ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて35年。世界戦国内現地観戦230試合、海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。
読者登録受け付けてません


テーマ:
 2階級制覇に成功したプロボクシングWBC世界スーパーフェザー級新王者・粟生隆寛(26)=帝拳=が、出身の千葉県の県民栄誉賞を受賞する可能性が浮上した。千葉県の森田健作知事(60)が29日、授賞を検討する考えを示した。

 日本人選手7人目の偉業に、森田知事は「粟生君は男だ!」と自身の出世作ドラマ「おれは男だ!」をもじって絶賛。県民栄誉賞について「今後、関係部署に話を入れて調整してみたい」と前向きな姿勢を見せた。

 かつての青春の巨匠は、WBC世界フェザー級戦で長谷川穂積(真正)が母の死にめげず達成した2階級制覇に粟生が男泣きしたことにも言及。「“涙は心の汗”なんだよ。苦しい練習を乗り越え、困難を克服した人にも感動し、それで泣けるならいいじゃない。男の涙は恥ずかしくないさ」と昭和風情の青春ワード全開で熱っぽく語った。

 粟生が昨年3月にWBC世界フェザー級王座を獲得した際に県庁で対面しているが、「早く会おうよ」と最後までテンション高めに呼びかけた。

 ◆「涙は心の汗」 太陽学園ラグビー部を舞台にした中村雅俊の初主演作「われら青春!」(74年、日テレ系)の主題歌「帰らざる日のために」(いずみたくシンガーズ)の歌詞に登場。劇中の中村のセリフにも使われ、他の青春ドラマでも定番フレーズとして度々用いられた。「おれは男だ!」は71年の放映だが、森田知事は「永遠の青春男」とあって他作品の世界観からインスパイアを受けたようだ。

千葉県は有望なボクサー多いですからね。是非、そして国民栄誉賞を取れるボクサーも出てきて欲しいものです。m(__)m
いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)

テーマ:
$ボクシング・メタボリック
2階級制覇から一夜明け、長谷川(右)は壮絶な打ち合いを物語る顔の傷を勲章に笑顔を見せた(左は粟生) プロボクシングWBC世界フェザー級王座を獲得し、国内初の飛び級2階級制覇を達成した長谷川穂積(29)=真正=のV1戦が、初めて海外で開催される可能性が浮上した。激闘から一夜明けた27日、2階級制覇したWBC世界スーパーフェザー級新王者の粟生隆寛(26)=帝拳=とそろって名古屋市内で会見。KO率75%を誇るジョニー・ゴンサレス(29)=メキシコ=が相手の長谷川は「新しいストーリーを作りたい」と防衛ロードを描いた。

 サングラスの奥の目は柔和だった。2本目の緑のベルトを手に現れた長谷川は「今までで一番勝ちたかった試合。ホッとしている」と実感を込めた。12回を打ち合い続けて判定勝ち。赤く腫れた右目の周りをさすり、「体は大丈夫」と笑った。

 「気持ちが入って強く見せる戦いをやってしまった。次はきれいな顔で終わるボクシングをしたい」。反省も口をついたのは、次の指名試合が一筋縄ではいかないことを知っているから。同級3位のゴンサレスは元WBO世界バンタム級王者。47勝中41KOの驚異のKO率を誇り、経験値は長谷川に勝る。しかも敵地開催の可能性も出てきた。

 難敵は09年5月にメキシコでWBC世界スーパーバンタム級王者の西岡利晃(34)=帝拳=に3回TKO負けして以降、フェザー級で7連続KO中だ。長谷川の世界戦をプロモートする本田明彦・帝拳ジム会長は「海外での試合もゼロではない」と説明。交渉はこれからで、相手陣営が母国開催を強く要望することが濃厚。3月がメドで、日本開催なら西岡、粟生とのトリプル世界戦もある。

 “ジョニゴン”は20日にサウスポーとのノンタイトル戦を行って長谷川戦の予行演習も完了済みだ。最強挑戦者について長谷川は「まだ試合が終わったばかり。場所は会長に任せたい」と話しつつも「粟生と新しいボクシングストーリーを作りたい」と、同じ快挙を遂げた弟分との進化を約束した。

 先月24日に亡くなった母・裕美子さんにささげた再起戦の白星。「母親も喜んでくれてる。新しいベルトを持って報告に行きたい」。リングでも控室でも涙は見せず、この日も笑顔で締めた新王者。今は激戦の疲れをとり、次のステージへ突き進む。

 ◆ジョニー・ゴンサレス 1981年9月15日、メキシコ・イダルゴ州生まれ。29歳。99年にデビュー。05年10月にWBO世界バンタム級王座を獲得し、06年5月にフェルナンド・モンティエル(メキシコ)に判定勝ちして初防衛。同9月にWBC世界スーパーバンタム級王者イスラエル・バスケス(同)に挑戦も10回TKO負け。07年8月にWBOバンタム級王座陥落。09年5月に西岡戦で敗れ、フェザー級で再起した。戦績は47勝(41KO)7敗。171センチの右ボクサーファイター。


粟生がメキシコで初防衛戦か
$ボクシング・メタボリック


ベルトを手にポーズをとる粟生(左)と長谷川 2階級制覇したWBC世界スーパーフェザー級新王者の粟生隆寛(26)=帝拳=は激闘から一夜明けた27日、プロボクシングWBC世界フェザー級王座を獲得し、国内初の飛び級2階級制覇を達成した長谷川穂積(29)=真正=とそろって名古屋市内で会見した。

 激戦を物語っていた。前王者タイベルト(ドイツ)の左フックを再三浴びた粟生は、右ほお下を大きく腫らして現れた。「これほどパンチをもらったことがない。こんなに痛いんだなと」と苦笑い。2階級制覇達成に「ホッとした」と語った。

 試合後、「弔い合戦」を制しても気丈にふるまった長谷川の分まで泣き尽くした弟分は「長谷川さんの力になりたかった。また一緒に世界戦をしたい」と希望した。

 V1戦の相手は、WBC世界スーパーフェザー級4位ウンベルト・マウロ・グティエレス(22)=メキシコ=が最有力。元WBC同級暫定王者のサウスポーで、昨年11月にタイベルトと対戦し王座陥落した。

 長谷川の初防衛戦がメキシコ開催になる可能性もあるが、「最近の日本人選手もメキシコで結構勝っている。向こうでやっても構わない」とアウェー戦も辞さない構え。世界戦で初のサウスポー対決にも「気にならない」と自信をのぞかせた。

 長谷川から次戦のメーンイベンターを“打診”されたが、「プレッシャーがすごいと思う。次も僕が先にやります」。あくまでも、兄貴の露払いに徹する。

興毅 パーラ戦が浮上
 中米ニカラグアで開催していたプロボクシングのWBA総会(ニカラグア)が26日(日本時間27日)に閉幕した。同総会で、元2階級制覇のWBA世界バンタム級2位・亀田興毅(24)=亀田=が、WBA世界バンタム級王座決定戦で同級3位ロレンソ・パーラ(ベネズエラ)と対戦する可能性があることが確認された。同日付の海外メディアが報じた。興毅は12月26日の「亀田祭り」(埼玉・さいたまスーパーアリーナ)で次戦を予定している。

まあ両選手ともメキシコでなんて無いと思いますが、高額なファイトマネーを要求される事は間違いないでしょうね。メキシコで長谷川・栗生のボクシングを西岡に続いて見せ付けてきて欲しい気持ちもありますが。

WBA承認しちゃいましたね。音譜あとはフィリピンから帰国されたら正式発表でしょうね。今年の日本ボクシング界は日本初の世界3階級制覇で閉めてくれそうですね。ニコニコ

PS先日のプログラム当選された方にはプチメいたしましたのでご連絡お願いいたします。

ニコニコにほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ人気ブログランキングへ
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:
 ◆報知新聞社後援 ワールドプレミアムボクシング ダブル世界戦(26日、名古屋・日本ガイシホール) 長谷川穂積(真正)と粟生隆寛(帝拳)のV1戦が、現在5度の防衛に成功中のWBC世界スーパーバンタム級王者・西岡利晃(帝拳)を加えたトリプル世界戦になる可能性が浮上した。長谷川の世界戦をプロモートしてきた帝拳ジムの本田明彦会長(63)は「西岡は先月試合があったばかり。長谷川と粟生の初防衛戦と時期と重なるので来年3月頃をめどに3人同時に防衛戦を行うこともありうる」と語った。

 長谷川はV1戦は指名試合でWBC世界フェザー級3位の元世界王者ジョニー・ゴンサレス(メキシコ)との対戦が決定的。人気選手で昨年5月に西岡がV2戦で対戦しているが、交渉がまとまらず、入札で開催地がメキシコに決まった経緯がある。本田会長は「大変な交渉になる」と話した。

 粟生も次戦が指名試合でWBC世界スーパーフェザー級4位のグティエレス(メキシコ)が相手になる。
$ボクシング・メタボリック


長谷川&粟生「ほっとしている」…タイトル獲得から一夜2階級制覇達成から一夜明け、記者会見するWBCフェザー級新チャンピオンの長谷川穂積 26日に行われたWBCダブルタイトル戦で新王者となり、2階級制覇を達成したフェザー級の長谷川穂積(真正)と、スーパーフェザー級の粟生隆寛(帝拳)が試合から一夜明けた27日、名古屋市内で記者会見し、長谷川は「重圧もあったし今までで一番勝ちたい試合だった。力が抜けてほっとしている」とあらためて喜びを語った。

 階級を2つ上げ、激しい打ち合いを判定で制した長谷川は、右目の上にばんそうこうをはり、顔も腫れていたが「ダメージは大丈夫。さらに強くなって、1つ1つの試合をクリアすることが目標」と力を込めた。初防衛戦の相手はジョニー・ゴンサレス(メキシコ)となる見通し。

 昨年7月にフェザー級の王座を陥落していた粟生も「すごくほっとしている。最高の再スタートが切れた」と安堵の表情を浮かべた。階級を上げて挑んだ一戦で成長を示し「どんな相手が来ても勝てるように強くなるだけ」と次戦を見据えた。

なんとも豪華な構想ですがどうせならGWまで引っ張ってもらって下田選手が取ったら4大世界タイトルマッチもいいかな。と思いましたが、李選手も手ごわいです。簡単には勝たしてくれないでしょう。1月が楽しみですね。リナレス・亀海、山中もいますので、この3大世界戦の前座で山中対岩佐戦などあったりして。わくわく

ニコニコにほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ人気ブログランキングへ
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
$ボクシング・メタボリック
2階級制覇を達成し、母・裕美子さんの遺影を見つめる長谷川(下はトミーズ雅) ◆報知新聞社後援 ワールドプレミアムボクシング ダブル世界戦 ▽WBC世界フェザー級王座決定戦12回戦 ○同級2位・長谷川穂積(判定 3―0)同級1位・ファン・カルロス・ブルゴス●(26日、名古屋・日本ガイシホール) 長谷川が国内初の飛び級2階級制覇に成功した。WBC世界フェザー級王座決定戦で前バンタム級王者で2位の長谷川穂積(29)=真正=は、1位のファン・カルロス・ブルゴス(22)=メキシコ=と激しい打ち合いの末3―0の判定勝ち。10月24日に亡くなった最愛の母・裕美子さん(享年55歳)に白星をささげた。長谷川は29勝(12KO)3敗。

 視線の先にオカンがいた。勝者コールの瞬間。長谷川はぐっと両手を突き上げ、コーナーに駆け寄って観客席を見つめた。妹の瑠璃さん(22)が母の遺影を高く上げた。「『オカン、やったよ』と(心の中で)言いました。きれいなボクシングはできへんかったけど…」。08年1月のV5戦以来の12回を戦い抜き、3―0の判定勝ち。再起戦での戴冠(たいかん)は格別の味だった。

 1回から前に出た。ブルゴスに対してスピードで上回り、右フックをヒットさせ続けた。4回の公開採点では1人がフルマークをつけ早くもリード。それでもあえて危ない打ち合いを選択した。「バンタム級ならもう終わっているのに」。倒れない相手に2階級アップの真実を感じてなお、足を使わなかった。

 今回ばかりは冷静さを欠いたのかもしれない。試合直前に日本テレビが放送した特集番組のDVDを見て母の姿にボロボロに泣いた。「強い気持ちを見せようと、オカンに安心させる試合をしようと思ってしまった」。7回には左アッパーを食らい、4月の試合で骨折したあごが飛んだ。相手の右目はつぶれ、長谷川も8回に右まぶたをカットし流血。12回は足が止まった。気迫だけだった。

 王座陥落からの7か月は苦しい時間だった。8月に長女・穂乃ちゃん(5)のぜんそくが悪化して緊急入院。一時は脈が上がって危険な状態に陥り、同25日の妻・泰子さん(31)の誕生日は病院で過ごした。「みんなで過ごせるだけで幸せ。オレは恵まれてます」。ベルトを失って「普通の人」に戻ったからこそ、家族の絆(きずな)を確認できた。

 06年10月からがんと闘っていた母が10月24日に天国に旅立った。亡くなる直前は病床で手を握りながら「試合、勝ってよ」と繰り返した。母の闘病日記。「穂積へ」と記されたページには「命に変えられるなら、あの子に光を与えてください」と書いてあった。涙が止まらなかった。試合まで形見の指輪をネックレスにして身につけた。フェザー級転向へ準備期間が短かった分、勝敗を分けるのは気持ちだと信じた。

 オカンはきっと、この先の未来も照らしてくれるはずだ。V1戦は元WBO世界バンタム級王者のジョニー・ゴンサレス(メキシコ)との指名試合が義務づけられている。「今のままでは確実に勝てない。今日のボクシングを反省して、強いボクシングからうまいボクシングに変えないと」。12月16日で30歳。バンタム級でV10を打ち立てた長谷川穂積が、成熟の第2章へと歩み出した。

 ◆長谷川穂積(はせがわ・ほづみ)1980年12月16日、兵庫県西脇市生まれ。29歳。99年11月、プロデビュー。2003年5月に東洋太平洋バンタム級王座獲得、3度防衛。05年4月にWBC世界バンタム級王座獲得し、10年4月に陥落するまで10度防衛。05、06、08、09年と年間表彰最優秀選手(MVP)を計4度受賞。07年10月に千里馬神戸ジムから真正ジムに移籍した。家族は泰子夫人と1男1女。168センチの左ボクサーファイター。

(2010年11月27日06時01分 スポーツ報知)

粟生も2階級獲った!うれし涙涙、また涙…WBC世界Sフェザー級戦
$ボクシング・メタボリック


10回、タイベルトのわき腹に右フックを放つ粟生。判定で王座奪取し、2階級制覇 ◆報知新聞社後援 ワールドプレミアムボクシング ダブル世界戦 ▽WBC世界スーパーフェザー級タイトルマッチ12回戦 ○同級2位・粟生隆寛(判定 3―0)王者・ビタリ・タイベルト●(26日、名古屋・日本ガイシホール) 声にならない。「いいバトンを渡せた。長谷川さんを勇気づけられれば…という気持ちでした」。粟生が左手で顔を覆う。長谷川のことを口に出した途端、キャンバスに涙の粒がこぼれ落ちた。自分の偉業よりも大事な思いがあった。

 いきなり伝家の宝刀だ。3回。「ガチンと手応えがあった」。左ストレートのカウンターが王者の顔面をとらえ、ダウンを奪い主導権を握った。

 「思ったよりパンチが速かった」。タイベルトの素早い左フックを再三浴びたが、ひるまず手を出した。これまでの相手の攻撃を待ってカウンターを仕掛ける守備的スタイルから脱却。一皮むけた姿を証明した。

 王者は徐々に表情を失ったが、踏ん張りどころがあった。「8、9回に長谷川さんの顔が浮かんできた。背中を後押ししてくれた」。最後まで手を休めず打ち合った。完勝の判定勝ちで、夢の2階級制覇を決めた。

 リングを下りると一目散に長谷川の控室に飛び込み、決戦間近の兄貴に勝利を報告した。長谷川から「勇気もらったよ」と声をかけられた話を自分の控室で振り返り、再び涙があふれ出た。

$ボクシング・メタボリック


ともに2階級制覇し涙の粟生(左)と抱き合う長谷川 「恥ずかしい話、この年齢で初めて葬式で泣きました」。先月26日、長谷川の母・裕美子さんの葬儀に出席した。悲しみ、そして強い兄貴の長谷川が人目をはばからず涙を流す姿に、粟生も号泣した。

 夢をかなえるために物をしまい込んだ。昨年3月に勝ち取ったWBCフェザー級の緑色のベルトは木箱に入れて自宅のベッドの横に置いてある。「今は必要じゃない。僕はチャンピオンじゃないから」と2本目のベルトへの渇望を高めてきた。獲得したベルトを肩にかけ、「クックック…。してやったりです」と笑った。

 帝拳ジムにはWBC世界スーパーバンタム級王者・西岡利晃に続き、同時に2人の世界王者が在籍することになった。粟生は「西岡さん、そして長谷川さんのように強い王者になりたい」。2階級制覇に成功した長谷川とリング上で抱き合い、また泣いた。涙の数だけ成長してみせた。

 ◆粟生 隆寛(あおう・たかひろ)1984年4月6日、千葉市生まれ。26歳。3歳でボクシングを始め、千葉・習志野高時代には史上初の高校6冠。卒業後に帝拳ジムに入門し03年9月に2回TKO勝ちでプロデビュー。08年10月に世界初挑戦もオスカー・ラリオス(メキシコ)に判定負け。翌年3月にラリオスとの再戦を判定で制しWBC世界フェザー級王座を奪取。同7月、指名挑戦者エリオ・ロハス(ドミニカ共和国)に判定負けし王座陥落。身長168.5センチの左ボクサーファイター。独身。

(2010年11月27日06時01分 スポーツ報知)

昨夜の試合後のテレビ出演長谷川選手、顔かなり腫れてましたね。ここ最近は綺麗な顔で終わってましたので顎の骨折をのぞけばV5戦以来ですね。
12月7日に18時30分から3時間でG+で放送されるようです。m(__)mさて次は下田が続けるか・・


いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:
また会場を出て2時間で帰宅できました。さてW世界戦の前の前座2試合。前東洋チャンピオンの大橋選手越智選手に判定で勝ちましたが、越智選手も頑張りました。8勝2KO5敗の選手ですが大橋選手の眼を裂いて打たれれば打ち返す、最後は自力の差で大橋選手に軍配が上がりました。78-75が二人
78-74の3対0でしたが越智選手にもう少しパンチがあったらあぶなかったです。越智選手の頑張りに拍手したいです。

そしてWBCユーススーパーフライ級インター王者(パンフレットにはそうある)メキシコのカルロス・クアドラス タイ選手を速攻の1RKO、パンチが重そうでした。ドスンドスン響きました。1回目はアッパーだったと思いますが、ダウンとってその後は連打でレフリーが止めた所崩れて試合終了。
荒っぽいですが今後どうでしょうか?日本のSフライ級の世界ランカー辺りとの対戦みたいですが。

そしてWBC世界Sフェザー級タイトルマッチ国内でのドイツ選手と言うと、藤猛さんと戦った、ウイリー・クアルトーア(名前違ってるかも)位しかパット出てきませんが。海外ですと。最近では佐藤選手とか西沢選手がドイツのチャンピオンと戦ってますが。このウイリーも当時は西ドイツなんですよね。そしてこのクラスのWBCは柴田さんがエスカレラの持ち去られて以来日本人チャンピオンは誕生してなかったと思います。

黒のガウンで軽快な音楽に乗って入場の栗生、一方ガウン無しで入場のタイベルト、試合が始まると打ち合って来ましたからちょっとびっくり。4R終了時で38-37、39-35 39-36で全員栗生
私の素人採点では38-38だったので4R以降ジャッジに合わせ採点してみると116-112で栗生
選手でした。3Rのあの左は見事でしたが思い出したのがラリオス初挑戦次のラウンドに行かず結局判定負け。後に長谷川選手とビデオを見て長谷川選手に「このラウンド人生賭けて全ての力使うつもりでいかなきゃ」という言葉を思いばしましたが・・4Rそれほど行かずう~んと思ってしまいましたが。ボディー攻めなどのコンビネーションを随所に見せ試合終了。見事2階級制覇おめでとうございます。リング上でのインタビューも長谷川選手のお母様の話で涙してしまい・・いい青年ですね。

そして長谷川選手真っ赤なガウンでランクは2位ながらも赤コーナーから登場。1Rでブルコスのパンチを見切りましたね。その後は眼と脚でかわし打って出る。正面に立ち打ち合うシーンもありアッパーを貰いヒヤっとしたシーンもありましたが圧勝の2階級制覇でした。今回は力みからか振り回すシーンも多かったですが、そしてコーナーから集中集中の言葉が再三飛んでました。うらを返せば前回の反省を生かしてますね。いい形で
今年を閉めてくれました。m(__)m

$ボクシング・メタボリック-Image148.jpg


$ボクシング・メタボリック-Image147.jpg


$ボクシング・メタボリック-Image149.jpg

ごらんになってくださってる方3名にW2階級制覇記念。今回のプログラムプレゼントいたします。ご希望の方はプチメでプログラム希望と書いて送ってきてください。28日の0時までとさせていただきます。当選者はブログにて発表いたしますので当選された方はプチメにご連絡先ご記入の上送ってきてください。m(__)m

ニコニコにほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ人気ブログランキングへ
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。