ツマミはポークル

- Wizardry Online -
酒樽ドワーフ冒険譚


テーマ:



男は鍛冶屋の前へと辿り着いた。

この鍛冶屋、多くの詐欺まがいの鍛錬を繰り返しているという噂だ。

いずれ内偵を進めて一気に挙げてやる。

鍛冶屋の方へ向けていた視線を、鍛冶屋前に佇む貴族風の出で立ちの男に向ける。





上等なローブを着ているが、他の貴族達とはあきらかに違う点が一カ所あった。

仮面。

先程ノームの娘からの証言通りの仮面の男。

以前からこの付近で出没するという話は聞いていたが、現物を見るのは初めてだった。


「おい、アンタに聞きたいことがある」


自分の身の丈のおよそ2倍はあろうかというヒューマンの貴族に対しても臆することなく男は声をかけた。


「おやおや、これはこれは。刑事さんではありませんか。私に一体どのような御用で?」


「俺を刑事だとわかっているなら話は早い。ある事件の重要参考人として『仮面の男』を探している」


「なるほどなるほど、それで私めに声をかけた、と」


仮面の男は顎に手をやると、束の間何やら考えるそぶりを見せた。

やがて手を一つ打つと、


「恐らく・・・他人と勘違いしているんでしょうなぁ。この街で仮面をつけているのは私一人ではありませんし」


「何?!アンタ以外にそんな奇特な仮面をつけた奴がいるというのか!」


仮面の男はククク、と忍び笑いを洩らす。


「ええ、ええ、いますとも。何なら情報を提供しても構いませんが一つ条件が」


「条件だと・・・。お前、刑事相手に交換条件などが通じるとでも思っているのか?このまま署まで連行しても構わないんだぞ?」


男の脅しに仮面の男は屈しない。


「ほう・・・。ならば令状はお持ちでしょうねぇ、裁判所の。持っていなければ例え刑事さんであっても無理は通りませんよ?」


「ふざけた口を聞きやがる。公務執行妨害で連行するっていう手もあるんだぜ?」


相変わらず屈しない仮面の男。


「ならばお好きなように。ですが無理強いされて開くような口は持っていませんので」


ちっ。

男の口から思わず舌打ちが漏れた。

口の回る奴だ。

だが、男自身のあせりがそうさせていたのかもしれない。


「ふん、ならば条件を言え、条件を。必ず話してもらうぞ」


仮面の男はニヤリと笑うと、


「なぁに、簡単ですよ。これから私の言う場所である物を取ってきて欲しいんですよ。5種類の装備なんですがね・・・」


男は仮面の男から向かうべき場所を聞き出すと、乗り込んだ。

そこは異形に満ちた、ある種のダンジョンであった。





数時間が経過していた。


「酷い目にあったぜ・・・」


男はダンジョンから生還していた。

背負い袋からは数種類の武器が見て取れた。


「おやまあ、意外と早かったですね、さすがは刑事さんだ」


仮面の男は喜びの表情を浮かべると、男に近寄りさっさと装備を剥ぎ取った。


「それで・・・情報を話せ・・・(くそ、まだ身体が痺れているような感覚が残っていやがる)」


フムフムと仮面の男は頷くと、


「そうですねぇ。『アラハゥイ』という仮面の貴族、が港にいるはずです。その貴族を夏場にこの噴水広場で見かけた・・・ような気がします」


仮面の男はそこまで言うと、最早用は済んだとばかりに酒場方面へと歩み去った。


「港、か」


男は港に向かって歩き出した。




一歩一歩、事件の真相に近付いているのを男は肌で感じ取っていた。


続く



ウィザードリィ オンライン・攻略ブログ



・・・(やべえ、今回で終わらなかった・・・)

つ、続きをお楽しみにー(´∀`)

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。