ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて35年。世界戦国内現地観戦230試合、海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。
読者登録受け付けてません


テーマ:
名城、23歳王者と舌戦調印式…WBA世界Sフライ級戦
スポーツ報知
$ボクシング・メタボリック



テーパリットのチャンピオンベルトに目を向ける名城(左)

 ◆プロボクシング世界戦 ▽WBA世界スーパーフライ級タイトルマッチ 王者・テーパリット・ゴーキャットジム─同級10位・名城信男(9月1日、大阪・住吉スポーツセンター) 試合会場の大阪・住吉スポーツセンターで調印式が行われ、名城信男がテーパリットと舌戦を繰り広げた。23歳の現役王者が「ナシロさんは30歳だから、そろそろ引退した方がいい。試合では逃げるな」と挑発すると、王座返り咲きを狙う名城が「そっちこそ逃げるな。ベルトを奪って見返してやる」とやり返した。試合開始ゴングが鳴る前から、早くも“ジャブの応酬”でやり合った。

 リングに上がる前から、早くも火花を散らした。試合会場で行われた調印式。グラブチェックを終えた両者が、席上でインタビューに答えた。初防衛戦で亀田大毅(亀田)に判定勝ち、V2戦で清水智信(金子)に9回TKO勝ちし、日本を「もうかる国」にしつつあるテーパリットが挑発。世界戦10戦目の名城が力強く言い返した。

 テーパリット(以下、テ)「ナシロさんは(前日29日の予備)検診で会った時、減量で苦しそうだった。きょう会ってさらに勝利を確信した」

 名城(以下、名)「自分は元世界王者のデンカオセーン(タイ)らとスパーしたり、厳しい練習で追い込んで来て、過去最高の状態。KOで勝つ」

 テ「俺は若い。ナシロさんは30歳だから、そろそろ引退した方がいい。デンカオセーン(36歳)はおじいさんだ」

 名「年齢差なんか全然感じていない。勝って防衛を重ねていく」

 テ「試合では逃げないでほしい。逃げない?」

 名「逃げへんわ! そっちこそ逃げんと、ちゃんと打ち合えよ!!」

 普段は温厚な名城が珍しく声を荒らげた。親交のあるWBC世界スーパーバンタム級名誉王者・西岡利晃(帝拳)は32歳で王座を奪取し、36歳の現在も7度防衛中。「西岡さんのようになりたい」とあこがれ、「30代の世界王者は普通。ベルトを奪って見返してやる」と誓った。

 09年4月に妻・智子さん(30)と結婚し、昨年1月に第1子となる長女・柚希ちゃん(1)が生まれた。「家族の存在は大きい。僕はまだボクシングで飯を食いたい」。日本最多タイとなる3度目の世界王座獲得を狙うベテラン。リングでは若き王者の大きな口をふさぐ。

明日になりましたが、テーパリのいう30代おっさんは30年位前でしたね。82年に関西初の世界チャンピオンになった渡辺二郎さんんが、タイトル獲得時27.8歳で高齢の世界チャンピオンで2位か3位でしたね。上原さんも30で高齢扱いでしたね。

今は30歳のボクサーはざらにいますが、名城選手コメントみると気合は入って要る様ですが。
テーパリが希望通り打ち合ってくれるか?それによって大きく展開変わってきますね。

先月佐藤選手に挑戦したロペス陣営は、後日、脚ばっか使って打ち合ってくれなかった。ってスレイマンに文句いってんですよね。スレイマンは、それもボクシングで、片づけましたが。
さてどうなりますか。本日は公開計量ですね。

そのスレイマンさんWBC年金基金みたいのをスイスの時計会社が、スポンサーになってくれて
設立するみたいで、レナードを含め12人の元世界チャンピオンが協力を表明してますね。
なんかパーティーやって、サイン時計売る?で収益を年金へって感じなんでしょうかね?

適当なんで違ってたらすみません。最後に問い合わせはWBCへってあるんで聞いてみてください。(笑)
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:
名城陣営、メガホン1500個配布!会場を“後楽園化”…WBA世界Sフライ級戦
スポーツ報知
$ボクシング・メタボリック



予備検診を行う名城信男

 ◆プロボクシング世界戦 ▽WBA世界スーパーフライ級タイトルマッチ 王者・テーパリット・ゴーキャットジム─同級10位・名城信男(9月1日、大阪・住吉スポーツセンター) タイ人王者に敵地・大阪の洗礼を浴びせろ―。王座奪回に燃える名城陣営が、試合当日に約3500人収容の会場・住吉スポーツセンターで、応援用のV字形メガホン1500個を無料配布することが29日、分かった。「阪神戦の甲子園のようにホームの空気をつくって、敵を圧倒や」と枝川孝会長(48)が言えば、名城も「心強い。ラストチャンスの世界挑戦をジムの近くでやれて、こんな応援までしていただいて」と感激。日本で2度防衛中のテーパリットに、まず心理戦で優位に立つ。

 メガホン配布のヒントは、王者陣営のタイ人通訳が「タイ人が日本で一番嫌な試合会場は東京の後楽園ホールだ。日本人のパンチが一発当たる度に大騒ぎされ、採点が気になってしかたがない」と漏らしたのを枝川会長が聞いていて「ならば、住吉を後楽園ホール以上の騒ぎにすればええ」と考えた。

 この日は大阪市内の病院で予備検診が行われ、戦う両者が初対面。笑顔で握手をかわしたが、テーパリットが「名城は減量が苦しそう。リーチが5センチ長い分、俺のパンチが先に当たる」と自信を見せると、名城は「リーチ差は関係ない。あのかわいらしい小さな顔に、僕のパンチが当たれば面白いことになる」と応戦。早くも戦いが始まった。

(2012年8月30日06時02分 スポーツ報知)

粟生、スタミナ強化でKO宣言…WBC世界Sフェザー級戦

$ボクシング・メタボリック



成田市内のゴルフ場での合宿でコースをランニングする(左から)五十嵐、粟生、山中

 ◆報知新聞社後援 WBC世界スーパーフェザー級タイトルマッチ 王者・粟生隆寛―同級4位・ガマリエル・ディアス(10月27日、東京・東京国際フォーラム ホールA) WBC世界王者の粟生が、スタミナ強化で1年半ぶりのKO勝利を狙う。4度目の防衛戦(10月27日)に向けて29日、千葉県成田市内でのキャンプを公開。派手な結末でWBA王者・内山高志(ワタナベ)との王座統一戦実現へ弾みをつける。

 夕刻のゴルフ場の芝生の上で、1セット12本の50メートル走を6セット走り抜いた。24日から始まった合宿で連日約15キロを走り込んだ計算だ。「疲労はピークだが、やり切るだけ」と全身汗まみれで語った。

 地獄トレの狙いは中盤以降のKO勝ちだ。心拍数が毎分200近くになるまでダッシュを繰り返し、終盤まで切れを失わないスタミナを養う。「今度はKOで決着をつけたい」と宣言。昨年4月の初防衛戦以来となるKO勝利を目指す。

 KOのこだわりはビッグマッチのためだ。「インパクトを与える試合をすれば周りの認知度も上がるし、統一戦に注目してもらえる」と“KOダイナマイト”の異名を持つ内山への対抗心をのぞかせた。合宿は31日に打ち上げ。歯を食いしばって“ラストスパート”をかける。

明後日に迫りました、WBA世界Sフライ級戦ですが、相手陣営に心理戦でメガホン配布ですか。毎回一家のメガホンはごみ箱に山の様に捨ててありますが。べーっだ!
まあ敵地で地元の選手への声援で採点が気になるのは、どこも一緒でしょうね。
然しこの試合のチケット、お店で500円以上お買いものすると5000円の席ペアでいただけるそうで・・何とも・・・頑張れ名城。

そして帝拳の3王者はキャンプ中、その中で内山選手との対戦が注目される粟生選手、アピールの為にもKOしたいでしょうが、名城選手同様テレビの放送枠が1時間の土曜日の夕方、と厳しい扱いですが、ボクサーですので試合で勝って存在をアピールしていくしかないでしょうね。
統一戦の前に粟生・内山選手共に防衛が前提ですから。それにしても、この会場・・仙台のW世界戦の会場の発表もまだですが、舞台型の会場は勘弁願いたいですね。会場探しも大変でしょうが。
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
名城戦テレビ放送決定「視聴率10%を」

2012年8月29日

$ボクシング・メタボリック


最終段階の調整に励む名城信男
拡大写真はこちら
 「WBA世界Sフライ級タイトルマッチ」(9月1日、住吉SC)

 3度目の世界王座奪取に挑む挑戦者・名城信男が28日、KO勝利を宣言した。試合で1度もダウンのない王者テーパリット(タイ)に「今回、初めて経験してもらう」と豪語。地上波でのテレビ放送も決まり、元WBC世界スーパーフライ級王者の徳山昌守氏が解説を務める。

 六島ジムの枝川会長と武市トレーナーの報告を聞いて、名城は燃えた。練習を公開した王者は「名城はパンチをもらうと引く」と余裕を漂わせた。負ければ引退の名城は「なめてもらった方が打ち合いになる。ガンガン前へ出ますよ」と挑発を受けて立つ構えだ。

 契約が難航していた放送はテレビ大阪に決まった。試合翌日の早朝4時5分から関西ローカルで録画放映される。担当者は「10度目の世界戦なので10%の視聴率を」と期待。ゴールデン帯なら30%に相当するが、名城は「五輪じゃないが、勝つことがすべて」と気を引き締めた。

テーパリットが宣言「名城のアゴ砕きベルトを持ち帰る」…WBA世界Sフライ級戦


$ボクシング・メタボリック


練習でミット打ちをする王者のテーパリット

 ◆プロボクシング世界戦 ▽WBA世界スーパーフライ級タイトルマッチ 王者・テーパリット・ゴーキャットジム─同級10位・名城信男(9月1日、大阪・住吉スポーツセンター) 王者テーパリットが28日、大阪・六島ジムで練習を公開。名城陣営が用意した相手とのスパーリングこそ拒否したが、サンドバッグやミット打ちで力強い左フックや右ストレートを披露した。日本3戦目で夏の試合は初。「体調は万全。タイと同じで暑いから歓迎だ」と汗をしたたらせ笑った。

 ともにKO率65%以上。王者は「名城の右ストレートは脅威だから、2か月で350ラウンドのスパーリングをした」と普段の倍以上を消化。「彼はアゴが弱い。自分がKO勝ちし、ベルトを持ち帰る」。日本は関西地区だけ深夜録画放送だが、母国タイでは生放送されるとあって意気込んでいる。

 一方、王者陣営が去った後に同ジムで練習した名城は、ダウン経験がない王者について「敵はガードが低い。ダウンを知らないなら、余計に倒しがいがある」とニヤリ。早くもKO決着の様相だ。

ようやくテレビ放送決まりましたが、然し30分、やってくれるだけいいか。視聴率10%・・朝の4時で??大丈夫かこの担当者。30分では6.7ラウンドまでに終わらないと、判定でも6.7ラウンドやればいいか?テレビ大阪で放送しちゃうから、密に期待していたスカイAもガオラもむりでしょうな。いや勝ったらやってくれるか?それにしても深夜30分の世界戦記憶にないです。
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:
西岡、ドネア戦が「集大成になる」…WBC世界Sバンタム級


$ボクシング・メタボリック


記者会見で対戦相手のノニト・ドネア(左)とポーズを取るWBCスーパーバンタム級名誉王者の西岡利晃(共同)

 プロボクシングのWBC世界スーパーバンタム級名誉王者・西岡利晃(帝拳)が27日、米国で10月13日に対戦する世界ボクシング機構(WBO)と国際ボクシング連盟(IBF)の同級統一王者、ノニト・ドネア(フィリピン)とともにロサンゼルスで記者会見し「楽しみしかない。集大成になる」と強い意欲を示した。

 36歳の西岡はラスベガスで7度目の防衛を果たした昨年10月以来の試合に向け「最高の状態に仕上げる」ときっぱり。4階級制覇の実績を持つ29歳のドネアは「俺の左フックか彼の強烈なストレートか。最強といわれる彼より強いことを証明する」と興奮気味だった。

 心理戦のような一幕もあった。ドーピング検査の実施をドネアが提案していることについて米記者に質問され、西岡は「テストを受けなければいけないならば、いくらでも受ける。何も不正なことはしていない」と答えた。(共同)


内山、粟生と統一戦へ最強バスケス倒す!…WBA世界Sフェザー級

$ボクシング・メタボリック



トレーナーを相手に、スパーリングで重いパンチを繰り出す内山

 プロボクシングWBA世界スーパーフェザー級王者・内山高志(32)=ワタナベ=が27日、WBC王者・粟生隆寛(28)=帝拳=との統一戦へ再出発した。負傷ドローとなった7月の防衛戦後初めての本格練習を東京・五反田の所属ジムで再開。12月~来年1月とみられる次戦V6戦の相手には29戦全勝の同級1位ブライアン・バスケス(25)=コスタリカ=が浮上した。粟生とのドリームマッチへ、最強挑戦者を打破する。

 猛烈デモだ。内山は、高速コンビネーションでジム内にミットを叩く音を響かせた。全身から噴き出る汗。「明日にでも試合ができますよ」と不敵に笑った。42日前のV5戦で負った右まぶたの傷はふさがったが、不本意な負傷引き分け。ストレス発散のような激しい練習初日となった。

 照準が定まりつつある。12月初旬から1月初旬に計画するV6戦は指名試合となり、相手は世界ランク1位で暫定王者でもあるバスケスが有力。29戦全勝(15KO)の新鋭にも「最強挑戦者が相手。しっかりと練習する」と抜かりはないが、「自分をアピールできる試合をしたい」と先も見据えている。先とはWBC王者の粟生との統一戦だ。

 10月27日に4度目の防衛戦を控える粟生とともに次戦をクリアすれば「来年4、5月頃に統一戦」の青写真ができてくる。所属ジムの渡辺均会長(62)も「受けて立ちますよ」と覚悟を決めている。

 7月のV5戦はサウスポーの挑戦者のバッティングの餌食になった。粟生も同じ左構えとあって「『内山は左が苦手』という評価が出てくれば統一戦は面白くなるんじゃないかな?」と自嘲気味。それでも「相手はチャンピオン。余裕なんてない。でもやるからには100%勝ちにいく」と目の色を変えた。2戦連続で強敵と対戦する“イバラの防衛ロード”となりそうだが、王道を突き進むだけだ。

名城、同一王座3度目奪取で辰吉に並ぶ…WBA世界Sフライ級戦
この試合9月2日朝4時5分から4時35分テレビ大阪で放送
$ボクシング・メタボリック



公開スパーリングでキレのある動きを見せた名城

 ◆プロボクシング世界戦 ▽WBA世界スーパーフライ級タイトルマッチ 王者・テーパリット・ゴーキャットジム─同級10位・名城信男(9月1日、大阪・住吉スポーツセンター) 挑戦者・名城が史上5人目の世界王座3度奪取へ向け27日、大阪・六島ジムでスパーリングを公開した。相手陣営が視察する中、元世界ランカーの武市晃輔チーフトレーナー(31)相手に2回を軽快に行い「減量も順調。あとは試合で倒すだけ」と自信を示した。

 今回は試合1か月前からフィジカル練習を抑え、元世界王者・デンカオセーン(タイ)らとの約100ラウンドのスパーリングで実戦中心に仕上げてきた。

 かつて2度巻いたWBAスーパーフライ級ベルトを奪回すれば、日本人最多タイ。しかもすべて同一王座のケースは辰吉丈一郎(大阪帝拳)以来だ。辰吉も名城同様、下馬評は不利だったが、97年11月のWBCバンタム級戦で王者シリモンコン(タイ)に7回TKO勝ち。当時高校生だった名城は「あの興奮は覚えている。僕もKO勝ちで返り咲く」と燃えている。


さてボクシングシーンにも出てました、西岡・ドネアの共同会見。西岡選手嬉しそうですね。強いやつと戦う時はワクワクする。そんな感じでしょうか?集大成と言ってます。すべてを懸けて戦うって事でしょうね。ビックウイン、期待してます。

内山選手も粟生さんとの統一戦を意識した発言が多くなってきました。お互いに次勝たなければなりませんが、クリアして来年の対戦に期待したいですね。

モンティエルが11月に再起戦を予定、2013年の早い時期にスーパーバンタムを狙うと言ってますが、個人的にもう体格的に最近の試合ぶり、チャンピオンをみると厳しいでしょうね。


いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

協栄ジム・金平会長は村田獲得諦めず 粘り強く交渉へ

スポニチ
 村田獲得に名乗りを上げていた協栄ジムの金平桂一郎会長は、滞在先のメキシコで電話取材に応じ、「インターネットで知りました。ちょっとお休みしたいとのことなので、一度テーブルについてお話ししたい気持ちは変わらない」と語った。

 当初から獲得が困難であることは想定しており、「まだ電話で数秒話しただけ。最大限の気遣いをしなければならない。そういうのも含めてスカウト」と粘り強く交渉していくことを明かした。

 ▼WBA世界スーパーフェザー級王者・内山高志 ビックリです。ただ、金メダルという大きな目標を達成したので、その選択肢もあるのかな、とは思ってました。自分に続くような選手を育ててほしいですね。(かつて村田と一緒に練習)

メキシコに滞在とありましたので、また例の一家との関係?と思いましたが、ブログをみますと、佐藤洋太の次戦の日本開催を認める事。対戦相手も自分の選定してる相手の許可をもらった
とありますね。

やっぱり一家かかわるんでしょうかね?

さてホルヘ・リナレスが10.6ノーザン・カリフォルニアで試合?プロモーターのドン・チャージンが計画してるようです。亀海選手の試合も行いたいようです。FOXTVでアメリカデビュー?

どうなりますか?
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。