2011年09月12日

占星術殺人事件 / 島田荘司

テーマ:
読み始めからやや難儀する。

なにせ事件が起きたのは昭和11年。
自分の5人の娘から、それぞれ最良の部分を用いて最高の女性を作り上げることを妄想していた、犯罪者と思しき男性の難解な手記から物語は始まる。

実際に彼の娘たちは殺害され、バラバラ死体が発見されていた。
しかし、彼女たちを殺害したのは狂気染みた考えを持つ父親ではなかった。
父親は、彼女たちが殺害される以前に屋内で殺害されていた。
時代感のある文章と、狂気を感じさせる内容が相まって、最初からこの物語の雰囲気が決定付けられる。

時は流れて昭和53年。
当時の事件は未だ犯人不明の謎のままだった。
また、殺害された女性の一部を組み合わせて作られたであろう人造人間?「アゾート」が日本のどこかに隠されている、とも言われていた。

鬱を患い、時折体調を崩す占い師「御手洗」。
その知り合いが御手洗に謎解きをけしかけ、自らも謎に挑む。
何度も事件の核心に迫りつつあると思わせながら、その説は既に過去に考えられていたものであるなど、読者は何度も翻弄される。

彼らは事態打開のため、事件に関係する人物を尋ねて京都へ向かう。
途中で警察が介入してきたことにより、事情が複雑になり彼らが推理するのに必要な時間は限られていた。
最終的に彼らは真犯人を突き止められるのか。

全体を通してやや読みにくさは否めないが、トリックが秀逸。
叙述物でだまされるようなある種の爽快さではなく、このトリックは感動に近い。
こんな面白い作品を今まで読んでいなかったのが悔やまれる。

島田荘司って初めて読んだけどすごい。
きっとすごく頭良いのだろうな。
他の作品も読んでみよう。






占星術殺人事件 (講談社文庫)
島田 荘司
講談社
売り上げランキング: 4902




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011年09月01日

原発・正力・CIA / 有馬 哲夫

テーマ:
本書の題名は「原発 正力 CIA」だが、読後に感じる重要度から並べると「CIA 正力 原発」ということになる。
正力松太郎という稀代のメディア王がいかにしてその野望を成し遂げようとしたのか。

正力の背後に控えて彼を操ろうとしていたのはCIA。
最終的には決裂に至るものの、CIAがいかにして日本という国を操ろうとしていたのかが良くわかる。
いや、現在も巧妙に操っているのだろう。

非常に権力欲が強く、どうにかして総理大臣の椅子が欲しい正力。

もともと正力は、日本全国のテレビ、電話、電報、FAX等を統合する通信網の展開を行おうとした。
通信網を独占する真のメディア王を目指していた。
しかし、既に高齢でもあった彼は、様々な利権を手中にするには権力を一手に握る総理大臣を目指すことが近道であると気づく。

一方、反共の砦として日本を使いたいCIAは、正力を資金的にバックアップすることによって日本の世論を反共に誘導しようとしていた。
まず、ここで両者の利害は一致する。

そこに、ビキニ諸島の水爆実験によって第五福竜丸が被爆してしまうという事故が起こる。
高まる日本での反核運動を懐柔すべく、核の平和利用を言い出した米国に対し、原発推進の先頭に立つことにより政治的優位に立とうとする正力。
CIAも正力の魂胆を正確に分析し、政治的に利用されることを警戒していた。

正力松太郎の後半生とは、CIAとのしのぎ合いの人生だったということだ。

正力にとって原発とは、総理への道の道具でしかなかった。

ただし、本書を読むと良くわかるが、もちろん原発の導入は正力の意思だけによるものではない。
電力業界、そしてエネルギー安全保障の観点からの政治的な勢力(中曽根氏等)も推進派だった。
その中で、もっとも不純な理由から原発を利用しようとしたのが正力だった。
故に彼は「原子力の父」などではない。

そして、公正なメディアなんてこの世に存在しないということも改めて良くわかる。




原発・正力・CIA―機密文書で読む昭和裏面史 (新潮新書)
有馬 哲夫
新潮社
売り上げランキング: 4895

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。