2007年12月25日

Very Merry Christmas !

テーマ:ブログ
縁あってここを訪れてくれたすべての皆様に、

素晴らしく、幸せなことが雪崩のごとく起きますように。




x
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2007年12月23日

そして殺人者は野に放たれる / 日垣隆

テーマ:
そして殺人者は野に放たれる。

まさしく殺人者が普通に社会に放たれている。

非常に辛辣な言葉で書かれている。
あえて辛辣に書かれているのだが、反感は全く覚えない。
ということは、現在の刑法がいかに私の感覚からかけ離れたものになっているか、ということである。


刑法第39条。
心神喪失または心神耗弱の場合には無罪、または刑の軽減がなされる。

この条文があるがために、例えば意図的に覚せい剤を使用し、または意図的に酒による酩酊状態に陥って殺人を犯した場合でも、刑の軽減がなされる。
心神耗弱状態だからだ。
「自分で」覚せい剤を使用して、人を殺しても刑が「軽減」されるのだ。

故に自ら覚せい剤を使用し、連続殺人を犯しても刑の軽減がなされ、死刑にはならず、無期懲役と言う十数年で社会復帰出来るシステムとなっている。
そして、殺人者は同じ過ちを繰り返す。

また、著者は精神鑑定不要論も展開している。
いちいちごもっともである。

殺人を犯して取り押さえられた犯人の医療費が我々の税金でまかなわれ、被害者の医療費は全て自己負担という摩訶不思議なシステムが、この近代国家、法治国家日本に存在している。

そんな馬鹿な・・・
という話が目白押しのキツイ一冊。








日垣 隆
そして殺人者は野に放たれる (新潮文庫)
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007年12月17日

10代からの子育てハッピーアドバイス / 明橋大二

テーマ:
大人気の「子育てハッピーアドバイス」シリーズの10代編。

初めてこのシリーズを読んだが非常に読みやすい。
伝えたいポイントがシンプルかつ的確な表現で書かれている。
また、マンガの挿絵がわかりやすく理解を助けてくれる。
人気の秘密がわかった。


10代の子を持つ親が全員この本を読んで子供の気持ちを理解することができれば、いじめも自殺も劇的に減ることだろう。

わかっていても、親も人間だけに「売り言葉に買い言葉」で事態を悪化させることもあれば、自分に手一杯で子供への気遣いができないこともある。

それでも、子供の揺れ動く気持ちを理解さえしていれば、大事になる一歩手前で事態悪化を食い止めることができるだろう。

本を読むことが苦痛な方でもマンガの挿絵を読むだけで、参考になることは間違いない。



甘えない人が自立するのではなく、甘えた人が自立するのです。

不登校さえもできなかった、親にも優しい、まじめな子が、自殺している、
という事実をわれわれはもっと知るべきだと思います。








明橋 大二, 太田 知子
10代からの子育てハッピーアドバイス
AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2007年12月14日

こうかいぼう@門前仲町

テーマ:グルメ?
言わずと知れた門前仲町のラーメンの名店。

以前、東西線沿線に住んでいた頃には何度か途中下車して食べにいったことがある。
最後に食べたのはもう5年前になる。

向かったのは11:30。
既に5人待ち。

回転は速く、玉子ご飯つきの「ラーメンセット」¥700にする。

さきに出てくるのは玉子ご飯。
玉子を割って準備完了。

tamago

玉子ご飯好きにとっては、これだけで満足してしまいそうだが、メインはこちら。


koukaibou


ひさしぶりのこうかいぼうのラーメンはココロにしみる。

青葉ほどクリーミーなしつこさはなく、流行りの魚介類節系ラーメンほどダシが前面に出ていない。

一言で言うと「やわらかい」。

麺は太めストレートだが、スープによく合っている。

店主は見るからに誠実そうな方。
その誠実さが、味に表れているに違いない。

店名の「こうかいぼう」は広く皆に望まれる店を目指したい、とのことで、
「広皆望」
こうかいぼう

こうかいぼうはやはり素晴らしかった。

料理はハートも大切だよ。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007年12月08日

Jealous Guy

テーマ:ブログ

I didn't mean to hurt you.
I'm sorry that I made you cry.
I didn't won't hurt you.
I'm just a jealous guy.

「僕はとても嫉妬心が強くて、独占欲が強い。いつだって不安でいっぱいなんだ」

昔から、パートナーがほかの男性と話すだけで起こりだしてしまう自分を回顧し、謝罪するこの歌。
Johnの切ない歌声と美しいメロディは聞くたびに聞く者をも切なくさせる。

幼い頃から親の愛情を切望しながら、それを獲得することができなかったJohn。
色んな作品の端々に、愛情の渇望が見てとれる。

やっとヨーコという安住の場所を見つけ、再び始めようとしたばかりだった。

あれから27年。
少しずつあなたのことが忘れ去られて行くような気がしている。

俗世的な夢ばかりが増えてきて、あなたのような美しい絵空事を語る人がいなくなってしまった。

「天国なんてないと考えてごらん、やってみれば簡単さ!」
なんて言いながら
「やきもち灼きのボクでゴメンネ」
とささやく、そんなアンバランスなあなたを私は今でも大好きです。








John Lennon
Imagine
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007年12月06日

なかがわ@築地

テーマ:グルメ?
天ぷらは好きだ。

しかし、ランチで定食や天丼を食べることはあっても、夜に天ぷら屋を訪れることはなかった。
もちろん「高い」と言う先入観があるからだ。
日本橋の「はやし」なんて行きたくても簡単に行ける値段ではない。

また、以前「安め」の天ぷら屋に行ったときに、あの油のニオイに気分が悪くなってしまった記憶があるからだ。

昼時に築地に行く用事があったので、こりゃ場外で寿司だなと思ったが、築地は天ぷらもうまい店が多いことを思い出し、この店を訪問。

nakagawa

ご主人は名店「みかわ」にいらっしゃったことがあり、独立された。

店内はこじんまりしているが、窮屈さはなく、客層もやや年齢は高めで落ち着いている。

ランチは天丼と定食。
天ぷらを堪能すべく、定食をオーダー。

tempura


これは芸術である。
「今まで食べてきたのは天ぷらだったのだろうか」と疑問に思うほどに食感も味も違う。
本物の天ぷらとはあっさりした食べ物なのだ。

カリ。

サク。

ジュワッ。

天つゆに大根おろしを入れるのではなく、大根おろしに天つゆを入れるのだ!!


あの油の嫌なニオイもまったくない。

感激した。
¥1,200円の至福の時間。

夜も訪れてみたいが・・・
躊躇している。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007年12月02日

脳死臓器移植は正しいか / 池田清彦

テーマ:
脳死臓器移植。

この問題には少なからず興味を持って推移を見守ってきた。
脳死臓器移植が行われるようになって先月で丸10年。
この間に行われた脳死臓器移植は現時点で62例のみ。

そもそも「脳死は人の死か」という段階の議論で、移植法施行時に梅原猛先生が、いわゆる3兆候(心臓停止、呼吸停止、瞳孔散大)以外は人間の自然な感情として死として認められないと反論されていた記憶がある。
私自身は、死の基準さえクリアになれば、移植自体は現段階における医療技術の「次善の策」として認められるべきだと考えてきたし、またそれを疑いさえしなかった。

そこで手に取ったのがこの本。
様々な点から脳死移植を批判しており、論点整理の意味でも非常に良い内容だと思う。

批判の内容には観念的な視点も含まれているものの、総じて冷静に脳死臓器移植の問題点をあぶり出している。

中でもこれまで議論のテーブルにさえ載らなかったのが、脳死臓器移植を市場原理の観点から否定していることだ。

希少価値のあるものは高価になる。
この当然の理論が臓器移植には通用しない。(脳死移植は原則無料)

しかし、移植は純粋な医療行為であり、市場原理を持ち込むことはそもそもなじまないものではないのか。
それに対し著者は、移植医、コーディネーター、医薬品メーカーが利益を得てコネクションを持っている以上、経済活動から切り離されるべき理由はない、と喝破する。
そして、現在光明が見え始めた再生医療に資源を注ぎ込むべきだ、と言うのだ。


それでも私は脳死臓器移植を支持したい。
現在の医療技術において「次善の策」としての脳死臓器移植は「仕方がない」。
もちろん近い将来、他人の身体を当てにしなくても良い再生医療が確実な技術となることが最も望ましいとは考える。



先日、生殖細胞ではなく、本人の皮膚から臓器が再生可能と言う「万能細胞」の発表がなされた。

期待が高まる。





池田 清彦
脳死臓器移植は正しいか (角川ソフィア文庫)
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。