ポートレート白書はカメラマンのその時の状況を赤裸々に描いたもので、被写体は主観的かつ個人的見解に語らせていただきます。
ポートレートとは、被写体の本質を引き出し、写真にその人らしさが出るような人物写真の事を指す。写真は添付不可ですので、jo-moriyama.comから作品を覗いてください。

某ホテルの一室での撮影の事。持ち時間は5分。しばらくすると、「渡邊さん入りまーす」というスタッフの声とともに、俳優・渡辺謙が撮影場所の部屋に入ってきた。

ここで問われるのは、5分以内にどれだけ、初めて会う渡辺謙さんの本質を引き出すかである。
「はじめまして、森山です、宜しくお願いします」と手を差し伸べて握手をすると、
丁寧に「はじめまして宜しくお願いします」と返してくださった。

もう、30秒経過している。。

俳優さんなので、短いストーリー仕立ての演出をしてもらう事にしました。
それは全て本質を引き出すためのアイディアです。

「では、渡邊さん窓の腰掛けていただいてもいいですか」と僕。
「ハイ」と渡邊さんが答え、
「あぐらとかかいてもらってもいいですか?」と尋ねると、
あぐらをかいてくださいました。
すると、スタッフが横からジャケットがしわ寄っちゃいますし、ちょっと。。。
と水を差された。
「あ、そうですよね汗」と僕

1分経過。。。

「渡邊さん、5秒から10秒の演出をしてもらいたいのですがいいですか?」と尋ねると
「わかりました」と快く答えてくれました。

明日に続く。。。

AD

コメント(1)