2010-02-20 14:05:42

【雑誌】COURRiER Japon 3月号

テーマ:雑誌
皆さんは国際ニュースをどの様にインプットされていますか。日経新聞の国際面?はたまたAFPBB News  でしょうか。
もし国際ニュースのインプットにお困りな方がいたら、まずご覧になって頂きたい1冊。本誌は世界中のメディアから記事をピックアップし、政治・経済からサイエンス・環境問題・エンターテイメントまでカバー。クオリティの高いコンテンツもさることながら、デザインもかっちょいいからたまらないっ。


COURRiER 【COURRiER Japon 3月号】

今月号はベストセラー「ルポ 貧困大国アメリカ」の著者である堤未果さん

責任編集による、『オバマ大統領就任から1年 「貧困大国(アメリカ)」の真実』が特集されている。
簡単に本特集の目次をご紹介。

  •堤未果インタビュー
       「色褪せたHOPE、もう一つの希望」
  •Part1 「貧困大国は変わったか?
  •Part2 人間の尊厳を奪う「医療崩壊」
  •Part3 学生を借金付けにする教育システム
  •Part4 民営化で加速する「刑務所ビジネス」
  •Essay 真の「チェンジ」を起こすもの/堤未果


オバマ大統領のスピーチに感動し、スピーチをiPodに入れ、毎日聴く!と心に誓って早1年。
僕は家族に誓った公約をすっかり果たせそうにないけれど、オバマさんはどうなのさ?

アメリカはオバマ政権となったことでチェンジできたのか?
本誌では数字で見るオバマ政権下での「チェンジ」として就任時、就任100日目、現在(09年12月)といった3つの視点から興味深いデータを紹介されています。

【経済問題】
•米国の失業者数は就任時1140万人。現在1530万人に
•公的資金による救済措置を受けた金融機関の数295社が、100日目では566社、現在では707社にものぼる
【国際問題】
•アフガニスタンでの公共施設を狙った攻撃の発生件数は175件(就任時)、現在は325件と増加
•イラク、アフガニスタンでの駐留米軍の規模 就任時延べ17万7000人→現在18万3000人
【国内問題】
•大統領の支持率 62%(就任時)→68%(100日目)→50%(現在)


□Part1 「貧困大国は変わったか? 1日2万人のペースで経続ける「フードスタンプ」受給者の衝撃
Part1では貧困大国は変わったのか?と題し、増え続けるフードスタンプ受給者の実態が紹介されています。
僕のようなフードスタンプってなんだ?どっかのお店のスタンプカード?という方々のために、ちょこっと調べてみました。(1964年、ジョンソン大統領が制度化したものだそうで、知らない僕はかなりマズい笑)
僕の成功バイブル本

フードスタンプ(Food Stamp)とはアメリカで低所得者向けに行われている、食料費補助対策のこと。通過と同様に使用できる金権の一種で、スーパーなんかで利用できるらしい。気になる受給基準は州によりまちまちなところはあるのだけれど、大体4人家族で年2万2000ドルを下回ると対象者となることが多く、1人あたり月100ドル相当のスタンプが支給されるそう。

ちなみに画像ではクーポン形式の金権タイプだけれど、現在はICチップを内蔵したカード形式のもので運用されている。なんでも、クーポン形式だとこの制度を悪用し、スタンプカードの売買が行われていたとか。

日本でも派遣村で、勤め先をでっち上げて救済制度を悪用したというニュースがありましたよね。こういったセーフティネットは必要だと思うし、活用すべきと思うのに、一方で悪用されるケースが絶えないのはなんとも。。


□Part2 人間の尊厳を奪う「医療崩壊」

Part2ではオバマ大統領の最大の公約である医療改革の失敗フリー医療フォーラムによるボランティア医師のとても印象的な写真を紹介。

オバマ大統領は当初、日本やカナダ•イギリスなどと同様に民間企業を介さず、政府や公的機関に直接保険料を支払うシステム(単一支払い皆保険制度)の導入を支持していたが、製薬•医療保険業界に猛反発され次々に妥協案に合意したそう。

高額な医療費により、診断して欲しくてもしてもらえない人のために立ち上がった医師たちによるフリー医療フォーラムの写真や、ピーター•スモーレンス医師の「わたしは医者として患者をみます。たとえ支払いがなくとも」という言葉にはグサッときた。(Youtubeで動画が公開されていたので興味がある方はコチラ をどうぞ/Youtube)


□Part3 学生を借金付けにする教育システム

堤未果さんの「ルポ 貧困大国アメリカ」の中で、住宅ローンと学費ローン。今アメリカで多くの人々を苦してめているこの二つは、崩れ行くアメリカン•ドリームを表すコインの表と裏だ。中流階級にとって最も大きな夢であるマイホーム、そして誰にも開かれた教育という二つが借金地獄という底なし沼となり、人々を飲み込むことになるとは、いったい誰が予想しただろう?と仰っています。アメリカの大学といえばプリンストンやハーバード、スタンフォードなどが僕はパッとうかびます。本記事でびっくりしたのがこうした名門大学にも「高所得者」を優遇する試験制度が敷かれているそうで。


大学受験の結果が純粋に学力で決まるというのは、米国では全くのデタラメ。(中略)多くの大学が選考基準に採用している大学進学適性試験(SAT)では、生徒の家庭の収入と高い相関関係にある。所得が2万ドル(約180万)あがるごとに、SATの点数が12点高くなる。

金持ちの生徒が有利になるかくれた仕掛けに「アーリーアドミッション(早期合格)」がある。これは米国では一般的な受験形態。一流大学では入学者の20%~%0%がこの制度を利用する。この制度で受験した場合合格の可能性が通常より高くなるが、奨学金を受けられない上、合格したら必ず入学しなければならない。事実上、「金持ち専用の入学者枠」となっている。

日本でももしかしたらこういった隠れた制度はあるのかもしれないけれど、上記制度により低所得者の子弟が一流大学に合格する可能性を低下させているとしたら非常に残念だと感じる記事だった。


Part1でも申し上げたとおり、僕はフードスタンプも知らなかった。本誌を読み自分の考えや「もっとこうしたらいいのに」なんて思想にはまだまだ及ばないのだけれど、こうした情報を"知る"だけでも凄く意味のあることだと勝手に思っています。そして、そこから一歩踏み出す指針として堤さんの一言が印象に。

戦争経済をはじめ、失業率に貧困、教育に医療、私たちが抱える問題は、センセーショナルな報道やリーダー個人のみに焦点を当てた「点」だけをみていては実態が見えなくなる。それらの点同士をつなぎ合わせ、全体を「面」でみることで、問題の本質をすくいとる。


その他の本誌の特集についてはぜひ書店に足を運んで頂ければと思います。

ただこのCOURRiER Japon はWebでも様々な情報を提供されています。


僕の成功バイブル本























こちらはニューヨークタイムズに制作した写真集「THIS DAY OF CHANGE」

Webサイトがかっこいい、写真が素敵すぎるのはご覧頂ければお分かりになると思うけれど、

このプロジェクト古賀編集長の言葉がとても印象に残った。

 


僕の成功バイブル本

オバマ大統領や写真に興味がない方にも是非ご覧頂きたいのです。

テーマは「オバマが唱えるHOPE」となっているけれど、自分自身に置き換えて感じるものがあるはず。



国際ニュースをどのようにしてインプットしているか!?なんて大それたことを冒頭から書いてしまったけれど、僕はこのCOURRiER Japonを実生活やビジネスに活かせていない(汗)オバマ氏のスピーチには感動させられたものの、マニュフェストなんて本誌を読むまで知らなかったほど(これはマズい?汗)

本記事については都度調べなくてはいけないことが多すぎてすごく時間がかかった(笑)

それでも僕にとって本誌は月に1度、国際ニュースを様々な角度から伝えてくれる良い教科書であり、海外にも視野を広げさせてくれる貴重な1冊。また、素敵な写真が数多く散りばめられ、壁に飾っても"ハマる"雑誌は中々見つからない。興味のある方は是非是非お手に取ってみてください。





>>編集後記


本誌はR+(レビュープラス)様よりご献本頂いたものです。

本当にありがとうございます。

 ※画像の使い方など不適切な点がございましたら、削除いたします。


【キャンペーン】

また今回はキャンペーンも実施されているそうです!!

クーリエ・ジャポンのブログレビューを読み、下記リンクの申し込みフォームよりお申し込み

頂くと、抽選で合計100名の方に、Fujisan.co.jp  にてご利用できるギフト券1,000円分をプレゼント!!
というもの。

第1期(2010/2/16~2010/2/20): 50名
第2期(2010/2/21~2010/3/9)   : 50名

第1期に関しては今日まで!なので、これを機にという方は是非活用してみては?

クーリエ•ジャポン ブログレビューコンテスト Fujisanギフト券プレゼントキャンペーン



【COURRiER Japon 情報】

雑誌名 : COURRiER Japon 3月号
種別   : 月刊誌
web   : http://courrier.jp/contents/index.html
http://courrierjp.com/120/ja/#/127/2 (THIS DAY OF CHANGE)
twitter : http://twitter.com/CourrierJapon

COURRiER Japon ( クーリエ ジャポン ) 2010年 03月号 [雑誌]


【堤未果さん情報】

東京生まれ。ニューヨーク州立大学国際関係論学科学士号取得。ニューヨーク市立大学大学院国際関係論学科修士号取得。朝日ニュースター「ニュースの深層」サブキャスター、「デモクラシーナウ!」解説者。

ルポ 貧困大国アメリカ II (岩波新書)
堤 未果
岩波書店
売り上げランキング: 30
コミック貧困大国アメリカ
堤 未果
PHP研究所
売り上げランキング: 1438
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

joga@僕の成功バイブル本さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

AD

RSS新着情報

ビジネスパーソン
の成長をちょこっと支援 BizRavel-ビズラベル- BizRavel公認ブロガーに選出頂きました♪

僕の成功バイブル本

www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from @ joga. Make your own badge here.
カメラ歴 :3年位
愛用カメラ:Richo GR Digital

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。