フランクリン郡 (アラバマ州)

テーマ:
フランクリン郡(フランクリンぐん、英: Franklin County)はアメリカ合衆国アラバマ州にある郡である。郡の名称は著名な政治家、科学者及び印刷業者である、ベンジャミン・フランクリンに敬意を表して付けられた。2000年現在の人口は31,223人である。郡庁所在地はラッセルビルであり、ここは酒類醸造販売禁止郡である。歴史フランクリン郡は1818年2月6日に設立された。地理アメリカ合衆国統計局によると、この郡は総面積1,674 km? (647 mi?) である。このうち1,646 km? (636 mi?) が陸地で28 km? (11 mi?) が水地域である。総面積の1.68%が水地域となっている。人口動勢 アラバマ州フランクリン郡の人口ピラミッド(2000年)2000年現在の国勢調査[1]で、この郡は人口31,223人、12,259世帯、8,949家族が暮らしている。人口密度は19人/km?(49人/mi?)である。平均密度8戸/km?(22戸/mi?)で13,749戸の住宅が建っている。この郡の人種構成は白人89.68%、アフリカ系アメリカ人4.21%、ネイティブ・アメリカン0.33%、アジア系0.11%、太平洋諸島系0.10%、その他の人種4.62%、及び混血0.96%である。人口の7.42%はヒスパニック及びラテン系である。この郡内の住民は24.50%が18歳未満の未成年、18歳以上24歳以下が9.20%、25歳以上44歳以下が28.00%、45歳以上64歳以下が23.40%、及び65歳以上が14.90%にわたっている。中央値年齢は37歳である。女性100人ごとに対して男性は96.40人である。18歳以上の女性100人ごとに対して男性は92.80人である。この郡の世帯ごとの平均的な収入は27,177米ドルであり、家族ごとの平均的な収入は34,274米ドルである。男性は27,497米ドルに対して女性は18,631米ドルの平均的な収入がある。この郡の一人当たりの収入 (per capita income) は14,814米ドルである。人口の18.90%及び家族の15.20%は貧困線以下である。全人口のうち18歳未満の24.60%及び65歳以上の24.10%は貧困線以下の生活を送っている。都市及び町Hodgesフィルキャンベル (Phil Campbel

高校生刺傷で50代男聴取=徳島県警(時事通信)
<将棋>17歳・里見が初の女流名人獲得 清水に3連勝(毎日新聞)
11年度に環境税導入 「温暖化基本法」素案を提示(産経新聞)
東国原知事の公用EV、太陽光発電で動かす(読売新聞)
<岡田外相>普天間を使用継続「他になければ」 首相は否定(毎日新聞)
AD