ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて35年。世界戦国内現地観戦230試合、海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。
読者登録受け付けてません


テーマ:
$ボクシング・メタボリック
$ボクシング・メタボリック
ボクシングシーンより

西岡「最高の状態」…10・1WBC世界Sバンタム級戦


◆プロボクシングWBC世界スーパーバンタム級(55・3キロ以下)タイトルマッチ(12回戦) 王者・西岡利晃―同級2位・ラファエル・マルケス(10月1日・米ネバダ州ラスベガス・MGMグランドホテル&カジノ) 7度目の防衛戦に臨むチャンピオンの西岡利晃(35)=帝拳=が29日、ラスベガスで記者会見し「最高のコンディションをつくれている。勝利を確信している」と自信をみなぎらせた。

 日本人世界王者が本場ラスベガスで防衛戦を行うのは初めてのことだが「わくわくする。ただ、リングはどこに行っても四角。やるべきことは同じ」と落ち着いた表情で語った。

 2階級制覇した実績を誇る最強挑戦者との一戦を前に、日本人世界王者の最年長防衛記録の更新もかかる西岡は「すごい試合になると思う。ベルトを母国に持って帰る」と話した。

スポーツ報知

かっこいい~海外での試合って感じですね。


追記

WBAはスーパーバンタム級のラモス対リコンドー、ウエルター級のセンチェンコ対ソロモンの2つの世界戦に対して10月10日WBA本部にてメンドーサJr立会いの元入札を行うと発表。
ラモス対リコンドーは一時12月3日のコット対マルガリート戦の前座で発表されましたが、その後ファイトマネーの取り分で合意してなかったようで、改めて入札となった模様。
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:
西岡、マルケスの「アゴ弱い」発言に激怒…10・1WBC世界Sバンタム級戦
スポーツ報知

$ボクシング・メタボリック
トップランクジムを訪れた王者・西岡 ◆プロボクシングWBC世界スーパーバンタム級(55・3キロ以下)タイトルマッチ(12回戦) 王者・西岡利晃―同級2位・ラファエル・マルケス(10月1日・米ネバダ州ラスベガス・MGMグランドホテル&カジノ) チャンピオンの西岡利晃が28日、ラファエル・マルケスの宣戦布告に闘志をたぎらせた。V7戦を前にラスベガスのトップランクジムで現地メディアの取材に応じた。最強挑戦者の「顎を狙って西岡をKOする」という挑発発言を伝え聞き、普段はクールな男が敵対心をむき出しに。日本人王者初のラスベガス防衛戦へいよいよ迎撃態勢に入った。

 そのとき“第1ラウンド”のゴングが鳴った。それまで丁寧な言葉遣いで取材に応じていた西岡は1つの質問で表情を一変させた。米国人記者に「マルケスは『西岡は顎が弱いと見ている。顎を狙って、KOする』と話していたが…」と聞かれると、反骨心をあおられた。「どっからでもかかってこい」メラメラと語気を強くした。“挑戦状”に眼光も鋭さを増した。

 取材会場は米最大手のプロモート会社「トップランク」のジム。正面玄関には「ホーム・オブ・チャンピオンズ(王者たちの家)」の文字が躍る。強豪ぞろいの同社所属選手しか利用できない場所で、日本人王者はその仲間入りを果たしたかのように海外メディアの質問攻めに遭った。メキシコの取材陣の前で「マルケスと戦えるのは光栄。この試合は僕にとって今までで一番大きな試合」と語る西岡の目は主役の自信にあふれていた。

 取材後は別のジムで試合前最後のジムワーク。計量を2日後に控え、約40分間ミット打ちなどで滝のような汗を流し、仕上がりの良さを示した。

 現地入り後は、練習と食事のとき以外、ホテルの部屋で一人で静かに過ごす。帝拳ジムの本田明彦会長(64)は「これほどの試合の前なのにあの落ち着き方は尋常じゃない」と舌を巻く。

 約7年半の間、ノンタイトル戦を含め、連勝を続ける西岡は「防衛戦のたびに進化している」と言い放った。マルケスに必ず目に物見せる。

さてあと2日、記事のように西岡選手が激怒したかどうかはわかりませんが、この発言は多分ジョニゴンからダウン取られたシーンを拾っての事では?マルケスは西岡対ジョニゴン戦のビデオみて西岡を研究しているとかどこかに出てましたね。まあ激怒と言ってもメイウェザーやオルティスの様に記者会見
計量で顔つき合わせてがお~とやる事はないでしょうし、大人のチャンピオンですからね。もう幾つ寝ると~お正月~音譜ってのがありましたが、そんな気分であと2日、日本からエールを送りましょう~メラメラ

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
八重樫、元モー娘。紺野アナのパンチに“ほれぼれ”
.$ボクシング・メタボリック

世界挑戦を前にテレビ東京の元モー娘。の紺野あさ美アナウンサーの取材を受ける八重樫東
Photo By スポニチ
 WBA世界ミニマム級タイトルマッチ(10月24日、後楽園ホール)で王者ポンサワン・ポープラムック(33=タイ)に挑戦する同級3位の八重樫東(28=大橋)が28日、横浜市内の大橋ジムで元「モーニング娘。」の紺野あさ美・テレビ東京新人アナウンサーの取材を受けた。

 取材前に空手の経験を生かしてミット打ちをするなど、紺野アナの体当たりの取材に、八重樫は「真面目な方ですね。右をしっかり打てるから、空手をやっていたんだなと思った」と笑顔で応対した。

 28歳での2度目の世界挑戦を前に「ラストチャンス」と意気込む。世界戦に向けた特別な練習はしておらず「自分の力を出せるようなコンディションづくりだけ」と話した。

 ≪「全力紺野、出没注意!」で放送≫10月1日からスポーツニュース「neo sports」の土曜レギュラーに決まった紺野アナは「実際に練習して3分がいかに長いかを実感した」と感心した。小学生時代にやった空手は茶帯だったそうで、大橋会長は「身体能力が高くてびっくり」とさっそくスカウト。「全力紺野、出没注意!(仮題)」のコーナーでこの体当たりの体験が放送される。

八重樫選手の練習公開だったらしいですが、主役は取材した元アイドルグループのアナウンサーになっちゃってますね。取り上げてくれるのはいいのですが、なんか違うな~。こちらも1ヵ月を切ってますね。テレビ東京BSで放送やってくれるのかな?地上派だとケーブル会社が地デジしてから見れなくなったんですよね。まあなんにせよ頑張れ八重樫選手。 にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
西岡、ベガスでVIP待遇 マルケスに格の違い…10・1WBC世界Sバンタム級戦
$ボクシング・メタボリック


ラスベガスのホテルのVIP専用出入り口で意気込む西岡 ◆プロボクシングWBC世界スーパーバンタム級(55・3キロ以下)タイトルマッチ(12回戦) 王者・西岡利晃―同級2位・ラファエル・マルケス(10月1日・米ネバダ州ラスベガス・MGMグランドホテル&カジノ) 【ラスベガス(米ネバダ州)27日】王者・西岡利晃が、特別室泊とオッズ有利の「チャンピオン待遇」で決戦に挑む。元2階級王者の強豪ラファエル・マルケスとのV7戦に向け、高級ホテルのVIP部屋に滞在し、調整も順調。また現地のカジノでは「西岡優勢」の賭け率が発表された。

 気温35度超の暑さも気にならない。ホテル近くのジムで1時間弱の調整を終えた西岡は「試合が決まったときからずっとマルケスのことだけを考えてるし、ラスベガスに来ても変わらない。気持ちは普通」と浮ついた様子はない。減量終盤で口数は少ないが、ビッグファイトが間近に迫り、表情は確実に研ぎ澄まされてきた。

 王者は丁重にもてなされる。約5000の客室を誇る巨大ホテルのMGMグランドは西岡のために「スカイロフツ」という特別室を用意した。

 最上階29階に設けられた部屋は広大かつ高級で、ラスベガスの夜景を一望できる。専用口から出入りし、フロアには利用客しか立ち入れない。食事は最高級食材をシェフがリクエストに応じ調理。西岡は減量中でわずかな肉や野菜しか口にできないが、「体重も順調に落ちている」と猛暑下のコンディション管理の助けとなる。対するマルケスは通常の部屋を利用しており、格の違いを見せつけている。

 試合当日のラスベガスでは、他会場を含め世界戦でメーンを飾るのは西岡ただ一人。自然と注目を集めるが、想定外の“下馬評”が明らかになった。MGMグランド内のカジノでこの一戦の勝敗を当てる賭け率が初めて公表され、1対5で「王者有利」の数字がはじき出された。

 強豪マルケスを相手にしながらの評価に、帝拳ジムの本田明彦会長(64)は「意外と差が開いた」と驚きを隠さない。「西岡の力が認められている証拠。でも直前にオッズの差は詰まる」と冷静に語った。

 そんな周囲の喧騒(けんそう)も西岡は気にならない。「明日が最後のジムワークになるでしょう」と戦闘態勢も着々。王者らしく、堂々と我が道を行くだけだ。

後3日ですね、やはり海外ですので日本で行われる世界戦のように公開練習、予備検診などの恒例行事が毎日のようには報道されませんが、世界チャンピオンなのでこの位の扱いは受けて当然、賭け率も会長の言うようにずいぶん開きましたね。ファンにとっては嬉しい事ですがやってみないとわからない、有利ですがそこは西岡選手油断も気の緩みもないでしょ。日本人世界チャンピオンとしてベガスのリングで初めて勝者のコールを受けるであろう西岡選手に期待しましょう。

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
さてこちらも日本の細野選手の標的に一人のジョニゴンですが、ボクシングシーンによりますと12月10日メキシコを予定してるようですが、ロハスがドンキングとの契約問題で問題を抱えているため、問題が解決すれば対戦だが、解決しないようなら我々は関わらない(首を突っ込まないという意味か?)問題が解決してジョニゴンとロハスが戦える事を願っている。最終決断は近いうちに出すようです。ここがまとまらない様なら日本の細野選手チャンスが回ってきますか?いずれにしろ年内に世界再挑戦を目指す細野選手には厳しい状況でしょうか?ウルトラCで内山選手に挑戦とあったりして。

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。