高校1年の女子生徒(15)にわいせつな行為をしたとして、新潟県青少年健全育成条例違反の疑いで逮捕された新潟中央署刑事1課警部補、西村強容疑者(45)=新潟市西区寺尾西3=が、県警のデータベースを使って女子高校生の連絡先を調べていたことが25日、県警幹部への取材でわかった。県警は、捜査資料を悪用した可能性が高いとみて裏付け捜査を進めている。

 県警幹部によると、西村容疑者は警察官とは名乗らず、女子高校生の携帯電話に「モデルのアルバイトをしないか」などと誘い出す連絡をしていたという。

 西村容疑者は今月15日、新潟市内のホテルで、18歳未満と知りながら女子高校生にわいせつな行為をした疑いがあるとして22日に逮捕された。【川畑さおり】

【関連ニュース】
裁判員裁判:強姦致傷→強姦で起訴 被害女性の意向で回避
性犯罪:市民団体が裁判員制度評価「プライバシー配慮を」
準強姦:元障害者支援施設職員に懲役4年6月 千葉地裁
篠山紀信氏:略式起訴…礼拝所不敬など 墓地でヌード撮影
国選弁護制度:利用件数1年間で9倍に 対象事件拡大で

虐待の傷跡…絵は叫ぶ「お母さん!」 確かな境遇への渇望(産経新聞)
有吉九段がプロ引退 現役最年長の将棋棋士(産経新聞)
蓮舫氏ら“及び腰”申し入れ 口頭だけ「献金禁止を」 小沢氏辞任要求なく…(産経新聞)
電波法違反容疑、男を逮捕=海保周波数で無線流す―大阪府警など(時事通信)
<都青少年健全育成条例改正案>日弁連が反対声明(毎日新聞)
AD