2009年06月26日

白樺山荘@お台場

テーマ:グルメ?
所要でお台場へ。

お台場はちょっと足を伸ばすという場所ではなく、何らかの事情がなければお台場には行かない。
交通が不便だし。

「ゆりかもめ」からの眺めはいつも感嘆するけど。

ビッグサイトで用事を済ませた後は、ショッピングをしたいという家族に付き合ってアクアシティお台場へ。

しかし、時間をつぶそうとしたHMVも小さく、あっという間に見終わって暇をもてあます。

「ラーメン国技館」という魅力的なものもあるが、そんなにおなかが空いているわけではない。


でも気になる。

そんなときは、食べてみるしかない。


ラーメン国技館に行ってみると、そこそこの賑わい。


日本全国から出展している6軒のラーメン屋は、地元ではそれなりの有名店なのだろう。

しかし、人気・不人気店がはっきり分かれてしまっている。

選りすぐられた味なのだから、そんなに大きな差はないのだろうけど、残酷なことだ。


そんな中から入ってみた店が北海道からやってきた「白樺山荘」。

味噌ラーメンが売りの、超人気店らしい。

北海道では普通に食べていたためか、こちらではあえて食べようとはしなかった味噌ラーメン。

久しぶりに食べてみた。

「味噌ラーメン」¥750。

味噌ラーメンと言いつつ、これはまろやか。

記憶に残っている味噌ラーメンは、もっと「味噌」がしっかりしていたと思うのだが、これは味噌のエグい部分が消えていてとても食べやすい。

これは確かにおいしい。
とてもおいしい。

でも何かが違うんだ。


自分の記憶の中の味噌ラーメンは、もうもうと立ち上る「湯気」がセットになっている。

やっぱり、味噌ラーメンは寒い北海道で食べてこそ美味しさが2倍になる。



[A] Across The Universe-shirakaba
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009年06月10日

吉兆@戸越

テーマ:グルメ?
白河ラーメン。

その道では有名なのだろうが、あまり聞いたことがないご当地ラーメンの店が戸越にある。
地下鉄の出口の目の前。

「吉兆」という名のその店は、戸越界隈では結構評判が良い。

平日は混雑しているようだが、休日にしか訪問したことがない私は、他に客を見たことがない。

デフォルトは「中華そば」と「支那そば」。
両方とも¥650。

メニューには「支那そば(魚味)」とあり、どんな違いがあるのか迷いながら「中華そば」をオーダー。

出てきたラーメンは、懐かしい香り。

これは昔良く食べたごく普通の「醤油ラーメン」の香りに間違いない。

具も非常にオーソドックス。

まずはスープをすすってみる。

透明感があるややしょっぱめのスープは、香りほど醤油の味が前面に出ているわけではなく、鶏がらがメインなのだろうかクセがほとんどない。

やや厚めに切ってあるチャーシューは軽く炙ってあるのだろう、ほんのり炭の香りがして、味もしっかり染みていておいしい。

主人が毎日手打ちするという平打ちの縮れ麺は、食べ進むごとにその食感に驚く。
ラーメンの麺で、「喉ごしが良い」なんて表現をしたくなるのは初めてだ。
麺を飲みこんだあと、喉を通る感覚がとても柔らかい。
これは不思議な感覚。

最近とにかく凝った味のラーメンが多い中、こういうストレートなラーメンを食べると逆に新鮮に感じる。

感激するほどではないが、ごく「普通においしいラーメン」。

都会に疲れたら懐かしくなる、素朴な田舎の、それでいて結構手の込んだラーメンという感じだろうか。




[A] Across The Universe-kichou
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009年06月02日

をん@新橋

テーマ:グルメ?
これまで何度かトライしてみたものの、いつも満席。

予定の一週間前に予約を試みても玉砕。

今回は一ヶ月以上前に予約して、やっと入ることが出来た店。「をん」。


場所が非常にわかりにくいことに加えて、看板も出ていないためたどり着けない人が多数。
この日は2人が新橋界隈をさ迷い歩いた末に電話してきた。


店内は隠れ家のような雰囲気で、カウンターのみ8席。

メニューはなく、¥7000のコースのみ。

大将一人で切り盛りしているが、実に手際よくタイミングよく出される料理は会話が止まる美味さ。


この日のメニューは

湯葉刺し
鯛の昆布〆
鰹の刺身
うに
銀だらの西京焼き
ゆで空豆
あぶりホタルイカ
茶そば
うなぎの炊き込みご飯
葛餅

3時間、ビール・焼酎・日本酒を飲んで、美味しいものをたっぷり食べて、お腹一杯になって一人だいたい¥10000。

やや多めに炊いてある炊き込みご飯は、おにぎりにしてお土産にしてくれる。

このクオリティだったら、そりゃ予約取れないはずだわ。



丁寧に下ごしらえされた、よだれものの刺身はこんな感じ。




鯛の昆布〆
[A] Across The Universe-tai



鰹の造り
[A] Across The Universe-katsuo




また通いたくなる店がひとつ増えた。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。