東京ひざ関節症クリニック(変形性ひざ関節症・半月板損傷専門)

東京ひざ関節症クリニックは、東京渋谷にある、自由診療のクリニックで、世界から選りすぐりの治療を扱っています。
変形性膝関節症や半月板損傷などの膝の痛みに特化したサービスを提供しております。


テーマ:

30回 日本整形外科学会基礎学術集会から、興味深い題材を紹介しています。

本日、ご紹介するのは、この演題です。

題名 :脊髄損傷に対する脂肪由来幹細胞移植の軸索再生・血管増生効果

発表者 :吉田藍先生(福井大学)等

脂肪由来幹細胞に関する、マウスを使った研究です。

脊髄損傷を起こした部分に、3日後に10万個の脂肪由来幹細胞を移植したところ、運動機能が改善したとのことです。

運動機能が回復したメカニズムとして、移植した細胞が神経を再生させることと血管を作ったことが考えられるようです。

脊髄損傷は、一度受傷してしまうと、回復が期待できないと考えられてきました。

しかし、幹細胞を使い、徐々にではありますが、回復できる可能性が示されてきています。

研究が進み、脊髄損傷が治せるようになることを願うばかりです。

いいね!(11)  |  リブログ(0)

テーマ:

シニアの方向けの月刊新聞 


【月間 エルダリープレス シニアライフ版】の12月号


で、当院で行っている治療を紹介していただきました。

多くの医療機関で、整形外科の再生医療が行われるようになるといいと思います。



いいね!(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

30回 日本整形外科学会基礎学術集会から、興味深い題材を紹介しています。

本日、ご紹介するのは、この演題です。

題名 :塩酸メクリジンは骨格筋増殖を促進させる

発表者 :飛田哲朗先生(名古屋大学)等

塩酸メクリジンは、実は乗り物酔いの薬に含まれている成分です。

その塩酸メクリジンを使うと、トレーニングをした時に効率よく筋肉がつく可能性があるという内容の演題です。

塩酸メクリジンには、筋芽細胞という筋肉の基になる細胞を未分化な状態に保ち、骨格筋増殖を促進させる働きがあるようです。

サルコペニアなどの治療用として検証された研究ですが、効率良く筋肉がつくのであれば、トレーニングをしている全ての人が、興味を持つ内容だと思います。

ドーピングの観点から考えると、薬剤を使って筋肉の量を増やそうと考えることは、良くない考え方です。

しかし、治療として考えると、とても有意義なことだと思います。

いいね!(1)  |  リブログ(0)