2014-07-06 23:15:23

1歳児暴行容疑で男逮捕=交際相手の息子、重体に―静岡県警

テーマ:ブログ
1歳児暴行容疑で男逮捕=交際相手の息子、重体に―静岡県警
時事通信 7月6日(日)21時25分配信
 交際相手の息子(1)に暴行を加え重体にさせたとして、静岡県警沼津署は6日、傷害容疑で同県沼津市南本郷町、無職矢野裕佳容疑者(29)を逮捕した。容疑を否認しているという。男児は入院して治療を受けている。
 逮捕容疑は、4日午後5時半~6日午前1時45分ごろ、自宅アパートで、同居していた交際女性の息子の頭などを殴り、急性硬膜下出血などの傷害を負わせ、意識不明の重体にした疑い
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2014-06-09 23:26:24

5歳の子どもを捨て餓死させて平気な母親。そして何の罪にも問われない異常社会日本。厚木市男児放置死

テーマ:ブログ
またしても痛ましい幼児虐待死。
厚木市男児放置死。

***********************************
厚木市男児放置死 死亡直前について「パンを自分で開けられず」
フジテレビ系(FNN)?6月9日(月)17時35分配信
神奈川・厚木市のアパートで、自分の長男を放置し、衰弱死させた疑いで逮捕された父親が、長男が亡くなる直前の様子について、「立ち上がることができず、おにぎりやパンの袋を自分で開けられなかった」と供述していることがわかった。
斎藤幸裕容疑者(36)は、2006年から2007年にかけて、厚木市のアパートで、当時5歳の長男の理玖君に、十分な食事などを与えず、衰弱死させた疑いが持たれている。
斎藤容疑者は、理玖くんが衰弱していく様子について、「仕事が忙しくなり、しばらくして、手足が細くなった。あばらが出てきて、やせてきたと思った。なぜやせたのかバレるのが怖くて、病院には連れて行けなかった」と供述しているという。
その後、女性と交際を始めた斎藤容疑者は、自宅にもあまり帰らず、理玖君に、ほとんど食事を与えなくなっていったという。
斎藤容疑者は、亡くなる直前の理玖君の様子について、「ガリガリになって、立ち上がることができず、おにぎりやパンの袋を自分で開けられなかった。理玖は『パパ、パパ』とか細い声で呼んだ。最後は怖くなって、1時間ほどしか、部屋に滞在しなくなった。その1週間後ぐらいに、部屋に行ったら、理玖は冷たくなっていた」と話しているという。
****************************************

父親ももちろんひどいが、
母親はもっとひどい。

****************************************
厚木男児放置死・母親「旦那のDVがひどかった」
神奈川県厚木市のアパートで長男を放置し死亡させた疑いで父親が逮捕された事件で、事件前の2005年に家を出た長男の母親が警察に対し「旦那からの暴力がひどかった」「息子が死んでいるとは知らなかった」と話していることがわかった。
****************************************

子どもを捨て、
餓死させるまで子どもを放置し、
あげくの果てには、DVの主張で被害者面である。

日本の法律や文化は、
子どもの保護者という面目の人間が幼児虐待死させれば逮捕するが、
子どもを捨て、家を出て行き、結果的に餓死させた親は何の罪にも問われない。


なぜこのようなことが許されるのか、おかしいとは誰も思わないのだろうか。
(もちろんこれは父と母が逆になっても同じである)

DVといえば無罪放免とでも思っているのだろうか。
自分がその駄目な配偶者を選んだ責任があるのにもかかわらず。

自分が生んだ子どもの行く末を気に掛けることもなく、
「知らなかった」
で済まされる異常社会。これが日本である。


結局、

「夫婦の別れが、親子の別れ」

という未熟な文化を支えてしまっている、
単独親権制度の弊害が、
毎年何十人もの幼児を殺害しているのである。

「夫婦が別れても、親子の関係は継続し、養育の義務と権利が続く」

という成熟した文化である、共同親権制度となれば、
このような異常な殺害も確実に減るであろう。


何度も言う。

子どもを捨てて、出て行って、結果的に餓死させた母親には、
何の罪もないのか?
それがなぜおかしいことだと、誰も思わないのだろうか。

厚木男児放置死 関係機関の連携で再発を防げ
http://www.yomiuri.co.jp/editorial/20140606-OYT1T50229.html

いくら行政ががんばったところで、
このような密室殺害がわかるわけがない。

議論がずれまくっていて、
お門違いにもほどがあるというものである。


毎年このような悲劇を起こし、
幼児を殺しまくっている単独親権制度を支持する人間は、
自分が幼児の殺害に荷担していると認識する必要がある。

どれだけ孤独で、
寂しくて、
ひもじい思いのまま、
死を迎えたのだろうか。

涙が止まらない。。。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011-11-21 19:49:46

ハーグ条約の真実って知っていますか?

テーマ:ブログ
今、ハーグ条約が世の中でニュースになっていますよね。

これは、
子どもの連れ去りを禁止する世界的な条約で、
世界中の先進国が加盟しています。

このサイトを参照するといいと思います。

ハーグ条約の真実


このサイトを見ればわかるとおり、
この条約の主旨は、

こどもの権利、
にあるんですよね。

親のわがままのためにあるんじゃないことがわかります。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011-04-23 11:25:09

連れ去り、引き離しと面会拒否は児童虐待〜厚生労働省の答弁

テーマ:ブログ
2011-04-01 21:11:20

3歳の幼児をポリ袋にぶちこんで殺す単独親権制度と悪徳弁護士

テーマ:ブログ

大阪・3歳虐待:窒息死直前までパソコンゲーム 2容疑者 - 毎日jp(毎日新聞)

またもや信じがたいほど痛ましい幼児虐待死のニュース。

そして、
またも「内縁の夫」と「母子家庭」のパターン。

いい加減、
単独親権制度が幼児を殺しまくっていることに、
司法の人間は気づかないのだろうか?

どこまでアホなのか。

母子家庭を量産しまくり、
実の父親を子どもから引き離して金をもらっている悪徳弁護士は、
自分が幼児虐待に荷担していることを自覚しろ。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011-02-23 10:04:07

日弁連は気でも狂ったか?!ハーグ条約の意見書「国内では連れ去りをしてもよい」

テーマ:ブログ
日弁連 - 国際的な子の奪取の民事面に関する条約(ハーグ条約)の締結に際し、とるべき措置に関する意見書


日弁連が、
狂気の意見書を出している。




>(4)ハーグ条約に遡及的適用がない旨の確認規定を担保法上定めることや、国内における子の連れ去り等や面会交流事件には適用されないことを担保法上明確化し、かつ周知すること、



これは、

海外から日本への子供の連れ去りはだめだが、
国内では連れ去りはしてもよい、


と言っているのと同じである。



こんな法のダブルスタンダードを認めるのだろうか日弁連は。


「家庭トラブルが減ると、自分たちの食い扶持が減るから困る」

と白状しているようなものだろう。


日弁連は、
常識もモラルもない、
もはや狂気のラインを超えてしまったようである。



















●全文
本意見書について

現在、政府において検討が進められている国際的な子の奪取の民事面に関する条約(ハーグ条約)の締結に際し、とるべき措置について、日弁連は、2011年2月18日に、以下のとおり意見を取りまとめました。また、同年2月21日及び22日に内閣官房、外務省及び法務省に意見書を提出し、最高裁判所に参考送付しました。

本意見書の趣旨

現在、政府において検討が進められている国際的な子の奪取の民事面に関する条約(以下「ハーグ条約」という。)については、多様な議論があるが、日本が同条約を締結する場合には、次の措置が十分に講じられるべきである。

1  ハーグ条約が子どもの権利条約に定める「子どもの最善の利益」にかなうよう適切に実施・運用されることを確保するために必要な事項を定めた国内担保法(以下「担保法」という。)を制定すること。その際、担保法において、

(1)児童虐待やドメスティック・バイオレンスが認められる事案や、返還を命じた場合に子とともに常居所地国に帰った親が同国において刑事訴追を受けることとなるような事案等については、返還を命じない、あるいは執行しないことができるような法制度とすること、

(2)返還の審理に際して子の意見が適切に聴取されかつ尊重されるような法制度とすること、

(3)その他同条約上の中央当局及び返還についての司法機関による審理及び審理手続・証拠方法に関する規定、返還命令の執行に関する規定、上訴に関する規定等を整備すること、

(4)ハーグ条約に遡及的適用がない旨の確認規定を担保法上定めることや、国内における子の連れ去り等や面会交流事件には適用されないことを担保法上明確化し、かつ周知すること、

(5)条約実施の準備及び国民への周知のために,条約実施・担保法施行まで3年間程度の周知・準備期間を置くこと。

2  ハーグ条約の締結と同時に、市民的及び政治的権利に関する国際規約第一選択議定書及び女性に対するあらゆる形態の差別の撤廃に関する条約選択議定書を批准し、各条約の個人通報制度を受け入れること。

3 在外邦人、とりわけハーグ条約締約国に居住する日本人に対し、当該国における親子関係法及び離婚関係法、子を連れ去った場合に犯罪となるか否か、法律扶助制度、親子関係や離婚等に関して精通している弁護士等に関する情報を提供すること、ハーグ条約発効後も引き続き同様の情報提供をすることに加え、在外領事館において可能な支援を行うことを検討すること。

4 ハーグ条約の実施に関わるすべての関係者、すなわち中央当局職員、裁判官、弁護士等に対し、子どもの権利条約を含む国際人権法に関する研修を行うことを検討すること。

5 他方の親の同意又は裁判所の許可を得ずに親が子を連れて国外に出た場合、その親を刑事処罰する法制度を有するハーグ条約締約国に対し、親が任意に子を返還し子と共に常居所地国に戻った場合には、親の刑事訴追を行わない扱いをするよう、要請や対話・交渉を行うこと。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011-02-17 11:09:23

悪徳裁判・官高浪晶子の恐るべき虐待 司法による暴力的な子供の拉致を許すな!

テーマ:ブログ
国の司法が、
このように、子供を「モノ」扱いし、
暴力的な拉致をしています。

こんな国では
1年に50人以上、子供の虐待死が起こるのも無理はないですね。



日本は、
悪徳弁護士と、悪徳裁判官が、子供の人権を無視する、
とんでもない野蛮国家であることが、
よくわかると思います。

ぜひご一読を。



緊急ルポ!子どもを迫害する家庭裁判所の実態!!
http://minpoukaisei.seesaa.net/article/183179611.html

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011-01-21 16:09:27

子供の連れ去り、引き離しを放置する司法の問題点

テーマ:ブログ

わかりやすく構造が描かれています。

連れ去りと引き離しの実態



児童虐待の遠因にもなっているわけで、
無責任に母子家庭を量産しつづけ、

内縁の男に子供を殺す原因をつくっている家庭裁判所、弁護士の罪は重い。


特に、
連れ去りとDVえん罪を教唆するような悪徳弁護士は、
厳しく罰するべきです。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011-01-20 12:21:40

共同親権のニュースが毎日のようにアップされます。

テーマ:ブログ

共同親権に関連する、
報道、
本、映画、
イベント、
判例、
意見、
などの情報がアップされています。

共同親権ニュースドットコムはこちら
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011-01-17 21:55:27

虐待事件

テーマ:ブログ
http://www.asahi.com/national/update/0117/TKY201101170220.html?ref=rss
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。