2017-04-27

ラプチャー

テーマ:映画
スティーヴン・シャインバーグ監督『ラプチャー』をマスコミ試写会で拝見。チラシには「突然の拉致」「謎の研究施設」「戦慄の人体実験」とあり、じゃあrupture(破裂)とは何? 何が起こるの?と、見る前の期待が高まります。

結果的に、意外なまでに知性に訴えかける歯切れよい映画でした!
感覚的に耐えがたいとか、そういうのはありませんのでご安心を。

と、ネタバレに配慮するとこのぐらいしか書けないのですが、私はオウム真理教を思い出しました。「なんの資格があってあなたがたがそれをやるの?!」という危なさ。人間存在への気持ちわる感惹起という点でも。

いろいろ面白い『ラプチャー』は、6月3日よりロードショーだそうです。










いいね!した人  |  リブログ(0)

目黒条(めぐろ・じょう)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>