• 13 Dec
    • 「私が死んだら土に還してください」

      Jonaでございます昨日、本当は「これ書いておきたい」と思って結局そこまで行き着かなかったという話を書きます。リサ・ランドール氏の本を読むのがだんだんおもしろくなってきて…あ、とくに48ページにあるこの図がめちゃめちゃ好きです。踊るうさぎ(笑)三次元(タテ・ヨコ・高さ)の情報を二次元(平面上、紙に書き表す)にはいくつか方法がある、という話のなかで「射影」はオリジナルの高次元の対象物から情報を切り捨てる、という説明図なんですがかわいい本を読むのに疲れるとこの絵を眺めます(笑)もとい、リサ・ランドール氏の本を読むのがだんだんおもしろくなってきてからTEDで海外の物理学者の講演を観るのが楽しくなったんですけども、そのなかで「おや、これは」とJona魔女的にものすごく魅かれる講演がありました。それがこちら。(物理学の話ではありません)カトリーナ・スペード「私が死んだら土に還してください」TEDホームページではこちら(こっちのほうが字幕が見やすいです)https://www.ted.com/talks/katrina_spade_when_i_die_recompose_meアメリカでは故人を埋葬する際に遺体が傷むのをなるべく遅らせるためにエンバーミングをする。エンバーミングとは遺体から体液を抜き、毒性の強いホルムアルデヒドが防腐剤としてたっぷり含まれている液体を注入するという方法です。日本では「遺体衛生保全」と呼ばれるそうです。そういう処理を施された遺体が土の下に半永久的に埋葬されている。日本では、遺体は火葬にすることが法律で決まってますが火葬の問題点は遺体を灰にするまでに大量のエネルギーを必要とすることそして その過程で大量の二酸化炭素を吐き出すということ土葬はどうかというと人体内に蓄積された毒物が土壌に影響を与える可能性がある。しかも墓地に使える土地にも限界がある。人間の場合、死にまつわるあれこれってなかなか面倒です。カトリーナさんが言うように人の体だけが 死後に自然には還らないどころか自分を育んでくれた地球に余計なものを残していくというのは考えてみると確かに不思議なことだしある意味、不遜なことだとも思いますそこでこのカトリーナさんが考えたのは自然が死んだ生物を分解する方法を人間の「葬儀と埋葬」にも応用できるんじゃないか、ということでした。実際に、死後の牛を丸ごと堆肥にする方法というのがあるそうです自然がもともと持っている力で養分たっぷりの土に、分解される。それが植物たちを育てる。自分の体は 死んだ後ほかの生き物を育てる土壌になれるレモンの木にもボダイジュの樹にもなれるじょな魔女には このお話がものすごく魅力的に映りますほかにも「食用キノコに分解してもらい、人体内にある有毒物質を浄化させる方法」について講演している方もいましたがうーん、いい考えだけれどそのキノコは食べる気になれない(笑)直接、分解してくれたキノコはちょっと食べられない(笑)その点、カトリーナさんの研究が魅力的なのは「土に分解される」というポイントで、その土を使って育った植物なら食べてもいいと感じられる。そういう微妙な、情緒的な課題というのもありますね。わたしは以前から死んで灰になってまで冷たい石のお墓に「閉じ込められる」なんて嫌だなぁと思っていて死んだら樹木葬にしてほしいなぁ、と思ったりしていたのです最近、日本でも樹木葬が人気が上がってきてますが火葬後の遺骨が対象のはなしですし樹木葬が盛んなスイスや、イギリスでも同じく火葬した後の遺骨が 樹木のもとに埋められるので(↑リンク先はそれぞれの国の樹木葬についての記事です)カトリーナさんのこの研究が広がり人間が、土に還る手段ができて「今までありがとう、お借りしたものをお返ししますね」と、地球に、感謝の思いを伝えられる方法が将来スタンダードな葬祭・埋葬の方法になれば良いなと、心をときめかせています。人々の意識が葬祭という儀礼に対しても人の死後についての考え方も変わる必要がありますが実現不可能ではないと思います。同じ方法について、この方もお話しています。ぜひ続けて観てみてください。ケイトリン・ドーティ「地球に滋養を与える埋葬の方法」TEDホームページではこちらhttps://www.ted.com/talks/caitlin_doughty_a_burial_practice_that_nourishes_the_planet葬祭社を経営している方です。この講演でもカトリーナ・スペードさんの名前が出てきます。一緒に研究しているのですね。自分のこともそうだけど誰か大切な人が亡くなったとき慣れ親しみ、愛した「その人のカタチ」が無くなってしまうのならば焼いて灰にしてコンクリートの箱に閉じ込めてしまうよりもその人が土になり樹々を育て花を咲かせてくれたならわたしはそこにいって何時間でも 静かな気持ちでその人の魂と穏やかに語りあうでしょうそれは とても優しい光に包まれるようなたいせつな時間になるだろうと思うのです。フォトブック、作りました。ご注文いただいてから印刷し、印刷屋さんから直送されます。いつでもお求めいただけます。1冊 1,000円(消費税・送料込み)文庫本サイズ、59ページ詳しくはこちらの記事でご注文は、↓ここをポチ音を使った瞑想はいかが。たおやかな音の楽器「ライアー」をあなた自身が奏でて、あなた自身をトーニングするセッションです楽器やライアーの経験がまったくなくても、ぜんぜん問題ありません!(↓↓画像をクリック↓↓専用サイトへ移動します)

      NEW!

      4
      テーマ:
  • 12 Dec
    • 知らないことを知っていく感覚が好き。

      Jonaでございます昨日、しいたけ占いのしいたけさんブログを読んでたらLINEで VOGUE GIRL を友達追加すると2018年上半期のしいたけ占いを先行で読めると書いてありわ、キタ━(゚∀゚)━!!!!!と思ってさっそく読みました。(まもなく一般公開されそうですけどね)今年のじょな魔女は 全般的に楽しく自分の世界にひきこもっていたのですが2018年上半期しいたけ占いによると蟹座は「人との密接な関わり」が重要なテーマになってくるようなので残る2017年、あと半月ばかりですが思い残すところのないようしっかりひきこもろうと思います( ´艸`)そんなふうに ひきこもっている最近の ”わたしの世界” は英語と素粒子物理学です。おお、こう書くとかっこいいな。英語と、素粒子物理学。二度言ってみたw英語は、ブログテーマ「翻訳道楽」で書いてますが翻訳の勉強をじわじわ続けていて…通信講座の最終課題をやっと昨日提出できてほっとしたところです。中学まで英語好きだったのに高校の英語(グラマー)の先生がスノッブで嫌いだったのでまともに勉強しませんでした。今年いきなり「翻訳」という世界から入ってみて自分のレベル(の低さ)をつくづく痛感し、高校生向けの参考書を買って勉強しなおすのが来年の目標になりました。素粒子物理学は何年も前に買って、放置していた本をふと思いついて「今なら読めるかも!」とこの2週間くらい読んでいて、読んでいるのは、この本。 ワープする宇宙 5次元時空の謎を解く Amazon 才色兼備の理論物理学者、リサ・ランドール氏の本。日々少しずつ読み進め、いまちょうど半分。あと半分。おもしろい。難しいけど、おもしろいです。本文では難しい数式がなく、(巻末に補足として書かれています)ジョークと絶妙なたとえ話をまじえて難しい話をできるかぎりわかりやすく説明しようという意気込みが伝わってきてリサ・ランドール氏の聡明さに感嘆のため息をつきます。かっこいい~!「今なら読めるかも!」って思ったときには、興味のベクトルががっちり向いているから難しいなぁと思いながらも読めるものだ、と本を開くのが楽しいです。英語と素粒子物理学なんてどっちも 今までの自分だったらハードルが高すぎて「わたしには関係ない」ものでしたけどなんだか急に興味もっちゃった、知ってみたくなっちゃった、という気分になれてそれだけでも、嬉しい。知らないことを少しずつ知っていく感覚が大好きなんです。たまらないだから逆にある程度まで熱を入れて学んでしまうとあるときふと、その熱が冷めてしまい「このジャンルは、とりあえずここまでで良し」という気分になってしまうのでじょな魔女 自分のことを「中途半端で、散漫」だと思っているのですがこのこっちかと思えばあっちに手を出す飽きっぽさも興味の対象があちこちにあって散漫なのも自分の個性だし自分の強みだもん、と今年からとらえることに決めたのでした。だって世の中には知らないことがいっぱいあって知りたいこともいっぱいあるんだから「それ、知りたい!」「わぁ、面白い!」といつも思っていたいし肉体を離れて「死」という状態をくぐりぬけていくときモノは死んだらあの世に持っていけないのでならば どれだけ「面白いもの」を持っていけるか面白さ、をかき集めて 生きてそれを全部あの世に持っていこう。と思ったりしています。

      8
      テーマ:
  • 04 Dec
    • ペパーミント・ラブ★ ”こどもちゃんに良いハーブ。”

      Jonaでございます久々に「ハーブのおはなし」カテゴリでブログ書きまーす。以前、このブログは「薬草魔女Jonaの部屋」というタイトルでした。その後、いろんな経緯があって薬草(ハーブ)に関わる活動が少なくなったのをきっかけに、昨年のちょうど今頃に今のブログタイトル「Jona魔女だより」に変えたんですけどもそんな当ブログで過去からずーーーっと最多アクセス数を記録しているのが、この記事です。2012年4月の記事ー!記事を検索して、辿りつかれるのは小さいお子さんがいるお母さんかな。子どもにハーブを活用できないかなって試行錯誤していらっしゃる雰囲気をアクセス数から感じています。そういう方々に、この記事が少しでもお役に立っているならJona魔女、本当に嬉しいです現在のJona魔女の見解としては小さい人たち(こどもちゃん)が飲んでも良いハーブ、というのは安全性の点からも飲んで美味しい、という点からもこの記事から変わっていないです。ご安心ください。ただ、Jona魔女の個人的な好みは時間とともに少し変わってきて、今は、、、とりあえずペパーミントさえあればいいんじゃね?という考えに落ち着いてしまいました(笑)振り返ってみるとJona魔女のブレンドするハーブティーにはたいてい、ペパーミント(学名:Mentha piperita)が入っています。(オーダーメイドのブレンドをがんばって販売していた以前と違って最近は友達向けにしかブレンドしてませんが)なぜかというとペパーミントが入るとl-メントール(エルメントール)の効果で味わいも、飲んだ後の喉も、すーっとするし単純に美味しいから。それに、なんといってもJonaの出会った子どもたちはペパーミントが好きな子が多かったのです。ほんとに、ごくごく飲んでくれました。ありがとね、おちびさんたちーペパーミントおいしいよねー(*´ω`*)ペパーミントのすごいところは胃腸の不快感をあっという間に落ち着かせてくれるところ。ああ、なんだか調子の悪さはお腹からくる気がする、というときにはすかさずペパーミント茶を飲みます。なので、Jona魔女の薬草ボックス(静岡から取り寄せたお茶箱を使ってます)には、ペパーミントをいつも常備しているし、ハーブを仕入れるとき、他のハーブは100グラム単位で買ってもペパーミントだけは300グラム、大量に仕入れます。同じハーブでも収穫した年、収穫された国によって味わいも香りもまったく違いますハーブたちは植物なので生育環境やその国の土壌に依存していますから、同じハーブ(学名を確認して買います)でも味や香りが違うのは当然のことでです。それがまた、ハーブたちへの愛しさにつながります。この数日、ペパーミント&よもぎのブレンドを美味しくいただいています。ペパーミント(学名 Mentha piperita)よもぎ(学名 Artemisia princeps)ヨモギは少し苦味があるので飲みにくい人もいると思うのですがペパーミントと合わせるとすーっとした爽快感が加わって飲みやすくなります。甘いお茶が好きな方はステビアというキク科のすごく甘いハーブ(葉)を少量ブレンドするか、ハチミツや砂糖など、お好きな甘味料で甘味をつけても美味しいと思いますよ。ヨモギ、と聞いたときどんなイメージが湧きますか?温める、という感覚でしょうか。よもぎ餅の、初夏を思わせる草いきれのような香りでしょうか。薬草(ハーブ)としての効果もだいたいそういうイメージに合っています。あとは、女性ならではの不調にも良いということを付け加えておきましょうか。Jona魔女は、もっぱらハーブティーが好きで「飲む」ことをメインに研究してきましたけどもお茶として飲むときには「ああ、いい香り」と自分が思えるものを飲めばまあ、だいたい間違いないです。人間の体というのはほんとにうまく出来ていて、必要なものは「いい香り」に感じますから。薬草(ハーブ)の歴史はそれこそ人類の歴史とともに始まった、と言っても過言ではないくらい長いながーーーいタイムスパンのなかで研究されてきています。現代では「ハーブ」と言えば「食品」扱いでありながら安全性やエビデンス(科学的根拠)の研究が進み、非常に重視されています。また、効果があると認められるハーブは学名がきちんと定まっています。学名をわざわざ書いているのもそのためです。特にミント類は、交配による雑種ができやすいので薬草として効能が認められているものは種類が限られます。それを「学名」で確認します。ですので、信頼のおけるお店で、または質問したらきちんと答えてくれる人から、ハーブを買うことをオススメします。これから、風邪やインフルエンザが流行る季節。医療の進歩した現代だからこそ、昔むか~しには考えられなかったくらいの早さでこういった感冒の治療ができます。だから、ハーブだけで治療をしようなんて考えなくても良いのです。さっさと治してしまって、体の辛さを取り除いたらハーブを「本調子に戻す」ためのサポートとして使うのが良いのではないかと思います。皆さまのご健康をお祈りしています。健やかで楽しい冬をお過ごしくださいフォトブック、作りました。ご注文いただいてから印刷し、印刷屋さんから直送されます。いつでもお求めいただけます。1冊 1,000円(消費税・送料込み)文庫本サイズ、59ページ詳しくはこちらの記事でご注文は、↓ここをポチ音を使った瞑想はいかが。たおやかな音の楽器「ライアー」をあなた自身が奏でて、あなた自身をトーニングするセッションです楽器やライアーの経験がまったくなくても、ぜんぜん問題ありません!(↓↓画像をクリック↓↓専用サイトへ移動します)

      12
      テーマ:
  • 02 Dec
    • 愛は使えば使うほど、増えて満ちてゆく。

      Jonaでございます12月ですよ。今年もまもなく終わりですよ。今年はほんとうに思う存分ひきこもった一年でした。(12月もひきこもる気満々)ひきこもり万歳自分の部屋が大好きなのです。なんつっても自分の部屋は一番のパワースポットですからわたしにとっては前の記事で、販売します~とお知らせしたフォトブック。1冊も売れないんじゃないか?という思いがよぎりつつも勇気だしてブログに書いてみてほんとーーーーに、よかったです!すぐに申し込んでくださった方々のもとには昨日、フォトブックが届けられ、嬉しいメッセージをいただき今日はJona魔女、朝からめちゃめちゃ幸せな気持ちにひたっています表紙を眺めているだけで心が鎮まるし、すぐ手に取りやすいから、とその方にとって特別なスペースに飾ってくださった方自然とつながる時に挨拶をする、は私にとっては新鮮なことでした。今度やってみようと思いますと言ってくださった方美しく聰明な木々の姿、力強い魔法の言葉たちに溢れる、Jona魔女さんのフォトブックとてもよいエネルギーを感じました!綴られた言葉が鈴のように鳴りながら、読み手も著者と一緒に木々にご挨拶していくみたいな感覚が素敵ですね ^ ^って素敵なコメントをくださった方そしてそして、こんな素敵なメッセージも。すぐに開けたい気持ちをおさえて誰にも邪魔されない時間がくるまでぐっと我慢をしていましたあのね、以前のわたしだったら、すぐに開けていたと思うのでもね、自分にとって大切なものはちゃんと大切に向き合いたいなってそれは自分を大切にすることでもあるなってでね、我慢してひとりの時間に「はじめまして」ってしたら、もうね、最高にしあわせだったのねわたしがちゃんとわたしでいる時間だから感じるちからもフルに発揮されてもう、よろこびが溢れた〜♪ひとは瞬間瞬間で何かを選択しているんだと思うけどそのときに、ちょっと意識して選択するだけでこんなにもよろこびが溢れるんだなーってひとりになれるまで待てた自分がなんかうれしかったすごいなぁ、って思いました。意識して、選択をすること。自分を大切にすること。そんな素敵な体感を、フォトブックをきっかけに感じていただけて本当に嬉しい。なにかこう、ピカピカ光るなにかをメッセージを読みながら感じていましたその方のメッセージはピカピカ光っていましたそもそもフォトブックを販売するってその気にさせてくれた友人からの手紙(前の記事参照)でもつくづく思ったのですが何か自分がした行為に対してこうして嬉しい反応を返してくれる人がいるからこういうのやめられないんだよなぁ(*´ω`*)って、思うのです。ほんの少数の人でもかまわない、誰かに届けば… 誰かが受け取ってくれれば幸せだって思っているのでこういうメッセージはJona魔女の栄養になりますそれと同時に、再び愛は使えば使うほど、増えて満ちてゆく。と思います。ずいぶん前に、思ったこと。「愛」は物理的なエネルギーだ、って。人は愛によって言葉通り「充電」されそのエネルギーで良きことを成すようにできている。愛は物理的な行動を起こさせる。多く与えるほど与える側にはそのエネルギーが増えて満ち与えられた側はそれをさらに他へと分かち合う。使えば使うほど増えるのだ。そのことをあらためて、思い出しました。喜んでくれた人の言葉には愛(=光)がいっぱい載っていたからこのことを思い出せてよかったなぁ、と嬉しい土曜日になりました。きっと皆さん樹木たちと仲良くなることだろうな、ふふふと思うのです。ちなみに、このフォトブックはご注文いただいてから印刷してもらい印刷屋さんから直送されますのでいつでもお求めいただけます。1冊 1,000円(消費税・送料込み)でお届けします。・文庫本サイズ、59ページ前の記事(リブログ先)を見ていただくとフォトブックに書かれていることや、なんやかや、いろいろ説明を書いておりますご注文は、↓ここをポチそれでは皆さま 佳き日々をJona 心からのご挨拶を申しあげます----★音を使った瞑想。やってみると、その意味がわかります★----たおやかな音の楽器「ライアー」をあなた自身が奏でて、あなた自身をトーニングするセッションです楽器やライアーの経験がまったくなくても、ぜんぜん問題ありません!(↓↓画像をクリック↓↓専用サイトへ移動します)

      9
      テーマ:
  • 24 Nov
    • Listening to Nature フォトブック、販売します。

      Jonaでございます11月18日(土)に予定していたヒーリング・ワークショップ「Listening to Nature」は結局またしても雨で中止となりました…が、「さそり座の新月の日」ということで参加者さんたちと、室内で「新月のお祝い」をすることができました参加者さんのお1人がクリスタルボウル奏者の方だったのでクリスタルボウルとライアーを共に奏でることにしたのですワークショップを始めたきっかけやフォトブックの話、樹々とどうやってコミュニケーションしているか、そして最後に、ボウル&ライアーのセッションであっという間の2時間でした。"さそり座 新月" って、検索してみるとかなりパワフルな新月だったようで。心身不調になった方もいるのでは?翌日の夜中、Amazonで本を4冊注文しましたいつか読もうと思っていた本を衝動的に、あれこれ考えずにポチッと注文してました。さっそく届いた本を、1日1冊のペースでたてつづけに2冊読み、今日にいたります。「やっぱり…このタイミングでこの本だったんだ~」という感じで、自分の世界から抜けきってなくてすこしぼわ~ん、としながらこのブログ書いていますwペンジュラムで選んだのが新月の日だったって、当日気づきましたけども。そんな矢先に、古い友人から手紙が届きました。その友人は四捨五入すると30年来、の友人で特にスピリチュアルを探求しているというわけではなく、かといってまったく興味がないわけでもない、日々を真面目に、一所懸命に生きている一人の女性です。彼女とは、メールやLINEではなくて今でも「手紙」でやりとりしています。お互いに「手紙を書く」のが好きだから先日、彼女にもフォトブックを1冊送りました。お手紙の返事を書いたときにあっそうだこれも一緒に送ろう、と思いついて。彼女から小さな小包が届き(美味しいものが入ってました)同封されていた彼女からの手紙を読んでわたしはものすごくビックリしてしまったのでした。先日はフォトブックをありがとう!仕事用のバッグに入れて持ち歩いています。実は私、すこし前から自分の心の観察をしていて気づいたのだけど日々、心の中のほとんどが過去の後悔と未来の不安で…よく「今を生きる」って言葉を見かけるけど、「今」を生きるってどういうこと?どうやるの?と思っていたところなのです実生のフォトブックをヒントにして、今を感じる練習をしたい、と勝手な使い方をしています。思えば毎日せわしなく過ごしていて自然に触れる機会もほぼ無かったので樹木の写真も新鮮な気持ちで受け取っています。静かな気持ちで写真と文章に集中している時、「今」を感じていると思うのです。心が休まります。実生の魔女仕事って、ほんとに世のため他人(ひと)のため、なんだね。ありがたいです。自分らしい生活をしている感じが伝わってきました。私も自分の生き方をこの辺でもう一度よく考えていきたいと思います。※文中の「実生」はわたしの本名です。この友人の手紙を読んでそれこそ、もう、何度も、何度も、読み返してそんなふうに言ってもらえるなんて本当に嬉しかったしこっちが感動してしまったしああ、何かが届いたんだ~!と涙が出たしこんなふうに言葉で言い表して手紙に書いて送ってくれる友達がいることに変な言い方ですけど「胸をえぐられるような深い感謝」を感じたのでした自分の心の中に、どすーん!て大木の根っこが刺さったみたいな感じ?(よけい分からないすねw)最初の衝撃から すこし落ち着いたときあーそうかぁ、9月に起こった「ひらめき」は「ヒーリングワークショップを開催する」じゃなくて「フォトブックを作る」の部分だったのかぁ…、とひとり、深く納得したのでした。わたしにできることなんてほんとに小さなことなのだけれどもこうやって、自分の手が届く人に幸せな気持ちを感じてもらえたり大切な気づきの「きっかけ」にしてもらえたりあなたの幸せを思ってますよって伝わったりしたらいいな、…と思いながらほそぼそと魔女仕事をしていることの「意味」をこの古い友人は見せてくれたんだなぁとしみじみ感謝しました彼女が見せてくれたものにあやかってこのフォトブックをもしご希望の方がいるならですけども販売させていただくことにしました。この「(フォトブックという)ひらめき」をこんな形で世界に提示してみることにします。何冊売れるか、ではなくて世界に向かって表現してみるテスト。1冊 1,000円(消費税・送料込み)でお届けします。・文庫本サイズ、59ページ・巻末に空白ページがあります、ご自分の魔法体験のメモにお使いください。フォトブックにどんなことが書かれているか、はこちらの記事で。"Listening to Nature"の背景あれこれ(2)https://ameblo.jp/jona-the-herbalwitch/entry-12319426958.htmlこんな感想をいただきました、はこちらの記事で。"Listening to Nature"の背景あれこれ(3) *フォトブック*https://ameblo.jp/jona-the-herbalwitch/entry-12325481347.htmlご注文は、↓ここをポチ、してください。今回、一緒に「さそり座新月」のお祝いをした参加者さんからはこんなご感想をいただきました。フォトブックこの3日こまめに見てます^^木と仲良くなるバイブルになってます。昨日フォトブック片手に森に行ってきました!中に入ると日中なのに太陽があまり入ってこないヘンゼルとグレーテルみたいな森です。土を優しく踏む、受信モードになって、音を感じ、体の感覚を感じて、触ってもいいか聞いてみたりして。楽しんでます。ありがとうございます、早速活用してくださって!嬉しいなぁ。とっても嬉しい本当に本当に嬉しいわたし自身が撮りためてきた写真とわたし自身がずっと大切に抱きつつ歩んできた「真実」を詩のように書きこんでいるので後から気づきました、これまるでポエムじゃん!と(〃▽〃 )ちょと、恥ずかしいですけども。いやかなりドキドキしてるんですけども。あのね、美しさを感じる心、自分を癒すチカラ、内側にある素晴らしい光は誰でも絶対にちゃんともっていてその誰もが「きっかけ」さえあればちゃーんと自分で思い出す、のだからわたしにできることはその、ほんの小さな「きっかけになりそうなもの」を提供するだけだよな、っていっつも思っています。そういう意味でわたしは本当に無力だけれどそういう意味でわたしは魔女だと思っています。気になる方がいたらこの小さなフォトブック、手に取ってみてくださいね。あなたの「きっかけ」になれますように。----★音を使った瞑想、のようなセッションやってます★----たおやかな音の楽器「ライアー」をあなた自身が奏でて、あなた自身をトーニングするセッションです楽器やライアーの経験がまったくなくても、ぜんぜん問題ありません!(↓↓画像をクリック↓↓専用サイトへ移動します)

      12
      1
      テーマ:
  • 15 Nov
    • なぜかへとへと。

      Jonaでございますあのう、なんか前の記事のアクセス数が増えててびっくりしてます。嬉しいけど、なぜかどきどきしてます小心者です。でもでも読んでくださった皆さまいいね、してくださった皆さま本当にありがとうございますm(_ _ )mぺこり。今日はJona魔女のどうってことない近況報告です。前から不思議に思っていたので書いてみちゃうのですけども「相手に知らせて読者登録する」を選択して、読者登録してくださった皆さまのうち、ずっと続けて読者でいてくださっている奇特な皆さまどうもありがとうございますでね、わぁ~増えたなぁ~、と思うとすぐ減るんですねなので当ブログの(PCだと)サイドバーに表示される読者様の数が235名以上になったことがありません一瞬、なるのだけど数日の間に減っているのであら?また減ってる(´・ω・`)ふえたとおもうと、すぐへる。ま、いっか。と思っているのですがそれにやっと気づいたとき単純に不思議におもって「へー、なんでだろ~?(別にかまわないけど)」と考えてみてああ、もしかして、と思いついたことはえっと当ブログはどっちかというとビジネス的にはやる気がない部類に確実に入っていまして読者登録していただいたブログ主さんに即座に相互登録、ってしないんです前はがんばってましたけど、やめたんです散漫な性格なのでブログ書いたら書きっぱなしで読むほうを真面目にやらないから…世の中にはすごく素敵な方々や大切なことを伝えている方々がたくさんいるなぁ、としみじみ思っていますただ、そういう方々のブログを全部読んでいる時間はやっぱりどうしてもないのですみません相互読者登録を考えてらっしゃる方にはここのブログ主(=Jona魔女)はお役に立ちませんすみません(´・ω・`)ところでタイトルの「なぜかへとへと」ですがなんでしょう、11月に入ってから疲労感がありまして10月がちょっと忙しかったのでペースが乱れて11月はペースを戻すのに四苦八苦してる感じです。あれね、前の記事で書いた「ライアーの小曲を作曲する」ためのキーボードね早速買ったんですよほれっヤマハ「NP-32 piaggero(ピアジェーロ)」という機種の白です76鍵なんですよなんて素敵な鍵盤数左手奥に見えますのが英和大辞典ですよ ランダムハウスの漬け物つくれそうに重いやつパソコンのデスクトップはデビッド・ボウイ「ロウ」のジャケット写真です ええで、環境そろった!ってホクホクしてるのにおかしいななんで時間がないんだろ~って感じで。なんでへとへとなんだろ~ヽ(;´Д`)ノって感じで。ひとつには自分の頭のなかがやたらとザワついている感覚もあって「落ち着け、おれ!」って思います。それから妙に家事で手間取る「時期」ってありません?なんだかいつもの倍の時間がかかる気がする!みたいな。こういうときに限って猫たちのことでワタワタしたり・・・ま、そういう時期ってありますわね。今週の「しいたけ占い」を読んであは、当たってる!て思いましたし。というわけでJona魔女のどうってことない近況報告でした。それでは皆さま 佳き日々をJona 心からのご挨拶を申しあげます----★以下、セッションのPRです★----たおやかな音の楽器「ライアー」をあなた自身が奏でて、あなた自身をトーニングするセッションです楽器やライアーの経験がまったくなくても、ぜんぜん問題ありません!(↓↓画像をクリック↓↓専用サイトへ移動します)

      19
      2
      テーマ:
  • 06 Nov
    • ライアーとわたし(と猫)。

      Jonaでございます今日はライアーのおはなしです。一昨日、ライアーの練習しよっかな、と鳴らし始めたらこむぎ(3歳♂)が傍に寄りそってくれましたこむぎはライアーの音が好きみたいで弾いていると、そばに来て、目を閉じて聴いています。わたしの一番のお客様です可愛い…(〃▽〃 )このまま書くと親ばかモード炸裂な「こむぎのはなし」になりそうなので先に進みますwライアーという可愛い形の楽器を使って↓こんなセッションをやっているんですがたおやかな音の楽器「ライアー」をあなた自身が奏でて、あなた自身をトーニングするセッションです楽器やライアーの経験がまったくなくても、ぜんぜん問題ありません!(↓↓画像をクリック↓↓専用サイトへ移動します)このブログの更新をしばらく休んでいたここからブログをしばらくお休みします。(2014-06-05)https://ameblo.jp/jona-the-herbalwitch/entry-11871281598.html ↓↓ここまでの間にただいま!じょな魔女です。(2015-03-22)https://ameblo.jp/jona-the-herbalwitch/entry-12004741840.html2014年6月にライアーとの出逢いがあり、7月には奇跡的にあっという間に入手することができました。ライアーをわたしに出逢わせてくれた演奏家・宮田美岳(みやたよしたけ)さんがわたしのライアー師匠になってくださいまして一年弱、レッスンをしていただきました。宮田さんはいま屋久島に住んでます。「あああああっ!!これだ!!この楽器!!」って、ほんとに衝撃的だったのでお金なんてどうにかする!って気持ちでした。(まだ会社でバイトしてたからですね)レッスンとあわせて教則本を使って、理解を深めてきました。一緒に写っているタブレットの画面はYoutubeのじょな魔女チャンネルです。「ライアーでセルフトーニング」のセッションの録音がずいぶん溜まったなぁ、うふふ、と思った記念に。(了承いただいたクライアント様の音源を公開してます)ほかの教則本を知らないのですがとりあえずはこの一冊で充分かな、と。初めて開いたとき、わぁ…と思ったのは「楽器をよく見る」ということから書かれているのですよ。子どもの頃、ピアノを習っていた身としてはこの教則本の書き方が、ただの「教則本」ではなくただ読んでいるだけでもとても心地よく感じることに不思議さと感動を覚えました。 花が開くように音はゆっくりと広がり、 そしてだんだんに小さくなり、 やがて消えていきます。 1つの音に耳を傾けることで、 聴覚は鋭敏になります。 (中略) この練習は私達に 回復作用と落ち着きをもたらしてくれます。 音が生じる時の 魂との強い関わりを通して、…(『ライアー演奏の入門(改訂版)』スザンネ・ハインツ著 泉本信子 訳・編より引用)通常「ライアー」と呼ばれて多くの人が手に取り始めたこの楽器はシュタイナー教育から生まれてきたものです。ただ「楽器を演奏する技術を向上させる」ということ以上の心の深みとか魂の深みとかこだわりなく自由に演奏するとか(最終章は、即興演奏に割り当てられています)ライアーを奏でるにあたってとてもとても参考にしている一冊です。「ライアーでセルフトーニング」のセッションでは宮田美岳さんのライアーレッスンや八坂圭さんの絵画とアートレッスンやこの教則本からわたしが吸収してきたものをぎゅうと凝縮して、お伝えしています。研究好きなのでその成果をセッションに生かしています。わたしの手は指は短いし、小さく丸っこいのであんまり楽器向きとは言えないしもっと綺麗な手の形してたらな、って思うんですがでも ライアーを奏でるときこの手からこぼれてくる音にとてもうっとりしちゃうんですよねで、来年の目標を決めました。来年はライアーの小曲を作曲する(楽譜に残す)ことに決めました!家で練習がてら即興演奏をしていると…っていうか、そもそもピアノと違ってライアーを楽譜どおりに弾くことにぜんぜん興味をもてないのでそれは、ライアーという楽器(と宮田さん)がわたしに「自由」を教えてくれて自由に鳴らす(=即興演奏をする)ことがたまらない歓びだったのでもとい家で練習がてら即興演奏をしているとたまに「うわっ、このメロディー超いい!」という旋律が生まれてくるんですよでも楽譜に書き写すのが難しくて。だけど来年はキーボード買って、パソコンとつないで楽譜を作ってくれるソフトでそういう「偶然の旋律」を残していこう、と決めました。ま、その楽譜を楽譜どおり弾くことに興味がもてるかどうかは、別の話ということで(笑)それでは皆さま 佳き日々をJona 心からのご挨拶を申しあげます「森のなかを歩くヒーリング・ワークショップ」開催しますListening to NatureHealing Workshop 2017自然の声を聴くヒーリング・ワークショップ 2017日時:11/18(土)残1名様 13:00~16:00場所: 都内の公園(詳細はメールでご案内します)参加費: 6,000円(オリジナルフォトブック付き)※今年はライアー使わないつもりでいましたけど、やっぱり使うことにしました 自然のなかでライアーの音を聴くと気持ちよさ倍増です。詳細はこちらの記事から。https://ameblo.jp/jona-the-herbalwitch/entry-12316024273.htmlこのヒーリング・ワークショップの背景あれこれシリーズ。"Listening to Nature"の背景あれこれ(1)https://ameblo.jp/jona-the-herbalwitch/entry-12316589532.html"Listening to Nature"の背景あれこれ(2)https://ameblo.jp/jona-the-herbalwitch/entry-12319426958.html"Listening to Nature"の背景あれこれ(3) *フォトブック*https://ameblo.jp/jona-the-herbalwitch/entry-12325481347.htmlご希望があれば、上記のスケジュールに関わらず1名様からでも開催します。どうぞお気軽にご連絡ください。メールフォームはこちらです~

      28
      2
      テーマ:
  • 04 Nov
    • "Listening to Nature"の背景あれこれ(3) *フォトブック*

      Jonaでございます今日はJonaオリジナルのヒーリング・ワークショップ"Listening to Nature"の背景シリーズを書きまーす。先日のこの記事で↓"Listening to Nature"の背景あれこれ(2)https://ameblo.jp/jona-the-herbalwitch/entry-12319426958.html「フォトブックが出来上がってきました~」というお話を書いたのですがそれを読んでくれたASTIMのそらちゃんに「じょなっち、フォトブックすごい良いじゃん!」って言ってもらって、めっちゃほくほくしました(ノ´▽`)ノ自分では出来上がりに「むふふ」だったんですけども人の反応ってやはり気になりますから~それで中止になっちゃった日に申込んでくださっていた方や古くからのブログ読者さんなど数名の方にフォトブックを送って、ご感想を聴いてみたのです。どきどき。ジョナさん、こんにちはフォトブック届きました早速拝見しました。とても素敵木々の中に、自然の中にただ身を置いて、色々な音と静寂をただ感じて景色の一部になるといった感じ、とても好きです(´ω`)フォトブックを見ているとその中に居るような感覚になりますね是非実際にこの肌で感じてみたいと思いました。外は雨模様ですが、ホワホワ嬉しい気分になりました(´ω`)ジョナさん、ありがとうございました(^ ^)よかったーーー!!伝わってるーーー!!というのが一番最初に思ったこと。その後で「うれしーーー!」がやってきました。やったーやったーやったーヽ(´▽`)ノそれから…フォトブックとお手紙とどきました。こんなにすてきなものを本当にありがとうございます!!きれいな写真とJonaさんの優しい言葉であふれていて神聖で神秘的なことが書かれてあるのに親しみやすくてとてもすてきな本です。Jonaさんが樹々や人をとても愛していることが伝わってきます。ワークショップと併せて体験できたらどんなに素晴らしいでしょう(^^)私もJonaさんのワークショップを受けられるタイミングがやって来るまで私のお気に入りの場所でやってみようと思います。Jonaさんのフォトブックを読んでいたら,これまでそのお気に入りの場所で感じていた幸せな感覚の正体が少し分かってきました。…この文章につづいて森や、山や、空にまつわる子どもの頃のとても素敵な思い出をメールにたくさん書いてくださっていました。特に素晴らしいなぁって思ったのは…子どものころ、嬉しい気持ちで見上げていたし、悲しいことがあってもやっぱり上を見上げてこらえていたなあと思い出します。変な言い方だけど、木々や空に報告していたのですね(笑)当時は、宇宙がどうとか、返すとか手放すとか考えたこともなかったけど無意識にやっていたのかなあと今は思います。Jonaさん、私たちはなんて美しくて輝いている所に生まれたのでしょうね。それを感じる心を持っていることはなんとすばらしいんだろう。苦しいこともたくさんあるけどそれが帳消しになる瞬間やひとときが必ずあってこれからも生きていたいと思う力までも与えてくれる。…やられました。ズキュンときました。Jona魔女ちょっと泣きました。その人の大切な思い出や大切な心を思い起こすキッカケになれたとは…なんて光栄なことなんだ!よかったよぅ~(´□`。)。うれし泣き彼女の思い出を読んでいて彼女が見ていた景色を追体験するようでした。そういえば、わたしも子どものとき、よく山を見ては何かを思い出す感覚になっていたなぁ…ということやあの頃だけの、風の匂いを思い出しました。心の奥深くに、直接、語りかけてくるような…何かを思い出しそうなのに、思い出せない感覚。そしたら自分でそのことをとっくに書いていた記事があったんです。(こんな記事書いたんだ!って忘れてたんだもん)どうして"Listening to Nature" や"ライアーでセルフトーニング" をやっているのか、あらためて自分自身が気づきました。よかったらリブログ先もご一読ください(長いですが)ということで、「森のなかを歩くヒーリング・ワークショップ」開催します今日ご紹介したフォトブックはこのヒーリング・ワークショップの参加者さんの為に作りましたListening to NatureHealing Workshop 2017自然の声を聴くヒーリング・ワークショップ 2017日時:11/18(土)残1名様 13:00~16:00場所: 都内の公園(詳細はメールでご案内します)参加費: 6,000円(オリジナルフォトブック付き)※今年はライアー使わないつもりでいましたけど、やっぱり使うことにしました 自然のなかでライアーの音を聴くと気持ちよさ倍増です。詳細はこちらの記事から。https://ameblo.jp/jona-the-herbalwitch/entry-12316024273.htmlこのヒーリング・ワークショップの背景あれこれシリーズ。"Listening to Nature"の背景あれこれ(1)https://ameblo.jp/jona-the-herbalwitch/entry-12316589532.html"Listening to Nature"の背景あれこれ(2)https://ameblo.jp/jona-the-herbalwitch/entry-12319426958.htmlあ、そうそう!ご希望があれば、上記のスケジュールに関わらず1名様からでもできます!「日程が合わないからもういいや」と思っている方がもしいらっしゃるなら、どうぞお気軽にご連絡くださいませね~メールフォームはこちらです~それでは皆さま 佳き日々をJona 心からのご挨拶を申しあげますたおやかな音の楽器「ライアー」をあなた自身が奏でて、あなた自身をトーニングするセッションです楽器やライアーの経験がまったくなくても、ぜんぜん問題ありません!(↓↓画像をクリック↓↓専用サイトへ移動します)

      13
      テーマ:
  • 03 Nov
    • 八坂圭アートレッスンのこと。

      Jonaでございますこのところ、八坂圭Daysでした。この記事の人です。画家です。 ↓↓八坂圭 展「跳ねるひかり」今日からスタート!https://ameblo.jp/jona-the-herbalwitch/entry-12318613525.html個展は、春と秋に開催されましてそのタイミングで「アートレッスン」も開催されます。レッスンのスケジュールは3日間あって各日3回ずつレッスンが行われます。その3日間のアシスタントをしてきました。アートレッスンという名称になってますけど絵を上手に描く、いわゆる「レッスン」じゃないんです。どういうレッスンかというとえーと……………あんな不思議体験、なかなか無くて説明するのが難しいので…「#八坂圭」などのハッシュタグで検索するとレッスンを受けられた方のブログがいっぱい出てきます、ぜひ見てみてください(説明するのをあきらめた←)とにかく、ひとつ確実に言えるのは本当に心地よい時間です、ということ。不思議で、素晴らしい、輝く光の世界に入っていけるよわたしが初めてこのアートレッスンを受けたのは2009年6月6日でした。その時、わたしが描いた絵が、これです。それ以来、開催されるたびにほぼ毎回参加してきました。ああ、懐かしいな。この初めての体験をした日は雨でした目の感覚が研ぎ澄まされて雨のつぶが落ちていく軌跡がくっきり視界に入ってきてびっくりしたのを覚えています。あれ?世界ってこんなにクリアに見えたっけ!って。絵を描いている間自由になれる。こどもみたいに、軽やかで、楽しくて、自由になれる。そんなアートレッスンですずーっとレッスン生だったわたしがアシスタントとして関わるようになったのは2012年8月。初めて圭さんのサポートをしたときはむっちゃ緊張しましたが今はレッスンの流れも把握しているので圭さんと皆さんのサポートをする側として参加することを、とても楽しんでいます。皆さんが描いた絵を全部見ることができるのは圭さんとわたしだけですのでそれぞれの方の「光」を見ることができるなんて、役得っす…古民家の階段をなんども昇降するので足が筋肉痛になったりもしますが(笑)レッスン会場限定で「光のかけら」(小さな原画)も買えます。ひとつひとつの絵がそれぞれ独自のエネルギーをもっていてピン!ときたものを選ぶと圭さんがそのメッセージを伝えてくれます。中段と下段が「光のかけら」綺麗だなぁ、とつい微笑みながらディスプレイをして…ストールの見本、バラの花をイメージしてくるくる巻いてみました。状況が許すかぎりサポートをつづけたいな~と思っています。次回は3月中旬に開催予定です!またこのブログでご紹介するつもりではいますが今回10月のアートレッスンは申込み開始からあっという間に満席になってしまって「あ… 行ってみたいかも」と思われた方はJonaからのお知らせを待ってると遅れをとることになるかもしれませんので八坂圭さんメルマガもやってますから(もちろん無料、メールの頻度は少ないですw)メルマガに登録しておくことをオススメします。八坂圭ホームページ/コンタクトフォームhttp://yasakakei.com/contact/あと、ちなみに、わたしのセッション「ライアーでセルフトーニング」もまた、八坂圭さんのこのアートレッスンに多大な影響を受けているんです。こちらもぜひ。ホームページの文章、全ページ見直しました。より読みやすく…なったはず…(↓↓画像をクリック↓↓専用サイトへ移動します)それでは皆さま 佳き日々をJona 心からのご挨拶を申しあげます11月に「森のなかを歩くヒーリング・ワークショップ」開催しますListening to NatureHealing Workshop 2017自然の声を聴くヒーリング・ワークショップ 2017日時:11/8(水) または 11/18(土)両日とも 13:00~16:00場所: 都内の公園(詳細はメールでご案内します)参加費: 6,000円(オリジナルフォトブック付き)※今年はライアー使わないつもりでいましたけど、やっぱり使うことにしました詳細はこちらの記事から。https://ameblo.jp/jona-the-herbalwitch/entry-12316024273.htmlこのヒーリング・ワークショップの詳細 & あれこれは以下の記事から。"Listening to Nature"の背景あれこれ(1)https://ameblo.jp/jona-the-herbalwitch/entry-12316589532.html"Listening to Nature"の背景あれこれ(2)https://ameblo.jp/jona-the-herbalwitch/entry-12319426958.html

      9
      2
      テーマ:
  • 26 Oct
    • [食べて感じるお弁当の会]口福の時間。

      Jonaでございます「気になるイディオム」シリーズでブログを書こうとしていたら本当にめっちゃ気になるイディオムに出くわしてしまい語源を調べたりして思うように納得できずにいるうちにブログが更新できずにいましておまけに「またも雨か!」という感じだったのですが、昨日は とっても胃袋が喜ぶ会合におじゃましてきましたぴぎゃー!ってなりません?ぴぎゃー!って。「食べて感じるお弁当の会」です!じょな魔女は、一番手前に写っている「ヒジキとゴボウの梅アマランサスきんぴら」をいただいたときに「…っひじき!!……」…と言った後しばらくしゃべれませんでした(笑)おいなりさんのおあげも、ちゃんと煮たんだって。うああーその技、習得したい!レシピきくの忘れた!はぁぁ、日本人で良かった、と感じた瞬間でした。「焼き芋バターソテー」!ぴぎゃーぴぎゃー五感が喜ぶおうちサロン☆ゆるりら さんで開催されました。食べて感じるお弁当の会♪心地よい時間でした☆https://ameblo.jp/yururira-pororu/entry-12322800503.html(昨日のメニュー名も載せてくださってますー!)ゆるりら★きょうこさんのお料理はどれもこれも美味しくてほっとする味つけで丁寧で「人の手のなかから生まれてきた感じ」がすごく美味しくてうーむ、いい仕事してますなぁ!!と嬉しくなりました。丁寧に作られたお料理をいただくと舌がほっと安堵する感覚がまずあって味わいを堪能し、喉を過ぎて胃袋に優しくおさまっていく。美味しいなぁという気持ちとお腹が満たされていく感覚がしっかり同期する。そうだよね、これだよ、と思いました。美味しいという感覚と満たされていく感覚がズレないこと。美味しいとは感じるけれど満足感にはつながらないレトルトやコンビニの食べものとは違う感覚。(いざというときにはお世話になりますけども)それと、ちゃんと食事に時間をかけて楽しいおしゃべりをはさみながら丁寧なお料理を堪能すること。これは、すごく大切なことだと思ったのでした。わたしも毎日、家族の食事を作ってるけれどこういう刺激を受けるともっと丁寧で美味しいお料理を作りたいなぁと思えました。きょうこさん、ごちそうさまでした誘ってくれたのは先日「音と波のクリアリングセッションをやろうよ」と提案してくれた、そらちゃんなのです。 ↓↓ASTIMアスティム~あなたは創造する力を持っている~https://ameblo.jp/soranohikari-327/ありがとねぇ、こんな素敵な場に誘ってくれてご一緒したのは…直感を素直にアートとして写しとっていくアーティストのYuUさん。完璧と手放しhttps://ameblo.jp/yakushima3330いやぁこの方人気者やなぁ、と思いつつ眺めていて今回やっとお会いできたことばの魔術師☆美空ちゃんhttps://ameblo.jp/happy-navigatorそして2年前にお会いしたときには素敵なアロマのお姉様だったのだけど新たな道に踏み込んでいた、ミナコさん。お会いしたかったのでうれしいです~って言っていただけたことが、ひきこもりのじょな魔女にとっては意外な気持ちがしつつ…(照れくさい)でも、すごく嬉しくて(〃▽〃 )あいにくの雨模様でこういうとき必要がなければライアーは持っていかないのだけれどなんか今日はやっぱり連れていきたいなーと思って朝、慌ただしく身支度をした後に小ぶりなSAKURAちゃんをチューニングしてかついで行ったのは、ほんと正解でした。そらちゃんの横顔、きれいね 皆さんに喜んでもらえて本当に嬉しい。おしゃべりタイムには表現力がとても豊かなミナコさんに先日「音と波のクリアリングセッション」でやったようにお腹のうえにライアーを乗せて奏でたら体が器(うつわ)なんだってこと、そのなかを水が流れてること、体の内側は「腔(くう)」なんだってことが、よくわかる、じょなちゃん!また、体のなかで水のさざ波が動いてるのわかるし思い出せる!このまま起き上がりたくない…って予想以上の絶賛にわたしがびっくりしてしまって(笑)ひきこもりも大好きなんだけどいろんなことを思いながらいろんな活動をしている「仲間」と一緒の時間を過ごすことを、忘れちゃいけないなって思ったのでした。さてさて今回のこのメンバーを中心にこの先ちょっとおもしろいことになりそうですよ。いろんな才能をもった人たちが集まって創りあげる、小さな錬金術錬金術で生まれてきた種を人の心のなかに一粒ずつ丁寧に蒔いていきたいなぁと、思った美味しい会でした。それでは皆さま 佳き日々をJona 心からのご挨拶を申しあげます11月に「森のなかを歩くヒーリング・ワークショップ」開催しますこちらの背景話も、随時書いていきますね。Listening to NatureHealing Workshop 2017自然の声を聴くヒーリング・ワークショップ 2017日時:11/8(水) または 11/18(土)両日とも 13:00~16:00場所: 都内の公園(詳細はメールでご案内します)参加費: 6,000円(オリジナルフォトブック付き)※このヒーリング・ワークショップではライアー使わないつもりでいましたけど、やっぱり使うことにしまーす詳細はこちらの記事から。https://ameblo.jp/jona-the-herbalwitch/entry-12316024273.html妙なる音の楽器「ライアー」を自分で奏でて、自分をトーニングするセッションもやってます自分の内側の水を優しく揺らして、トーニングしましょう(↓↓画像をクリック↓↓専用サイトへ移動します)

      15
      テーマ:
  • 22 Oct
    • 気になるイディオム "to wear one's heart on one's sleeve"

      Jonaでございます「翻訳道楽」のカテゴリでは翻訳の勉強をしていて「おっ」と思ったイディオム(慣用句)などを記録していこうと思います。雨の日の読み物としてお楽しみいただければ昨日、練習問題のなかでこんな例文を見つけました。He is not the type to wear his heart on his sleeve.単語ひとつひとつは、どれも見当がつきます。wear 着る、身に着けるheart ハート、心、心臓sleeve 袖(そで)直訳すると「彼は自分のハートを袖の上に着けるタイプではない。」えー( ゚▽゚)超意味わかりませんw直訳してもちんぷんかんぷん。「直訳で意味が通らなければ慣用句として調べよ」が鉄則。辞書をひきます。to wear one's heart on one'ssleeve「彼は感情を表に出すタイプではない」「彼は自分の気持ちをあからさまに見せるようなタイプではない」ふーん。。。…で、袖にハートを着けるって何だ??( ゚▽゚)?ということで、次は「語源」を調べます。日本語のままグーグル先生に"to wear one's heart on one's sleeve"と訊いても、パッとした答えは出てこない…。中世の騎士道精神に由来する言葉らしい、という情報だけが拾えました。そこでto wear one's heart on one's sleeve etymology(語源)と検索してみました。あったあったー。The Origins of Wearing Your Heart on Your Sleeveby Smithsonian.comおー、あのアメリカの「スミソニアン博物館」のスミソニアン協会のサイト。この記事によると、"to wear one's heart on one'ssleeve" の語源については3つの説があるようです。1. ローマ皇帝クラウディウス2世の治世(3世紀)、兵士たちの士気が下がることを怖れて結婚が禁止された。その際、年に一度ユーノー(Juno)の祝祭の間だけ一時的にカップルになること(temporary coupling)を奨励。祭りの間に来年のガールフレンドを見つけられたらその彼女の名前を自分の服の袖に(たぶん)書きつけるか何かして身に着けた、という説。ちなみにこのクラウディウス2世と一緒によく出てくる名前が聖人ウァレンティヌス(Valentinus)、バレンタインデーのあの聖バレンタインです。2. 中世ヨーロッパ、騎士たちは王の御前で槍の試合をする際に意中のレディにその試合を捧げた。レディからハンカチなどをもらって腕に結び試合に勝つことでレディの名誉を守った、という説。文中に出てくる「king’s court」は裁判所じゃなくて宮廷のことだよね、と調べていたらこんなゲームが出てきました(笑)解説がめっちゃわかりやすい!King's Courtそれと、この説に関連してそうなエピソードがWikipedia「騎士道」の項目で出てました。 ある騎士はレディとの約束(願掛け)で馬上槍試合に甲冑をつけず、そのレディのドレスを着て闘う事を誓った。その結果、彼は大けがをするのだが、レディは彼の気持ちを「その試合で騎士がつけていた血だらけとなったドレス」を身にまとい、パーティに出席することで応えた。すげー( ゚▽゚)3. シェイクスピアの悲劇『オセロ』で主人公オセロを窮地に陥れるイアーゴーという登場人物のセリフのなかに"to wear one's heart on one's sleeve" が出てきます。For when my outward action doth demonstrateThe native act and figure of my heartIn compliment extern, 'tis not long afterBut I will wear my heart upon my sleeveFor daws to peck at: I am not what I am.正直な話、目に見える行いにこの胸底の心の動きをそのままあらわに出して見せようものなら、それこそ事だ、たちまちにして心臓を袖にひっかけ、カラスにつつかせるようなざまになる俺は見かけとは違った男なのさ。(中央公論社『世界の文学 シェイクスピア』から引用)"to wear one's heart on one'ssleeve" というイディオムが記録として残されているのはこの『オセロ』が初めてだそうで、ここでは「心臓を袖にひっかけ」って直訳になってますが「目に見える行いに胸の心の動きをそのままあらわに出してみせる」というセリフに続いていますから、この場面がそのままイディオムとして残っているっぽいですね。さすがシェイクスピア先生。すげーヽ(´▽`)ノちなみにこのセリフのなかに出てくるカラス(daws)はjackdaw(コクマルガラス)のことで、生息地から考えると、ニシコクマルガラスのことかな、と思われます。語源についてはもひとつ、The Phrase Finderというサイトでも、簡潔な説明が出ていました。ここにも、シェイクスピアの『オセロ』のイアーゴーの台詞が掲載されています。英語は、シェイクスピア(1564-1616年)の時代からほとんど変わっていないのだそうです。だから現代人がシェイクスピアを読んでも、だいたいわかる。日本では1600年代というと江戸時代。井原西鶴などの生きた時代。この頃の文学は、現代日本人には翻訳が必要(笑)日本語ってけっこう変化してるんだなぁ。で、予想はついてたんですけどこうして語源や背景、前後関係を調べるのってめっちゃ時間がかかるんです。…というか、時間を「かける」んです。翻訳の勉強を始めたときにいっちばん驚いたのが翻訳はリサーチが命!ってことでした。「調べる」ということにものすごい時間をかけます。この記事も3時間以上かかって書きました(笑)でもこりゃいい勉強になりそうです。がんばります。それでは 皆さまどしゃどしゃ雨が降っていますがどうぞ佳き時間をお過ごしくださいJona 心からのご挨拶を申しあげます11月に「ヒーリング・ワークショップ」開催しまーすこちらの話もまた書きます。Listening to NatureHealing Workshop 2017自然の声を聴くヒーリング・ワークショップ 2017日時:11/8(水) または 11/18(土)両日とも 13:00~16:00場所: 都内の公園(詳細はメールでご案内します)参加費: 6,000円(オリジナルフォトブック付き)詳細はこちらの記事から。https://ameblo.jp/jona-the-herbalwitch/entry-12316024273.html妙なる音の楽器「ライアー」を自分で奏でて、自分をトーニングするセッションもやってます(画像をクリックすると専用サイトへ移動します)

      11
      4
      テーマ:
  • 21 Oct
    • 翻訳道楽。

      Jonaでございますこの記事で、ちらっと書いたのですが今年の初めに、とつぜん思い立って3月から「英文翻訳」の勉強をしています。なぜ急に始めたかは↑ここに書いたのですけども3月から大学受験のときに使った参考書で文法の復習を始めて(半分くらいで挫折w)4月から翻訳家・高橋茅香子先生の英文翻訳塾に、週一回・3ヵ月、通い…現在は、通信講座と英文法の独学でほそぼそと地味に、勉強を続けています。今は、いろんな勉強方法を試してみているところです。通信講座の課題でかつて読んだ短編の一節がでてきたときはえらい感動しちゃったりよーし4月から翻訳塾に通うぞ!と決めてその前に英文法の復習だ!と思ったとき受験のときに使った参考書がどーしても進まない…つまんない…つまんないよ!!ヽ(`Д´)ノ!何がそんなに…とよくよく考えてみたらわたし、どうも日本語の「文法用語」が気に入らないようで(笑)(気に入る/気に入らないの問題じゃないんですがwなので、高橋茅香子先生がご著書で紹介されていたこの本を、やってみました。 Essential Grammar in Use with Answers and Inter... 4,132円 Amazon 英語で書かれた、英文法の本!この赤い本は、初級向けです。例文が簡潔だし、解説もシンプルなのでとてもわかりやすい!8月に赤い本を終えたので今は中級向けの青い本をやってます。 English Grammar in Use Book with Answers and In... 4,132円 Amazon 今年中に終えられるかなー。青い本のあとは緑の本もやりたいんだ! Advanced Grammar in Use Book with Answers and I... 4,132円 Amazon 驚いているのはこの飽きっぽいわたしが半年以上、続けられているということ英語に憧れていただけで大して勉強しなかった身には翻訳塾での課題を毎週こなすのはなかなか厳しかったんですがやっぱりおもしろい!…と知ってしまいました。で、まだまだじわじわ続けていくつもりなのでこのブログでも自分の記録のために翻訳の勉強について書いてみることにしました。いま考えているのは「おっ、このイディオム(慣用句)おもしろい!」と思ったものを紹介するとか。おつきあいいただければ嬉しいですそれでは皆さま 台風が近づいていますどうぞご安全にお過ごしくださいJona 心からのご挨拶を申しあげます11月に「ヒーリング・ワークショップ」開催しますよ~こちらの話もまた書きます。Listening to NatureHealing Workshop 2017自然の声を聴くヒーリング・ワークショップ 2017日時:11/8(水) または 11/18(土)両日とも 13:00~16:00場所: 都内の公園(詳細はメールでご案内します)参加費: 6,000円(オリジナルフォトブック付き)詳細はこちらの記事から。https://ameblo.jp/jona-the-herbalwitch/entry-12316024273.htmlライアーという楽器の、美しい音を使って自分の状態をととのえるセッションも、(今でも)やってます(画像をクリックすると専用サイトへ移動します)

      12
      テーマ:
  • 18 Oct
    • "Listening to Nature" 10/21(土)中止します★

      Jonaでございますいやもう、なんというかこの長雨旧型太陽電池式が動力源のJona魔女です。それでも今年はだいぶ耐性ができてきたんですけどもそれにしてもーーー雨。雨。雨…秋の長雨に、台風…o(TωT )ということで、10/21(土)の"Listening to Nature"は中止することにいたしました。残念…週間天気予報を見ていて諦めました。秋の樹々の見せてくれるあの純粋な美しさのなかで癒しを実感してほしいので今回は中止にしようと決めました。先ほど、母と夕飯を食べながら天気予報を見ていて「ああーーーまた雨だし台風くるね」と呻いていましたら、母が「ほんとに、こればっかりはお金があってもどうにもならないわねぇ~(´・ω・`)」その言葉を聞いて「ほんとね!お天道様の都合は、お金があってもどうにもならないね!≧(´▽`)≦」そうそう、それだから自然というのは魅力的だし、おもしろいし、自分の「小ささ」を良い意味で実感できるんだったわ、とあらためて気づかせてくれた母の何気ない一言に(心のなかで)感謝したのでありました。そうこうしているうちに11月がやってきます。11月は 11/8(水) と 11/18(土) に開催予定ですListening to NatureHealing Workshop 2017自然の声を聴くヒーリング・ワークショップ 2017日時:11/8(水) または 11/18(土)両日とも 13:00~16:00場所: 都内の公園(詳細はメールでご案内します)募集人数: 各日とも3名様まで参加費: 6,000円(オリジナルフォトブック付き)お申込み:申込みフォームはこちら・天候不順の場合には「中止」または「別の日にお振替」になります。・ずっと戸外を歩きますので、気候に適した靴・服装でおいでください。このヒーリング・ワークショップの詳細 & あれこれはこちらの記事で!ヒーリング・ワークショップ "Listening to Nature"https://ameblo.jp/jona-the-herbalwitch/entry-12316024273.html"Listening to Nature"の背景あれこれ(1)https://ameblo.jp/jona-the-herbalwitch/entry-12316589532.html"Listening to Nature"の背景あれこれ(2)https://ameblo.jp/jona-the-herbalwitch/entry-12319426958.htmlそれでは皆さま 佳き日々をJona 心からのご挨拶を申しあげます

      9
      テーマ:
  • 16 Oct
    • [小噺]プロフィール写真を変えてみました。

      Jonaでございますサザエでございま~す↑意味がわからない方は前の記事をどうぞ(〃▽〃 )今日、プロフィール写真を変えてみました。こんな人が、このブログを書いてます。いや、もう、自分で書いてしまいますがスマホのカメラってすごいっすね!というかスマホカメラの画像修正ソフトってすごいっすね!(汗)Taidobuyのモデルさんみたいな美しい肌色に仕上がっちゃって目元だけ強調できちゃってシワもシミも さらっと修正してくれちゃってすごすぎーーーーwww詐欺でしょーーーーwww今までは撮った写真の色調補正だけでプロフ画像をアップしていたのに禁断の魔術にとうとう手を出してしまった気分です。先に、facebookのプロフィール写真をこの画像にしてみたのですが「素のわたし」を知っている人がいっぱい褒めてくれたのでなんか…ものすごい感動したのです。なんてみんな優しくて寛大なのかしら!!「本当はこんなじゃない」って良く知っている人たちなのに!!wwwありがたいっす。みんないい人ーーーー!!みんな大好きーーーー!!もうなんか、口調がヘンですすみませんw友達の優しさをこんなところで感じるJona魔女でした。あ、オチはないです。(小噺、のくせにwww)

      9
      テーマ:
  • 14 Oct
    • "Listening to Nature"の背景あれこれ(2)

      Jonaでございます↑いつものこのご挨拶、わたしの頭のなかでは「サザエでございま~す」だよなぁ、と思いながらこれを書かないと先に進まないのですw10月と11月にヒーリング・ワークショップ "Listening to Nature"を開催しようと思い立ち、その背景についていろいろ綴っているシリーズです。"Listening to Nature" は去年まで「自然の声を聴くワークショップ」と題して開催していたワークショップのリニューアル & パワーアップバージョンです。ごあんない記事は、こちら。この"Listening to Nature"で使うテキスト(フォトブック)が先日できあがってきましたーこのテキストのなかに入れた写真は実際に"Listening to Nature"を行う公園でわたし自身が撮りためてきたものを使っています。(スマホのカメラで撮ってますw)その写真をよく人が褒めてくれるのでだったらフォトブックにしてこの日のことをいつでも思い返せるようにすればよくない?と思い、作りました。森の中という「魔法の世界」へのガイドブック、なイメージ。そもそも 2013年に初めてこの公園に足を踏み入れてからこのヒーリング・ワークショップは始まっていたのだなぁ、としみじみ思いだします。↓これがその、発端。ケルトの魔女修行、のおはなし。(2013-06-09)https://ameblo.jp/jona-the-herbalwitch/entry-11548296527.html見える世界と見えない世界をつなぐとき、必要なこと。(2013-06-21)https://ameblo.jp/jona-the-herbalwitch/entry-11555887189.html森の中は魔法の世界、って言いましたけどもただ歩いてればいいってものでもなくてコツ、というか、マナーがあるんです。上の写真も、そのひとつで。まずはそこから、お伝えしていきます。このテキストにはほかに、 あなたの体験は、あなただけの特別なもの。 魔法の世界へ入るときの心得 からっぽになる 耳を澄ます 「体感」を意識する "彼ら"と親しくなるために 森のなかで過ごす「余白の時間」 「静けさの領域」は創造のゼロポイント 光と影 奇跡は思わぬ出来事としてやってくるこんなことを書いています。何か辛いことや 思い通りにいかないこと気分がクサクサすることがあるたびに電車に乗って この公園へ来てただただ ひとりで樹々の間を歩き回り彼らの、耳には聞こえない声に 耳を澄まし人間の言葉で語りかけエネルギーを分けてもらってきました。自然をリスペクトして美しい森のなかにはいると自分が整います。誰でも体感でわかります。自分がゼロに戻れる。そこからまた、始めることができる。そこから新しい道を敷き始めることができる。樹々は 人間にものすごい貢献してます。酸素を供給するとか食糧や建材、薬、染料などなどを提供するだけでなく太陽エネルギーを変換してその体に貯え地球のバッテリーとしての役割も果たしているし人間のエネルギーを整えてくれる。ほかにもたくさん貢献してくれています。そういうことを実際に森のなかを歩きながら自分の意識のなかで実感することもなんともいえない感動につながって「ああ、いま自分は正しい場所にいる」って喜びがじわじわ湧きあがってくる。あ、それでですね、やろうと決めてテンションあがって欲ばって日程を決めちゃいましたがwうーん、散漫だなーという感覚があり日程をちょっと減らしました。でも どの日が最適か迷っちゃうのでこういうときはペンデュラム頼み。結果はこちら。ということで、10月は 10/21(土) のみ。11月は 11/8(水) と 11/18(土)に開催することにしました。各回とも 13:00~16:00 です。Listening to NatureHealing Workshop 2017日時:10/21(土)11/8(水)11/18(土)各回とも 13:00~16:00場所: 都内の公園(詳細はメールでご案内します)募集人数: 各日とも3名様まで参加費: 6,000円(オリジナルフォトブック付き)お申込み:申込みフォームはこちら・天候不順の場合には「中止」または「別の日にお振替」になります。・ずっと戸外を歩きますので、気候に適した靴・服装でおいでください。それでは皆さま 佳き日々をJona 心からのご挨拶を申しあげます

      8
      テーマ:
  • 11 Oct
    • 八坂圭 展「跳ねるひかり」今日からスタート!

      Jonaでございます春と秋は 特別です。何があるかっていうと…八坂圭さんの個展です前回の個展(今年3月)のとき展示のお手伝いをしてまっ白な壁に色彩が広がっていくのを眺める歓びを味わってしまったので「今回は展示のお手伝いいりません? 日程あけてありますけど」と、八坂圭さんにアピールしまんまとお手伝いさせてもらってきました。この白い空間に絵たちが飾られていくとなんかね、温度が変わるんですよ。なんていえばいいのかなー体感温度とちょっと違う。色彩にも温度があるんですよ。今回は「わぁ、圭さんの絵でこんな色つかわれてるの見たことない!」っていう色がたくさん使われていて10年間、八坂圭さんの絵を見続けてきたわたしもビックリでした。「そんな色が出てきたんだ!」って感じ。※八坂圭さん、宇宙からのインスピレーションですべての絵を描いているので…一般的な意味で「アーティスト」って呼ぶのはどうもしっくりこないというか創意工夫とか技術で描いてるわけじゃないのです。世界のエネルギーが変容していっている時期なのが圭さんの絵からも感じられます。個展のテーマは「跳ねるひかり」。宇宙からの無限のサポートの光が思いもしない方向へも飛び散りあらたなスターシードが宿っていくチャンスを示しているそうです。これね、これ!今回の一番大きな100号サイズの絵わたしの身長より高さがあるし腕をめいっぱい広げて やっと両端つかめる大きさこれがすごいんだもうね、この前に立ってると吸いこまれそう。吸いこまれそうすぎて、口が開いたままぽかーんとしてしまいました。ほかにもわたしに響きかけてくれる絵があってその絵と対面していると頭のてっぺんがくわんくわん~ってしてくる。またあの子に会いにいこーと思っています。★現在、八坂圭さんの新たな「ストール・プロジェクト」も走ってます。個展会場で予約ができるようです。頬にあてると、ふわっと柔らかくて…赤ちゃんも喜びそうな、特別な布地で創られてます。★2018年カレンダーの販売もあります。個展会場で購入できますよ!ということで、今日は初日。17時からレセプションパーティーがあります。作家さんとゆっくりお話ができる時間です。どうぞ足をお運びください八坂圭 展−跳ねるひかり−2017.10.11(水)~10.24(火)12:00~19:00 (最終日17:00まで)※10/17(火)と10/18(水)は休廊Shonandai Gallery〒106-0032東京都港区六本木7-6-5 六本木栄ビル3FTEL/FAX 03-3403-010http://www.shonandai-g.com/art/home.html東京メトロ日比谷線・千代田線・大江戸線「六本木」から徒歩3〜5分

      14
      テーマ:
  • 04 Oct
    • "Listening to Nature"の背景あれこれ(1)

      Jonaでございます今日は、肌寒い一日ですね。郵便局へいく用事ついでに大好きなお山に散歩に行ってきました。ちょうど、ヒーリング・ワークショップ "Listening to Nature"を開催する頃と同じくらいの気温だよね、と思い今日いけば、あの感覚を思い出せるなーと思ったのでした。"Listening to Nature"は去年まで「自然の声を聴くワークショップ」と題して開催していたワークショップのリニューアル & パワーアップバージョンです。ごあんない記事はこちら自宅から徒歩20分ほどの神社さまが背負っている標高50メートルの、可愛らしいお山です。このお山にはこのブログでも時々写真をアップしている大好きなタブノキさんがいます。たいていふと、「あ、今日いかなくちゃ」という気分になって、行きます。薄曇りで、肌寒いけれど急な階段をのぼっていくので息が切れるし汗ばんで暑くなります。そうすると、ひんやりした山の空気がとっても心地よいのです"Listening to Nature" は午後の時間帯(13:00~16:00頃)にやります。それにも理由があって。秋の午後の陽ざしって黄金色をおびていてすっごく美しいじゃないですかその時間を森で過ごすのってめっっっちゃ良い気分なんですそうして、家に着いた頃にはもう日は落ちて、夜になっていて森の中にいた時間の穏やかな落ち着きと静けさの余韻にその晩ずっとひたってもらえるんじゃないかな、と思うのです。で、今日もお山に14時くらいまでいましてタブノキさんとともに座りぼーーーーーー・・・・・・( ´o`)…っと、してきました。ぼーーーーー・・・・( ´o`)ーーー・・・・・・( ´o`)・・・・・・( ´o`)このままタブノキさんに同化できちゃえばいいのになー…( ´o`)タブノキさんのそばで撮った音です。(音がちょと小さいかもしれません)虫の声。カラス。森の静けさそれから このお山にあるわたしの「秘密の場所」にいってそこでもぼーーーーー・・・・( ´o`)っとして、頭上にひろがるレース編みのような繊細な眺めを見上げてはきれいだなー…と感嘆し、クモが上手に張った巣を気をつけて避けながら林を通ってオニタケの仲間らしきキノコを見つけ(たぶんこれ。食べられないやつ)弁天様のお社でアケビがなっているのに気づいて思わずニッコリしすっかり癒されて帰ってきました。はぁ~(*´ω`*)満足。科学的にも人がぼーっとしている時の脳は集中して課題に取り組んでいる時の20倍も活発な活動を行っているという研究結果があります。「複雑な問題の分析や、考察」を司どる脳の部分が一斉に活発になるのは「空想にふけっているとき」だけ。子どもたちにとっても「ぼーっとする時間」は創造性やイマジネーションの力を育むためにとっても重要なのですって。うん たしかに自由な遊びのなかで「発想」って生まれてきますよね。頭のなかをきっちきちにしてたらいいアイデアなんて浮かびませんもんね。ぼーっとする「余白の時間」の豊かさを伝えたくて"Listening to Nature" の前身となるワークショップを2年前に始めたのでした。ぜひぜひ"Listening to Nature" にご参加ください。「豊かな時間」を感じるコツをお教えしますそれでは皆さま 佳き日々をJona 心からのご挨拶を申しあげますライアーという楽器の、美しい音を使って自分の状態をととのえるセッションもやってます(画像をクリックすると専用サイトへ移動します)

      15
      テーマ:
  • 02 Oct
    • ヒーリング・ワークショップ "Listening to Nature"

      Jonaでございます今日のおしらせとは関係ないのですがこの数ヶ月、老眼が進んで夜になると(暗くなると)度数1.0の老眼鏡では字がボケます…。ごまかしつつ、しのいできたのですが今日、度数1.5の老眼鏡を買いました。 BEGLAD(ビグラッド)ケース付老眼鏡 BGE1011OR 超弾性素材採用 軽い柔らかフチな... 2,100円 Amazon これめっちゃ可愛くないですかーーーむっふーでは、本題です(*^ー^)ノ去年まで「自然の声を聴くワークショップ」というタイトルで行っていたワークショップをリニューアルして再開することにしました!今日は、そのおしらせです!思いついたのは9月初め。ぴょこっ、と出てきたアイデアの新芽を育てるのにしばらく寝かせておりました。というのも、リニューアルにあたり従来の内容とは違う焦点をもつことにしようと決めたのです。それで、アイデアを出しては温め、出しては温め、してきたのですがやっとおしらせできるところまできました!従来は「ワークショップ」と銘打っていましたが昨年5月の参加者さまから「これってほぼヒーリングですよね!」とご感想の言葉をいただいて、それが自分の内側でずっと響いていたのです。そこで、リニューアル後は「ヒーリング・ワークショップ」と位置づけることにしました。その時の記事が、こちらです。自然の声を聴くWS、5回目を終えて思ったこと。https://ameblo.jp/jona-the-herbalwitch/entry-12160382575.htmlヒーリング、だけどじぶんでじぶんをヒーリングできるコツをたくさんの人が知ってたらいいよねー!って、思ったのです。で、こんなふうに考えました。少人数。室内ワーク無し。とにかく、どっぷり緑にひたることにする。森のなかにいると日常の場所にいるよりもずっとスムーズに自分のまんなかに戻れるのだから。この時間で体験する精妙で美しい時間のことを後からでも思い出せるようにできないかな?そうだ、この小さな「旅」のガイドブックとしてこれまでに撮りためてきた樹々の写真でフォトブックを作ろう!後から読み返したらその日の感触を思い出せるように。一度、このヒーリング・ワークショップを体験すれば一人でいても「自分の中心」を思い出せるように。…もちろんリピート大歓迎なのですけどじぶんでじぶんを癒すコツがわかればそれに越したことはないじゃないですかこんな方におすすめです! 自然の癒しのちからを実感したい方 自然や樹々、植物が好きな方 樹々と話したことがある方 公園にいくと思わず樹に抱きついちゃう方 じぶんでじぶんを癒すヒントが欲しい方 慌ただしい日々で疲れてしまってる方 自分の中心の感覚を思い出したい方 静かな気持ちになっていろいろ整理したい方 とにかく癒されたい~と感じている方 なんだかわからないけどピンときた方…などこんな効果があります!・森のなかを歩くことで、呼吸が深くなる (これだけでもかなり違います!)・地球とじぶんのつながりを実感できる・静かで穏やかな気持ちにひたることができる・じぶんの中心を感じることができる・疲れた心がホッとする・創造のゼロポイントについて理解が深まる…などListening to NatureHealing Workshop 2017日時:10/21(土)11/8(水)11/18(土)各回とも 13:00~16:00場所: 都内の公園(詳細はメールでご案内します)募集人数: 各日とも3名様まで参加費: 6,000円(オリジナルフォトブック付き)お申込みフォームはこちら・天候不順の場合には「中止」または「別の日にお振替」になります。・ずっと戸外を歩きますので、気候に適した靴・服装でおいでください。Jonaが何年もかけて友情を築いてきた素敵な樹木の皆さんを紹介しますよ11月は特に、自然が美しい彩りをまといます。なので11月は日程を多めにとってます。ちなみに、従来のワークショップではこんなご感想をいただきました。リニューアル後は内容が変わりますが、ベースは同じです。よかったら参考にされてください自然の声WSご感想https://ameblo.jp/jona-the-herbalwitch/entry-12161210255.htmlまた、去年までのワークショップでは戸外でライアーを聴いていただく時間がありましたがリニューアル後はライアーは使いません。「あなたも、わたしも、身ひとつ」で行いますやっとおしらせすることができて、ワクワクしています!ご参加を心よりお待ちしています。このヒーリング・ワークショップについてのお話などブログに綴っていきますので続けてお読みいただけたら嬉しいですそれでは皆さま 佳き日々をJona 心からのご挨拶を申しあげますライアーという楽器の、美しい音を使って自分の状態をととのえるセッション、やってます(画像をクリックすると専用サイトへ移動します)

      10
      2
      テーマ:
  • 21 Sep
    • 新月、音と波のクリアリングセッション。

      Jonaでございますこんにちは。前回の記事でごあんないして(その後まったくブログ更新してませんでしたがw)「音と波のクリアリングセッション」新月の昨日、開催しました。ご参加くださった皆さま、ありがとうございました皆さんよく今までがんばってきましたよねコラボしたそらちゃん、ゆうちゃん、ありがとう。お部屋の雰囲気もバッチリでした!今回、一日を通して一貫していたキーワードは「才能」じぶんの持っている才能をじぶんで認めるってこと。みんな真面目だし「こんなわたしではまだまだ…」って、なっちゃうそれは向上心の表れでもあるけれど「まだまだ」って思いが強くなりすぎてじぶんを縮こまらせてしまう。じぶんの「才能」にじぶんで気づいてじぶんで認めるそれが一貫したテーマになっていたな、とふりかえって思います。補足すると、才能ってそんなすっごいものじゃなくて良いんですよ優しすぎる気を配りすぎるそれだって、才能なんだからそれをふまえつつもっと自分を大切にもっと自分に優しくしていくのが、何よりだいじ。ゆぅちゃんの魂リーディングそらちゃんのエネルギークリアリングの後、クリアになったエネルギーをライアーの音と振動で定着させる、というなんともリッチなセッションでしたセッションのおしらせを見て「なんか…いかなきゃ。」って直感で申込んでくださった方ばかりだったことにびっくりしつつもああ、必然だったのだな~って、しみじみしました。終わったあと皆さんのお顔がツヤツヤになってて帰り際、ドアを開けるときの皆さんの笑顔、めっちゃ素敵でしたいつものことなので参加者さんにちゃんと説明するの忘れてた~と後から気づいたのでここで書いておきますね~ライアーの音色はその方のエネルギー状態から音を紡いでいるのであれは前もって作曲したメロディーじゃないですよ~あれは、あなたの音です~(*^ー^)ノあなた独自の振動から出てきた音です~同じメロディーは二度と生まれないのです~ライアーを手に入れたばかりのとき「これって…めっちゃヒーリングになるじゃん!」とじぶん人体実験をしてきた方法を今回、初めて採用しましたがドンピシャでしたゆぅちゃんのミリオナイトもめっちゃ綺麗でそらちゃんのエネルギークリアリングはそばにいるJona魔女にも効いてました仲間と一緒にやるっていいなぁ、じぶん自身もとても楽に、軽やかに楽しく感じました。また開催することがあれば、おしらせしますね魂リーディング・ゆぅ のレポートはこちらhttps://ameblo.jp/sakuyasaku3/entry-12312667503.htmlというわけで季節が変わり、また新しい日々。どうぞ皆さま 佳き日々をJona 心からのご挨拶を申しあげますじぶんで奏で、じぶん自身をととのえる「セルフトーニング」セッションDAY 10月15日(日) ※セッション料金が割引になります。↓画像をポチ、で専用サイトに移動します。※セッションDAYは今年いっぱいで終了いたします。

      17
      テーマ:
  • 28 Aug
    • 【満席になりました】音と波のクリアリングセッション”

      Jonaでございます今日はおしらせです!こういうおしらせはとっても久しぶり9月20日(水)に潜在意識ナビゲーターのそらちゃんミリオナイトアーティストのゆぅちゃんとともに3人コラボセッションをすることになりました!その名も「音と波のクリアリングセッション」なんかね。すごいです。3人でこのコラボのやりとりをしてますけどもまじで何が起こっちゃうのかしらって「あ、これ、そーゆー流れだ」って感じるとき、ありますよね?まさにそれどんな化学反応が起きるのか、すごく楽しみです9月20日は新月なのです~どんぴしゃ、新月の日にこの3人でめっちゃクリアリング&センタリングしちゃうセッションをするっていう実は、8月中旬にはそらちゃんがとっくに告知してくれてたんですけどもその直後に満席になっちゃったのでJonaブログでご紹介してなかったんですw平日の昼間、ということで【2席→1席】空きがでましたのでJonaブログでもお知らせができるようになりました(笑)★満席になりました。ありがとうございました★そらちゃんとは、以前もコラボセッションをしたことがありました。そのときも満席(っていうか増席して)での開催でした今回は そらちゃんからミリオナイトのゆぅちゃんとのコラボを提案いただいて。ゆぅちゃんの作るミリオナイトはめちゃめちゃパワフルなオルゴナイトということで、詳細はこちらから。音と波のクリアリングセッション日時: 9月20日(水)場所: 新宿 (お申し込み後、詳細をお伝えいたします)JRなら徒歩3分くらい、大江戸線なら徒歩1分の場所です。募集人数: 5名様→2名様→1名様 満席になりました時間:10:00~11:00 ご予約済11:10~12:10 ご予約いただきました12:50~13:50 ご予約済14:00~15:00 ご予約いただきました15:10~16:10 ご予約済セッション料金: 60分 15000円お申込みフォームはこちら夏のエネルギーっていろんな意味で「強烈」なので新月のエネルギーが満ちる日に夏のあいだに溜まったストレスや疲れをリセットしじぶんの中心に戻りましょうお申込み、お待ちしています。「ライアーをあなた自身が奏でるセッション」はいつでもお申込みを受け付けてます。セッション料金が割引になる次回の「セッションDAY」は9月17日(日)です※セッションDAYは今年いっぱいで終了いたします。今のうちにどうぞそれでは皆さま 佳き日々をJona 心からのご挨拶を申しあげます

      17
      テーマ:
AD

プロフィール

Jona魔女

性別:
女性
誕生日:
7月4日(蟹座)
血液型:
A型

読者になる

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。