総務省は7日、日本年金機構の業務や、同機構に対する厚生労働省の監督状況をチェックする「年金業務監視委員会」(委員長・郷原信郎名城大教授)が同日付で政令に基づく組織になったと発表した。これまでは総務相の私的懇談会だった。同機構などに資料提出や説明を求める際の権限が強化された。委員は、郷原委員長をはじめ、高山憲之一橋大名誉教授ら従来の6人がそのまま移行した。設置期限は2013年度末まで。 

【関連ニュース】
平沼氏ら、10日新党旗揚げへ=鳩山邦氏は参加見送り
新党参加「今のところない」=鳩山邦氏
平沼氏との会談、日程再調整=鳩山邦氏
新党党首に平沼氏、5人で旗揚げ=経済対策と財政再建「両立」
鳩山邦夫氏は不参加=新党結党で平沼氏明言

子供の車内置き去り 米では犯罪、逮捕も(産経新聞)
損賠提訴 自転車欠陥で転倒 障害残った男性、輸入元を(毎日新聞)
<相続税法違反>遺産2億円脱税…開業医の遺族、国税が告発(毎日新聞)
<議員立法>民主党が容認 政府との合同審査条件に(毎日新聞)
<野口聡一飛行士>「宇宙戦艦ヤマト」シャツで古代進気分?(毎日新聞)
AD