1 | 2 次ページ >> ▼ /
2010年03月31日

こうかいぼう@門前仲町

テーマ:グルメ?
たまには食べ物ネタでも。




かなり久しぶりのこうかいぼう。
用事がなければ、なかなか門仲までは足を伸ばせない。

午前中の用事を終えて、食事をどこで取ろうかといろいろ考える。

門仲で食べてみたい店は、ずいぶん前からたくさんピックアップだけはしてあるのだが、次にいつくるかわからないとなれば選択の余地はない。

こうかいぼうに決定。

11:40頃に到着
待ちは5人。

以前は卵ご飯がつく¥700の「らーめんセット」にしたのだが、今回は炭水化物ダブルではなく、素直に「らーめん大盛り」¥700にしてみる。

店内に漂う魚介系のだしの香り。
イタリアンが似合いそうな誠実そうなご夫婦が、2人で切り回しているとは思えない的確なオペレーションと、心のこもった対応。

ここの「らーめん」のおいしさの何割かは、このご夫婦の雰囲気から出来ている。

出てきたらーめんは、相変わらず美しい。


$[A] Across The Universe-koukaibou


久しぶりの魚介とんこつのスープは、「魚介系がやや強めでとてもやわらかい」という記憶があったのだが、それは記憶違いだったようだ。

魚介系がやや強めなのは記憶どおりだが、「やわらかい」のではなく「やさしい」のであった。

もう少しクリーミーだと思っていたが、さっぱりした後味がなんともヘルシーで、ここに来なかった1年以上の間にこってりしたラーメンを食べ過ぎて、味の記憶が変化してしまったらしい。

麺は中太のストレート。
あまり太めは好きではないのだが、ここの麺は別格。
太めでもまったく問題ない。
問題ないというか、このスープにはこの麺がベストマッチ。
この完璧に出来上がったスープに細麺では、きっと麺が負けてしまう。

大盛りにしたにもかかわらず、あっという間に食べ終え、名残惜しくスープをすする。

何年たっても、おいしくて、ずっとみんなに支持される店とはこういう店なのだろうな。

広く皆に望まれる。
「広皆望」 「こうかいぼう」


食べた後に思い返してみて応援したくなる店はあまりない。
でもここを訪れた人はきっとファンになってまた戻ってくる。

味+αがあるからこそ、の「こうかいぼう」だとつくづく思った。

また、いただきに参ります。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010年03月28日

そして夜は甦る / 原尞

テーマ:
寡作のミステリー作家、原尞のデビュー作。

あえて翻訳物のチャンドラーを読み漁った末に、あの雰囲気をそのまま「原尞」のミステリーとして落とし込むとどうなるか。

まさに骨太の「完璧な」ハードボイルド・ミステリーが出来上がる。


この小説は、直木賞を獲った「私が殺した少女」の後で読んだのだが、デビュー作とは思えない仕上がりになっている。

翻訳調で、冷たく乾いた感じに仕上がった文体。
幾重にも張り巡らされた緻密なプロット。
これでもか、と畳み掛けてくる息をつかせぬストーリー展開。

ははぁー、犯人はこいつか、と思って読み進めていくと裏切られる心地よさ。


都知事候補を襲撃した犯人は誰なのか。
犯人を追っていた佐伯はどこに消えたのか。
大物俳優を弟に持つ都知事を狙撃した理由は何なのか。
大手鉄道会社を経営する一家と都知事との関係は。

渡辺探偵事務所の「沢崎」が徹底的に追いつめる。


ひとつだけ難点があるとすれば、ストーリーが入り組みすぎていて、時間をかけて読んでいると頭の中で話がつながらなくなる可能性があること。

一気に読み上げれば良いのだが、読み進めるのがもったいないとまで感じてしまう。

軽めのミステリーでは体験出来ない濃厚な味を堪能したのであれば、原尞以外には考えられない。
そう、まさしく「堪能」という表現がぴったりだ。




そして夜は甦る (ハヤカワ文庫 JA (501))
原 りょう
早川書房
売り上げランキング: 171794
おすすめ度の平均: 4.5
5 凝りすぎでこわい位
4 おら、ハードボイルドだど!
4 沢崎の下の名前はなんだろう…?
4 ハードボイルド
5 沢崎に惚れる。







AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010年03月24日

ポートレイト・イン・ジャズ / 村上春樹

テーマ:村上春樹
村上春樹ばかり集中的にレビューしてきたが、とりあえずこれで一旦終了。
やっぱり自分は村上春樹が大好きだと確認。

これからも何年かに一度、集中的に読み返したい。
本当に楽しかった。

私の本棚の中の、手持ちの村上春樹最後は、


「ポートレイト・イン・ジャズ」




非常にユニークな本。

JAZZを聞かない人が読んでもあまり面白さは伝わらないだろう。

そもそもは和田誠さんが、JAZZアーティストをテーマに個展開いたことがきっかけだったらしい。
その個展をJAZZ好きの村上春樹が訪れ、絵にエッセイをつけることになった。

これは音楽評論ではなく、純粋なエッセイ。
そして和田誠のジャズマンの絵。

とても不思議な空気が漂う内容だ。

JAZZ好きな二人が醸し出すコラボレーション。
和田さんの独特な暖かみのあるイラストに対して、柔らかい村上春樹のエッセイ。

これは本ではなく、基本的に画集だ。
JAZZをそこそこ知っている人なら、出てくる登場人物は大抵知っている。

そして、自分が好きなアルバムと村上春樹が選ぶ、そのアーティストにとってのベストが重なった時はこの上ない喜びとなる。

といっても、こちらは所詮未熟なリスナー。
村上春樹は生粋のJAZZマニア。

でも、この本は優しく書かれてるので安心して読める。
読者を考慮して手加減しているのだろうけど。






ポートレイト・イン・ジャズ (新潮文庫)
和田 誠 村上 春樹
新潮社
売り上げランキング: 25898
おすすめ度の平均: 4.5
5 一冊で二度美味しい
5 2枚ずつ揃えます。
5 忘れられない文章。
5 村上氏の文才
5 ジャズ入門






AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010年03月22日

意味がなければスイングはない / 村上春樹

テーマ:村上春樹
村上春樹がJAZZバーを経営していたことは周知の事実。

そしてJAZZ以外の音楽に対しても造詣が深いことも、ファンならみんな知っている。

しかし、これほどまでにマニアックに音楽に「入れこんで」いたとは知らなかった。

この本は「ステレオサウンド」に連載していた文章をまとめたものだが、音楽エッセイではない。
音楽評論である。

おまけに、JAZZにしてもクラシックにしても聞いたことさえないアーティストが取り上げられている。
一般的な村上春樹ファンはきっと知らないだろう。

しかし、知らなくても「あの」村上春樹の調子で語られたら小気味いいことこの上ない。

知らない人ばかりだったら読もうとも思わないのだが、それが商売上手な所で、上手い具合にメジャーなアーティストが登場する。

ブライアン・ウィルソン、スプリングスティーン、スガシカオ。

久しぶりにこの本を読んで、スプリングステティーンのライブアルバムを引っ張りだしてきて「Hungry Heart」を聞いてしまった。
ほんといい曲。

でもこの本は村上春樹ファンでも、音楽に興味がなければ読めない。
なぜなら「音楽評論」だから。

でも、この本を読んで私が「スガシカオ」を聞くようになってしまったことは内緒です。




意味がなければスイングはない (文春文庫)
村上 春樹
文藝春秋
売り上げランキング: 55649
おすすめ度の平均: 4.5
5 読まなければ、意味がない
4 回によって濃淡があるのは否めないですかね。
5 スガシカオファンです
5 村上春樹さんありがとう
4 音楽はその人の人生を知ることで深みを増していく






いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010年03月20日

うずまき猫のみつけかた / 村上春樹

テーマ:村上春樹
村上朝日堂の旅行記。

いや旅行記ではないな、海外滞在記。

村上春樹の奥様が撮った写真と安西水丸の独特なタッチの絵で出来上がった作品。

彼の旅行記が面白いのは有名だが、このアメリカ滞在記は本当に面白い。
作品として残しておくべき「笑える」エピソードが満載。

日記風だが、もちろん読まれることを前提にして書かれているので面白い。
そして読者を楽しませてあげようという村上春樹の思いやりを感じることができる内容。

奥さんが撮った写真には珍しく何枚も村上春樹が写っている。

あえて顔を出さないようにしているのは知られているが、この写真には気負いない彼の姿を認めることができる。

そしていろいろな猫と。

うずまき猫。
ねじまき鳥。

なんだか似てるけど、内容はまったく違う。

旅行記の一環として読むのが正しい読み方。





村上朝日堂ジャーナル うずまき猫のみつけかた (新潮文庫)
村上 春樹
新潮社
売り上げランキング: 119490
おすすめ度の平均: 4.5
5 いつもの村上ワールドです
4 「一に足腰、二に文体」ですか、なるほど
5 EAT, NAP, PLAY
5 手軽に、そして3つの楽しみ方
4 好きな本







いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010年03月17日

夜のくもざる / 村上春樹

テーマ:村上春樹
村上朝日堂の短編集。

安西水丸のカラーの挿絵がうれしい。

村上春樹の超短編に会わせたナンセンスな安西水丸の挿絵は、不思議な緊張感がある。

事情を知らずに読み始めたときに、既視感を感じた。
以前どこかでこんな感じの文章を読んだことがある。
そのモヤモヤは、「あとがき」を読んで氷解した。

この本の短編は広告に使われたもので、その依頼者はなんと糸井重里だったからだ。

そう、この文章の雰囲気は「夢で会いましょう」の雰囲気と非常に良く似ていたのだ。

彼の作品の「ファミリー・アフェア」という短編のなかで、主人公が妹に強烈に批判されるシーンが出てくる。
「つまらない冗談」。

その「つまらない冗談」が炸裂しているのがこの「夜のくもざる」。

これほど楽しい短編集がそこいらじゅうに溢れている訳はない。







夜のくもざる―村上朝日堂短篇小説 (新潮文庫)
村上 春樹
新潮社
売り上げランキング: 77599
おすすめ度の平均: 4.5
3 春樹の「軽み」が凝縮された作品集
5 冗談を語り、哲学を醸す。
4 切りつめられ練られた文章とおしゃれなイラスト・・・
5 とにかく可笑しい
4 がちゃがちゃマシーンのような作品集。






いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010年03月14日

村上朝日堂 はいほー! / 村上春樹

テーマ:村上春樹
村上朝日堂第二弾。
安西水丸とのコラボはまだまだ続く。

この本は「村上朝日堂」と違って「ハイファッション」という雑誌に掲載された文章。
軽さは変わらないが、意図的な軽さを押さえて、村上春樹らしいエッセイ集に仕上がっている。

改めて読み返すと、「そうなんだ、なるほどね」という事実をいろいろ知ることができて面白い。

村上春樹の夢について。
彼の当時の夢は「双子の姉妹と付き合うこと」。
なるほどね。
「1973年」では確かに双子が重要な役割を果たしていた。

そして彼は実際に「スペースシップ」と言う名の古いピンボールを所有していたことがある。
なるほどね。
これも「1973年」だ。

彼は自分の身を削りながら書くタイプの作家ではないが、やはりこうやって何らかの形で作品が彼の人生に関わってきていたことがよくわかる。

そんなこととは別に、現在議論になっている教育の問題について20年以上前から彼はこんなことを言っている。


普通の6歳の子供がどうしてバイリンガルにならなくちゃいけないのか僕には全然理解出来ない。
日本語もちゃんとできない子供が表層的にちょこっとバイリンガルができてそこにいったい何の意味があるのだろう?
何度も言うようだけれど、才能かあるいは必要があれば、子供英会話教室に通わなくたって英会話は人生のどこかの段階でちゃんとできるようになる。
大事なことはまず自分という人間がどういうものに興味があるのかを見定めることだろう。






村上朝日堂はいほー! (新潮文庫)
村上 春樹
新潮社
売り上げランキング: 70789
おすすめ度の平均: 4.0
5 日常生活は宇宙よりもひろい?
4 どうでもいい事柄、するどい洞察眼に
5 うさぎ亭のこと
3 作者の素顔が垣間見える
2 村上春樹の






いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010年03月11日

村上朝日堂 / 村上春樹

テーマ:村上春樹
村上朝日堂。


村上春樹が書く文章に安西水丸が挿絵を描くシリーズの第一弾。
文章と絵がかなりマッチしている。

元々は「日刊アルバイトニュース」に連載していた文章をまとめたものなので、読者の対象も限定的だったため、かなり軽めの文章と挿絵が心地よい。

思いっきり肩の力を抜いて書いていたであろう村上春樹が想像出来る。
一編一編が短いのでどこからでも始められるし、どこでも一旦やめることができる。

暇つぶしには最適なのだが、なぜこれほど軽いのか。
1980年代の初頭に書かれた文章のためだろう、意図的な悲壮感が全くない。

そもそもアルバイトニュースに悲壮感は必要ない。
今とは違うから。

改めて読み返してみると、今は亡き「全体がオレンジ色の銀座線」の車内の照明が一瞬消える話、など、あの時代を生きてきたものには、溜まらない懐かしさを感じる文章もある。
そうなんだよ。
初めて銀座線に乗ったときに、照明が一瞬消えたときには驚いた。
車内の色も薄いグリーンだったような。
ほんとに懐かしい。


そして、おそらくこの本の影響なのだろう。
私は村上春樹を想像するとき(もちろん写真で見たことは何度もあるが)、この安西水丸の独特なタッチの絵の本人を思い出してしまう。


まぁ、軽くて良い。





村上朝日堂 (新潮文庫)
村上 春樹 安西 水丸
新潮社
売り上げランキング: 105470
おすすめ度の平均: 5.0
5 この軽さ、絶妙
5 村上朝日堂
5 インターネットも携帯電話もない時代に
5 駄文に隠れる天才性
5 深みのある面白さ






いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010年03月09日

もし僕らのことばがウィスキーであったなら / 村上春樹

テーマ:村上春樹
村上春樹夫妻による、スコットランドとアイルランドの写真旅行記。

それもウィスキーをめぐる旅。

写真を撮ったのが奥さんとのことだが、この写真が素晴らしい。
行ったこともないスコットランドやアイルランドの雰囲気が、見てきたようにわかってしまう。

おそらく、かなり写真が上手なのだろう。
おかげで、スコットランドとアイルランドはドンヨリした天候が多く、強い潮風が吹いているイメージが焼き付いてしまった。

村上春樹の旅行記と言っても、ウィスキーがメインなので他の旅行記とはやや趣が異なる。

ウィスキーが好きで村上春樹が好きでなければ、読む必要はないかもしれない。


私は単行本でこの本を読んだ当時、まさにシングルモルトにハマっていた時期だった。

通っていた銀座の古ーいBarで、同年代のバーテンさんに日々シングルモルトについて教えていただいていた。

そこで行き着いたのは、アイラ産のシングルモルトだった。

特に好んで飲んでいたのはボウモア。
味だけでなく、あの美しいボトルも大好きだったからだ。
今でも酒屋に行くと無意識にボウモアのボトルを探してしまう。

今となっては飲むことも少なくなったが、この本を読むたびにピートの香りと潮の香りが濃厚に漂ってくる。

この本で教わった、生ガキにシングルモルトをかけて食べる、という贅沢な食べ方は残念ながら試みたことがない。
どこかで食べさせてくれる所があるのだろうか。

そして、銀座のBarから突然姿を消してしまった、あのバーテンさんは今どこにいるのだろう。
Tさん。
本当にお世話になりました。





もし僕らのことばがウィスキーであったなら (新潮文庫)
村上 春樹
新潮社
売り上げランキング: 9607
おすすめ度の平均: 4.5
5 ショットグラスでストレートを飲むような
4 旅の仕方がなんか粋・・・
5 アロマさえも感じる様だ
5 好きなマンガのような本
5 スコッチの本場の風景が素晴らしい






いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010年03月08日

TVピープル / 村上春樹

テーマ:村上春樹
短編を読むだけではわからなかったものが、彼の長編を読むことによって明らかにされることがある。


この短編の中の作品、「TVピープル」と「加納クレタ」については、「ねじまき鳥」に関連している。

最初の短編「TVピープル」は、語感が何となく1Q84に出てくる「リトルピープル」に似ている。
そして、その存在自体が不可思議なところもそっくりだ。

しかし、主人公の妻が家に戻って来なくなるという設定は「ねじまき鳥」で展開される話だ。

また「加納クレタ」は、そのまま「ねじまき鳥」に姉のマルタとともに登場する人物である。
この短編からは、クレタの「犯されやすい」性質が「ねじまき鳥」で使われている。

ただし、マルタの設定はまったく異なる。


その他の短編は、村上春樹独自のワールド全開だ。

「我らの時代のフォークロア」はどこまで行っても人生が交錯しない男女の話。
一本の直線に見える程近接して平行に走る二本の直線は、やがて交わることは可能なのか。
交わらないとしたら、それは時代のせいなのか。


非常にシンプルなホラー「ゾンビ」。
最後の一行「彼女は目を閉じた。続いているのだ。」

この一文だけで、読者は村上春樹を感じるのだ。
彼らしさをわざと出そうと計算した一文であるならば、さすがだ。


そして、賛否両論があるだろう「眠り」。

眠れない女の話。
ストーリー、展開ともにまさに村上なのだが、どうしても私には結末を受け入れるのが難しい。
何度読んでも違和感をぬぐい去ることができない。


だから、本棚にこの短編集を見ると必ず「眠り」を思い出してしまう。
そして、違和感を感じてしまう。




TVピープル (文春文庫)
TVピープル (文春文庫)
posted with amazlet at 10.03.08
村上 春樹
文藝春秋
売り上げランキング: 96824
おすすめ度の平均: 4.5
5 異世界への扉のような。。。
4 移行期の作品集:「感傷」と「闇」
5 無重力空間を漂っているような一冊
4 不思議さ100%
4 「眠り」は面白い!






いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。