ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて35年。世界戦国内現地観戦230試合、海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。
読者登録受け付けてません


テーマ:

帝里木下 パッキャオと同じリングで世界挑戦 豪州で5万5千人スタジアム

 「ボクシング・IBF世界スーパーフライ級タイトルマッチ」(7月2日、ブリスベン)

 IBF世界スーパーフライ級3位の帝里木下(ている・きのした、31)=千里馬神戸=が8日、神戸市役所で会見し、7月2日にオーストラリア・ブリスベンのサン・コープ・スタジアムで、同級王者のジェルウィン・アンカハス(25)=フィリピン=に挑戦することを発表した。当日、メインカードではWBO世界ウエルター級王者のマニー・パッキャオ(38)=フィリピン=の初防衛戦が行われ、5万5000人収容の巨大スタジアムでの試合となる。

 全世界注目のリングで帝里が世界に挑む。舞台はラグビーW杯やサッカーアジア杯に使用されたオーストラリアを代表するスタジアム。メインには世界6階級制覇のパッキャオが、地元の新鋭・ジェフ・ホーン(オーストラリア)を挑戦者に迎えて昨年11月に獲得した王座の初防衛戦。セミファイナルに登場する帝里は「3年前に1回目の世界戦にチャレンジして長いようでいい準備期間だった。あの時(初の世界戦)の後悔しか残っていない。今回練習からすべて出し切り、勝つイメージしかない」と言い切った。

 当初、今年1月プエルトリコで前同級王者のマックジョー・アローヨ(プエルトリコ)と挑戦者決定戦を行う予定だったが、相手陣営の都合で一方的にキャンセルされた。そのため帝里が挑戦権を獲得。同級は1位と2位が空位のため、3位の帝里が現在最上位のランカーとなっており、この試合は指名試合となる。

 帝里は龍谷大を経て、08年5月にプロデビュー。日本同級王座の5度の防衛に成功していた14年7月には、20戦無敗のまま亀田大毅(亀田)の返上したIBF世界同級王座を神戸ポートピアホテルでゾラニ・テテ(南アフリカ)と争ったが、判定で完敗。今回が2度目の世界挑戦となる。通算戦績は27戦25勝(8KO)1敗1分け。

 2度目の防衛戦に臨むアンカハスは28戦26勝(17KO)1敗1分け。

 

もう3年も経つんですね。前回も世界戦のは完敗、およびコメントがテテが怖くて眠れない日もあったみたいな、怖い怖いの印象しかありません。あれから気が付けばIBF3位ですか?誰に勝っての最上位なんでしょ?まあ相手の一方的なキャンセルとありますが・・・今回はホテルの宴会場でなく、パッキャオの前座ですので、勝てば飛躍のチャンス

頑張ってください。ってもう1か月切ってますね。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。