ボクシング・メタボリック

ボクシングに魅せられて36年。世界戦国内現地観戦260試合、海外デラ・ホーヤとトリニダード戦を観に行っただけ。ニューヨークの殿堂はたった2回。現地速報や新聞情報貼り感想書いてます。
読者登録受け付けてません


テーマ:
先日の亀田和毅選手とシャモエ選手の試合にWBCより再戦指示が出たようです。和毅選手は再戦したると先日発言しておりましたが、父上がどのような判断をしますでしょうか?指示ですので従わなくでもタイトル剥奪だけでしょうし、戦績には傷はつきませんからね。 ボクシング・シーンより

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
$ボクシング・メタボリック
初の世界戦に挑戦する李冽理は力強いポーズを披露 ◆報知新聞社後援 プロボクシング ダイナミックグローブ ▽WBA世界スーパーバンタム級タイトルマッチ(10月2日、東京・後楽園ホール)日本フェザー級王者・李冽理が「徳山魂」を胸に秘め、初の世界戦に挑む。10月2日、東京・後楽園ホールで、4度目の防衛戦に臨むWBA世界スーパーバンタム級王者プーンサワット・クラティンデーンジムに挑戦することが30日、都内で発表された。同じ在日3世の元WBC世界スーパーフライ級王者・徳山昌守さん(35)の激励を受けて奮起。不利な下馬評を覆し、番狂わせを狙う。

 またとないチャンスは逃さない。プロ19戦目で初めて世界戦に挑む李は「自分が今、この場所に座っているのが不思議でたまらない」と初々しく語った。今年2月に日本フェザー級王座を獲得、6月に初防衛に成功したばかりのホープが難敵の王者にぶつかっていく。

 プーンサワットは今年の防衛戦で細野悟(大橋)、木村章司(花形)と日本ジム所属選手に連勝。王者の標的にされたことに「何をおいても文句なしの王者。以前は挑戦することに恐怖を感じた」と素直に語ったが、フェザー級から1階級落としての試合とあって「身長、リーチ差があるのは有利。攻略できない相手ではない」と体格差を生かすつもりだ。

 尊敬する“兄貴”の言葉に勇気がわいた。今月中旬、実家のある大阪に帰省した際、現在は焼き肉店を営む徳山氏を訪ねた。李がボクシングを始めた大阪朝鮮高級学校からの付き合いで、ともに在日3世。「よく似た境遇だし、目標とする人」という先輩チャンプに世界挑戦することを報告した。

 手ごわすぎる王者への挑戦に不安も多かったが、徳山氏から「俺も『99%ダメ』と言われたけど、1%の気合で(王座を)もぎ取った。気負わずに戦え」と助言され、闘志に火が付いた。

 大学卒業後、プロになるべきか悩んだ時も徳山氏から「関東の大きいジムでやった方が才能が開花する」とアドバイスをもらい、プロ入りを後押ししてくれた。李は「王者は打ってくるファイター。アウトボクシングでポイントを取れる自信がある」と徳山氏が得意としたアウトボクシングを軸に大一番に臨む。「残り1か月、努力しながら相手に一歩でも近づきたい」。波乱を起こす準備に抜かりはない。

 ◆李 冽理(り・れつり)1982年5月20日、大阪府門真市生まれ。28歳。大阪朝鮮高級学校、朝鮮大学校とアマチュアで活躍し、戦績は47勝(25RSC)8敗。05年9月にプロデビュー。09年7月に元日本、東洋太平洋フェザー級王者の榎洋之(角海老宝石)を判定で下し、初めて世界ランク入り。今年2月に日本フェザー級王座獲得(防衛1回)。プロ戦績は16勝(8KO)1敗1分け。173センチの右ボクサーファイター。

 ◆プーンサワット・クラティンデーンジム 1980年11月20日、タイ生まれ。29歳。01年デビュー。05年8月、WBA世界バンタム級暫定王座を獲得、06年7月の王座統一戦で判定負けしたが、09年4月にWBA世界スーパーバンタム級暫定王座を獲得し、9月には王座統一戦に勝利。今年1月に細野悟(大橋)、5月に木村章司(花形)を相手に防衛。戦績は41勝(29KO)1敗。身長164センチの右ファイター。

 ◆徳山の世界王座奪取 ○…2000年8月27日、プロ25戦目で世界初挑戦した徳山はWBC世界スーパーフライ級王者のチョ仁柱(チョ・インジュ=韓国)と対戦。6度目の防衛を目指す王者に対し、戦前不利の予想だったが、序盤から攻め込み、4回には右ストレートでダウンを奪った。王者の意地でKOはならなかったが、3―0で判定勝利。在日朝鮮人初の世界王者に輝いた。その後、04年6月に川嶋勝重(大橋)に敗れるまで8度の防衛に成功した。


タイではすでに発表されてましたが日本で漸く発表されましたね。プーンサワット3度の防衛戦全て日本のジム所属そのうち2人は1階級下げての挑戦者いいチャンピオンなのでポンサクみたいな防衛ロードは歓迎しませんが。対する李選手圧倒的に不利でしょうが先輩徳山目指して頑張って下さい。10月のG+ダイナミックで生放送予定だそうです。

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
はWBA王者ジョバンニ・セグラがWBO王者イバン・カルデロンをKO(8R1分34秒)したことで
スパー王者に昇格レギュラー王座は空位。そうなると10月日本でロマゴン出場で王座決定戦か?外人同士で。もう構想は決まっているとの事ですが・・

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

$ボクシング・メタボリック
Tシャツ姿で再びリングに上がった亀田和毅(亀田プロモーション提供)
Photo By 提供写真
 亀田3兄弟の三男・和毅が、試合後に判定が覆るドタバタ劇の末、4つ目のタイトルを手にした。

 WBCユース(21歳以下)バンタム級王者シュテファーヌ・ジャモエ(20=ベルギー)との無敗対決が28日、メキシコのマサトランで行われた。一度は判定で王者のドロー防衛とされたが、その後に採点の計算ミスが発覚し2―1で判定勝ちを収めた。

 試合直後にアナウンスされた採点は和毅の96―95、95―96、96―96。三者三様の引き分けで王者の防衛だった。和毅は「非常に悔しい。勝ちたかった」と唇をかんだが、宿舎ホテルに戻ると思わぬ吉報が舞い込んだ。

 亀田ジム関係者によると、ドローとしたジャッジが96―95で和毅を支持していたことが発覚。長男・興毅のブログによると、WBCのスライマン会長もスーパーバイザー(立会人)に和毅の勝利を主張していたという。

 試合は挑戦者の和毅が上下に打ち分ける積極的な試合運びで幕を開けた。だが、4回に王者の右ストレートで形勢が逆転し、終盤に和毅が盛り返した。「全然納得してない。相手が再戦を望むならいつでも受けたい」と和毅。これまではいずれも空位の王座を争う王座決定戦によるもの。王者に挑戦するのは今回が初めてだった。

 メキシコには父・史郎氏(45)も駆け付けた。すんなり終わらないのが亀田劇場。ドタバタぶりはついに海を越えた。

にほんブログ村 格闘技ブログ ボクシングへ
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
知人が結果だけ知らせてくれたのでスコア内容わかりません。親父さん暴れてないでしょうね難癖付けてNCととかにならない事を願います。
と思っとりましたら採点ミスだとかで判定覆り和毅選手の勝ちになったようです。さそりさんが教えて下さりました。ホリエモン的に想定内です(笑)
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。