2006年09月29日

やるじゃん京葉線!

テーマ:ブログ
また電気系統かよ。
思いっきり被害被ったぞ京葉線。
朝早かったので、京葉線沿線からタクシーに乗って総武線に向かう余裕があったのが幸いしたが、その総武線が7:30前なのに既に激混み。身動きとれず。途中駅で降りられない女子中(高)生が出る始末。
首都圏を結ぶJR線の中で最もローカルな路線だと思っていたのに、ニュースにはなるわ、ディズニーランドのアトラクション止めるわ。

やるじゃん!京葉線!

などと言っている場合ではなく、帰りも総武線使うハメになったし、明日も影響は残るらしく。
明日の朝の状況についても、もっと的確な情報を提供していただきたいものだ。

少し早起きするか。
金曜なのに。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2006年09月26日

お疲れさまでした

テーマ:ブログ
小泉内閣総辞職後、衆参本会議の首相指名投票にて安倍首相誕生。
小泉前首相の在任期間は佐藤栄作、吉田茂に次いで戦後3番目の長期政権だった。
最後までブレない、素晴らしい首相だった。
あれほど共感できる首相はもう現れることはないのではないか、とさえ思う。

格差拡大などと言われているが、人口が減少している以上、生産性が向上しない限りは経済成長はない。上流も中流も下流もみんなそろって給料が増えることによって格差感が露見しない時代が終わりを告げたにすぎない。
これからは、税金をもっともっとたくさん払ってみんなでそこそこの社会を目指すか、負担を抑えてある程度の格差を許容するのか。


ともあれ、
小泉首相、お疲れさまでした。
ありがとうございました。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2006年09月25日

読書について / ショウペンハウエル

テーマ:
ショーペンハウエル、ドイツの哲学者。
初めて著書を読んでみた、それも岩波文庫。
哲学臭さと、訳の回りくどさは岩波独特のもの。
苦労しながら読み進むも、内容については読書家には耳が痛いことばかり。


・読書は他人の思想をなぞるだけであるから、多読は慎むべし
と書かれると、読書は悪いことなのかと思うとさにあらず。
自分の頭で「思索」することが大切なのだとおっしゃる。

・悪書を読まないためには古典を読むべし。
非常に納得できる。
新刊を読み続けられるほど人生は長くない。
評価の定まった古典を何度も読み続けることが最高の読書法なのだろう。

わかっていながらも今日もamazonで本を買い続け、BookOffで本を売り続ける。






ショウペンハウエル, Arthur Schopenhauer, 斎藤 忍随
読書について 他二篇
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006年09月21日

amazon

テーマ:ブログ
先週からamazonで表示される商品の在庫状況の表示が変わった。

これまでは「通常24時間以内に発送」、「2-3日以内に発送」等だったものが、単に「在庫あり」の表示に変わってしまった。
何かあるぞ、と思いながらもいつも通りに本を注文。

これまでは、「24時間以内」の商品であれば夜に注文、翌日発送され早ければ翌日の夜、遅くとも翌々日には手元に商品が届いていた。
今回は夜に注文し、発送されたのがその翌々日、届いたのがその次の日なので、以前より一日余計に日数がかかるようになった。

おそらく何らかの事情で24時間以内に発送できないケースが多くなってきたのだろう。
「24時間以内に」と表示されていれば、24時間以内に発送されなければイライラする人も多いだろうことは理解できるが、今回のamazonの修正はユーザーには評判良くないだろうことは容易に想像できる。

amazonらしくないやり方に驚きさえ覚える。
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2006年09月17日

医学常識はウソだらけ / 三石巌

テーマ:
日本におけるサプリメントの第一人者、三石先生が書かれた本。
三石理論のエッセンスが凝縮されている。
60歳で白内障を発症し、数年内に失明の宣告をされるも、自分でビタミンCの注射を打ちまくり回復させてしまった。
その後もお元気にお仕事をされ、三石先生は平成9年に95歳で亡くなった。
まさに天寿を全うされた。


・食塩をとりすぎると高血圧になる、というのはウソである
・コレステロール降下剤は胆石を作る
・「一日30品目」には全く根拠がない
・マーガリンとショートニングは有害
・貧血には鉄分だけでは効果がない

こういった内容が盛りだくさん。
しかもトンデモな内容ではなく、科学的な根拠に基づいている。


一消費者としてマスコミやメーカーに踊らされていることに改めて気づく。
深く反省。





三石 巌
医学常識はウソだらけ―分子生物学が明かす「生命の法則」
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006年09月16日

下坐に生きる / 神渡良平

テーマ:
著者自身が人生を生き抜かれてきた中で、心に響いた先哲の教えをまとめた本。
よって著者の叫び、というよりも著者の心に残った名言集といった方が正しいのだろう。

しかし、侮るなかれ。
取り上げるエピソードは心に残るものばかり。
中村天風、安岡正篤、マザー・テレサ。


なかでも特に心に残ったエピソード。


しゃぼん玉飛んだ
屋根まで飛んだ
屋根まで飛んで
こわれて消えた

しゃぼん玉消えた
飛ばずに消えた
生まれてすぐに
こわれて消えた

風、風吹くな
しゃぼん玉飛ばそ


誰もが知っている野口雨情のこの童謡。
二歳にならずに娘さんを亡くした後に書かれたものなのだと言う。
事情を知ってから歌詞を読むと全く違った意味を感じ取れる。
「風風吹くな」
の部分では胸がつまるようだ。

お父さんは頑張ってるよ、と再び作詞に力を入れ、「七つの子」、「青い目の人形」、「十五夜お月さん」などの名作を残すことになる。

悲しみ、苦しみの底からしか、本当の光は見えてこないものなのだろうか。





神渡 良平
下坐に生きる―先哲に学ぶ人生の知恵
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006年09月14日

iMac

テーマ:ブログ
長年使ってきたWindowsのノートのキーボードがイカれてしまい、来年の Vista発売まで我慢するつもりだったが仕方なくPCを買い替えることに。
いろいろ比較していうるちに、値段もスペックもWindowsマシンに比較してMacが抜きん出ていることに気づいた。しかし、今までの書類はどうしようか、と悩みつつ銀座のアップルストアに向かう。
店員さんに相談すると、 bootcampはかなり実用レベルまで進化しているとのこと。

それでも一週間考えてみよう、と店を後にしたところ、なんと先週スペックアップしたiMacが登場。
日曜日に再び銀座に車で向かい、迷うことなく17inchのCore 2 Duo 2.0GH搭載iMacを入手した。

なんと15年ぶりにMacユーザーに復帰。
相変わらずユーザーフレンドリーなインターフェイスに大満足。
これでWindowsも使えるんだから、なんの問題もなし。
IPodも新しくなったことだし、Macユーザーが昔のように増えてくればうれしい。

久しぶりのMacは気持ちよい、の一言に尽きる。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。