ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて35年。世界戦国内現地観戦230試合、海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。
読者登録受け付けてません


テーマ:
さて19時少し過ぎに会場出まして20時発のバスに乗り静岡まであと少しなんですが、もの凄い雨です、途中携帯の電池がやばくなり充電器の電池を買い再開。清水選手やりましたね。戦前は不利の予想が多数でしたが(私もその一人)見事に覆してくれました。試合は1ラウンドから清水選手がジャブを出しながらうまく距離を取りいい出足途中パンチ貰うも追撃は許さず4ラウンドまでは清水優勢しかし5ラウンドからカサレス猛攻アッパー ボディ フックと明らかにKOしにきました。清水選手も打ち合いに行ってしまった為7ラウンドまではカサレス優勢流石にくっついたら一枚上手8ラウンドカサレス少し疲れたか少し前半休んだ感じのラウンドでしたがやはり要所では反撃そして9ラウンドは私はイーブン10から12ラウンドは清水選手が何度かカサレスのパンチを浴びピンチになるも逆にカサレスをふらつかせるパンチを打ち前半のジャブを突いたボクシングで試合終了、私の周りは皆勝った~ しかし 採点が中々でない、まさか引き分けか?と思ったところ採点発表115対114カサレス え~ 115対113清水 115対113WBA世界Sフライ級新チャンピオン清水智信~ おめでとう試合後は感謝の言葉と努力と言っておりました。金子ジム悲願の世界チャンピオン村田さんが4度跳ね返えされましたが28年後清水選手やってくれました。実はカサレスと試合前少し話ししまして 清水を4ラウンドKOと言っました頬はこけてましたが顔色は良く余裕って感じでした、今度はバンタムで挑戦者として日本に来て下さい。静岡まであと少しのところで事故渋滞はぁ~。まぁ今日中には着くでしょ。
$ボクシング・メタボリック
コールされるカサレス
$ボクシング・メタボリック
新チャンピオン
$ボクシング・メタボリック
激闘でしたね。顔かなり変形してます。しかし腫れも引けば元のイケメンに

なんとか0時前には到着しました。多分カサレス、清水のバッティングが多すぎてとか、審判が注意しないとかいってんでしょうね。でも腹まわりだいぶ太い気がしましたが。写真は雰囲気だけ。では明日
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:
115 114 カサレス
115 113が2名 新WBA世界Sフライ級チャンピオン 清水智信~琦

では私のメイン終わったので帰ります。パー

清水、世界獲った!「三度目の正直」男泣き…WBA世界Sフライ級戦
$ボクシング・メタボリック


4回、左ジャブをヒットさせ王者・カサレスをのけぞらせる清水智信 ◆プロボクシングWBA世界スーパーフライ級タイトルマッチ ○清水智信(判定2―1)ウーゴ・カサレス●(31日、東京・日本武道館) 挑戦者のWBA世界スーパーフライ級7位・清水智信(30)=金子=が、悲願の世界王座を獲得した。左ジャブで王者ウーゴ・カサレス(33)=メキシコ=のリズムを崩すと、終盤は接近戦も支配。2―1の判定で新王者となった。07年、08年とWBC世界フライ級王座に挑みながら敗れてきた清水は3度目の正直でベルトをつかみ、65年に創設された金子ジムからは初の世界王者となった。清水の戦績は19勝(9KO)3敗1分け。カサレスは44戦35勝(25KO)7敗2分け。

 両のまぶたはふさがり、みけんの傷からは血が流れ続けた。腫れ上がった顔が激戦の証しだ。運命の判定。勝者のコールに、清水の顔は涙でぐしゃぐしゃになった。「ベルトを巻いて夢がかなった」。ついに上り詰めた世界の頂点。イケメンぶりが台無しになっても構わない。人目もはばからず泣いた。

 「トラウマがあったけど、あの経験が生きた」。頭をよぎったのは08年7月、WBC世界フライ級王者・内藤大助に挑んだ2度目の世界戦だ。8回までポイントでリードしながら、10回に右カウンターをもらいKO負け。「同じことを繰り返さないように、ガードをしっかり上げていった」と、終盤の王者をかわした。攻めても左右にスイッチする相手のリズムを左ジャブで乱し、8回には左ボディー、右フックをカサレスに打ち込んだ。

 接近戦を挑んだのも内藤戦の反省からだ。「相手の打ち終わりにボディーを狙っていた。前だったら心が折れていたけど、3年間、努力してよかった」。引退も考えた内藤戦後は当分、試合のビデオを見られなかった。福井に帰郷し永平寺で座禅を組むなど、自らを見つめ直して現役続行を決意。「精神的に強くなった」と金子賢治トレーナーは成長を実感していた。

 愛の力に背中を押された。リングサイドでは静恵夫人(30)が声をからした。東農大時代にチアリーダーで清水を盛り上げてくれた夫人は今も夫を支え続ける。「まわりが頑張れと言ってくるのに、頑張らなくていい、と言ってくれる。どれだけラクになれたか」。愛妻の思いやりが重圧から解き放ってくれた。

 視線は次へ。当初はフライ級王座に挑戦予定も、1か月前に1階級上のカサレス戦に決定。将来的には階級をフライ級に戻し、2階級制覇を目指す計画もある。「フライ級の方が動きやすいけど、今はちょっと休みたい」。穏やかに笑った顔はぼこぼこになっていても、最高の輝きを放っていた。

 ◆清水 智信(しみず・とものぶ)1981年6月28日、福井市生まれ。30歳。身長168センチの右ボクサーファイター。
▽エリート 「格闘技をやりたい」とボクシング部のなかった福井・北陸高に部を作って強豪の東農大に進み、4年時には主将。国体青年の部、全日本選手権で準優勝し、アテネ五輪強化指定選手にも選ばれた。アマ戦績は78戦68勝(25KO・RSC)10敗。大学時代に金子ジムの選手とスパーリングをしたことがきっかけで同ジムに入門。
▽ラーメン店社員 九州じゃんがららぁめんの社員。「イベントや広報担当です」。時間があるときは、人気のある原宿の店舗を手伝うことも。念願の王座獲得で記念メニュー「チャンピオンラーメン」が発売される予定。
▽イケメン 06年にイケメン・ボクサーを集めた興行「ダビデ」に出場してファン投票で1位を獲得。08年にテレビ朝日系列のドラマ「四つの嘘」でボクサー役として出演。ヒロインを演じた永作博美と共演した。

いいね!した人  |  コメント(11)  |  リブログ(0)

テーマ:
興毅、挑発チョコであわや乱闘!特集 : ボクシング $ボクシング・メタボリック
食べていたチョコレートを興毅(左)に突き出し、挑発行為に出たデラモラ。怒った興毅はつかみかかろうとして、乱闘寸前に
$ボクシング・メタボリック


 ファンの視線も気にしない。瞬間的に感情の針が振り切れた。興毅が一気に暴走モードに突入だ。

 「いつもの(計量の)雰囲気と違うからよかった。最高の試合をします!」。国内では異例の公開計量。試合を中継するTBSの本社1階に設けられた会場には、多くのファンも駆けつけた。興毅、デラモラはともにリミット(53・5キロ)で一発クリアし、鍛え上げた肉体をみせつけるポーズでファンサービス。だが、異変はその直後に起きた。

 今回が世界初挑戦で、興毅にとって初の無敗の対戦相手となるデラモラと、写真撮影へ。計量を終えたデラモラは早速チョコレートをパクついていたが、手に持った一片を興毅の面前に突きつけた。親切心ではなく、挑発行為であることは、顔つきでも明らか。意表をつかれた興毅の顔はみるみる真っ赤に。つかみかかろうと声を荒げた王者を、慌ててスタッフが止めに入った。

 ファンの目の前であわやの乱闘劇。これは、前日の会見の席上、メンチを切られて挑発された挑戦者の報復だった。「(興毅は)自分の好きなタイプの性格ではない。(前日)彼がああいうことをしてきたから」と場外戦に火がついたのだ。

 相手は母国の大学でジャーナリズムを専攻する頭脳派だが、「オレも賢いで。(大阪の)天下茶屋中(出身)だから、闘いの学校があれば東大クラスや。初回からいく。バーンと倒して10カウントを聞かせる」と息巻いた。5月の初防衛戦に続く、連続KO防衛へ。怒りのエネルギーが爆発する。(丸山汎)

(紙面から)

 ◆挑発してやったり デラモラが興毅に「挑発カウンター」を決め、してやったりの笑顔だ。「昨日、亀田が僕をにらみつけたから今日は僕がしたまでさ」とサラリ。だが「亀田にはリングの上で闘志を表してほしいんだけど」と肩をすくめた。計量後はチョコのほかにコーラを飲み干した。大一番へ「皆さんは明日は新しいチャンピオンを知ることになるでしょう」と締めた。

 ◆王者げっそりで勝機 清水は王者のこけた頬に勝機を見いだした。「けっこうげっそりしていた。体重を戻してくるでしょうけど、それがマイナスになるようなボクシングをしたい」と、相手の動きがにぶくなるところをつく構えだ。自身の減量は順調そのもので「体調はバッチリ。疲れも取れたので、最高の試合をして絶対に勝ちたい」。学生時代から“勝負メシ”にしている100円パックの鮭ぞうすいを食べて出陣する。

 ◆全裸計量でも強気 カサレスはパンツ姿で体重計に乗ってもリミットをオーバーしたため、素っ裸で量り直してどうにかパスした。こけた頬が減量の苦しさを表していたが「調子はいい。しっかり食事をして試合では60キロくらいにしたい」とあくまでも強気。「亀田とデラモラの結果次第ではバンタム級で戦うこともありうる」と清水戦を通り越して、さらに先を見る余裕をみせていた。

いろいろありましたが清水選手がんばってください。

自分はやるけどやられると激怒ですか、ランダエタ戦の時のオムツの時もそうでしたね。そのあとバッシングされ少しおとなしくなりましたが、喉元すぎればですか、プロだからこの位とかおっしゃる方もいらっしゃいますが、相手の国にも報道されるので日本人としては恥ずかしい限りです。肩書きは日本人初の惨買急王者なんですからどーんと王者の風格みせてもらいたいですね。ユーリと渡久地の時もあったでしょという方もいましたがあの時とは質が違いますよ。JBCも厳重注意すべき。まあこれも取り上げる事で注目させようとする作戦にまんまとハマッテますが(笑)来月24日にご兄弟がメキシコで試合するそうですからあまりメキシコに悪印象を与えない方が。

ボクサーたるもの紳士であれヨネクラジム故松本トレーナーのお言葉です。
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)

テーマ:
昨年10月に西岡選手に挑戦し判定で敗れたイギリスのレンドール・ムンロー選手ですが9月24日にシェフィールドで予定されている次戦の候補にミヤギリュウタ セトウミキヒト ナカギシフウタの3選手の名前が挙がっているようで中でもナカギシフウタ選手が今のところ有力のようですが、試合まであと1ヵ月果たして日本人選手との交渉は成立するのか?

昨年の試合会場で友人になったイギリス人がムンロー選手の友人でムンロー選手から聞いたらしいのですが、その友人になった日本人がムンロー友人と交流があり私に教えてくださいました。
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
Cazares-Shimizu not for WBA title?
By Gabriel F. Cordero

There is information that the fight between current WBA super flyweight world champion Hugo Cazares and WBA #4 flyweight Tomonobu Shimizu on Wednesday in Tokyo will only be a ten round non-title affair. Cazares traveled to Japan last weekend in hopes of the WBA accepting his request for an optional defense but as Cazares is currently in a mandatory defense period, thus far the fight has not been sanctioned. The Cazares team, headed by manager/trainer Manuel “Cochul” Montiel, has traveled to Japan to be in the corner and they are still hoping the bout will be for the world title. After a three year reign as WBO 108lb champion, Cazares claimed the WBA 155lb title against on May 8, 2010 against Nobuho Nashiro and has made four optional defenses (Everardo Morales, Alberto Rossel, Hiroyuki Hisataka and Arturo Badillo).


ファイトニュースによりますとカサレス清水はノンタイトル?ってありますけど、昨日日本では調印式も終わって立会人?WBA関係者も来てるわけですよね。森田事務局長も承認された、って言ってましたよね。WBAも承認しないって言ったあと正式にコメントを発表しないからこういう記事出るのではないでしょうか?百歩譲って本当ならWBAはもう必要ないですね。

そして調印式映像一部みましたが、チューしようとしてたんでしょうか?メンチメンチって・・・
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。