大阪市は14日、市所有の帆船「あこがれ」に高校生が友好親善大使として乗り込み、上海万博の会場に向けて1390キロを航海する構想を正式発表した。7月19日の出港に向けて参加者30人を募集する。平松邦夫市長は「未来の大阪を担う高校生に、一生の財産となる体験をしてほしい」と話している。

 あこがれは大阪港を出発後、瀬戸内海から東シナ海を経て、中国・上海港まで8日間かけて航海。乗船する高校生は帆の操作などを学ぶ「セイルトレーニング」に取り組む。上海万博会場では「大阪館」を出展する大阪府・市の催しや、現地の学生との交流会に参加し、飛行機で帰国する。

 募集対象は大阪府内の高校に通う生徒で、応募多数の場合は抽選。渡航経費の一部として1人3万円のほか、国内交通費などは自己負担とする。問い合わせは大阪港振興協会((電)06・6615・7600)。

【関連記事】
伝統工芸を上海万博から発信 岩手をアピール「巨大南部鉄瓶」
上海地下鉄420キロ、急速延伸で世界一 混乱の不安も
中台の大都市間で初の公的文書 台北と上海、環境など協力
日本の「食」13億の胃袋狙う カレー、お茶、懐石料理…
上海市、万博開幕日挟み5連休 交通規制も
外国人地方参政権問題に一石

女性遺体 福岡のふ頭付近で胴体発見 諸賀さんか(毎日新聞)
水戸の川端康成展に岡本かの子の未公開書簡 整理ごとに発見 文豪の親交に光(産経新聞)
<鉄道事故>女児がJR奈良線の列車にひかれ死亡 京都(毎日新聞)
<大極殿>復元、内部を初公開 奈良・平城宮跡(毎日新聞)
社民に「政権担う自覚を」 普天間問題で岡田外相(産経新聞)
AD