ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて35年。世界戦国内現地観戦230試合、海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。
読者登録受け付けてません


テーマ:

帝里木下 パッキャオと同じリングで世界挑戦 豪州で5万5千人スタジアム

 「ボクシング・IBF世界スーパーフライ級タイトルマッチ」(7月2日、ブリスベン)

 IBF世界スーパーフライ級3位の帝里木下(ている・きのした、31)=千里馬神戸=が8日、神戸市役所で会見し、7月2日にオーストラリア・ブリスベンのサン・コープ・スタジアムで、同級王者のジェルウィン・アンカハス(25)=フィリピン=に挑戦することを発表した。当日、メインカードではWBO世界ウエルター級王者のマニー・パッキャオ(38)=フィリピン=の初防衛戦が行われ、5万5000人収容の巨大スタジアムでの試合となる。

 全世界注目のリングで帝里が世界に挑む。舞台はラグビーW杯やサッカーアジア杯に使用されたオーストラリアを代表するスタジアム。メインには世界6階級制覇のパッキャオが、地元の新鋭・ジェフ・ホーン(オーストラリア)を挑戦者に迎えて昨年11月に獲得した王座の初防衛戦。セミファイナルに登場する帝里は「3年前に1回目の世界戦にチャレンジして長いようでいい準備期間だった。あの時(初の世界戦)の後悔しか残っていない。今回練習からすべて出し切り、勝つイメージしかない」と言い切った。

 当初、今年1月プエルトリコで前同級王者のマックジョー・アローヨ(プエルトリコ)と挑戦者決定戦を行う予定だったが、相手陣営の都合で一方的にキャンセルされた。そのため帝里が挑戦権を獲得。同級は1位と2位が空位のため、3位の帝里が現在最上位のランカーとなっており、この試合は指名試合となる。

 帝里は龍谷大を経て、08年5月にプロデビュー。日本同級王座の5度の防衛に成功していた14年7月には、20戦無敗のまま亀田大毅(亀田)の返上したIBF世界同級王座を神戸ポートピアホテルでゾラニ・テテ(南アフリカ)と争ったが、判定で完敗。今回が2度目の世界挑戦となる。通算戦績は27戦25勝(8KO)1敗1分け。

 2度目の防衛戦に臨むアンカハスは28戦26勝(17KO)1敗1分け。

 

もう3年も経つんですね。前回も世界戦のは完敗、およびコメントがテテが怖くて眠れない日もあったみたいな、怖い怖いの印象しかありません。あれから気が付けばIBF3位ですか?誰に勝っての最上位なんでしょ?まあ相手の一方的なキャンセルとありますが・・・今回はホテルの宴会場でなく、パッキャオの前座ですので、勝てば飛躍のチャンス

頑張ってください。ってもう1か月切ってますね。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

山中に具志堅氏がビデオエール V13戦正式発表「記録を塗り替えて」

1枚拡大

 「ボクシング・WBC世界バンタム級タイトルマッチ」(8月15日、島津アリーナ京都)

 ボクシングの帝拳ジムは7日、都内で、WBC世界バンタム級王者の山中慎介(34)が、8月15日に島津アリーナ京都で、同級1位のルイス・ネリ(22)=メキシコ=を相手に13度目の防衛戦を行うと正式に発表した。

 元WBA世界ライトフライ級王者・具志堅用高の持つ世界王座13連続防衛の日本記録に挑む山中は「日本記録に並ぶ試合で、過去の防衛戦の中でも一番強いと思う相手。最高の舞台を用意してもらい、気合が入る」と満を持す。浜田剛史帝拳代表も「13回は夢の中の記録。具志堅さんの記録に並ぶので失礼のない相手じゃなきゃいけない。世界中を探して一番の相手」と、あえて無敗の強敵を選んだ。

 会見では具志堅氏から「自分の記録を塗り替えてほしい。『オレは具志堅の日本記録を塗り替える』とマスコミにも言わないと。そうしたら強い精神力もついてくるんじゃないか」とのビデオメッセージで背中を押された。

 山中は「本心から言ってくださっているのが伝わる。ネリを倒して『並びました』と目の前で報告したい」と、高校時代を過ごした京都でのタイ記録達成を誓った。

 

37年前の具志堅さんの相手のペドロ・フローレスもメキシコでした。具志堅さんは当時の記録11連続防衛をやぶるのがモチベーションだったのでバルガスに勝って12連続防衛を達成したら引退したかったとのちに何かで聞いた事がありますが、実際フローレスは安全パイと思っていたものも12RにはKO寸前に追い込まれ、13Rには必死の反撃でなんとか判定勝し13連続防衛を達成しましたが、ボロボロな感じでしたね。当時は15ラウンド制でしたので、今の12R制なら負けていたかもしてませんね。今では30代の選手が一戦で活躍してますが、二郎さんが27歳で関西のジム初の世界チャンピオンになった時には年長世界タイトル獲得3位くらいでしたからね。

 さて山中選手、32歳ですが、いまのところボロボロは試合はないですが、10戦目のソリス戦あたりからダウンが目立つ様になり前回のカールソン戦も勝ちましたが、攻めに行ってパンチもらって動きが止まるシーンが何回かありました。さて今回も記録に並ぶには、弱い相手ではなく強い相手を選んだ。山中の強さに対戦相手が見つからず、前回はカールソンだけが受けた、今回のネリーもメキシコ以外では試合するのが初だそうで。

戦績は素晴らしいですが、果たしてその中身はどうでしょうか?

今回はお盆真っ只中ですので、新幹線早めに予約しよーっと。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。