ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて35年。世界戦国内現地観戦230試合、海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。
読者登録受け付けてません


テーマ:

京口紘人が世界初挑戦、田口良一は6度目の防衛戦が決定 7・23大田区総合体育館

1枚拡大

 ボクシングのワタナベジムは14日、都内で、7月23日に東京・大田区総合体育館でダブル世界戦を行うことを発表した。

 メーンは東洋太平洋ミニマム級王者・京口紘人がIBF世界同級王者のホセ・アルグメド(メキシコ)に初挑戦。京口は世界初挑戦となる。セミファイナルではWBA世界ライトフライ級王者の田口良一が同級1位のロベルト・バレラ(コロンビア)を挑戦者に迎え、6度目の防衛戦を行う。

 また、元WBA世界スーパーフライ級王者・河野公平の再起戦(相手未定)、日本スーパーフライ級王者の船井龍一が同級1位の奥本貴之(グリーンツダ)を相手に初防衛戦を行うことも発表された。

 

セミファイナルが田口選手なんですね。京口選手も最短記録ではないですが、早い挑戦ですね。東洋取ってるから問題ないですが、このチャンピオン高山選手にかってるんですが、あんまり強いっていう印象がないんですよね。あとで高山戦もう一度みてみましょう。京口選手が、若さと勢いで勝つんじゃないかな?

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

田中恒成、日本人世界王者対決へ田口V6戦の「応援団長やる」

2017年6月6日7時0分  スポーツ報知

 5月20日に初防衛を果たしたWBO世界ライトフライ級王者・田中恒成(21)=畑中=が5日、名古屋市内の同ジムで練習を再開した。指名挑戦者のアコスタ(プエルトリコ)との無敗対決でダウンを奪い判定勝ちしたが「次に向かうという意味でもう忘れる」。将来の米国進出も見据える王者は約1時間、汗を流した。 次戦でWBA同級王者・田口良一(30)=ワタナベ=との統一戦を目指すが、合意はしていない。田口が別の相手と今夏にV6戦を控え、田中は「俺が田口選手の応援団長をやる」と年内の日本人世界王者同士の対決実現を訴えた。

 

かえって田口選手にプレッシャーかかりそうで・・次の防衛戦クリアできればいいですけどね。年内の実現に期待したいですが、やるとなったらテレビ局の絡みとか出てくるんでしょうね。大晦日はやめてね。

 

 
 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

tijuanense Luis 'Pantera' Nery disputará el título mundial Gallo del CMB ante el campeón Shinsuke Yamanaka |15 de agosto en Kyoto, Japón.

 

Zanfer BoxのTwitterにでとりました。お盆の真っ只中ですね。京都ですと会場、島津アリーナでしょうかね?京都最近世界戦開催多いですね。羨ましいです。静岡は91年のリカルド・ロペス対平野公夫戦以来

26年世界戦開催無し・・・

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

田口のV6戦は1位と交渉中 前王者・内山の進退は依然未定

 ワタナベジムの渡辺会長はWBA世界ライトフライ級王者・田口良一の6度目の防衛戦の相手として、WBAから対戦指令が出た同級1位ロベルト・バレラ(コロンビア)と交渉中と明かした。河野の再起戦と同じ興行になる可能性もあるという。

 また、前WBA世界スーパーフェザー級スーパー王者・内山高志の進退は依然未定とした。

 

ここをクリアしてくれないと田中戦が実現しませんからね。再戦命令を出されるような試合でなくきっちり決着つけて統一戦へ進んで欲しいです。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

山中慎介、V13戦は8月開催…勝てば具志堅用高の日本記録並ぶ

スポーツ報知 5/25(木) 6:05配信

 プロボクシングWBC世界バンタム級王者・山中慎介(34)=帝拳=が、日本記録に並ぶ13度目の防衛戦を8月に開催することが24日、分かった。帝拳ジムの本田明彦会長(69)が明らかにした。相手は指名挑戦者の同級1位ルイス・ネリー(メキシコ)。山中はこの日、同門の元WBC世界スーパーフェザー級王者・三浦隆司(33)、WBA・WBC世界ライト級王者ホルヘ・リナレス(31)=ベネズエラ=とともに千葉県成田市内のゴルフ場でキャンプを公開。夏の決戦が決まり、「すっきり終わらせたい」と意気込んだ。

 “神の左”が伝説の記録に並ぶ日は、真夏に決まった。この日、帝拳ジムの本田会長がネリーと8月後半に防衛戦を行う予定であることを明らかにした。

 この一戦には、元WBA世界ライトフライ級王者・具志堅用高に並ぶ13度防衛の日本記録がかかる。具志堅が1980年10月に達成して以来、誰も到達していない大記録だ。だが山中は普段通りに「先に言っておきますが、記録は意識していませんよ」と制した。それでも標的がはっきり定まり「決まると身が引き締まる」と力を込めた。

 ネリーは22歳のサウスポー。23戦全勝(17KO)の戦績を誇り、米国の老舗専門誌「リングマガジン」が選定するバンタム級のランキングは8位(王者は山中)に入っている。3月2日にWBC同級6位カルロス・カールソン(メキシコ)を7回TKOで破りV12を達成した山中も、一夜明け会見で対戦希望の1人に挙げていた。それだけに「厳しい戦いになるかもしれないが、確実にテンションが上がる」と血をたぎらせた。

 キャンプでは毎日、アップダウンが激しいゴルフコースで20キロ以上の走り込みを行い下半身の強化に努めている。成田では3年ぶりに合宿を張るが「坂道を走っていても成長を感じる」と手応えをつかんでいる。8月に試合をするのは13年のホセ・ニエベス(プエルトリコ)とのV4戦以来、4年ぶり。その時は“神の左”で自己最速の160秒KO勝ちを飾った。「すっきりと終わらせたい」と再現を狙う。(三須 慶太)

 

亀海8・26ロサンゼルスで世界初挑戦!“世界的スター”コットと王座決定戦

 ボクシングの帝拳ジム・本田明彦会長は24日、WBO世界スーパーウエルター級5位の亀海(かめがい)喜寛(34)=帝拳=が、8月26日に米ロサンゼルスで同級1位のミゲル・コット(プエルトリコ)と王座決定戦を行うと明らかにした。亀海は世界初挑戦。王者のサウル・アルバレス(メキシコ)はミドル級に転級する。

 亀海は札幌市出身で、05年11月にデビューした右ボクサーファイター。元日本スーパーライト級、元東洋太平洋ウエルター級王者(いずれも返上)。戦績は27勝(24KO)3敗2分け。

 

一度は無くなったと思いましたが、決まりました。日本人が本場でしかもコットと対戦ですか。亀海頑張れしかない。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    PR

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。