ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて35年。世界戦国内現地観戦230試合、海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。
読者登録受け付けてません


テーマ:
亀田和毅、12・3に大阪で初防衛戦…無敗挑戦者にKO宣言(2013/10/31 13:52:51)
ボクシングの亀田3兄弟の三男でWBO世界バンタム級王者・和毅が12月3日に大阪・ボディメーカーコロシアムで同級6位イマヌエル・ナイジャラ(ナミビア)と初防衛戦を行うことが31日、発表された。

この日、会見を行った和毅は、自身初の国内での世界戦日本のファンにオレのボクシングをみせられるから嬉しいですね」と歓迎。ナイジャラは17勝(11KO)1分の戦績を残し、和毅が王座を奪った相手パウルス・アンブンダ(ナミビア)と同じジムに所属するが「情報を聞いたり、ビデオ見たりしても、オレに勝つことはできんよ」と意識せず、「今回はKOを狙うし、できると思う」と、自信を示した。
8キロ前後の減量苦もあって「バンタム級の試合はできてあと3回」と明かす一方、
「来年は統一戦、ビッグマッチをしたい」と意気軒高だ。バンタム級の対抗王者、WBCの山中慎介(帝拳)とV3戦以降の対戦にも言及。「交渉がうまくいけば。俺も王者になったし、強いヤツとやりたい


毎回減量苦を抱えながら他団体王者、強豪との対戦を熱望して真の王者を証明したいと思う姿勢は立派ですね。中々交渉がうまく行かない様ですが、来年は上手くいき統一戦が観れる事を期待してます。
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:
王者・高山勝成、亀田大毅統一戦と同興行で防衛戦(2013/10/30 16:26:44)
ボクシングのIBF世界ミニマム級王者・高山勝成(仲里)が30日、大阪市内で会見を行い、12月3日に大阪・ボディメーカーコロシアムで、同級6位のビルヒリオ・シルバノ(フィリピン)と日本復帰戦となる王座防衛戦を行うことを発表した。

試合は、すでに発表されているIBF世界スーパーフライ級王者・亀田大毅(亀田)の統一戦と同じ興行で行われる。
高山は海外挑戦のため、09年11月に日本ボクシングコミッションに引退届を提出したが、今年7月にライセンスを再発行されていた。

4年5カ月ぶりとなる国内での試合が決まり「皆様にファイトを生で見てもらうのを心待ちにしていました」と笑顔を見せた。相手はフィリピンの国内王座やWBOの地域タイトルを保持し、引き分けを挟んで16連勝中と波に乗る23歳。「すごくパンチがあって、まともにもらったら効いてしまう。自分のボクシングを徹底して、チャンスがあれば仕留めたい」と…
意気込んだ。


高山チャンピオンようやく防衛戦決まりましたか
頑張ってください。
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
大みそかに内山&三浦がW世界戦
ボクシング・メタボリック-noname~01.jpg

2013年10月29日

 ボクシングのWBA世界スーパーフェザー級王者・内山高志(ワタナベ)が同級8位で日本同級王者の金子大樹(横浜光)と8度目の防衛戦、WBC同級王者・三浦隆司(帝拳)が同級2位ダンテ・ハルドン(メキシコ)と2度目の防衛戦を12月31日に東京・大田区体育館で行うことが29日、発表された。

 この日に行われた会見には日本人3選手が出席。内山は「金子選手は日本チャンピオンの中ではダントツで強いので、練習に気合が入ります。必ず勝ってV8を達成したいです」、世界初挑戦の金子は「幼い頃から夢に見てた大舞台なので、必ず世界チャンピオンになるという思いで頑張りたいです」、三浦は「相手も強打の選手で白熱した試合になると思いますが、必ずKOで倒して防衛したいです」と意気込みを示した。


さて私が聞いていたのと同じカードの発表になりました。内山選手はこれで3年連続ですね。相手の金子選手、日本チャンピオンで勢いもありパンチもあり面白い相手なんですが、本音を言えばもうひとつ世界でどれ位やれるのかを計れる世界ランカーとの試合みたかったですね。日本人対決もホントに増えましたね。昔ながらのファンからするとどうしても日本人チャンピオンに日本人チャレンジーだと世界戦の感覚が少し薄れますね。かと言って実力不明の外国人とやればいいわけでは無いです。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
【BOX】リナレス、3階級制覇「自信」アブリル対策完成!

$ボクシング・メタボリック



ラスベガス合宿を終え、成田空港に到着した元世界2階級王者のリナレス(左)と粟生

 ◆報知新聞社後援 ダブル世界タイトルマッチ ▽WBA世界ライト級タイトルマッチ 王者・リチャード・アブリル―同級3位・ホルヘ・リナレス(11月10日、東京・両国国技館) WBA世界ライト級2位のホルヘ・リナレスが28日、26日間の米ラスベガス合宿を打ち上げて同門の元世界2階級王者の粟生隆寛とともに成田空港に到着した。夢の3階級制覇がかかる同級王者リチャード・アブリルとの一戦へ現地では元世界2階級制覇のセレスティーノ・カバジェロ(37)=パナマ=ら実力者とスパーリングを敢行。アブリル対策が完成したことを明かした。

 大一番まで2週間を切りリナレスは殺気を漂わせ始めた。ラスベガス合宿を終え「カバジェロはアブリルに似ていて、すごく参考になったよ」と収穫を口にした。

 練習相手のカバジェロはWBA世界スーパーバンタム級王座を10度防衛、フェザー級王座も獲得した実力者で、柔軟な動きと187センチのリーチを生かしたアウトボクシングが得意だ。183センチのリーチを持つアブリルも同じファイトスタイルで打ってつけの仮想敵となった。リナレスは「やりにくかった」と言いつつも「自分から圧力をかける。相手のパンチをよけて、近づいてから顔とボディーにコンビネーションをまとめたい。アブリル対策は完成したよ」と勝利のイメージを描いた。

 質だけでなく、量も重視した。4週間足らずで消化したスパーリングは約70ラウンド。23日と合宿最終日26日に試合と同じ12ラウンドのスパーを2度実施。1ラウンドを3分間から4分間に変えて取り組んだこともあった。今年からタッグを組む担当トレーナーのイスマエル・サラス氏(55)の猛特訓に「これだけ多くスパーしたのは初めてね」と笑った。

 現地ではサラストレーナーを同じく師事する東洋太平洋・日本ミドル級1位の村田諒太(27)=三迫=と合流。12月6日にプロ2戦目を控える新鋭と健闘を誓い合い、「お互いに大事な試合。まず僕が勝って村田を応援したい」と話した。

 国内で3階級制覇に挑む試合は、2010年12月に日本人初の偉業に成功した現WBA世界バンタム級王者・亀田興毅(26)=亀田=に続いて2例目となる。「仕上がりはいい。今回は本当に自信ある」。「ゴールデンボーイ」の愛称通りの輝きを取り戻しにいく。

 ◆ホルヘ・リナレス 1985年8月22日、ベネズエラ生まれ。28歳。帝拳ジムと契約し、02年に初来日。同年12月に日本でプロデビュー。07年7月にWBC世界フェザー級王座(防衛1回)、08年11月にWBA世界スーパーフェザー級王座を獲得し、2階級制覇を達成。09年10月の2度目の防衛戦でサルガド(メキシコ)に敗れて王座陥落。身長173センチの右ボクサーファイター。

 ◆セレスティーノ・カバジェロ 1976年年6月21日、パナマ生まれ。37歳。右構えのボクサーファイターで身長180センチ、リーチ187センチと軽量級では規格外のサイズを持つ。98年にデビュー。2005年にWBA世界スーパーバンタム級王座を獲得。08年にIBF王者との団体王座統一戦を制し2団体制覇。WBAのスーパー王者に認定され、10度防衛後、王座を返上。11年にWBA世界フェザー級王座を奪取し2階級制覇を達成。戦績は36勝(23KO)5敗。

さてあと2週間を切りましたが、元2階級制覇ゴールデンボーイ、まさかの1RKO負けの代々木のリング以来の日本での世界戦、上の記事にありますがサラストレーナーが着いてどの様に変わってますかね。個人的には王者を翻弄するボクシング、パンチのキレとスピードで戦う試合キャリア初期の頃の様な美しいセンスあるボクシングを魅せて欲しいですん。チャンピオンも決して弱くないですが。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
亀田 大毅 英断 統一戦の裏にあるTBSの姑息な「長男興毅4階級制覇」策略

プロボクシングIBF世界スーパーフライ級王者の亀田大毅が、WBA同王者のリボリオ・ソリス(ベネズエラ)と団体王座統一戦を行うことが発表された。試合は12月3日、亀田の地元・大阪で開催される。

 この発表にネット上の掲示板などでは、「これは英断、大歓迎」「次男だけはガチ路線だな」などと、ランキング下位選手との防衛戦を選択しなかった陣営を評価する声が上がっている。だが、このマッチメイクの裏側には、亀田陣営とTBSの姑息な算段があるのだという。

「このマッチメイクでもっとも得をするのが、長男の興毅ですよ。WBAバンタム級王者の興毅は、過去にライトフライ級とフライ級も制覇していますが、フライ級とバンタム級の間にあるスーパーフライ級は“飛び級”しているんです」(スポーツ紙記者)

 つまり、興毅が今後スーパーフライ級の世界王座を獲得すれば、「世界4階級制覇」となり、往年のスーパースターであるロベルト・デュラン(パナマ)やパーネル・ウィテカー(米国)らと肩を並べることになる。だが、大毅の統一戦と興毅の4階級制覇に、どんな関連があるのだろうか。


「減量苦のある大毅は同王座獲得時から、“初防衛したら返上”を公言してきました。実質この統一戦が初防衛戦になりますから、勝ったら返上は既定路線でしょう。逆にソリスが勝った場合、WBAは他団体との統一王者を“スーパー王者”に格上げして正規王座を空けるシステムを採用している。つまり、どちらが勝っても同王座は“空位”になるんです。あとは興毅がバンタム級王座を返上してスーパーフライに落として王座決定戦を行えば、“日本初の4階級制覇王者”誕生ですよ。亀田陣営とWBAとのこれまでの癒着ぶりを見れば、興毅が好きな時期に好きな相手と決定戦を行える状況にあることは明らかです」(同)

 こうした動きには、試合を放送するTBSの意向も色濃く反映されているという。かつては視聴率40%超えを記録したこともある興毅の試合だが、7月に行われた7度目の防衛戦では11.8%まで落ち込んでいる。

「最近の亀田人気の低下は明らか。TBSとしては“4階級制覇”という文言で煽れるだけ煽って、視聴率を稼ごうということです」(同)

 かつては威厳の象徴だったはずのボクシング世界チャンピオンベルトが、テレビ局の“テコ入れ”に使われてしまう時代になったということか……。

日刊サイゾー

まあ普通そう思いますよね。

大毅発案「亀田三兄弟総選挙」始まる

 「亀田三兄弟総選挙」が25日、TBSのホームページ内で始まった。大毅の発案によるもので、世界初の3兄弟同時世界王者を達成した7月の興毅、8月の和毅、9月の大毅の3試合のどれが一番面白かったかの投票を受け付ける。締め切りは12日。今のところ1位の特典は決まっていないが、TBS関係者は「今後のカード編成の参考になるでしょう」と話した。

選挙かあ~。マニフェストはなんでしょうかね?(笑)

そういえば内山選手の防衛戦の相手の発表も今月中にはって日刊に
ありましたからそろそろでしょうね。恒例の晦日なら2か月ですもんね。噂されてる相手ですかね?

ルイ&金さん いつも有難うございます。ある程度わかってましたが、余りの馬鹿さ加減で(笑)ってしまい出しときました。またよろしくお願いしますね。
いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。