2004年11月30日

麦茶を飲みました

テーマ:日記
本日から水分が取れることになった。200ccの麦茶を3回(朝・昼・晩)に分けて飲んだ。私が面会に行ったときは夕飯(?)の最中で、夜の分の麦茶70cc程度を大切に1時間くらいかけてちびちび飲んでいた。一口で飲めそうなくらいの量なのに、今の彼女にとってはどんな高価なスープよりも貴重なんだろうな。本人の表情も昨日までとは打って変わって明るくなり、話し方にも力強さを感じるようになった。

「飲む」「食べる」と言うことが人間にとってどれだけ大切なことかを改めて認識する。娘の場合には絶食が明らかに精神的なダメージになっていたから。

先生が寝る前の回診に来るが、特に状態についての説明はなし。明日から重湯を始めましょう、と言って帰る。
重湯は米のとぎ汁みたいな感じだし、おかずはほとんどスープだろうから、明日も問題はないだろう。

水分を取り始めたことで、本人の気力が復活してきたことが体にも好影響を与えてくれるはず。


AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2004年10月18日

Superman

テーマ:日記
今日の朝日新聞の社説は、先週亡くなったSuperman クリストファー・リーブについて。

落馬事故により全身が麻痺する。その後懸命なリハビリにより、事故後2年以上たつと機能は回復しないという常識を覆し、5年後に手足が動いて感覚が戻ってきた。

社説はこう終わる。

「身体の不自由さで人生に枠をはめられたくない」。リーブ氏の信念は、すべての障害者に共通する。そのために堂々と努力してみよう。社会はそれを支えてほしい。マントを脱いだスーパーマンはそう語り続けている。

しかし、日本にも星野冨弘がいる。
赴任したばかりの中学校で、体育の授業中の事故により首から下が麻痺したにもかかわらず、現在も口のみで絵画、詩の創作活動を続けている。
彼はその絵と詩によっていつも私を勇気付けてくれる。

私は精神的に参ったときや、どうしてもやるせないとき、いつも思い出す彼の詩がある。



喜びが集まったよりも悲しみが集まった方が幸せに近いような気がする

強いものが集まったよりも弱いものが集まった方が真実に近いような気がする

しあわせが集まったよりもふしあわせが集まった方が愛に近い気がする



星野冨弘はわたしにとってのSupermanだ。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2004年10月16日

hangover

テーマ:日記
学生時代の友人が富山から出張でやってきたので、銀座でハジけた。何時に家に帰ってきたのか、全く覚えていない。タクシーで帰ってきたのは覚えているのだが・・・

そんなわけで、ひどい二日酔いで今日は一日寝ていた。

二日酔いとは、アルコールを飲むことにより引き起こされた急性中毒が翌日まで続く状態。アルコールは胃と小腸で吸収され肝臓に入ると、そこで代謝され分解される。二つの脱水素酵素と補助酵素でアルコールがアセトアルデヒドから酢酸塩となり炭酸ガスと水になる。
アルコールの量が多すぎたり体調が悪くて代謝が遅れたりすると、アセトアルデヒドが処理しきれずに全身の血中へ溢れだす。アセトアルデヒドは強い毒性があり、これが二日酔の主な原因になる。

アセトアルデヒドめ・・・

もういい年して深夜までカラオケでハジけるのはみっともない気がしなくもないが、学生時代のノリにすっかり戻るのもたまには良い。いい年したオヤジがカラオケ歌いながらハイタッチしていたのを思い出すと、少し頭痛も和らぐ気がする。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。