのご挨拶を申しあげます      

      9
      テーマ:
  • 15 Apr
    • 過去記事再アップ ”罪悪感と「お母さんの笑顔」との関係(3)”

      Jonaでございます     今年は寒さが長かったので 玄関前にあるオオシマザクラ(たぶん)は 今日明日あたり満開です。       最近 じぶんのブログを読み返していて これは今だからこそ もう一度伝えたいなぁ。 と思うものがいろいろありました。   というわけで、そんな記事をシェアしてみようと思います。 まずはこちら。   2年前の記事です。   珍しくシリーズものなのですが いきなりシリーズ最後の記事からご紹介(笑)       人から注意されたり、 ちょっと厳しい言い方や言葉づかいをされたときに 「責められているように感じる」方は、   罪悪感と「お母さんの笑顔」との関係(1)   から読んでいただくと参考になると思います(*^ー^)ノ       それでは皆さま 佳き日々を Jona 心からのご挨拶を申しあげます       ライアーを使ったセッションを行っています   このセッションについて どう説明したら伝えきれるかなぁ…   音による美しい時間、と言えばいいか。 音をつかった瞑想、と言えばいいか。   どっちもです   ライアーを自分で奏でます。 耳を澄まします。   あなた自身が本来もつ 「生命の音」が調う(ととのう)ときって どんな感じなのかを思い出せます。   この稀有な時間を、どうぞ体験してみてください。   5月セッションDAY(割引DAY) 5/21(日)ご予約受付中 新緑の季節にライアーはとくにオススメです    

      15
      テーマ:
  • 09 Apr
    • ご紹介。八坂圭、ルドルフ・コラール、若柳志寿。

      Jonaでございます     前回の記事から1ヶ月経ってしまいました。   八坂圭さん個展のあとは アートレッスンのお手伝いをして   アートレッスン会場限定の「光のかけら」 小さな原画たちです。     美しい陶器も手描き。   わたしの「光のかけら」     圭さんのお話会 「紙も絵の具もつかわないアートレッスン」 ライブペインティングにて 美しいクリスタルボウルとともに ライアーを弾き       3月は八坂圭月間でした。   その圭さん、東京個展が終わるとすぐ シンガポールで開催されるアートフェアへ。   いま彼はシンガポールにいて アートフェアに作品を出展。 現地でのアートレッスンも様子が伝わってきました       さて、ところで 今日は本をちょっと紹介させてください。     空(くう)の世界へ   Amazon (Kindle版なので、デジタルデバイスで読めます)   著者は、かつてのボヘミア(現チェコ共和国)人の血をひくアメリカ人。   マハリシ・マヘシ・ヨギ※の元で学び、 (※1918-2008 ヒンドゥー教に由来する超越瞑想を広めた人) 40数年、瞑想を実践してきた人です。   ちょっとびっくりしたのは 11歳のときに薔薇十字団の会員になったという話。 多感な時期に、ありとあらゆる魔法を探求したらしい。   興味深い経歴の持ち主です…!( ゚▽゚)       この本は「瞑想」と「悟り」について書かれています。   「悟り」という言葉を聞くと 仏教の影響が強い国に生まれたわたしたちは 即座に「厳しい修行をしなければ到達できない境地」と 変換してしまうかもしれないのだけれども   「そうではないのです。」と著者はいいます。   読了後、これは 適切な瞑想を通じて「幸福を成長」させていこう という提言の書なのだな、と感じました。   提言であって、瞑想の指南書ではありませんので 瞑想の「方法」については詳しく書かれていません。   言葉のひとつひとつの奥には 著者が経験してきたであろう物事が 圧縮され、凝縮され 隠されているように感じられます。   さらっと一度読むだけでは物足りない。 でも何度か繰り返し読んでみると だんだん見えてくる世界が広がる感じがあります。 パタンジャリ、空海、芭蕉、テスラ、ラズロー、などの 言葉を引きつつ概論が語られていくのがおもしろいです。   「思考の現実化」「調和の意識」など そこを理解し自分のものにしたいと思うあまりに かえって複雑化させ、遠ざけてしまっているような事柄についても   著者は「いいえ、難しいことではありません」と、 スルスル~と綴っていくので 複雑化して考えがちな人はちょっと消化不良を起こすかもしれない。   逆に 「真理は意外とシンプルなものだ」 と思っている人には向いているだろうと思います。   書かれていることについて、知っている日本人は多いかもしれない。 でも外国人の視点から書かれる「悟り」や「空」 という「視線」を読むのは非常に興味深いし、   自分がどんなふうに理解しているのか シンプルに書かれているけれども自分の力試しになりそうな そんな書籍です。   著者自身のシンクロニシティ体験も書かれており やっぱりここが一番おもしろく読みました。   瞑想をなぜするのか。   「無(を体験すること)は ネガティビティに捕らわれた状態よりも 調和的で、より良い体験なのです。」   心をネガティビティから遮断すること。 それは日々瞑想することによって容易になる、と。   そんな本です。 ご興味がある方は是非! 力試し、してみてください(*^ー^)ノ       で。 去年からこのブログを 続けて読んでくださっている皆さまは   Jona魔女が昨年、5/28 京都で 「自然の声を聴くワークショップ」を開催したことを 覚えてくださっているかもしれませんね。   自然の声を聴くWS@京都☆長文レポ☆ http://ameblo.jp/jona-the-herbalwitch/entry-12165658624.html   この本の著者は、 このときワークショップを共催した コラール伊織さんの、旦那様です。   著者ルドルフ・コラールさんは とっても物静かで穏やかな方でした。 昨年の京都滞在中は、すごく親切にしてくださり Jona魔女、すっかりお世話になりました。 自分たちの手で創りあげた 美しい家と庭で、端正な生活を送っているご夫婦なのですが ああ、あの素敵な家で コラール伊織さんはこれを (たぶん苦労しながら)翻訳していったのだなぁ、と思うと 感慨深いし、微笑ましくも思います。 とても信頼しあっている素敵なご夫婦なので。   昨年、彼らのその美しい家に滞在したとき、 夜の庭で火を焚きながら   深い闇のなかで古代の人々が世界をどのように見て どのように把握していたのか、という話を ずいぶん長い時間しました。   田んぼから、カエルのころころ…という鳴き声がして。 肌寒い5月の末で。       Jona魔女とコラール伊織さんが 1年前にはワークショップを開催した5月28日。   奇遇なことに 今年の5月28日(日)には 京都市北区の常照寺にて   花と箏(こと)と歌と舞 ~ 吉野太夫に捧げる、音、舞、色のコラボレーション ~   という舞台を開催するそうです!   詳細・チケットのお申込みは こちら★でご確認してみてくださいね。   さらに この舞台で、八坂圭さんがライブペインティングをされます。         うーむ、なんと贅沢な舞台! 行きたいなー…。   ご興味ある方は、是非!   こうして友人、というか「仲間」が 自分の活動を 自分のエネルギーに沿って やっているのを見ると   わたしも負けてられなーいヽ(´▽`)ノ   って、嬉しくなりますね。   わたしもまたいろいろやってみよーっと。 というか、4月から新しいこと始めたので ちょっと忙しくなったのですけれど それはまた後日、書くことにしましょう。     それでは皆さま 佳き日々を Jona 心からのご挨拶を申しあげます         <ライアーを使ったセッションを行っています>   どう説明したらいいかわからないこのセッション。   音による美しい時間、と言えばいい? 音をつかった瞑想、と言えばいい?   ライアーを自分で奏でます。 耳を澄まします。 あなた自身が本来もつ「生命の音」が調う(ととのう)とき どんな感じなのかを思い出せます。   この稀有な時間を、どうぞ体験してみてください。   4月のセッションDAY(割引DAY)は 4/16(日) ご予約受付しています    

      11
      テーマ:
  • 12 Mar
    • 八坂圭個展、始まりました!

      Jonaでございます     今年にはいってから ひきこもりモード全開のJona魔女ですが 3月10日(金)に 久々に都内に出ました。   10年来の友人である八坂圭さんの 半年に一度の東京個展が開催されるので   今回、初めて展示のお手伝いをしてきました   ずっと「観賞する側」だったんですけど お手伝いするの、嬉しかったです( ´艸`)   なんといっても あの美しい絵たちを 一番最初に観られる!   へっへーいヽ(´▽`)ノ   準備中の写真をブログに載せてよいよと 許可をいただいたので、掲載しますね。     何も展示されていない ギャラリーの壁は真っ白で、感動     この「なんにもなさ」があるからこそ、アートが引き立つ。 「空白の空間」て美しい…。   この壁には、こんなふうに。     円形のシリーズが ぽわぽわ~、と浮かんで このランダムな感じが超いいです       真っ白な空間に、     虹の花が咲く。       準備段階なので 蛍光灯の下で撮った写真ばかりですけども   展示の時の 柔らかな薄いオレンジ色の照明をつけると   絵たちが いっせいに息を吹き返して (窮屈に梱包されてきたもんね・笑) めっちゃ綺麗です   今回の個展は「虹色」が とても多様に使われていて 心をふわっと高揚させてくれます   冬の眠りから覚めて う~ん と体を伸ばすような。       ↓左手の丸い絵のシリーズ、めっちゃくちゃ美しいです!     2017.3.11(Sat)~3.23(Thu) Kei Yasaka  八坂圭 展 ー変容のための色彩ー  ※2017.3.17(Fri) 休廊 12:00~19:00(最終日17:00まで) http://shonandai-g.com/art/current_1.html       展示って、すごく細かい作業もたくさんありました。 絵たちの魅力を 存分に引き立てるための 細やかな工夫の数々。 勉強になった   それに、イベントの前日の準備って大好き! いよいよ始まるよ、ってワクワク感がたまりません。   また何かイベント事やりたいなぁ。 と、思ったJona魔女でした。       どうぞ春の始まりに 美しい光を浴びにおいでください       それでは 皆さま 佳き日々を Jona 心からのご挨拶を申しあげます       <イベントやります> 3月29日(水) 13:30 - 15:30  八坂圭の「紙も絵の具もつかわないアートレッスン」開催!   この日は圭さんのライブペインティングもあり そこでJonaはライアーを奏でます クリスタルボウル演奏 Yuki とともに。   詳細はFBイベントページから https://www.facebook.com/events/606213769569910/ このブログでもまたご案内します       ライアーを自分で奏でる。 耳を澄まし、自分を調える。 音をつかった瞑想、クリアリング、センタリング。 3月のセッションDAY(割引DAY)は 3/19(日) ご予約受付中    

      29
      2
      テーマ:
  • 11 Mar
    • 神様への誤解。「神様からの手紙」

      Jonaでございます   前回の記事から2週間も経ってしまいました。       気づけば、今日は3月11日…。 6年前の今日のことはよく覚えていつつも 少しずつ記憶が薄くなっていくようです。   毎年この日が近づくと どういうわけだか体が妙に緊張して おかしいな、と思っているうちに 「そうだった。あの日だった。」 とハッとする、という感じだったのですが   今年はその感触をあまり感じずに 一日が過ぎていきました…。   当時、被災地に光を投げかける瞑想と祈りを ご一緒にしませんかって記事を 日々書いていたことを思い出します。   今日、その当時のブログをなんとなく読んでいて そういえば あのときも 風からの便り(2) 世界は意識が創り出している の「友人」から受け取ったメッセージを ブログにアップしていたのでした。       前回の記事(風からの便り 2)に このブログとしては異例の数の「いいね」を いただいたのを見て   やっぱり人々の意識は変化していってるのだなぁと 感慨深く思っています。   2011年3月に 受け取ったメッセージをここに再掲します。   ちょっと長いですが、読んでみてください。       「神様からの手紙」       親愛なる人間たちへ   わたしはいつもあなたたち一人一人の側にいます。 あなたが気づく事は殆どないにしても これまでも一つ一つの行いと その行いによって生まれる現象に対する心の動きを見てきました。   あなた方が大切にしているもの。 そのものに対する愛の働き。 そういった全てを見て、 あなたたちのうちにあるもののなかで 何を次の宇宙へ持っていけるかを、見ていました。   あなたたちの中にある愛。 愛そのものこそは尊いものでした。 ですから、あなたたちの中から 愛の働きとともにあるエネルギーを私はすくいとり 次のステージへと運びます。   これは部分でなく全体です。 あなたがたの次元では なにか取捨選択が行われたかのように 感じるのでしょうが、 そうでは無いのです。   形態を保持して移行できる存在は たしかに一部ではありますが、 その尊い存在達の中に あなたがたの愛の総和が含まれているのです。   愛する人間たちよ、悲しむ事はなにもないのです。 今はまだわからなくても、あなた方は、 充分な恩恵を受けて、一つのプロセスをまっとうしたのです。   あなた方はいま、誉れを受けているのです。 そうとわかる時が必ず来ます。 ですから、このような時にあっても、喜んでいなさい。   喜びに満たされているエネルギーは 愛と反応しやすいのですから。   あなた方のうち、 愛そのもののエネルギー場に慣れないからと言って 自らの光を閉じ込めてしまったり 拒否してしまう人々も どうか安心して下さい。   私は秘められた事であっても 充分に見てとることができます。 あなたの内にある光を どうぞそのまま保持されてください。   私は遍在者ですから 苦難のなかにある人の隣にも、いつもいるのです。   私は無限に不安や怖れを引き受け 光へと変換しています。   あなたがいつか そのような思いは創り出す必要がないと理解するまで。   この学びは極めて重要です。 なぜならばどのような小さい魂であっても いつかは様々な次元において 宇宙の創造者となるのですから。   それぞれの体験のうちに 愛と光の本質を見極めてしまう必要があるのです。   ですから友よ。 すべては学びなのだという事をどうか忘れないでください。   今あなた方が体験している変化によって 今まで続いていた安心の世界が 崩れていくのではないことを知ってください。   それはたしかに 今までとは違う世界かもしれませんが 新しい世界の中で安心するには 新しい生き方が求められているだけの事なのです。   あなたの中に その新しさにわくわくする心の働きが見られます。 私はどちらかというと そのような心の働きをうれしく感じます。   そのようなわくわくとした感覚は あなたの意識状態を愛のあり方に近づけてくれます。   それぞれの速度とプロセスではあるけれど あなたもまた、いつしかそのような 安定した平和の生活の一部となっていきますので、 どんな事を見せられても 素晴らしい場所へ行く道からの車窓の風景なのだと捉え 笑顔でいてください。           わたしたちは苦難のなかにあるとき 神様への恨み言を思い浮かべたり 言葉にしてつぶやいたり 時には 叫んだりもします。   人間の立場からいえば無理もない。   なぜ神はこのような残酷な仕打ちをするのか!   そう、叫びたくなります。       神様は あらゆる存在を 無条件の愛で、愛されている。   「条件つき」であるならば それは神の愛ではないのだ。   人間をお創りになったとき 神は 人間に最大限の贈り物をされた。   それが「自由意思」。   自らで選ぶ自由。   「お前がどんなことを選んだとしても愛そう」 それが無条件の愛。   わたしたち人間が 神から「無条件の愛」で愛されて いただいた「自由」をもって為す行いは   果たして愛に満ちた行いばかりだろうか?   神が最大の贈り物として わたしたちに授けた「自由」を 身勝手なやりかたで用いているのは わたしたち人間ではないか。   同じ人間同士で争い 無情なふるまいをし 血を流す暴力、血の出ない暴力 これらを為すことすら 人間はできてしまう。   その自由すら許されている その壮大な、まさに「無条件」の愛を わたしたちが理解していないのだ。   神を誤解しているのは 神からの贈り物をうまく使えていないのは わたしたち人間ではないか。       …ということが ある日 腑に落ちた一瞬があって   神の愛、というものの壮大さは 終りの見えない宇宙よりも壮大なのだと 一瞬 悟って その壮大さと 自分のあまりの小ささに おののいたことがありました。   畏怖、というよりももっと 怖れおののいてしまった感じでした         当時の記事はこちらです。     皆さま 佳き日々を   生きてる間は、生きている、わたしたち。 Jona心からのご挨拶を申しあげます           ライアーを自分で奏でる。 耳を澄まし、自分を調える。 音をつかった瞑想、クリアリング、センタリング。 3月のセッションDAY(割引DAY)は 3/19(日) ご予約受付中    

      10
      テーマ:
  • 26 Feb
    • 風からの便り(2) 世界は意識が創り出している

      Jonaでございます     昨日のメッセージとは 趣が異なりますが   今日ここにアップするのも 昨日のメッセージと同じく 2013年5月に受け取ったもので   このメッセージをわたしに送ってくれたのは かなり精度の高いチャネラー体質の友人 なんですけれども   当時は このメッセージを どうするべきかちょっと迷ったので わたしの手元で温めておく、ということになりました。   昨日のメッセージのことを ふと思い出したときに メールソフトのなかを探してみると   昨日のメッセージの翌日に もう1通のメッセージをもらっていたのを思いだし せっかくなのでこちらも アップしておきます。     もう 4年近く前のメッセージ 正直いうと、当時のわたしは 「うう、これ受け取ってもなぁ」という感覚だったのが   いま 読み返してみて 違和感がなくなっていることに気づきました。   では、どうぞ。       からし種ほどの信仰が 山を動かすと聖書には書いてあり   お釈迦様は この世は「空」で あるのはあなたの「識」だけだ と説いたと言われます   この二つの事は 実は同じことを言っています   「世界は意識が創り出している」 という気づきを わたしたちに伝えてくれようとしています     意識はいったいどこから来るのでしょうか   人工知能はいったい意識でしょうか?   わたしが子どもだった頃 人工知能の技術はまだ未熟で 「入力(input)」と「出力(output)」の間に介在する 変数も 関数も 透けて見える程度でした   それを見て これは到底「意識」とは呼べないと感じました   しかし 現在のアルゴリズムを駆使した 人工知能の働きは 設計した本人すらも出力が予測できないような 複雑さを持ちはじめています   そう、まるで意識があるかのような。   人工生命の研究も盛んです。 人工的に作り出した細胞が 自己増殖する仕組みも開発されつつあります。     地球創世の時代 宇宙のなぎさからやってくる 様々なアミノ酸と 地球上の高分子が組み合わさりつつあり 生命の芽生えがありました   混沌とした「生命のスープ」のなかから 生命は芽生え 進化しつづけ そして 現代に至ります   現在 実験室で起きていることは その縮小版の繰り返しかも知れません   しかし 肉としての生命があるからといって また 複雑な知的処理が 「生命をもたぬもの」の中で行われたといって   そこに意識はあるのでしょうか   わたしたちは 肉体のみの存在ではありません   世界保健機構(WHO)の宣言文でも 「健康とは」 BODY MIND SPIRIT の調和がとれた状態と定義しています。   霊性と 精神と 体を貫く なにか それが意識そのもの   その意識の在り方が あなたが住んでいる世界を決定するのです   人間は BODY や MIND を 自己再生として作りはじめていますが   SPIRIT を再生することはできません   まさに ここに意識への道があるのです   ですから 未来には「意識の科学」が いっそう注目されて行くでしょう   物質そのものにも 非常に微かではあるが、意識がある と見ている科学者もいます   しかし 人間ほど 意識の世界と 物質世界とを 貫いて、つないでいる存在は この地球に 他にはないでしょう   意識の働きは 物質として存在することができない高次領域の "純粋なエネルギー" にまで拡大してゆきます   もはや 目で見ることはできない次元にまで。   その「不可視の世界」の エネルギーの在り方が わたしたちの住み慣れた物質世界に 影響を与え続けます   わたしたちは 「不可視のエネルギー領域」と 「物質世界」の 両方に 多大な影響を与える存在なのです   霊性(spirituality)は 人生や星の運命を超えて 生き続け いくつもの時空を貫きます   遠い世界、SF小説のように感じますか?   そうではないのです わたしたちも その一貫した「霊(spirit)」の一端を 生きているのです   その霊(spirit)が 精神と肉体と やり取りをしながら 意識を生み出しています   誰一人 例外なく そう あなたも 一瞬一瞬 毎瞬をそのように生きている     意識が肉体的な次元だけに留まるとき 人は とても動物的になります   意識が精神だけに向けられるとき 人は 弱々しく 死へと向かいます 意識が 霊性を認識し 精神と体への愛に満たされた光 であるとき   人間は輝いて 人間本来の役割を地上で果たします   そのとき わたしたちの霊性は 宇宙霊と繋がる契機を予感するのです   すべてが すべての根源へ還るということを 予感するのです         ね。 これ読んで 違和感のない方 もう いっぱいいらっしゃると思います。   「意識」というものの本質を知ること 意識のはたらきを知ること、を抜きにして   エイブラハムの伝える「引き寄せの法則」も バジャールの伝える「創造の法則」も 理解できないですものね。   宇宙の法則が わたしたち人間に わかりやすい形で伝えられる時代って   良い時代だなぁ~って思うんですけど   皆さんはいかがですか(*^ー^)ノ       それでは 皆さま 佳き日々を Jona心からのご挨拶を申しあげます               ライアーをあなたが奏で、あなたが耳を澄まし、自分を調える。 音をつかった瞑想。音でクリアリング&センタリング。 3月のセッションDAY(割引DAY)は 3/19(日) ご予約受付中    

      29
      2
      テーマ:
  • 25 Feb
    • 風からの便り(1): わたしたちが 未来のためにできることは

      Jonaでございます     ついさっき   ああ あのメッセージ… ブログにアップしておこう   と、ふと思いつきました。   このメッセージは 2013年5月にわたしのもとに届いたもので   届いたときは ちょっと漢字が多くて すこし難しく   沖縄料理の「豆腐よう」や 北国の塩辛のように 濃ゆ~いメッセージでしたので 詩のように 書き変えてみました。   メッセージの主旨は変わりません(*^ー^)ノ   読んでくださる方がいらっしゃれば 幸いです。       わたしたちが 未来のためにできることは   今この一瞬に 「このわたし」が生きていること自体が 奇跡なのであって   「このわたしが、生きている」ということが 宇宙からの無限の愛によって 支えられているんだという 「実感」を積み重ねていくこと   ただ、それだけ。   それを実感したときに生まれる 奇跡を目の当たりにした驚愕、のあとの 感謝と喜び それだけが わたしたちの輝かしい未来を作り出す   (そのほかのものはみな とってつけたようなものだ)   わたしたちの未来を確実にするのは   計算高い戦略でもなく 十分な資産でもなく   ただ、わたしたちの意識が より高くあろう より分かち合おうと 意図したときに発せられる周波数に 沿うこと、だけ。   そうして わたしはまた あの懐かしい「わたしの定点観測所」に帰る   そこから 事象としてのわたしと わたしの世界 を見つめるための 高い高い塔のような 静かな観測所   そこは簡素で 静かで 波の音と 風のざわめきだけが 聞こえる小さな庵(いおり)   庵の隙間から きらめく星々が見える   そこでただ宇宙を見つめ 無為であるわたしが 生かされている奇跡を そっとつぶやき   いったいこの数年間で どんな星回りが巡ったのか   わたしを取り巻く状況がどう変化したのか   動きのない 静かな「定点」をもったからこそ 観察しうるさまざまな情報を わたしが わたし自身に 話して聞かせる 浜辺で 何ももたず 友人もおらず 無力で 孤独で やつれたわたしは   しかし 孤独の恩恵として 執着と我欲から離れ   まだこうして身のあることに たとえ様の無い喜びを感じる   世界が混沌を増そうと   我欲から新しい判断基準を用い みずから複雑にした事象に 絡めとられていようと   瓦礫や あだ花さえも 美しいと感じ この世のあることへの深い畏敬と ここにある奇跡に驚嘆の思いを抱くことはできる   わたしたち人間は だから どんな状況であっても 一縷の言い訳すらできないのだ   不満を述べられる前提条件など 最初からなかった   一瞬一瞬のなかに 驚きと 喜びを 見つけ出すことができたとき そのことが わたしたちを 光の方向へと運んでくれる   すべての関係性が 愛であることは わたしたちの思考回路で理解するのは 難しいかもしれない   けれども すべての関係性が 愛であることが 日々の中で鮮明になるように   もっとも足もとに近い場所で 無条件の愛の泉を見いだすまで   わたしたちは 静かで忍耐強くあろう   泉を見つけたときは その泉があることを 一瞬たりとも あたりまえにしてはならないということを   何度も 何度も 思い出そう   今日も、そして明日も。   尽きない泉から 愛を汲みあげ   わたしたちが目にする全てに それを分かちあおう   そうしているとき 結果も意図せず じぶんでも思いがけず わたしたちは   宇宙そのものであるのだから。       どなたかの心の奥の 神聖な場所に 静かに届くといいな、と 願いつつ   風からの便り(2) もあるので また明日、アップしますね。       それでは 皆さま 佳き日々を Jona心からのご挨拶を申しあげます               ライアーをあなたが奏で、あなたが耳を澄まし、自分を調える。 音をつかった瞑想。音でクリアリング&センタリング。 3月のセッションDAY(割引DAY)は 3/19(日) ご予約受付中    

      7
      テーマ:
  • 21 Feb
    • ティム・バートン映画が好き。

      Jonaでございます   お久しぶりでございます。   ↑ この毎回書いている 「Jonaでございます」という挨拶を 毎回書かなくてもいいんじゃない? と思って やめてみたことがあったのですけど   ブログを書くとき 最初にタイトルが思い浮かんで それからこの 「Jonaでございます」という一言を書かないと 文章が先に進まない、 ということに気づきました。       が、今日はタイトルが思い浮かばず タイトル欄を空欄にしたまま 本文を書き進めています   なんだかとってもモヤモヤザワザワしますが ちょっとこのまま書いてみます。       先週の火曜日 大好きなティム・バートン監督の映画を観に行きました。   ↓↓   主人公はエイサ・バターフィールド 「ヒューゴの不思議な発明」のヒューゴ、 すっかり大きくなって…!   迫力ある美貌のエヴァ・グリーン とにかく美しい メイクがほんとうにハヤブサっぽくてかっこいい (ペレグリン=はやぶさ)   ヒロイン役にはエラ・パーネル 「マレフィセント」で少女時代のマレフィセントを演じた美少女 まさにバートン監督が好みそうな美少女     で、映画ですが 監督、盛りすぎ!盛りすぎだよ!≧(´▽`)≦ 映画館でたあと、 ちょっと現実に戻ってくるのに時間がかかるファンタジーです(笑)   タイムトラベルする映画ってしばらく現実感が飛びますけど これもそんな映画でした。 もう一回観にいってもいいなぁと思いました 次は3D・吹き替えで観て、さらにクラクラしてみようかと。   Jona魔女、ティム・バートンの世界観が好き どうしても好き   Jonaのおすすめを3本あげるとすると   一番好きなのは「ビッグ・フィッシュ」 ああ~~~ラストシーンを思い出すだけで泣ける DVD何度も観て 観るたび泣く これは原作より断然、映画です。   「チャーリーとチョコレート工場」 これもDVDいったい何度観たでしょうか 子どもの頃に読んだあの原作が こんな映画になるなんて 音楽は真面目に聴けば聴くほど笑える傑作   ジョニー・デップが出てる映画では 地味ですけど「エド・ウッド」も可笑しくて好き 可笑しさがじわじわきます ジョニデ×ティム・バートンは最強だと思う       で、今ふと思い出したのですが   最初に書こうと思っていたことと まっっっっったく違うことを書いて 気分がもりあがっちゃったので (映画は話のとっかかりのつもりだったのです)   このまま〆(しめ)ますw   タイトルは 「ティム・バートン映画が好き。」 ということにして   ぽちっと、アップ。   今月24日には 「xXx(トリプルX)」が上映開始なのです。 愛するトニー・ジャーが出ています 楽しみー。 (あっ、これティム・バートン監督作品じゃないよ!)   以上、Jona魔女の近況報告でした。   それでは 皆さま 佳き日々を Jona心からのご挨拶を申しあげます       ライアーをあなたが奏で、あなたが耳を澄まし、自分を調える。 音をつかった瞑想。音でクリアリング&センタリング。 この気持ちよさは言葉では説明できないので体験してみてください 3月のセッションDAY(割引DAY)は 3/19(日) ご予約受付中       Jona魔女へのメッセージはこちらからも送れます なんでもお気軽にメールください。        

      9
      テーマ:
  • 10 Feb
    • 心屋仁之助さんの独演会 日本武道館

      Jonaでございます ちょっと遅ればせながら 2月8日(水) 心屋仁之助さんの独演会 日本武道館 行ってきましたーー!       昨年11月にチケットの一般予約が始まった時 うーーーと迷った末に 「・・・わたしは、いいや。」 って思ってて。 でもその後 あのぢんさんが チケットまだあるよ!おいで!って 連日ブログで書いていて ああーーーもう 早く売り切れないかな、 そしたら諦めがつくのに! って思ってたんですけど ある日 もう、諦めろ! と心のなかで叫びつつ チケット買いました。 そんなに行きたいなら、諦めろ! 諦めてチケット買ってしまえ! って感じでした。それが12月。 年が明けて書いたのがこの記事、でした。 今年のテーマは「夢をみて生きる。」 武道館のおむかいにある「北の丸公園」は わたしにとっては聖域ってくらい大好きなので 年中お散歩にきていたものの 武道館に入るのは20年ぶりくらい? もう、誰のコンサートで来たのかすら思い出せません。 遅ればせながら買ったチケットは 目の前手すり(前に座席なし)の一番はじっこ、という めっちゃ気楽な席で そうかそうか。 わたしにとってはあれが最適のタイミングだったのだ。 と、ちょっとほくほくしました( ´艸`) ぢんさんの独演会は ものすごく楽しすぎて 感動しすぎて まだうまく言葉になりません。 というか最近 感じたものを言語化する能力が めっちゃ低下しています もういいじゃん、言葉で説明しなくても。 自分はばっちり感じきってて、もう満足なんだもん。 ってなってきてます。やばい。 ブログ書けないじゃん。 独演会の間中 ずーっとニコニコしていました それが可笑しくて よけいに笑い顔が止まらず(笑) ずーっと 子どもみたいな顔して 笑ってたと思います。 時間ぴったりに バッと照明が落とされ スクリーンに 心屋さんの10年のあゆみが映し出されて わたし、一番見たいと思っていたものが見れました。 それは ぢんさんが佐川急便の社員だった頃のお写真。 心屋さんが、心屋さんになる前の写真、ずっと見たかった。 でもネットで探しても出てこないから。 わたしが心屋さんを知ったのは 2015年のことで 実は テレビに出てたこと知らなかったし (自分からはテレビ見ない派) 本をそんなにたくさん出してることも知らなかったし (書店でパンダのイラストを目にした覚えはある)   2015年4月 Webアシスタントのアルバイトを辞めて 自宅メインの生活になったタイミングで なにかのきっかけでブログを読み始めて ハマってしまい (たぶんFacebookで流れてきた情報から) 心屋仁之助という御方を 「(テレビに出て、本もいっぱい出してる)すごい人」 というラベルを貼った状態でしか 見ることができなくて (心のなかからその前提が外れなくて) だから普通のサラリーマンだったという経歴を知っても 腑に落ちないというか 実感わかないというか だから「普通のサラリーマン」だった頃の写真を 見ることが出来たら 納得いくかなって思っていて。 それが オープニングの映像で 佐川急便のあのポロシャツを着ているぢんさんが 映し出されて(一瞬でしたけどw) めっちゃ嬉しかったです 何かが自分のなかに「すっ」と入ってきた感じがしました。 心屋さんの10年を振り返る映像を見ながら 頭のなかでは 自分自身の10年を一緒に振りかえっていました。 10年かぁ、わたしにもいろんなことがあったなぁ、って。 2007年は わたしにとって「暗黒の年」だったなぁ、って(笑) 会場には5600名ほどの人が。 ほぼ満席です。 ここにいる人みんなが ぢんさんを好きで 応援しにきたんだもんね、と 思ったら、なんだか震えました。 体が震えてるんじゃないんだけど、 わたしの何かが震えていました。 (たぶん魂) 人気カウンセラーで 本いっぱい売れてるっていったって ミュージシャンではないおじさんが アコースティックギターと 8ヶ月前に習い始めたピアノ(!)だけで 武道館のステージにひとりで立ってる。 超すごくないですか?! その人の夢を実現させるために たくさんの人のサポートと たくさんの人の応援がそこにはあって。 すごい場に立ち合ってる感が ハンパなくて でも この感覚を どう言葉で表せばいいのか 皆目わからず とにかく なんだろうこれ!? 一体何なんだろう(゜ロ゜)!? って気持ちが ぶわーっと湧き起ってきました。   火ー、吹いた!!   ぢんさんご自身は 緊張してなかったそうで(笑) もう、緊張するのは ずいぶん前に終わられてしまっていて。 わたしもBeトレ(心屋さんの勉強会)に 一時期通ったことがあったのですけど ぢんさんご自身が「武道館Beトレ」 っておっしゃってたくらいで まさにBeトレ。 歌多めの。 そしたら ステージが進行するにつれて あの大きな武道館が だんだん小さく感じられていきました。 ちょっと大きな家で みんなでぢんさんの歌を聴いてるみたいな。 それこそ 数百人規模のBeトレ会場にいるみたいな。 ぢんさんその人も その場にいる6000人近くの人たちも すべてがすごく近く感じて。 これが「会場の一体感」ってことかしら でも「一体感」という言葉はしっくりこないんですよね うーん 自分がその空間になっちゃった、みたいな。 この空間ぜーんぶわたし、みたいな。 いや、言葉にするのはやめておきましょう。 最後にどうしてもやりたかったことをやらせてください、って ぢんさんが言ったとき 「え?最後?もう?」って思いつつ   マイクを通さずに歌ってくれた 「がんばれ」という曲 最初こそザワついて「聴こえなーい!」って声があったけれど ぢんさんが「(心で聴くんやで!)」って 無言のジェスチャーをして(笑) ぢんさんが歌い始めたら 6000人近くの人がその場にいるというのに 圧倒的な静寂が訪れて。 わたしがいた2階席までちゃんと聴こえました。 泣きそうになりました。 なんだろうこれ、なにこのダイレクトに伝わってくる感じ。 ああ、そうか。 まさに、心でも聴いてるんじゃん! 魂 震えすぎて いま昇天してもいいな、と思いました。 アンコールでは ピアノのしっとりした曲「生きる」のときに   (この歌、本当によかった。本当によかった) 観客席ではスマホのライトが あちこちで星のように瞬き ステージ周辺には たくさんの星が煌めくような演出。 まるで、満点の星空   そのとき、ふと そっか。 この地球にやってきて、いろんな感情を感じられるって すごい体験なんだな。 これがやりたくて みんな地球にきてるんだもんね。 と、なんか、腑に落ちちゃったんですよね。 感情、という 大きな大きなエネルギーを発する 心の動き。 「こころ」というもの、そのもの。 この地球でしか(たぶん)味わえない すごいもの。 それを感じたくて来たんだもん。 ふわ~っとそう思いました。 ぢんさんの独演会じゃなかったら こんなこと悟らなかったでしょう。 先日の友達はるるんとの壮絶LINE話で わたしは ずいぶん前に自分に言い聞かせた言葉を 彼女に送ったのですけども それは 「このわたしで、生きていく。」 という言葉で。 心屋さんが心屋さんになった2007年 わたしにとって暗黒の年だった2007年 わたしなんて生きてる価値ない、って 思い詰めていたあの年 でもそこから 自分を深く知る日々が始まり いろんな方々の助けを借りながら 「世界にわたしみたいな人間が、ひとりくらいいたっていい。」 って思えるようになって その言葉を繰り返し 繰り返し 自分に言い聞かせて 魂の闇夜を超えて 歩いてきたら 「わたしみたいのが、ひとりくらいいてもいいよね」が いつしか 「このわたしで、生きていく。」 に変化していきました。 そうやって 生きるのが楽になってきてから 心屋仁之助さんに出逢って これまでの自分が懸命にひとつひとつ出してきた答えを 答え合わせしてくれるような存在になり さらに 笑いながら生きていっていいんだ ということを教えてくれたのです。       だから これからも わたしは このわたしで、生きていく。 もう他の誰かになろうとすることはない。 そんなことをする必要はないってわかったから。   わたしは、わたしでいさえすればいい あの日 武道館の あの場にいられたこと あの場のエネルギーを 全身で感じられたこと 本当によかった! 恩人が 夢を叶える姿を たくさんの人たちと一緒に祝福できてよかった! わたしの 「もう諦めろ!」 の声は やっぱり今回も正しかった≧(´▽`)≦         心屋さんは わたしにとって「恩人」でもありますが 「遊びにいくと、ギター弾いてくれて、遊んでくれて、 一緒にふざけてくれる、優しくて大好きな親戚のおじさん」 でもあります( ´艸`) ぢんさんを見てるとき わたしは子どもになっちゃうから(笑) わたしのスマホでは あまり暗い場所での写真が綺麗に撮れないので リスペクトの気持ちをこめて 写真家ルッチーさんのレポをリブログさせていただきます いつも丁寧なレポをされていて(セットリストまで!) 大事にしておきたい一瞬を 心をこめて 丁寧に切り取るかのような ルッチーさんの撮る写真が好きです。     ルッチーさん、ありがとうございました       それでは皆さま どうぞ佳き日々を Jona心からのご挨拶を申しあげます           ライアーを奏で、耳を澄まし、自分を調える。 3月のセッションDAYは 3/19(日) ご予約受付中     Jona魔女へのメッセージはこちらからも送れます なんでもお気軽にメールください。      

      8
      2
      テーマ:
  • 07 Feb
    • 入院してました。

      Jonaでございます     入院していました。   わたしじゃなくて、兄が… ですけども。   1月中旬から 母が喉にくる風邪で 1週間ほど調子が悪く   (熱の出ない喉の風邪が流行っていたらしい) それにつづいて 兄が 1月末に入院・手術することが決まり、 (昨年12月から病院で検査していました)   普段いる人が不在、というのは なんとなく落ち着かない日々で   そんなわけで ブログはおやすみしておりました       真面目で 働き者だけど 私生活は面倒くさがりの兄は(笑) 半年ばかり 左腕のしびれを我慢しちゃってました   入院時の付き添いで お医者さんからお話を聴いたとき はじめて   ああーーーーー 痺れ(しびれ)は神経症状なのだから   痺れるって言いはじめたときに すぐ病院へ行けと せっつけばよかった と、ちょっと後悔しました。   脊柱管を広げる手術をして 手術後に ドクターから 頸椎にでっかい洗濯バサミを留めているかのような レンドゲン写真を見せていただきまして   ちょっとばかり → こんなふうになりました。   手術は無事おわり 兄は元気で 無事に退院してきました       このブログを読んでくださっている皆さん 体に異変があることに気づいたら どうか、早くお医者さんにかかってくださいね。 原因が思い当たらない不調ならなおさら…。   どうか自分の体の異変に 意識的になってください。 体が発信する ささやき声のようなメッセージを 無視しないでくださいね。   肉体は、意味なくメッセージを送ったりしません。 我慢できちゃうくらいの些細な「不快さ」でも 理由があって それを感じているのですから。。。       とまあ そんなわけで なんとなく落ち着かないので パソコンに向かってブログを書く気分にはなれず   もっぱら編み物をしていました。   編み物 やっぱり良いです ほどよく集中するので 落ち着かない気持ちも これで静かになります     子猫たちに毛糸をかみ切られちゃったり   子猫たち、大きくなりました。   膝のうえに無理やり 乗っかられたりしながら(笑)     ぐるぐるトルネード帽子のできあがり。         洗濯物などを持って病院にいくときは もっぱら車で 湾岸線をぶっとばして行ったのですが   ドライブするときに聴くCD、何か欲しいなー! ということで…         ダーティ・ループスは ある日の「あさイチ」で グッチ裕三さんが紹介していて   曲、かっこいい!と思ったのと なにより ボーカル&キーボードの彼の名前が 「ジョナ(Jonah)」   これは聴くしかないでしょう、と そんな理由で買いました   デビューシングル「Hit Me」は ダンサブルでいいっすね 80年代洋楽にときめいた頃のことを思い出しました。   ほか2枚は 懐かしいベン・フォールズの ソロアルバムを。 しみじみ、沁みるピアノと声。     …で、CDが自宅に届く前に 兄は退院してきてしまいました(笑)       さて やっと、ほっとしましたので 気を取り直して。     ライアーでセルフトーニング 3月のセッションDAY 開催します 3月19日(日)東京会場 東京会場は、JR大久保駅から徒歩30秒です。 (場所の詳細は、お申込みの方にお知らせします) 専用サイトは★こちら★です 「ライアーでセルフトーニング」 セッションのご予約は、2種類あります。 ★個別にお申込み(ご希望の日時に) ★セッションDAYへのお申込み   セッションDAYにお申込みいただくと セッション料金が割引になる特典があります。 (初めての方 8,000円→7,000円 / リピーターの方 6,000円→5,000円)   3名様までご予約可能です。 (午前: 10:30~12:00 / 午後1: 13:00~14:30 / 午後2: 15:00~16:30)       そういえば 1月のセッションDAYのことを 書いていなかったのですが   リピーター様がおふたり セッションを受けに来てくださいまして   おふたりともが 初めてのセッションよりも 深い静けさと 静かな満足感のなかに 浸っていかれる感じが Jona自身にも とても印象的でした   ああ、やっぱり1回だけじゃなくて 繰りかえしセッションすることで 少しずつ自分自身の深みへ入っていけるんだなぁ、 と思いました。   何度もお会いできると Jona魔女のほうも 音を通じて その方を感じとる精度が増していきます。   横須賀セッションDAYには おなじみ、友達のはるるんが来てくれまして 感想をブログに書いてくれましたので ぜひ★こちらから★ご一読ください   …はるるん、節分を境に大変革のもよう。 Jonaも、一枚噛ませていただきました(笑)       それでは 皆さま 佳き日々を Jona心からのご挨拶を申しあげます       ライアーを奏で、耳を澄まし、自分を調える。 3月のセッションDAYは 3/19(日) ご予約受付中       Jona魔女へのメッセージはこちらからも送れます なんでもお気軽にメールください。        

      8
      テーマ:
  • 16 Jan
    • [おしらせ]2月のセッションDAY★

      Jonaでございます  一昨日の記事では編み物について熱く語ってしまいましたが できました~(*´ω`*)  野呂毛糸 くれよんシリーズ 393番  できました~ヽ(´▽`)ノ 編み図を読みまちがえていたことに半分以上 編んでから気づき… そこから正しい編み方で編んでいったのですが なんか、間違えてもよかったじゃーんヽ(´▽`)ノ という出来上がりになりました。 本当は端っこを絞って帽子にするんですが ゆったりした筒状になったのでネックウォーマーとして使うことにしました ていうか 母が欲しがっていたので「母が」ネックウォーマーとして使うことでしょうw    ライアーでセルフトーニング2月のセッションDAYのおしらせです!  「ライアーでセルフトーニング」は 日常生活のなかに、意図的に小さな「余白の時間」をもちませんか そうすると、幸せを感じやすくなるから。 …ってことを他の人にも伝えたい~と思ってやってます。  ライアーを ゆっくり鳴らします慌てずに ゆっくりと ひとつひとつ 鳴らします。 音を聴き、音が消えていくのを聴きます。 そうすると音の消えたあとにぽっかりとした静けさが訪れて その 静けさを聴いていると いつのまにか どういうわけか自分の芯が見えてきます。 「自分の真ん中」が ふっ、と見えます。   わたし(Jona魔女)がライアーでヒーリングミュージックを奏でるんではなくて、 クライアントさんご自身が 奏でます 「じぶんで音を鳴らす」ところにこのセッションの秘密があるのです~( ´艸`)   というわけで2月のセッションDAYは 2月5日(日) 東京会場 開催予定です!東京会場は、JR大久保駅から徒歩30秒です。(場所の詳細は、お申込みの方にお知らせしますね)  ちなみにセッションのご予約は、2種類あります。 ★個別にお申込み(ご希望の日時に)★セッションDAYへのお申込み セッションDAYは 3名様までご予約可能でセッション料金が割引になる特典があります ぜひぜひ定期的な「余白の時間」の創造とじぶんをいたわる時間として「セッションDAY」をご活用ください。   ★専用サイトあります★こちらのページにセッション概要がありますのでぜひぜひご一読ください    ではでは 皆さま 佳き日々をJona心からのご挨拶を申しあげます   自分でライアーを奏で、耳を澄まし、自分を調える2月のセッションDAYは2/5(日) ご予約受付中ですClick↓↓   Jona魔女へのメッセージはこちらからも送れますなんでもお気軽にメールください。    

      10
      1
      テーマ:
  • 14 Jan
    • 編み物に垣間見える「宇宙」。

      Jonaでございます 寒いですね~ 昨日今日は 母が風邪気味でずっと寝ていたので 母の寝室のとなりの居間で2日間を過ごしました。 編み物をしながら   ちょうど一年前こんな記事を書きました。 ↓↓新年のご挨拶、と年末に読んだ本。『うつは手仕事で治る!』■昨日のつづき■ 年末に読んだ本。『うつは手仕事で治る!』■つづきのつづき■ 年末に読んだ本。『うつは手仕事で治る!』   ↑の記事で書きましたように2012年以来、Jona魔女の冬の愉しみは「編み物」です 12月だと まだ暖かくて過ごしやすい日があったりするので 1月に入って 本格的に寒くなってからがJona的に編み物シーズン到来です。 寒くなるとワクワクしてきます   今年は何を編もうか~、と考えていて はっ。わたしったら今まで気づかなかったけど編み物なら何でもいいってわけじゃないわ とハタと気づきました。 じゃ、何が好きかっていうと かぎ針編みなら10cm四方のお花のモチーフを編むか(フェリシモのコレクション、いまだにハマってます)  棒針編みなら野呂英作さんの毛糸で小さな実用品を編むのが好き。  今編んでいるのは 棒針編みでニット帽です。  この美しさ!超テンションあがる!!  野呂さんの毛糸は 編んでいると次々に美しいグラデーションが現れて…うっとりするやら、テンションあがるやら きゃーヽ(´▽`)ノ たのしいーー!!o(*>▽<)y 超たのしいーー!!。゜゜(´□`。)°゜。  泣くほど楽しいw   ラベルには自然の世界 the World of Natureと書かれています。 まさに!ほんとそれ! この色合い ひとつの玉から引きだされる毛糸が編み針の先で次々に色を変えていく 野呂さんの毛糸で編み物をしていると 手のなかで花々を咲かせ緑が茂り恵みの雨が降り種がそっと隠された土の色を濃くしていくような まるで世界を織り上げていくかのような そんな楽しさがあるんです 世界というタペストリーを織り成していくような。   Jona魔女にとって編み物の魅力とは 編み針と、毛糸があれば作れてしまうそのシンプルさ。 そして 宇宙を感じるところ。この世界はいろいろな人いろいろな存在が織り成していくひとつのタペストリー。 明るい色もあれば暗い色もあって ダークな色合いもビビッドな色合いも優しい色合いもあるんだけれど それらが なんの矛盾もなくひとつの美しい作品としてできあがっていく。 でも ほどいていくとたった1本の糸なんです。  盛大に間違えたのでほどきましたw  たった1本の… Jona魔女はこれを超ひも理論3.0 と名付けたいと思います(笑)   この世界は野呂毛糸で編む編み物に似てるよな~って そんなことを思いながら編み物するの愉しいです。 野呂毛糸はJona魔女をうつ状態から救ってくれた毛糸ですし   楽天のお気に入りのショップで野呂さんの毛糸を見ていたらレビューに 野呂毛糸は「呪いの毛糸」と呼ばれています。この毛糸を見ると金銭感覚がおかしくなってついつい購入してしまうのです。 と書かれていて まさに!ほんとそれ!! とパソコンの画面に向かって叫んだという。。。(笑)   Wikipediaで「野呂英作」を見てみたら経営方針は「効率は一切考えない」「デメリットのかたまり」「売れないものを作る」この3つが開発のポリシーだそうで! うわわわwそうでしょうとも!! でもその結果、「世界中で同社でないと製造不可能な商品」となったのだそうです。 編んでいると太さもまちまちの縒りかたもまちまちの毛糸の手ざわりは指への心地よい刺激になり、 できあがったものはなんともいえない良い味を出すんですよ。   ああ、熱く語ってしまった。うふふ。   ではでは 皆さま 佳き日々をJona心からのご挨拶を申しあげます    自分でライアーを奏で、耳を澄まし…音で自分を調える「ライアーでセルフトーニング」2月のセッションDAYは2/5(日) ご予約受付中です   Jona魔女へのメッセージはこちらからも送れますなんでもお気軽にメールください。    

      7
      テーマ:
  • 11 Jan
    • 今年のテーマは「夢をみて生きる。」

      Jonaでございます  なななんと( ̄□ ̄;)!! 1月が、もう11日ですって… 早いですねぇ…。ついこの間お正月だったのに。  今年も「編み物スイッチ」入りましたー♪  えっとホームページのほうでは記事をいくつか更新していたのですが ブログはというと3日に更新したままになっておりました。  ↓ホームページってこれのことです。セッションご予約、絶賛受付中です   ブログに書こー書こーと思っていたのは「Jona魔女 今年のテーマ」 やっと書けます(*^ー^)ノ 今年のテーマは 夢をみて生きる ということに、決めました。  昨年のクリスマスイブ友達のおうちでのパーティーに向かう電車のなかで 突如として夢が生まれました。 その前日、家でちょっとしたトラブルがあって それについてどう対処しようかと考えていたところ…からの、 はっ!!! そうか、これだ!!!! 自分でもその脈略の唐突さにびっっっくりしました。  そして、 これ、叶う!! 時間はかかるかもしれないけど叶う!! と、ドキドキしました  現状を見渡してみるとそれが叶う根拠なんていっこもないんですけど。 でも、叶う、と感じました。 まだここにはどんな夢か書かないでおきたいのですが そこに向かって行こうと思います   2月8日(水)はだーい好きな心屋仁之助さんの 武道館独演会に行きます! (まだチケットあるそうです!) 最初に「心屋仁之助さんが武道館で独演会」という記事をみたとき 「ほー、さすが心屋さん、そんなことまでやっちゃうんだぁすごーい」 …くらいの感慨しかなかったんですけれど ぢんさんブログを毎日読んでポッドキャストも聴いているうちに  いちカウンセラーが ギター1本で( ̄□ ̄;)!! 武道館で 独演会やるっていう…!  そのプレッシャーがだんだん伝わってきて ((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル 心屋仁之助なのにまだ満席になっていなくて (横浜独演会のチケットなんてあっという間に売り切れちゃったのに) 仁之助さんがあの仁之助さんががんばってアピールしていて これこの独演会見ておかなくちゃ 武道館!やっぱり見ておかなくちゃ! と思ったんですよねぇ。  「夢が叶うときの怖さ」 ぢんさんでさえ、怖いと思うそんな大舞台に飛び込む姿を 見ておかなくちゃ! って。   若い頃は「夢はなに?」なんて訊かれても ぜんっぜんわかりませんでした。 テキトーなこと言ってごまかしてました。ていうか、そのテキトーを自分でも信じ込んでたかも。 何を選択するにしたって選択基準は次のどれか。 「親の言うとおりに」「親を喜ばせるように」「親に文句言われないように」「親にイチャモンつけられないように」 …そんな選択肢ばっかり選んできたんだもんね。 そりゃ、そんな思考回路のままで「夢はなに?」と訊かれたってわかんないよね。   でもいまは 「わたしが」これやりたい「わたしは」これが好き 「わたしの」愛するもの って、わかるようになりましたからわかるようになるまで10年かかりましたけど。 せっかくここまで大人になって夢を見ないでどうするんだ と思っています。 だから今年のテーマは 夢をみて生きる。 テーマであって、「目標」じゃないです。そんなカチコチなもんじゃないです。 それに、武道館みたいなでっかい夢じゃないです(笑) 小さいけど、わたしにとっては大事な夢、って感じ。  そのために心屋仁之助さんの独演会に行ってきます。 ぢんさんに夢が叶う姿を見せてもらってきます! そして ぢんさんがギター1本で武道館に立つなら こちらも1人で迎え撃つ!と決めて 一人で行ってきます。 といっても、武道館は大好きな「北の丸公園」の向かいにあるんで一人でのんびりお散歩したいだけですが(笑) 普段ブログを読んでるいろんなブロガーさんがいらっしゃるようで楽しみです。   クリスマスイブに生まれた「夢」のおかげで芋づる式に ほかにもいくつかの夢が生まれました。 大切に温めていこーと思います 温めていても要らなくなったりほかの夢に変わったりするかもしれないけど それでいいのだ。   ところでぢんさんでさえ力いっぱい告知するとアクセス数が減るんだそうですよ。、 なぁんだ~。と、妙な安堵を覚えました。 わたしもがんばろー。   ではでは 皆さま 佳き日々をJona心からのご挨拶を申しあげます   Jona魔女へのメッセージはこちらからも送れますなんでもお気軽にメールください。   

      13
      テーマ:
  • 03 Jan
    • 新年のご挨拶 ☆ セッションDAYのおしらせ

      皆さま、あけましておめでとうございます 2017年が このブログを読んでくださっている皆さまにとって幸多き一年でありますことを心からお祈り申しあげます 本年もよろしくお願いいたしますヽ(´▽`)ノ   今年は暖かく晴々とした三が日ですね!超嬉しい Jona魔女は毎年自宅から歩いて行ける「東岸 叶神社(かのうじんじゃ)」にお詣りします。 (対岸には、西岸の叶神社もあります~) いい名前じゃないですかー「叶う」神社  この青い空!気持ちいいー! で、今年は 「今年も素晴らしい年になりました、ありがとうございました!」と先取りして御礼を申しあげてきました 破魔矢もいただいてきました  なんといっても今年はいよいよ「ライアーでセルフトーニング」セッションを正式にスタートしますので! 御礼は先取りでっ!  おみくじは「中吉」    書いてある歌がとても美しくて景色が目に浮かぶようで じぶんの気持ちを ちょうど言い当てられたようで はい ここから前に進みますっ(*^ー^)ノ と神様にもう一度、御礼を申しあげました。   初詣のあとは毎年恒例、姉とのご近所散歩。 大好きなタブノキさんにもご挨拶     海もめっちゃ綺麗でした! 海の近くに住んでて良かった~と思う瞬間。   ということで!おしらせです! 「ライアーでセルフトーニング」のサイトでは先に書いちゃったのですが ☆恭賀新春☆「セッションDAY」始めます!https://selftoning-with-leier.amebaownd.com/posts/1837241  ↓↓専用サイトはこちらです~↓↓  セッションを正式にスタートいたします~(*^ー^)ノ 9月18日から始めた「モニターセッション」は年末までに26名のモニター様に体験していただきました。 皆さまからいただいた体験談を読み返してはうるうるしているJona魔女です。 皆さんの生活のなかに定期的に「余白の時間」をもっていただくこと。 余白の時間を味わうことによって、日常の自分自身ではなく「本来の自分自身」の内側にある静かだけれど揺らがない軸とか光とか世界を豊かな感性で見つめる力がある、と思い出すこと。 それを目指してこのセッションを始め確かな手ごたえを感じました   「余白の時間」をもうけることはもちろん一人でも出来ることなのですが、 適切なナビゲートがあればより簡単にその時間を作ることができるし、 このセッションを一言で表すなら「ライアーの音をつかった瞑想」のような感じなので 瞑想は 慣れるまでは誰かと一緒にやってみると意外と簡単だし、効果的です   ぜひ、楽~な気持ちでセッションを体験してみてほしいです よかったな~と思ったら定期的にお受けになってほしいです(*^ー^)ノ この世界、すごく良いので買うと高価ですが買わなくてもライアーを奏でる機会がここにあります(笑)   セッションのご予約は、2種類あります 個別にお申込み(ご希望の日時に)「セッションDAY」へのお申込み セッションDAYは「東京・横浜・横須賀」の各会場で毎月1回ずつ開催する予定です。各日3名様までご予約可能でセッション料金が割引になります! ぜひぜひ、定期的な「余白の時間」の確保とご自身をいたわる時間として「セッションDAY」をご活用ください。   それではさっそくですが、1月の「セッションDAY」のご案内です!  ★東京セッションDAY 1月15日(日)午前: 10:30~12:00午後1: 13:00~14:30(ご予約済み)午後2: 15:00~16:30 会場:隠れ家サロン@おおくぼ(JR大久保駅 目の前)  ★横須賀セッションDAY 1月21日(土)午前: 10:30~12:00(ご予約済み)午後1: 13:00~14:30午後2: 15:00~16:30 会場:レンタルスペース カポック(京急大津駅 目の前)   ★横浜セッションDAY 1月28日(土)すみません、諸事情により1月の横浜会場は中止になりました!  会場などの詳細についてはご予約の方にお知らせいたします。 セッションについて料金などの詳細は★こちらのページ★をご覧ください。お問合せだけでも大歓迎です★Contact★からいつでもお気軽にお問合せください   モニターセッションをしている間いろんなところを微調整したりモニター様のご感想から内容を改善したりブラッシュアップしてきたんですけども 「Youtubeでセッションの録音が聴ける」ようにすれば、喜んでもらえるんじゃないかなって 実際、とても好評なのです。皆さん喜んでくれるからこのサービスは無料で続けますよ  「こんなふうに奏でていたんだ、ってびっくりしました。」  「眠る前に必ず聴きます~!」  「一つ一つの音の響きを、聞き届けながら静寂な時間をを持つことの大切さを改めて感じました。」  「我慢したり見て見ぬ振りをしてフタをしていたことがセッションで蓋が外れて出てきたのかなと考えていました。心の断捨離(デトックス?浄化?)効果抜群です。」  「『今ここ』にいることが大切、雑念を捨てる、集中する、とか言われるけど、よくわからないなー、できないなーって思っていて、でもこの前ライアーをやっている時のことを思い出すと、こういうことなのかもしれないって思いました。息を止めることでも、眉間にしわを寄せることでも、念じることでもないんだなぁと^ ^」  などなど、体験談のページには載せていない嬉しいお言葉もたくさんいただきました。 それぞれの皆さんの内側で何かしら変化が起こっていることが感じられて それを伝えていただくたびにうるうる涙目になって喜んでおります   難しいことをしなくても心を満足させることはできる。 シンプルなことのなかに美しさを見出す瞬間がある。 なにかすごいことやらなきゃ、と思う必要はなかったんだ。 それは、わたし自身にとって、大きな気づきでありました。 この情報過多の世の中で「静けさのなかに在ること」はどんどん難しくなっています。 だけど、きっと欲しかった答えは「静けさ」のなかに、ある。 そんな時間にしてもらえたら、いいなぁ。と思っております。   あはは宣伝で長くなっちゃってすみません(*^ー^)ノ力がはいっちゃったw   ではでは 皆さま 新しい年もどうぞ佳き日々を充実した素晴らしい一年でありますことをJona心からのご挨拶を申しあげます。    Jona魔女へのメッセージはこちらからなんでもお気軽にメールください。   

      21
      テーマ:
  • 27 Dec
    • 新しいステップに踏み込んだとき。

      「Jona魔女だより」に遊びにきてくださってありがとうございます  クリスマスが過ぎいよいよ年越しへのカウントダウン、ですね。 皆さまの2016年はどんな一年でしたか。 Jona魔女は ああ~今年もいろいろあったなぁ~ という感慨に浸っております。 非常に大雑把です。  今日の夕暮れも美しかった。  Jona魔女のクリスマスはサンタクロースのアジトで過ごす、という思いがけない展開になりました(笑) イブの夜、サンタのアジトに泊まりクリスマス当日は「サンタミッション」に。  ミッションへ向かいます。子どもたちが待っている。  いきなり「本物のサンタクロース」が現れて子どもたちは歓声をあげつつもなかなか傍にこられなくてめっちゃ可愛かったです 「昨日はプレゼントありがとー!」 と子どもたちがお礼を言っていました。 世のお父さん・お母さんの皆さん、子どもたち、喜んでいました。 わたしたちが可愛い笑顔を見せてもらえたのはあなたがたのおかげです。 ありがとうございました   今日はJona魔女のつぶやきです。   新しいステップに踏み込んだとき 「それだけはやめてくれ」 と思うような自分の一番弱いところを突っつかれるような出来事が起こるものだ と ハタと気づきました(笑) でも もひとつハタと気づいたのは それって なんていうか神様に 「それで諦める程度の決意なのか?」 って試されてる気がするんだよねー ということでした。   何か新しい夢をみつけたとききっと こういうことが起こるんだろうと思うんです。 心のアンテナが敏感になっていることもあって感じやすくなってると思うんです。 でも「これだけはやめてくれ」と思えるようなトラブルを乗り越えると きっとその先に広がる世界は今までよりも広々と輝いて見えるんだろうな、と思います   そんなことを ふと思いました。 夕飯の支度までの30分で書いてしまおう、と 書いてみました   ではでは 皆さま 佳き日々をJona心からのご挨拶を申しあげます      ライアーを弾くことで得られる「余白の時間」があります。その効果、意外とすごい。↓詳細はこちらから。ただいま本格スタート準備中!  そのほか、Jona魔女へのメッセージはこちらから気軽にメールください。   

      11
      テーマ:
  • 22 Dec
    • 冬至を過ぎ、日は長く… 時間をすこし止めること。

      今日も「Jona魔女だより」を読みにおいでくださってありがとうございます!  昨日は冬至でしたね。陰が極まって陽に転じる日。 冬至の夕焼け、めっちゃ綺麗でした! そして今日はもう、昨日より少しだけ、日没までの時間が長くなっている。。。 なんか、すごーい! って、ちょっと感動。  12月はいってすぐ池川先生の講演会が終わってからちょっとあることにハマり始めたのをきっかけに ブログの更新をせずにおりましたが 冬至の前の数日間は なんだか調子が悪くパソコン大好きなJona魔女がパソコンを見ると目の奥がしくしく痛んだり目まいがしたり 首筋が張ったりしたので インターネットからしばらく離れていました。こういう時間もいいものですね。 冬至が過ぎた今日はなんだかとてもスッキリして やったーヽ(´▽`)ノ と思いながら午前中、モニターセッションをしてまいりました。  横浜会場その2  2017年からのセッションの料金も決まりました! ↓ぜひこちらでご覧くださいhttps://selftoning-with-leier.amebaownd.com/posts/1805801     一昨日、「しいたけ占い」で有名なしいたけさんのブログを読んでいて はっ!!! そうだよ!まさにこれだよ、これ! と感銘を受けた記事がありリブログさせていただきます~  その「止まらない用事や心配事や時間」を、せめて一日何秒間だけでも止めて欲しいそうなのです(by 狼)   これーーーーっ!!! Jona魔女が「ライアーでセルフトーニング」でお伝えしたいのも これーーーーーっ!!! 同じこと!!!言いたいの!!!   2015年 秋に始めた「自然の声を聴くワークショップ」でもずっと伝えてきたのが 「余白の時間」 ということでした。 日々の営みを「貴重品」だとするなら、それを包み込むプチプチ(クッション材)のような「余白」の時間を持つこと。 「何のためにもならない時間」を少しだけもつこと。 ギチギチに詰め込むと、壊れてしまうからプチプチで、ふんわり包もう、と。   それでまた「ライアーでセルフトーニング」では 「美しい音」と「静寂」という素材を使って余白の時間を感じてほしいな、と思っていて。 ★ホームページの自己紹介で書いてます。   今日来てくださったモニター様もすごく感じ入ってくださったようで 終わったあと、しばらく2人で ふわ~~~~~ん。。。として(笑)  ああこのセッション始めて ほんとよかった(ノ_・。)  と思ったのでした。   セッション料金を決めるときそれはもう9月からずっとどうしようかどうしようかって考えてきて もちょっと手頃な料金で、、、とかも めちゃめちゃ考えて 考えて 考えて モニターセッション終了をするにあたって見えてきたことはもちろん経費的なことも考えあわせつつ、 この料金でも、大丈夫。 きっと「このセッションに来て良かった!」と言ってもらえる! と、着地点を定めました。 「余白の時間」を体験してもらえるように特別な時間だったと感じてもらえるように まだまだブラッシュアップしていくと思いますがまずはここから始めます   自分自身の そのまんまで「音と静寂」に身を任せると いつもとは違う世界が見えてきますよ    ではでは 皆さま 佳き日々をJona心からのご挨拶を申しあげます    ライアーを弾くことで得られる「余白の時間」があります。その効果、意外とすごい。↓詳細はこちらから。ただいま本格スタート準備中!  そのほか、Jona魔女へのメッセージはこちらから気軽にメールください。    

      10
      テーマ:
  • 14 Dec
    • アンチさんのお話、補足。

      今日も「Jona魔女だより」を読みにおいでくださってありがとうございます!  キャンドル、もうひとつできました  こちらはお友達からのオーダー。直径8センチの わりと大き目のキャンドルです。  久々にやったら楽しくて小さいのも。  いつもお世話になっている方々のもとへお歳暮がわりに 旅立ちました    いつも当ブログを読んでくださっている親愛なる読者さんから前回の記事を読んだご感想をメッセージいただきまして ありがとうございます~( ´艸`) で、わたし自身も「なんか、中途半端な記事アップしちゃったな」と思っていた まさに同じことについてモヤモヤしましたってメッセージをくださったので(笑) ちょっと補足しようかなって思って 書いてます。 前回の記事をまだお読みになってない方はぜひ読んでみてから、こっちの記事をお読みくださいね。 アンチさんのご意見。http://ameblo.jp/jona-the-herbalwitch/entry-12227351167.html  その方はいらっしゃるなり「ライアーには正直興味がなくて」とおっしゃった後、 ご自分のことを 溢れるように話し始められ、わぁ、すごいなぁって思いながら聴いていたんですその方が主催されたイベントのお話がとても素敵だったので だから セッションを進めていく中で ライアーばかりでなくわたしにも興味無いな、この方。 と思って それなら、なぜこの方はモニターに参加しようと思ったのだろう??? について(その理由はお話くださらなかったですけども)Jona魔女なりの解釈としては  「ライアーにも、Jonaさんにも興味は無いけどライアーのセッションってどんなことをやるのか、には興味をもった」  …のだろうなぁ、と思いました。 それくらいしか思いつきません。 ライアーを使ってのセッションってなかなか無いと思うのでね。これから増えていくでしょうけどね。   セッションが不評だったのは残念でしたけれど日本人て「面白くなかった」ということをはっきり感想として言う人って少ないと思うんですよね。 「まあ、もう来ないからいいや。」って済ませてしまうことが多い。 だから、ちゃんと、はっきり、伝えてくださったことにけっこう驚きつつも「そっか、この方、率直だし、誠実な方なんだな」と思いました。 なので率直に言っていただいたことをとても有難いと思いました。 モニタリングですから、覚悟もしてましたしね。   お話していくなかでその方とJona魔女の「考え方の違い」があって イベントとは「ちゃんとした人」を呼んでやるものだという考え。その方は有名な方を呼んでイベントを開催する力量をお持ちの方でした。 Jona魔女は自分自身が「良い」と感じたものを実際にやってみて自分で消化できたものをシェアしたい派だということ。 自分が体感できないものを無責任に紹介したくないと思っているから。 そう わたし「自分でやってみたい派」なんです(笑) どっちもアリじゃないですかね?好みの問題だよねって、思ってます。   その方のことを神様のおつかい、って書いたのは わたしは このライアーのセッションを始めるとき意味・価値があるのは「ライアー」という楽器の要素だけだと思っていたのです。 でも その方の言葉によって 「じぶん」という要素をちゃんと見なさい。 と言われた気がしたんですよね。あんた(=Jona)がやるから、このセッションは、このセッションなんでしょーが。ちゃんと自覚しなさい。 と、神様に言われた気が。 そしてそのことはものすごい衝撃的な発見だったんです。カルチャーショック!くらいの。   だから よく考えてみました。  わたしが、このセッションを実行に移した「わたし自身」に価値を認めなければ わたしを好きでいてくれる人好意を持ってくれた人Jonaさんのセッションをまたリピートしたいと思ってくれる人 そういう方々に対して とても失礼なことだし 価値のないわたしがセッションやってますからどうぞ受けてみてくださいって言われたって、そんなの行きませんよねぇ(笑)(笑) それにじぶんを蔑ろ(ないがしろ)にするなんてじぶんに失礼だ。 と言われた気がしたんですよ。神様にね。 だって 誰でもみんな、神の、宇宙の、一部ならばJona魔女だって神の一部であるのだから。もちろん、みなさんも、そうなんですよ。 自分を馬鹿にすること自分を見くびること自分をナメてかかること自分には価値がないと見下すこと こうして文字にしてみると なんつー矛盾したことを我々人間は思い込んでしまうものなのか。 自分は大事にされたい認められたいって思ってるのにじぶんは自分を、大事にもせず、認めもしない。 だけど、くやしいことに、そういう思考を持っちゃうんですよねー。 そこを 神様にツッコまれた気がしたんです 前回の記事で書き足りないと思っていたのはこの部分でした。   とはいえ、このブログにはしれっと書いてますけどモニタリングはびくびくものだったんですよ(笑) だって「なにこれ」って言われるかもしれないんですよ怖いですよ~  怖いです。でもそれ、実際に体験するまでのことで。  アンチさんにも「このセッション、何のためにやるんですか?」と言われましたが …実際、言われてみると、意外に平気なものです。 このセッションについていろいろお伝えしながら ごめんなさいねぇ あなたの好みに合わなくて と思ったりしていました。やな奴でしょ(笑)    さて 冒頭の読者さんがメッセージにこんなふうに書いてくださったんです。やっぱり,自分の名前で何か活動していくって大変。本当にすごいことだと思います。夫を見ててもそう思うし,古くは父を見てても。 自分のその時のコンディションそのものもすごく大事だろうし。だから本当に選ばれた人しかできないことだと思うんです。そういう流れに選ばれて,かつ,そう流れていく人。 「選ばれた人」っていう言葉の語感って ほとんど自動的に感情的に「優越感」に ピュッとつながるので最初は Jona魔女も「そんなことないがなー!」と思って読んだのですが ああ、でも、そうだ。「Jona魔女」という役割は、わたしが選ばれてやってるよね、と。 誰が選んだか、って神様っていうか宇宙っていうか呼び名が難しいんだけど 「大きな流れ」に。そう選ばれた。 それは わたしが「双子の子猫のお世話係に選ばれた人」とあんまり変わらない意味で(笑)  ねこ鍋、ほこほこ。  選ばれた、と同時にじぶんで選んでもいる。 そういうことじゃないでしょうかね。 その読者さんもやっぱり「選ばれた人」として子どもを育て、ダンナ様を支えている それって素晴らしい役割でしょう    ではでは 皆さま 佳き日々をJona心からのご挨拶を申しあげます   そんな、ライアーのセッションです。↓詳細はこちらから。(ただいま本格スタート準備中です)  そのほか、Jona魔女へのメッセージはこちらから気軽にメールください。  

      10
      テーマ:
  • 10 Dec
    • アンチさんのご意見。

      さっきまで 姉に頼まれていたアロマキャンドルの仕上げをしていました    押し花を 専用ニスで少しずつ貼っていくのが楽しいけど、むずかしい~ でもたのしい~ いいお天気の日に 自分の部屋でこうしてちまちまと何かを作っている時間が好きでございます 部屋中がいい香り  *..*..*..*..*..*..*..*..* ライアーでセルフトーニングは今月中 4名の方とモニターセッションをしてモニタリングは晴れて終了です 今日はセキララに書きますが 2000円というモニター料金でしかも都内でセッションをやるとなると わたしの住んでいる横須賀からでは交通費にしかならないので ほんと赤字でした。 きつかったー!!w といっても そのことは最初から分かってて始めたので想定内です。   実は モニターセッションを実行するにあたってモデルになった方がいらっしゃいまして それがこの御方です 横浜キネシオロジーセラピー 38(スリーエイト)澤ひろゆきさんhttp://ameblo.jp/kinesi-therapy/ 3年前 わたしは澤さんの無料モニターセッションを受けさせていただいたんです。 無料ですよ、無料。 それもかなりの人数のモニターさんを無料で施術されたとうかがっています。   これ、書くのは簡単ですけど、、、 やるのはめっちゃたいへん!! ああ…「無料」は無理。 って、わたしはハナっから諦めまして… でも、モニタリングは大事!ということも強く思っていたので 最低限、セッション時間中のレンタルルーム代くらいはいただこう、ということで2000円という金額設定になりました。 経済的にはキツいですけどおかげさまで、いいデータが取れました。 そう、これ(データ)が欲しかった。 今ふりかえってみるとこのデータを自腹で買ったんだなぁ、と。  このセッションが、人の心に響くのかどうか。「トーニング」という名称は相応しいのかどうか。 「こんなセッション、おもしろくない」「全然ダメ」って言う人だっているかもしれない。 そのためのモニタリング。 情報(データ)には価値があります。お金を出してでも必要な情報は 自分で取りに行くってこういうことかぁ、と、すこし体感することができました。   さて 現時点で25名の方がモニターセッションにご協力くださり 全体的に 皆さんとても新鮮なお気持ちでセッションに参加くださり、とても好評だったといって良い、と自信をもつことができました …のですが、 お1人だけたいへんご不満を感じられた方がいらっしゃいました。   このセッションは、「ライアーを弾いてみたいけど、買うまでには至らない」方が興味をもってくださるのではないか …と仮定するところから、スタートしています。 その方はお部屋に入ってきて すぐに「ライアーには正直興味がなくて」と言われまして Jona魔女、さいしょ ・・・( ゚▽゚)?? となりました。 ひととおり、セッションを行っていると ライアーばかりでなくわたしにも興味無いな、この方。 と感じられたので、 それなら、なぜこの方はモニターに参加しようと思ったのだろう??? 無料じゃないのに…。と思ったし、 最後に 一緒に小曲を奏でるところでその方が 眉間にしわを寄せてライアーを鳴らしていたので ますます、 あーれーーー…( ゚▽゚)??? となりました。 その理由を聴かせていただけるといいなぁ…教えてくれるかなぁ…(じゃないと、モニタリングの意味がないので) そんなことを思いつつJonaもライアーを奏でていたので余計な思考が入ってしまってセッションに集中してなかったのは確かにアカンかったのです。   お帰りになる前に その方が「このセッションはJonaさんのことを好きな人が来るんですよね?」とおっしゃって   ハッとしました。   え、え、わたし?? え、あ、そうなのか~!?( ゚▽゚)   ああ~、確かに「この人に会ってみたい」って微塵も思わなかったらお金を払ってセッションなんてやらないか~! けっこうな衝撃でした。 ほかにもその場でご感想を話してくださったので 気に入ってもらえなかったのは残念だけれど、これは大事なポイントだぞ、うちに帰ったらきちんと考えねば。と思っていたら、 荷物をもってお帰りになる間際…   「あっ・・・ 今なんか変なエネルギーがJonaさんから来ました。 なんか、悲しみっていうか、重いエネルギー。 ごめんなさい。ごめんなさい。」   ちょ、ちょ、ちょ、待って???( ゚▽゚) そんなエネルギー放ってませんから!! ていうか、悲しんでないから!!  何がびっくりしたかって一番最後のこれがビックリしました。  まじか!!  で、この最後のお言葉でトドメを刺されたというかwww なんともいえない嫌な気持ちになってしまったのですが(笑) その日は当然、かなり悶々としたんですけど翌日、ふっ、と この方の話してくれたことは友達だったらきっと遠慮して絶対に言ってくれない意見だよね? モニタリングという場にそういうことを言ってくれる人が来たってかなり有難いことなんじゃない? と、思ったら ああ、きっとあの方、神様のおつかいだ。 とも思えました。 つまり、ライアーのセッションはこれから続けていきなさい、ってことだ! やる気が出ました≧(´▽`)≦ ありがとうございます、アンチさん。   余談ですけどもJona魔女 クレーム対応は仕事で 嫌というほどやってきたので 来る日も来る日もクレーム対応ってほんとに嫌になりましたけど この本を参考にしてクレーム対応を必死で学んでいた時期がありました。 社長をだせ!って またきたか!1,512円Amazon  コールセンターSV時代のことです。電話で怒鳴られるって、ほんとイヤですよねー。 しかしこんなことも「訓練」と「考え方」、あと「慣れ」なんですよ。 とにかく、その方のお話をちゃんと聴く、ということ。そこから始める。 数々のクレーム対応のなかでもすごい感動的な結末につながったりすることもあったんですよ。   …なので、アンチさんこのブログもうご覧になってないかもしれないけど… 変なエネルギー飛ばしてないですからヽ(;´Д`)ノ誤解ですからヽ(;´Д`)ノ    ではでは 皆さま 佳き日々をJona心からのご挨拶を申しあげます   ライアーを弾くことで得られる「余白の時間」があります。その効果、意外とすごい。↓詳細はこちらから。ただいま本格スタート準備中!  そのほか、Jona魔女へのメッセージはこちらから気軽にメールください。  

      9
      テーマ:
  • 07 Dec
    • 薬草魔女を返上した理由、の一部。

      Jonaでございます  Jona家は三浦半島、のさきっちょに位置していまして山と海とに囲まれていて風光明媚な…  自室のベランダからの眺め。  いやーあのですね とにかく山ばっかりなんで坂も多くてですねJona家も 崖の突端に建っているので 公道から玄関にいたるまでに77段の外階段がありましてね 今日はその 外階段の掃き掃除をしました落ち葉がいっぱい吹き溜まってましたので 黄色い葉っぱ赤い葉っぱとっても綺麗でしたのでお掃除はいつもよりずっと楽しかったです。ダンゴ虫がいっぱいでした あーごめんよ~って なるべく避けながらもダンゴ虫もずいぶん掃き集めてしまいました 彼ら、腐葉土を作るのがめっちゃ上手ですほっとくと外階段が畑みたいになってしまいます。   いや そんなことを書きたいんじゃなくて ああ この落ち葉ぜんぶ焚き火にしたら焼きいもが焼けるのに とか思ったことも どうでもいいんですけど   掃き掃除をしながらそういえばこれも「薬草魔女」を返上した理由のひとつだよねぇ、と思ったことを書いてみようと思いつきました。   Jonaの母は80歳でしてわたくし、彼女を「ボスキャラ」と呼んでいます ええ もちろん最強に手ごわい相手という意味です わたくし 一番上の姉とけっこう歳が離れているのでJonaはまだ40代でございますが ボスキャラ、齢(よわい)のせいもあってほんと物忘れがひどいんです その物忘れが最近ますますひどくなってきて ちなみに 身体的には自分の身の回りのことはできるので「介護」って言うほどのお世話はぜんぜんしてないんですが そうであってもやっぱり年寄りの世話っていうのは疲れます疲れます疲れます (3回言いました)   食材を生協で注文して毎週、届けてもらうようになっていまして 注文するのは母の役目でもあり楽しみのひとつでもあるんですが ボスキャラは冷蔵庫の在庫状況も確認せずになんとなく「これも要るでしょ?食べるでしょ?」的に注文してしまうので 昨日は冷蔵庫が とうとう溢れまして わたくし それを知ったとき瞬間的に脳内ブレーカーが落ちるかと思うほどの怒りを感じました なにこれ!!と声を荒げました。 が、ボスキャラ本人も認知症になるんじゃないか自分はヤバいんじゃないかという不安を日々もっているようなので ここで思いのままに怒りを表現してはよろしくないのではないかとぐっ、と堪えて 溢れた食材を今夜の夕食でいかに大量に消費できるかを即座に考え その結果、夕飯のメニューは「豚汁」になりました 非常に良いメニューです。豚汁。   Jona魔女が実家に戻ってきたのは2010年、いまから6年前のことでした 母が脳梗塞の後遺症をもっておりさらに 父も脳梗塞の発作を起こして ああ もう女手が必要だよなぁ というのが過去の経験からわかったので介護要員として 実家に住まうことになりました 父は 脳梗塞の入院中に前立腺がん末期であることが発覚し 2011年の秋 とてもとても穏やかに自宅で亡くなりました家族全員で 見送りました 病院ではなく自宅で看取ることがわたしの理想だったのでそれが実現できたことは 誇らしく思いました 介護中は薬草魔女の仕事なんて ほぼ全くできないしそもそも そんな精神的な余裕なんてひとっかけらも、無いわけです 会社勤めならばその会社の その部署のやるべきことがありそれにそって 個々人の仕事が生まれますが 自分のアイデアを企画として成り立たせ自分ひとりで実行に移すという個人事業主スタイルだと 仕事に集中できるだけの精神的なゆとりって絶対的に必要なわけです   父が亡くなった後2年ほど 週3日のアルバイトでWeb制作を経験させていただき それが今のJona魔女の仕事、という意味での基盤のひとつになっています   「薬草魔女」を返上した理由は ひとつには ブログに書いたとおりああ、最近わたしは薬草のことを人に伝えるということを全くしていないよねという実感であり その実感をさかのぼると母親の機能がどんどん衰えていく…というところからくる わたしが家のことをきちんとやらなくては。 って責任感(というか重圧というか)が増してきたことでじぶん自身の仕事に 意識を集中しにくくなってきたということでもあります   付け加えるに双子の子猫たちのお世話wこれがなかなか、タイヘンですwww でも、可愛いです  誰かのお世話をしながらじぶんの仕事をするって なかなか しんどいのよねぇ…(´・ω・`) って思っています。   とはいえ これはわたしの選んだ道であるので さてここで どんなことができるかどんなふうに この時間を生きていかれるか 母も 確実にいつかこの世を卒業するときがくるそれまでの時間をわたしはどう過ごすのか というチャレンジの日々であるのです。   でも 視点を変えてみれば こんなふうに空を眺め猫たちを愛でて樹木たちに会いに散歩へいくという えらくゆったりした空気が流れているのはこれは とっても大きなギフトとも言えるわけで それならば今しか体験できないことを 体験しようではないか。 と、思ってもいます。 子猫たちが 子猫である時間は今しか無いですしね   このブログのタイトルに「とある魔女の "普通" の生活」と入れてますが いや実際、すごい地味な生活ですw 副題(ブログの説明)に書いた 猫と、樹木と、ライアーと。愛するものに囲まれて暮らすウィッカ(魔女)の日常。 というのも本当の、本心でして 猫と、樹々と、ライアーは今のわたしに 最大の喜びを与えてくれるので 猫たちは特に Jona魔女にとってささくれ立ちかけた心を柔らかくほぐし 癒してくれるほんとに無くてはならない存在です。 そして、ライアーもまたわたしをほぐして 柔らかくさせひととき「違う時空」に連れていってくれる大切なツールなので だから 薬草魔女は返上してもライアーのセッションは 喜びをもってやることができています。 だからライアーのセッションはいま、大切に、大切に組みあげ、育てているところです。 昨年、八坂圭さんの個展会場にて。  母の変化によって いつかはライアーのセッションも断念するときがくるんでしょう。父の介護のときと同じように そうしていつかまた じぶんの仕事を復活させるときがくるんでしょう父の介護のときと同じように   父の介護が終わったあとしばらく Jona魔女はウツ状態になり ↓この辺りの記事で書いています ■昨日のつづき■ 年末に読んだ本。『うつは手仕事で治る!』http://ameblo.jp/jona-the-herbalwitch/entry-12114756969.html  …しばらく休んだ後復活して、今に至ります。 こうやって荒波だったり 小波だったりそういうのを経験しながら結局は 乗り越えていくのだ。 と思っています。    ではでは 皆さま 佳き日々をJona心からのご挨拶を申しあげます   ライアーを弾くことで得られる「余白の時間」があります。その効果、意外とすごいんです。↓詳細はこちらから。  そのほか、Jona魔女へのメッセージはこちらから気軽にメールください。  

      16
      テーマ:
  • 05 Dec
    • 池川先生のお話に感動。

      前回のブログに大きな反響をいただいて すごくびっくりしているJona魔女です。   読んでくださった皆さま、ありがとうございました!   たくさんの「いいね」 すっごく嬉しかったです         ブログのタイトル、どうしようって言っておきながら ブログ書いた後ですぐ思いついちゃって あっという間に変えてしまいました(笑)     facebookでも、すごい反響でした。 有難いやら、驚くやら   応援するよ!って お友達の気持ちがひしひしと感じられて 嬉しいやら、驚くやら     いやぁ~ 「薬草魔女」を返上しただけで なんだかとても身軽になった気分になりまして   自主的に、とはいえ 長い間しょってきた肩書きを外すって   そりゃちょっと勇気もいりましたが   なんだかすごく解放感がありました   その解放感を感じてみて 初めて ああ やっぱりもう 今の自分にはそぐわなくなっていたんだな、 とわかりました。   まあ やることは今までと そう大きく変わりはしないのですけど   薬草魔女を返上したその夜に   「うわ、これすごい!」って情報に行き当ったりして   そして その翌日が 池川先生の講演会の日だったので   わたしにとって この2日間は とても大切な日になりました。       さてさて、   12/3「胎内記憶」池川明先生の講演会でライアーを奏でます。 http://ameblo.jp/jona-the-herbalwitch/entry-12217869712.html   …でご紹介した 池川先生の講演会、いってきましたよ         会場の窓が広~~くて 横浜の空が見渡せます。   大好きなお友達のゆきちゃんが 「波紋音(はもん)」という素敵な楽器をもって 助っ人に来てくれました   イベントスペースのど真ん中に レジャーシートを敷いていただき、   ライアーと波紋音を 心ゆくまで奏でてきました。   ちなみに Jona魔女のライアーと ゆきちゃんの波紋音 一緒に奏でるのは この日が初めて   傍に来て聴いてくださる方々と おしゃべりしながら   ときどき子どもたちに囲まれながら 音を奏でてきました   楽しかった~ヽ(´▽`)ノ   「きよしこの夜」を弾いたら 小学3年生の女の子に 「すごく上手~!」って言われて めっちゃ嬉しかったです!       いよいよ池川先生の登場です。     ママと子どもたちがいっぱい! パパもちらほら   池川先生のお話を聴いていると とてもとても優しい方だということが ひしひしと伝わってきて。   命のお話、心の底からほっとしました   子育て中じゃなくても 独身の人でも 若くても歳をとっていても 先生のお話は心に沁みます。ぜったい。   ああ、ず~っとお話聴いていたいなぁ、と思いました。   講演会の間ずっと 先生の背後にある大きな窓からの 雲の眺めが あまりに神々しくて   言葉以外に伝わってくるものが大きすぎて圧倒されました       講演会のあとで 忘れないうちに、とメモしたお話を ほんの一部しか書きだせなかったんですけど ご紹介しますね。   これを読んでくれている方の 心のどこかに響きますように     皆さん知ってましたか? 旦那さんはなぜ旦那さんやってるかって。 どうしてこの奥さんと結婚したのか、ってきくとね、 この人を幸せにしたかったから、だって言うんですよ。 奥さんの笑顔を見たいから。喜んでほしいから。 子どもも同じことのためにやってくるんです。 ダンナと子どもは同じこと考えてるんです。   完璧じゃないお母さんが最高のお母さんです 完璧じゃないお母さんなら、子どもたちは お母さんのために、と出番があるから   完璧でいなくちゃ!ってがんばる必要はないんです。     こどもの「自己肯定感」を育てるには 受け入れること 信じること 応援すること この3つが出来ていれば子に愛が伝わる。   そのうえで怒るのは、あり。 しかしこの3つをせずに ただ「愛してる」と口で言うだけでは 子どもに愛は伝わらない。   お前はうちの子じゃないよ!って叱り方は その子の存在を否定してしまう   また、怒って叩いてしまうときは 頭はやめましょう どうしても手が出てしまったときはお尻を叩く   頭を叩くと 細胞が本当に壊されます   でもね 叩く前に 「まっ、いっか」って頭のなかで一瞬思ってほしいんですね 一瞬の間があると 力が入らなくなる ひょっとしたら叩かなくても済むかもしれない   生まれてくる魂にも「都合」がある 中絶や流産になるのをわかっていて やってくるのが目的の魂もいる   お母さんのお腹に入って その波動を分けてもらって来ることだけが目的の魂もいるんです そんな魂に 現世での大変な人生をプレゼントしたら魂には迷惑なんです 旅行に行くのと同じ。 一泊旅行をしたいときもあれば 長期で旅行したいときもある   みんなこの地球に、ツアー組んで旅行にきてるんです 旅行に行くときは 自分がしたい旅行のための準備をするでしょ? 一泊旅行が良いと思って その準備しかしてない人に、 長期での旅行をプレゼントするのは、迷惑です。   妊活はなんのためにするのか?   したほうがいいのか、しないほうがいいのか よく訊かれるのですが   一番大切なのは「命」のことであって、 授からないから自分はダメとか 周りから認められないとか そんなことが大事なんじゃない 何のために命を授かりたいのか 「ビジョンと設定」があやふやだと、魂はやってきにくい   どんな子でもいいからいらっしゃーい、では 範囲が広すぎて魂が困っちゃう     赤ちゃんを授かりたい方へ 3ヶ月くらいの赤ちゃんを、 本当に自分の子だと思って、30分抱っこしてみる。 (3ヵ月くらいの赤ちゃんだと、人見知りする前なので)   本当の自分の赤ちゃんだと思って 愛がわきあがってくれば、3ヶ月くらいで授かれる (魂さんたちが、このお母さん準備ができたって思って来てくれるそうです)     オキシトシンは苦労を忘れさせるホルモン 3歳神話(3歳までは母親と一緒にいたほうがいい) というのは、子育てしたことのない人の言ってることだと思う。   ずーっと子どもだけと一緒の 閉鎖された生活で ストレスがたまらないわけがないでしょ?   ネズミの実験、の話で恐縮なんですけど ずっとふたりだけで閉じ込められているネズミの母子と 子ネズミを定期的に一定時間、母ネズミから離す母子を 比較してみると   ずっと母子を一緒にいさせると 親ネズミが子ネズミの毛繕いをしなくなるんです   時々子ネズミがいなくなるほうは 子ネズミが戻ってくると 一所懸命、毛づくろいするんですね。       ・・・話の最初から最後まで メモしておきたい話をしてくださったのですが   お話を聴けるのが嬉しくて メモどころではなかったのです 一部しか紹介できなくてごめんなさい。       講演会のあとも 皆さんの質問に とても丁寧に答えていらっしゃるお姿が。     わたしも写真を一緒に撮っていただいて   …顔が似てるって言われました(笑)   このときの、池川先生のお言葉、   「みんな一所懸命やってるのにね、 完璧でいなきゃいけない、自分はダメだって思っちゃうの、 もったいないですよね。」   そうおっしゃっていたのが、とても印象的でした。       こんな素晴らしい機会をいただいたことに ほんとう~~~に感謝です       ではでは 皆さま 佳き日々を Jona心からのご挨拶を申しあげます       ライアーを弾くことで得られる「余白の時間」があります。 その効果、意外とすごいんです。 ↓詳細はこちらから。     そのほか、Jona魔女へのメッセージはこちらから 気軽にメールください。    

      9
      テーマ:
AD

プロフィール

Jona魔女

性別:
女性
誕生日:
7月4日(蟹座)
血液型:
A型

読者になる

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。