ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて35年。世界戦国内現地観戦230試合、海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。
読者登録受け付けてません


テーマ:

無念…三浦隆司、王座奪回ならず ベルチェルトに判定負け

7/16(日) 13:47配信

 

 ボクシングのWBC世界スーパーフェザー級タイトルマッチ12回戦は15日(日本時間16日)、米カリフォルニア州ロサンゼルスの「ザ・フォーラム」で行われ、挑戦者で同級1位の三浦隆司(33=帝拳)は同級王者ミゲル・ベルチェルト(25=メキシコ)に0―3で判定負け。15年11月に失った王座の奪回はならなかった。

 「メヒコ」コールの中でゴングが鳴った1回、三浦は体を振ってプレスをかけた。しかし、足を使って距離を取る相手にほとんど手を出さず、体勢を低くした場面でベルチェルトの右からの左をこめかみに受け、いきなりダウンを喫した。インターバルには戻るコーナーを間違える、不安な立ち上がりとなった。

 三浦は2回にもプレスをかけたが巧みにさばかれ、終盤に右を受けてぐらついた。3回、積極的にコンビネーションを出すようになったベルチェルトに対し、左ボディーストレートを打ち込んで対抗。だが、4回にはガードが甘くなったところへ左フックや右ストレートをもらい、秋田などから駆けつけた応援団の「三浦」コールはブーイングにかき消された。

 5回、三浦がついに声を挙げて大きなパンチを出し始めた。フックは空振りしたが、左ストレートはベルチェルトの顔面へ。だが、その後は右をまともに浴び続け、ポイントを取ることはできなかった。6回にもフックを振り回して場内をどよめかせたが、精度は低く、逆にカウンターのえじきとなった。

 7回に入る前にはレフェリーに付いていた小型カメラが故障するアクシデント。交換のためインターバルが長引いた。再開後、三浦は左ストレート2発でベルチェルトを追い立てたが、勢いは続かなかった。8回には相手が後頭部を打たれたとアピールして“休憩”。再開後、三浦はプレスを強めてベルチェルトを追い回した。9回にも被弾しながら強烈な左ボディーを2発。ベルチェルトの顔が下がった。10回にも前進しては左ボディーをたたき込み、王者を後退させた。

 11回、三浦は左ストレート2発で優位に立ち上がったものの、ベルチェルトのショートパンチを浴びて逆に劣勢。12回も打たれて打ち返す執念を見せたが、形勢をひっくり返すことはできなかった。採点は3ジャッジとも116―111、119―108、120―109で王者を支持。三浦はベルチェルトのインタビュー中に淡々とリングを下り、控え室へ消えた。

 

私の採点も116-111でした、フルマークは無いと思いますが、ベルチェルトの手数取ったんでしょうね。三浦選手1発狙いで手数少なかったですが、後半ボディー明らかに効いてましたから、上下の打ち分けやもう少し力抜いて手数出してたら勝敗は変わってたかもしれないですね。

たらればですが。でも場慣れしてるとういうか会場の雰囲気に飲まれてる感じはしませんでしたが、今回の敗因分析して今後も王座返り咲きを目指して欲しいですが、終わったばかりで「まだなにも考えられない」とコメントしてるようですが、当然でしょうね。ありきたりですが、ゆっくり休んでください。村田さんの解説好きだな~。さあ来月亀海頼むぞ~。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。