ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて35年。世界戦国内現地観戦230試合、海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。
読者登録受け付けてません


テーマ:
長谷川を日本ランクから除外=ボクシング
時事通信 [11/27 19:21]
日本ボクシングコミッション(JBC)は27日、東京都内でランキング委員会を開き、元世界2階級王者の長谷川穂積(真正)を日本スーパーバンタム級のランクから除外した。直近の10月度は5位にランクされていた。
試合から6カ月以上遠ざかり、次戦の予定がない場合、JBCは原則としてランクから除外する。長谷川は4月の世界戦で敗れて3階級制覇に失敗してから、試合をしていない。進退について近く結論を出すとみられている

長谷川選手どうするんでしょうかね。まぁ日本ランクを外されたのは規則なんでしょうが無いでしょうが、これ以上は試合して欲しく無いですね。あくまで個人的思い。
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
前IBF世界ミニマム級王者で同級3位の高山勝成(仲里)と、同級6位で日本同級王者の大平剛(花形)とのIBF世界同級王座決定戦が12月31日、大阪・ボディ・メーカーコロシアムで行われることが25日、都内で発表された。

WBO・IBF同級王者のフランシスコ・ロドリゲスJr.(メキシコ)が減量苦のためIBF王座を返上し、IBFが高山と大平の決定戦を指示した。

高山は8月、4団体制覇を目指したロドリゲス・ジュニアとのIBF・WBO同級世界王座統一戦に敗れ、王座陥落。今回はIBF王座復帰がかかる。「年内に世界再挑戦できるとは思わなかったので感謝している。大平選手はスピーディーでパンチのスピードもあるので負けないようにしたい」と話した。

一方、大平は1月17日に決定戦を制し、初の日本王座を獲得。
以後、2度の防衛に成功しており、世界挑戦のチャンスを狙っていた。「世界戦は一生に一度のチャンスと思う。しっかりものにしたい」と健闘を誓った。

同日は元世界2階級王者でWBAフライ級3位の井岡一翔(井岡)対元同級暫定王者のジャン・ピエロ・ペレス(ベネズエラ)のノンタイトル10回戦も行われる。ディリースポーツ

発表されましたがメインは井岡でしょうね。天笠はまだですかね。判定で高山と予想します
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
井上 5階級王者ドネアから必勝法「自信増した」
スポニチアネックス20141125-00000052-spnannex-000-0-view.jpg◇WBO世界スーパーフライ級タイトルマッチ オマール・ナルバエスVS井上尚弥(2014年12月30日 東京体育館)

来月30日に2階級制覇に挑戦する前WBC世界ライトフライ級王者の井上尚弥(21=大橋)が24日、世界5階級制覇王者のノニト・ドネア(32=フィリピン)と横浜市内で合同練習を行った。

ドネアは西岡利晃の現役ラストマッチに完勝したことで日本でも知られるが、井上が対戦する世界王座計27度防衛の王者オマール・ナルバエス(39=アルゼンチン)に唯一の黒星をつけた男でもある。今回テレビ解説で来日したため、関係者の橋渡しで豪華ジョイントが実現した。

井上のスパーリングを見守ったドネアは「若いのにベテランのような技術を持っている。教えることは何もないね」と感心しきり。ナルバエス戦へ向けたアドバイスを求められると、身ぶり手ぶりを交えて熱心に動き方を説明。「相手は守備的でガードが堅い。隙を見つける必要がある。フェイントが有効だし、ストレートやアッパーが武器になる」と助言を送り「ナオヤのプラン通りに戦えれば勝てると思う」と太鼓判を押した。

攻略法を授かった井上は「偉大な選手に教えてもらって自信が増しました」とニンマリ。過去最強の対戦相手となるが「今回は勝ちに徹します。(勝利の)イメージはあります」と力強かった。
ドネアに君の様なベテランって言わせちゃうんですか、すごいなぁ~。唯一ナルバエスに勝った男ですからね。そのアドバイスは貴重でしょうね。年末の世界戦ラッシュでも注目の一番ですからね。果たしてナルバエスを攻略出来るでしょうか。あと1ヶ月です。1年経つのは早いですね。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
辰吉の次男・寿以輝 プロテスト合格 相手吹っ飛ばし“KO勝ち20141124-00000066-dal-000-4-view.jpgボクシングの元WBC世界バンタム級王者・辰吉丈一郎(44)の次男・寿以輝(18)が24日、大阪IMPホールでプロテストを受験し、合格した。

テストは一般公開されず、興行の前に行われた。筆記試験に加え、小山英哉(25)=ワイルドビート=を相手に1ラウンド2分30秒のスパーリングを2ラウンド。1回、的確に左ジャブをヒット。前傾姿勢からプレッシャーをかけると、強烈な左フックが顔面をとらえ、小山をコーナーに吹っ飛ばした。

ヘッドギアの上からながら、ダメージはありあり。“ダウン判定”でレフェリーは試合を止めた。左のパワーはカリスマの父をほうふつとさせた。

「緊張して硬かった。ボディーが得意なのでもっと打ちたかった。(自己採点は)低いです。点数は下の方」と反省しきり。

晴れてプロボクサーとなったことには「うれしいです」と笑顔を見せた。

「テストに親が来たらアホやろう」と父は応援には来なかったが、合格即「おめでとう」と祝福。テスト後に興行観戦のため会場に来て「良かったな。これからは自由はなくなる」と、愛息にプロの心得を伝えた。

さて見事合格ですがC級からのデビューですよね。父とは違いますのでじっくり新人王戦から行ってほしいですね。日本初の親子世界チャンピオン期待したいですね。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
三浦、来春にも内山と統一戦へ 浜田ジム代表「皆見たがっている」
デイリースポーツ [11/24 07:00]20141124-00000010-dal-000-3-view.jpg
3度目の防衛から一夜明け、ベルトを持つ三浦隆司
WBC世界スーパーフェザー級王者の三浦隆司(30)=帝拳=が3度目の防衛から一夜明けた23日、都内で会見に応じた。

「(4回に)右フックをガツンと決めた時、(挑戦者の左目尻が)パカッと切れた瞬間が印象に残った」と振り返り、仕留めた6回、レフェリーが試合を止めた後も左右のフックを当てたことについては「勢いが止まらなくて行っちゃった」と苦笑いした。

浜田剛史帝拳ジム代表は「攻防一体の選手になった。次はできれば4月か5月に内山(ワタナベ)君としたい。みんな見たがっている」と話した。

普段は秋田の実家で暮らす家族と久しぶりの安らぎの時間が待つ。「これから子供を上野動物園に連れて行きます」。チャンピオンが父親の顔になっていた。

あとは来月内山選手が防衛に成功すれば実現ですかね。別の新聞では4月か5月とか出てるところもありますが。それにしてもパッキャオ6回もひっくりかえしちゃうし(笑)日テレのゴーイングでは少し取り上げてましたね。さてあと1ヶ月晦日の大阪の世界戦は高山対大平戦やリコンド対天笠(ノンタイトル)?はいつ発表なんでしょうかね。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    PR

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。