のびすけさんのブログ

日々のいろんな思いをつづります。ま~ほとんど自分用の気ままな日記&勝手な妄想です!愚痴も時々ありますが誰かを励ましながら~実は自分を励ましてたりします!


テーマ:
ここって超有名店だよね。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
不正節電6000万円超、人気ラーメン店のせこすぎる「手口」

2011年12月25日12時10分

提供:産経新聞
不正節電6000万円超、人気ラーメン店「むさし」のせこすぎる「手口」


 【衝撃事件の核心】電気使用量を量る電気メーターに細工をし、関西電力の電気料金徴収業務を妨害したとして、飲食店経営会社社長ら2人が、偽計業務妨害容疑で大阪府警に逮捕された。飲食店経営会社社長は、人気ラーメンチェーン店「ラーメンむさし」などの実質的経営者で、関電によると、確認されただけで飲食店などでの“不正節電”額は、7年間で6千万円以上にのぼるという。「経費を浮かせたかった」という思いから、手を染めたその巧妙な手口とは…。

 ■実際の被害は1億円?

 大阪府警泉佐野署によると、逮捕されたのは野中豪(58)=大阪府熊取町若葉=と知人の露天商、橋本三郎(44)=大阪府八尾市上之島町北=の両容疑者。

 野中容疑者が“不正節電”を始めたのは平成16年にさかのぼる。

 「電気代を安くできるで」

 堺市内でリサイクルショップも経営していた野中容疑者は、店の客として知り合った橋本容疑者から、こう持ちかけられたとされる。

 しかし、その方法は、電気メーターの回転板をゆっくり回るように細工し、電気使用量を実際より少なく見せかけるという不正工作だった。この話に乗った野中容疑者は、16年4月26日、大阪府内で経営するラーメン店と焼き肉店、自宅の計3カ所でメーターの工作を依頼した。

 野中容疑者は、当初は半信半疑で依頼したとみられるものの、“不正節電”の効果は大きかったようだ。

 メーターに細工を行う実行役だった橋本容疑者は、「生活が苦しいので小遣い稼ぎにやった」と、1件につき約15万円の報酬を受け取っていた。が、野中容疑者は、数カ月で橋本容疑者に支払った15万円分の電気代を浮かすことができたという。

 「これはほんまに使える」

 味をしめた野中容疑者は、この後も系列のラーメンチェーン店などで次々にメーターに細工をするよう依頼。泉佐野署によると野中容疑者は「メーターを改造してもらったのは30カ所以上」と供述しているとされる。

 逮捕後、関電がこのうち20カ所を調査したところ、被害総額は16年4月からの約7年間で、約6千万円にのぼることが確認された。捜査関係者によると、調査が終わっていない店舗などを含めれば、最終的な被害額は1億円に届く可能性もあるという。

 ■雑誌などでも人気店

 野中容疑者が実質的に経営する「ラーメンむさし」は、広々とした店舗に大衆向けの価格でラーメンを提供。大阪や和歌山、九州に16店舗を展開する人気店だった。

 「探し求めたその味は、試行錯誤の7年半」

 ホームページや店内には、味への自信をうかがわせる言葉が掲げられており、雑誌やラジオなどに取り上げられたこともある有名店。

 人気メニューのとんこつ味から塩、しょうゆなどさまざまな味が選べることから、ファミリーやカップルで利用しやすいとされ、休日には行列ができることもあった。このため、店の周辺では「むさしに行けば、間違いなく満足できる」と評判だったという。

 しかし、客からの人気の半面、むさしでは、ほとんどの店でメーターの不正が行われていた。

 野中容疑者が経営を握る直営店6店舗と腹心に経営を任せた独立店2店舗は全店でメーターに工作を施していた。また、野中容疑者は、フランチャイズ契約した8店舗のオーナーにも不正工作をやらないかと声をかけていた。

 「やりたくない」

 きっぱりと拒否したフランチャイズ店は数店だけだったという。

 しかも、フィランチャイズ店のオーナーが不正工作話に乗ってきた場合、野中容疑者はオーナーに対し、紹介料として50~30万円を要求していたことも判明している。

 ここから実行役の橋本容疑者に約15万円を渡し、半額以上を中抜きして、自分の手に収めるからくりだった。

 ■匿名の「申告」

 野中容疑者らの逮捕容疑となったのは、今年6月に大阪府泉佐野市の「ラーメンむさし泉佐野店」の電気メーターに不正を施したケースだった。

 「むさしで電気メーター不正がある」

 6月上旬に関西電力に匿名の申告があり、同社が泉佐野署に相談。ちょうど6月28日にオープンする予定だった「むさし泉佐野店」で、不正の有無を確認することになった。

 そうとは知らない野中容疑者は、開店前日の6月27日、橋本容疑者に指示してメーターの回転板を改造させた。

 そして、7月25日の関電の立ち入り調査で、不正があったことが発覚した。開店から不正発覚まで、むさし泉佐野店の電気料金として不正メーターがはじき出していたのは約9万4千円だった。

 ところが、関電が正規料金を計算し直したところ、実際の電気料金は約14万5千円にのぼった。このため、差額の約5万千円をごまかしていたことが明らかになった。

 泉佐野店は午前11時から翌日午前1時半まで長時間の営業を行っており、“不正節電”の効果も大きかったとみられる。

 11月の逮捕当日、泉佐野署に任意同行され、容疑を告げられると、すぐに容疑を認めたという野中容疑者。捜査関係者は「身なりも普通で、お金に困っていたわけでもないだろうに」と話す。

 また、業務を妨害された被害者の関電は「今回のようなケースは許されることではなく、厳正に対処したい」としており、被害額の請求を決定。「不正使用」として、請求額は正規料金の3倍を適用することも検討しているという。

 経費を削減したい-。安易な気持ちで手を染めた不正工作が、大きな代償を招いたことは間違いなさそうだ。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

電気メーターの不正はずいぶん昔からありますね。

しかし~電気メーターには電力会社が封印をしてるはずなんだけどね。

昔は鉛に押し型をした封印が使われていましたが最近はどうなんでしょうか?

そう言えば電力会社の社員がこの封印を横流ししていた事件もあったと思います。

一般庶民は高い電気代を払ってさ~暖房温度を低くして節電してるのにさ~電気代金を安くして使い放題にしていた訳だね。

セコイ野郎だわ。

今後はさ~「ラーメンむさし」じゃなくて、「盗電ラーメンむさし」って名前に変えろよな。

 「探し求めたその味は、試行錯誤の7年半」ってキャッチフレーズですが、「盗み続けたその電気は7年」ってキャッチコピーも付けたさなきゃね。

ちなみに手口をネットで見つけましたが・・・・

//////////////////////////////////////////////////\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\
電気代を安くする方法 最新版


電気のメーターは手前に45°以上傾ければ回りません。

封印を外すし、蓋を開けると、真ん中にビスが有りますので、(電線の無いところ)それを外し、元通りにします。後は掛け時計を外す要領で、簡単に傾けられます。
もとに戻すのも簡単です。ただ、メーターは2年に1回くらいに違うメーターと取り替えられますので(電気事業法にある)そのときには元通りにビスを付けられるでしょう。

電力会社に「xx地区の検診日はいつ頃ですか?」と聞けば、ほとんどは教えてくれると思います。
怪しまれたら、「メーター付近の増築を考えてる」とでも言っておきましょう。

<ゲスト用情報>
・電気代をただにする方法
電気のメ-タ-を回らなく、もしくは半分にする方法です。

1.メ-タ-に入っている電線のところのねじをはずします。
2.このとき、封印がついていますが、かまわず取ってください。
3.ねじをはずし、ふたを取ると電線か4本もしくは6本入っていますが左側の2,3本電線の入っているところの上を見ます。
4.小さなねじがありますこのねじをゆるめ、小さいバーを横へずらせばOKです。
5.電線が6本入っているメ-タ-であれば、両方バーをずらせば、メ-タ-は回らず、電気が使い放題になります。

ですが電力会社が使用量不審で調べにくるので、バ-をはずしておく期間を、よく考えてくださいまた封印は、検針の人が調べますのでなるべくばれないようにきれいに取ってください。

多少の電気の知識が有れば、エアコンや一部のコンセントの電気代を浮かすこともできます。
ブレーカーが1~2個だけしかない家ではばれやすいので要注意ですし鉄筋コンクリートの家では専門的になりすぎて駄目ですが、家の中には分電盤と呼ばれる、電気のブレーカーの箱が大概の家にはあります。(あまり古いと付いてないこともありだめです。)

そして、電柱から電気を受電していることが前提です。(地下からでは、また専門的すぎ)電気の引き込み口を外から確認したら、天井裏に上ってその位置まで行きます。そこからメーター器にむかって、太めの電線が有ると思います。
その電線の外側の被服(ビニールやゴム)を感電に注意しながら丁寧に30cmくらいはがします。中には、黒白か、赤黒白の被服の電線が入っているでしょう。

この電線の黒と白または、赤と白が100Vです。黒白赤の場合のみ、黒と赤で200Vです。

下記からは感電防止のため1本ずつ作業して下さい。
その被覆をはがし(1本ずつなら感電しない)そこに2本線の電線(買ってきた物、ホームセンター等で売ってる。名称はVVF2.0?の2心)を2本の内1本だけをハンダで溶接します。
そして、電線が生になっているところにビニールテープを3巻きぐらい巻きます。買ってきた電線の反対側を分電盤の中のブレーカーから出ている電線(多分買ってきた電線と同じ物です)と先ほどと同じようにハンダずけします。

電線の色は、白黒なら白どうし、黒どうし。赤白なら赤と黒、白どうし。赤黒ならどっちでもいい。
をハンダずけしてください。
そしてまた生の電線にはテープ巻きしましょう。

これを2回繰り返すと、そのブレーカーにかかっていたコンセントや照明やエアコンは使い放題使っても電気代はかかりません。
作業するときに、先に買ってきた電線の両端を生線にしてビニールテープを巻とけばより安全でしょう。ただし、2本一緒に巻かないで、1本ずつ巻きましょう。

電線を買ってくるときにあらかじめ長さを測っておいて下さいね。あと、盗電したいのが100,200Vどっちかも調べておいて下さい。
引き込み口から分電盤までのルートは出来るだけ天井裏や壁の中を進むようにすればよりばれません。
外からは分からないので外部に漏れない方法です。必要な工具はハンダこて、ペンチ、+ドライバー、カッターくらいです。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

本当かどうか怪しい情報ですけどね。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード