ジョーカーピース株式会社のブログ

モバイル/Web系システム開発。iPhoneアプリ、Androidアプリ、各種業務システム開発のICTの総合商社?ジョーカーピース株式会社。


テーマ:


バンコクの秋葉原ことパンティープ・プラザ
インド系の零細商人からタイ語のSurface状タブレットカバーを書いました

前のブログで、ベトナムではみんなiPhoneやGalaxyを持っていると書きました。

    ↓↓↓↓
ベトナム人はみんなiPhoneとSamsungを使っていた ベトナム携帯事情第1回
http://ameblo.jp/jokafecom/entry-11577882575.html


その後、多くの人から「それは偽物ではないのか?」という指摘を受けました。実際に「中国 偽物 スマートフォン」で検索したら、いろいろな情報が出てきますからね。
しかし、HTCやHUAWEIの1万円台の新品でも十分動く昨今、わざわざ同じぐらいの値段の偽物を買うかなあ、とも思います。

しかし、その疑問が吹っ飛んだのは、ベトナムで「これ、屋台で2万円で買ったiPhone5の偽物」とわざわざ断って見せられたとき。
それはどうみてもiPhone5にしか見えない。外見も、そして中身も。両脇の素材がざらついていて触感が違う気がしたけど、私は未だにiPhone4を使っているので、5の指ざわりまでは覚えていない。
ハードウェアはともかく、OSをコピーするってどういうことなんだろう。システムとか見ても確かにiOSなんです。iOSをイメージとして抜き出してコピーする? そんなスーパーテクがあったらもはやコピーという範囲を通り越している。

実際はAndroidをiOSそっくりに変えるアプリがあるそうなので、多分そういうのなのでしょうけど、使ったことないので、あそこまで似せられるものなのか、よく分からないです。



今回の出張趣旨とは外れるけど、ブログを書いた以上偽物についても調べないといけないと思っていたのですが、ベトナムの滞在期間が尽きてしまった。それなりに探してはいたのですが、見つけられなかったのです。

しかし、次の訪問地ミャンマーでは、サムスンのギャラクシーの偽物があちこちで堂々と売られていた。
これは調べなくてはいけない。江戸の仇を長崎で討つみたいなものですな。


LCC専用になったバンコクのドンムアン空港
LINEはかなりがんばっていると思います。


ミャンマーでどういうところで売っているかというと、ちょっとしょぼめの携帯ショップ。
もうちょっとちゃんといいましょう。
ここミャンマーでも、多国と同じくSIMフリーでして、携帯本体とSIMは別々に売られています。ミャンマーではSIMは比較的入手しにくく値段も高いのですが、携帯本体はどこでも売っている。

(a)直営ではないにせよフランチャイズか公認店と思われる店。ポスターなどの販促グッズがある。
(b)比較的こましな携帯ショップ。専業。
(c)他業種の店頭に陳列棚があって、タバコなんかと一緒に売られている。

といった販売形態があり、偽物があるのは(c)になります。
で、さっそく、「このサムスン(の偽物)はいくら?」と聞いてみると、5万チャット(5000円)といいます。それは高いだろうというと、4000円に下がる。たぶんもっと下がると思います。

見た目は、たしかにSAMSUNGのロゴが入っているけど、いかにも貼り付けただけって感じ。それと四角いホームボタンがサムスンのコピーだと主張していて、たしかにGalaxyっぽいけど、どこかもっさりしていて、これは本当にコピーっていうのか? とは思います。
似せるならもうちょっと気合入れてちゃんとコピーしなさいって。

電源を入れてもらうと・・・・ Androidじゃない!
5インチでVGAの半分ぐらいの荒い画面(発色はもちろん悪い)に、DOS時代のフリーソフトのランチャーみたいなのが立ち上がった。
Dual SIMで電話はかけられるみたいだけど、それ以外が、いちおうスマホっぽくアイコンが並んでいるけど、素人仕事のアイコンをクリックすると、BMI計算機みたいな、BASICの教材みたいなプログラムが立ち上がった。

・・・・これなに?
こんなの作るほうが難しくない?
本当にDOSだと言われても信じるけど、DOSで携帯電話を制御するほうが難しくないか?

それはJava」って店員が言う。
そりゃJavaには携帯電話制御用のクラスぐらいあるだろうけど、その前にJavaってこういう使い方ができたっけ?
DOSやSymbianOSを使っているというよりかは現実味があるし、現に目の前で動いているのだからできるのだろうけど、Androidを載せたほうがはるかに簡単じゃないか?

店員が気まずそうに、「こっちはアンドロイド」といって、中国の聞いたことないメーカーのスマホを見せる。7500円だった。発色の悪いVGA程度の液晶だけど、たしかにAndroidが載っていた。バージョン4系列でした。

一体全体、どういう人があの偽物サムスンを買うのだろう。
通話だけでいいのならもっと安くてもっとまともな正規品があるし、スマホが使いたいのならばあと3500円で本物のスマホが買える。
「通話だけしか使わないけど、他人からはサムスンを持っていると見栄をはりたい」
そんな人がいるのかな。いるかいないかでいえばいるだろうけど、それもそれでけっこうなニッチ市場のような気がする。

ほんとうのところ、5000円やそこらでGalaxy II の偽物が手に入るのなら買って帰ろうと思っていました。性能は30%減ぐらいだろうけど、それでも安いし。だけどさすがにこれは・・・ 
考えてみれば、ブランドの腕時計にコピーがあるのは、ムーブメントの部分が1000円の時計も10万円の時計も事実上同じだから成り立つわけです。スマホはまだまだ『ムーブメント』に相当する部分の比重が高い。Galaxy IIの30%減の性能のものが5000円で作れたらそっちのほうがすごい。


ミャンマー北部の町ミッチーナ
こんなところにもSAMSUNG SHOWROOMがある


その後、ミャンマー北部のミッチーナという街に行きました。ヤンゴンから北に1000km、中国国境まで100kmぐらいの所です。
ここの携帯ショップの経営者が知人の知人でして、携帯事情を聞いてきました。
この店は、上記の区分で言うと(b)になります。

売れ筋は、HUAWEIの1万円ぐらいの安いやつ。サムスンも同じ価格帯にぶつけてきていて熾烈な競争ですが、root奪取の容易さの関係からHUAWEIのほうが好まれるようです。(ミャンマー語環境を自力で構築する関係上、root奪取が必要。)それに対して、サムスンもミャンマー語環境を整えた戦略機を出してきました(SAMSUNG GRAND) でもまだ値段が高いとのこと。
激しく、そしてまっとうな競争が繰り広げられています。

ミャンマーのさらに辺境の町で中国国境の近く。町は人民元が幅を利かせる。更に彼は華人の商人。条件は全て揃っているので、こんなこと聞いちゃ失礼かと思いつつも、偽物を取り扱っていないか聞いてみました。

「偽物? そんなもの扱わないよ。だって保証もないし、メンテナンスもできない。」
「スマホ本体の利幅は薄いので、メンテやアクセサリが重要なんだ。ショップはたくさんあるので競争が激しいから(この小さな町に30件以上ある)、そういうのを充実して、お客さんに何度も来てもらいたいしね。」

まことにごもっとも。



サムスンの偽物を追いかける旅は商売についてのいい勉強になったけど、
当初の問である「ベトナムの若者が使っていたSamsungは本物なのか? 偽物なのか?」
については、結局はよくわからないというのが結論です。




(2014.10.3追記)
2014年春にホーチミン市にJokerPiece ASIA社を設立し、この件を継続してウォッチしました。
2014年現在のベトナムでは、偽物のSamsungは見かけません。検索語の上位に「iPhone 中国製」などがあるため、
中国製iPhoneの偽物というイメージはあるようで、かつては、この記事のミャンマーのような状況だったのかもしれませんが、
少なくとも今は違います。

  ベトナムのITについて調べたら、スマートフォンだけになった
  http://vn.jokerpiece.asia/vietnamese-it-is-only-smartphone/

文中に出てくる「飲み屋の姉ちゃんの偽物」ですが、確証はないですが、たぶん本物だったのでしょう。
ミャンマーの経験から言うに、「偽物」はそんな精巧なものではないからです。
ベトナムで「お金はないがiPhoneを持ちたい」というニーズを満たすため、iPhoneの中古市場は活発で、2014年10月現在でも、iPhone4の中古が1万円で店頭広告が出ています。飲み屋の姉ちゃんの言ったのは、好意的に考えて「一世代前の中古を仕方なしに買った」のを「偽物」と表現したのでしょう。
好意的に考えなければ、「本物のiPhoneを買ったほしい」というおねだりだったのだと思いますし、たぶんこれが正解でしょう。

こういったことは、ちょっと調べれば分かるのですが、その「ちょっと調べる」というのがなかなか難しい。
これはコンピュータ関係だけではないと思います。ほんの数人にインタビューするだけで話がぐっと具体的になるのだけど、その「数人」が難しい。
こういったことを出来るようにした新商品を始めました。「一期一会」といいます。

一期一会
http://e-151.com

ご相談から、ちょっとした調査までは無料ですので、お気軽にご相談ください。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ジョーカーピースさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。